キーフレーム間で速度を制御する

グラフエディターでプロパティをアニメートするとき、速度グラフでプロパティの変更の速度を表示および調整できます。コンポジションパネルまたはレイヤーパネルでモーションパスの空間プロパティの速度を調整することもできます。

コンポジションパネルまたはレイヤーパネルでは、モーションパスの点の間隔が速度を表します。各点は、コンポジションのフレームレートに基づいて、フレームを表します。点の間隔が均一である場合、速度が一定であることを表し、間隔が大きくなっている場合、速度が上がっていることを表します。停止補間が適用されているキーフレームでは、キーフレーム値の中間トランジションがないので点は表示されず、レイヤーは次のキーフレームが指定する位置で表示されます(モーションパスを参照)。

キーフレーム間の速度を制御する:コンポジションパネル内のモーションパス(上)とグラフエディターの速度グラフ(下)
コンポジションパネル内のモーションパス(上)とグラフエディターの速度グラフ(下) 

A. 点の間隔が狭いので遅い速度を表し(上)、速度は一定となっています(下)。 B. 点の間隔が広いので速い速度を表し(上)、速度は一定となっています(下)。 C. 点の間隔が一定でないので速度が変化していることを表し(上)、速度は下がってから上がっています(下)。 

キーフレーム補間法について詳しくは、キーフレーム補間法を参照してください。

プロパティの値が変化する速度には次の要因が影響します。

  • タイムラインパネルのキーフレーム間の時間差。キーフレーム間の時間間隔が短いほど、レイヤーはすばやく変化して次のキーフレーム値に到達する必要があります。間隔が長いと、レイヤーの変化はゆっくりになります。より長い時間をかけて変化する必要があるからです。キーフレームをタイムラインに沿って前後に動かすと、その距離を使用して変化率を調整できます。

  • 隣り合ったキーフレーム値の差。不透明度が 75%と 20%というようなキーフレーム値の大きな差は、30%と 20%というような小さな差に比べて、変化率が速くなります。キーフレームでレイヤープロパティ値を増加または減少させることによって、値の差による変化率の調整を行うことができます。

  • キーフレームに適用されている補間法の種類。例えば、キーフレームがリニア補間に設定されていると、キーフレーム内の値をスムーズに変化させることは困難ですが、いつでもベジェ補間に切り替えてスムーズな変化を実現できます。ベジェ補間を使用する場合は、方向ハンドルを使用して変化率をさらに高い精度で調整できます。

リニア補間(上)は急激な変化、ベジェ補間(下)はスムーズな変化を生成します。
リニア補間(上)は急激な変化、ベジェ補間(下)はスムーズな変化を生成します。

速度グラフを使用しないでキーフレーム間の速度を制御する

  • コンポジションパネルまたはレイヤーパネルで、モーションパス上の 2 のキーフレームの空間距離を調整します。一方のキーフレーム位置をもう一方のキーフレームから離すと速度が上がり、近づけると速度が下がります。
キーフレーム間の空間距離を増やすとレイヤーの速度が上がります。
キーフレーム間の空間距離を増やすとレイヤーの速度が上がります。

  • レイヤーバーモードまたはグラフエディターで、2 つのキーフレーム間の時間差を調整します。一方のキーフレーム位置をもう一方のキーフレームから離すと速度が上がり、近づけると速度が下がります。
キーフレーム間の時間距離を短くするとレイヤーの速度が上がります。
キーフレーム間の時間距離を短くするとレイヤーの速度が上がります。

  • モーションがキーフレームに近づいたり離れたりするときの変化の速度を自動調整するイージーイーズキーフレーム補助を適用します。

速度グラフについて

グラフエディターで速度グラフを使用すると、時間の経過に伴う変化を微調整できます。速度グラフには、コンポジションの任意のフレームでのすべての空間値と時間値に対応する値や変化率に関する情報と制御機能が用意されています。

速度グラフでは、グラフの高さが速度の変化を表します。水平な値は速度が一定であることを表し、高くなっている値は速度が上がっていることを表します。

速度グラフを表示するには、グラフの種類とオプションを選択ボタン で「速度グラフを編集」を選択します。

速度グラフの制御
速度グラフの制御

A. 現在の時間インジケーター位置での値 B. 速度グラフ C. 方向ハンドル(速度を制御) 

速度グラフの傾きを調整して、キーフレーム間の値変化の速さを制御できます。キーフレームに近づくときと離れるときの値を一緒に制御したり、それぞれの値を個別に制御したりできます。入ってくるときのハンドルは、上にドラッグすると速度が上がり、下にドラッグすると下がります。出ていくときのハンドルは、次のキーフレームに同じような影響を与えます。ハンドルを左または右にドラッグして、速度の影響を制御することもできます。

速度グラフの方向ハンドル
速度グラフの方向ハンドル

A. 入ってくるときの方向ハンドル B. 速度制御 C. 出ていくときの方向ハンドル 

注意:

ハンドルが複数のキーフレームに影響を与えるようにする場合は、ロービングキーフレームを使用します。

速度グラフを使用して速度を制御する

  1. タイムラインパネルで、調整するキーフレームのアウトラインを開きます。
  2. グラフエディターボタンをクリックし、グラフの種類とオプションを選択メニューで「速度グラフを編集」を選択します。
  3. 選択ツールを使用して、調整するキーフレームをクリックします。
  4. (オプション)次のいずれかの操作を行います。
    • 入ってくるときと出ていくときの方向ハンドルを分割するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、方向ハンドルをドラッグします。

    • 方向ハンドルを結合するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、分割された方向ハンドルを上または下にドラッグしてもう一方のハンドルに合わせます。

  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • 結合されている方向ハンドルの付いたキーフレームを上にドラッグすると、キーフレームに入るときと出るときに加速し、下にドラッグすると入るときと出るときに減速します。

    • 分割された方向ハンドルを上にドラッグすると、キーフレームに入るときと出るときに加速し、下にドラッグすると入るときと出るときに減速します。

    • キーフレームへの影響を大きくするには、方向ハンドルをキーフレームの中央から離すようにドラッグし、キーフレームへの影響を小さくするには、方向ハンドルをキーフレームの中央に向かってドラッグします。

    注意:

    グラフの高さを自動ズーム をオンにした状態でグラフエディターの一番上または一番下を越えて方向ハンドルをドラッグすると、初期設定では、グラフの外側にはみ出した部分に基づいて新しい最小値または最大値が計算され、レイヤープロパティに指定したすべての値がグラフ内に表示されるようにグラフが再描画されます。

バウンスまたはピークの作成

方向ハンドルを使用して、ボールがバウンドするときに見られるような加速状態をシミュレートできます。この種類の結果を作成すると、速度グラフは急激に上昇してピークに到達するようなグラフになります。

  1. タイムラインパネルで、調整するキーフレームのアウトラインを開きます。
  2. グラフエディターボタンをクリックし、そのプロパティの速度グラフを表示します。
  3. ピークを作成するキーフレームの補間法が連続ベジェまたはベジェに設定されていることを確認します。
  4. 調整する(結合した方向ハンドルが付いている)キーフレームをグラフの最上部近くまでドラッグします。
  5. キーフレームの両端にある方向ハンドルのいずれか一方を中心に向かってドラッグします。
    速度グラフの方向ハンドル
    方向ハンドルをドラッグしてピークを作成します。

変化を徐々に開始または停止する

方向ハンドルを使用すると、ボートが減速して停止し再び動き出すときのような、ゆるやかな開始動作と停止動作を表現することができます。このテクニックを使用すると、速度グラフはスムーズな U 字型になります。

  1. タイムラインパネルで、調整するキーフレームのアウトラインを開きます。
  2. グラフエディターボタンをクリックし、そのプロパティの速度グラフを表示します。
  3. 調整するキーフレームの補間法が連続ベジェまたはベジェに設定されていることを確認します。
  4. 調整するキーフレームで、方向ハンドルをグラフの最下部近くまでドラッグします。
  5. キーフレームの両端にある方向ハンドルのいずれか一方を中心に向かってドラッグします。
    方向ハンドルをドラッグしてゆるやかな変化を作成します。
    方向ハンドルをドラッグしてゆるやかな変化を作成します。

隣接するキーフレームへの方向ハンドルの影響の調整

加減速のレベル制御だけでなく、キーフレームの影響を隣り合うキーフレームを基準にして外向きまたは内向きに拡大することもできます。影響の度合いによって、速度グラフがキーフレームに設定された値に到達するまでの速さが決まるので、グラフの形状をさらに細かく制御することができます。方向ハンドルを隣接するキーフレームに向かってドラッグすると、キーフレーム値の隣接するキーフレームへの影響が大きくなり、ハンドルが付いたキーフレームの中心に向かってドラッグすると、隣接するキーフレームへの影響が小さくなります。

  1. タイムラインパネルで、調整するキーフレームのアウトラインを開きます。
  2. グラフエディターボタンをクリックし、そのプロパティの速度グラフを表示します。
  3. 選択ツールを使用して、キーフレームをクリックし、方向ハンドルを左または右へドラッグします。

数値を指定して速度を変更する

速度グラフでキーフレームをドラッグする方法よりも高い精度で速度を指定する必要がある場合があります。そのような場合は、キーフレーム速度ダイアログボックスで数値を入力して速度を指定します。

ダイアログボックスで使用できるオプションと単位は、編集するレイヤープロパティやプラグインによって異なります。

  1. 調整するキーフレームの速度グラフを表示します。
  2. 編集するキーフレームを選択して、アニメーション/ キーフレーム速度を選択します。
  3. 入る速度と出る速度の値を入力します。
  4. 影響の値を入力して、前のキーフレーム(入ってくるときの補間)または次のキーフレーム(出ていくときの補間)への影響の度合いを指定します。
  5. 入る速度と出る速度を同じ値に保つことによってトランジションをスムーズにするには、「続行」を選択します。

注意:

初期設定では、値の編集時に、現在のスケールまたはマスクの境界線をぼかす値の縦横比が維持されます。縦横比を維持しない場合は、タイムラインパネルでプロパティ値の横にあるリンクアイコンをクリックして、アイコンを削除します。

自動的に速度をゆるめる

方向ハンドルをドラッグして手動でキーフレームの速度を調整することもできますが、イージーイーズを使用すると作業を自動化できます。

イージーイーズを適用すると、各キーフレームの速度値は 0 になり、キーフレームの両端に対する影響はそれぞれ 33.33%になります。例えば、オブジェクトの速度をゆるめる場合、オブジェクトがキーフレームに近づくにつれて遅くなり、離れるにつれて徐々に速くなります。キーフレームに入る速度と出る速度のいずれか一方または両方をゆるめることができます。

  1. グラフエディターまたはレイヤーバーモードで、キーフレームの範囲を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • アニメーション/キーフレーム補助を選択し、「イージーイーズ」(選択されたキーフレームに入る速度と出る速度の両方をゆるめる)、「イージーイーズイン」(選択されたキーフレームに入る速度をゆるめる)または「イージーイーズアウト」(選択されたキーフレームから出る速度をゆるめる)を選択します。

    • グラフエディターの下部にある「イージーイーズ」ボタン 、「イージーイーズイン」ボタン 、「イージーイーズアウト」ボタン のいずれか 1 つをクリックします。

ロービングキーフレームでスムーズなモーションを作成する

ロービングキーフレームを使用すると、複数のキーフレームにまたがるスムーズなモーションを一度で簡単に作成できます。ロービングキーフレームは、特定の時間にはリンクされず、隣り合うキーフレームによって速度とタイミングが決まります。モーションパス上でロービングキーフレームと隣り合っているキーフレームの位置を変更すると、ロービングキーフレームのタイミングも変更される場合があります。

ロービングキーフレームは、位置、アンカーポイント、エフェクトコントロールポイントなどの空間レイヤープロパティにのみ使用できます。また、ロービングできるのは、レイヤーの最初または最後のキーフレーム以外のキーフレームです。これは、ロービングキーフレームは前のキーフレームと次のキーフレームからスピードを補間するためです。

ロービングキーフレームでモーションをスムージングする
オリジナルのモーションパス(上)は、キーフレーム間で速度が異なることを示します。キーフレームにロービングを設定すると(下)、モーションパスにはその範囲のキーフレームにわたって一定の速度が表示されます。

  1. レイヤーバーモードまたはグラフエディターで、スムージングするモーションのキーフレームを設定します。
  2. スムージングする範囲の開始キーフレームと終了キーフレームを指定します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 開始キーフレームと終了キーフレームを除く、範囲内のすべてのキーフレームで、キーフレームメニュー の「時間ロービング」を選択します。

    • ロービングするキーフレームを選択し、アニメーション/ キーフレーム補間法を選択します。次に、ロービングポップアップメニューから「時間ロービング」を選択します。

中間キーフレームは、タイムライン上の位置を調整して、開始キーフレームと終了キーフレーム間のスピードカーブをスムーズにします。

ロービングキーフレームのロービングを解除する

  • キーフレームメニューで「時間ロービング」オプションを選択解除するか、ロービングキーフレームを左または右にドラッグします。
  • 変更するキーフレームを選択して、アニメーション/ キーフレーム補間法を選択します。次に、ロービングポップアップメニューから「時間固定」を選択します。

指数スケールを使用してスケーリング速度を変更する

2D レイヤーで作業するときに指数スケールを使用すると、レイヤーのリニアスケールを指数スケールに変換して、ズームレンズのリアルな加速エフェクトをシミュレートできます。指数スケールは、例えば、コズミックズームを作成する場合に便利です。レンズを使用した光学的なズームはリニアではありません。スケールの変化率は、ズームインに伴って大きくなります。

  1. レイヤーバーモードまたはグラフエディターで、Shift キーを押しながら、「スケール」プロパティの開始キーフレームと終了キーフレームを選択します。
  2. アニメーション/キーフレーム補助/指数スケールを選択します。

注意:

指数スケールは、選択した開始キーフレームと終了キーフレーム間にあるすべてのキーフレームを置き換えます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー