専門家から:アップスケール(ディテールを保持)エフェクト

専門家から:アップスケール(ディテールを保持)エフェクト
Steve Forde

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトでは、画像のディテールを保持しながら画像を大幅に拡大できます。また、シャープな線のシャープネスや曲線が保持されます。例えば、SD フレームサイズから HD フレームサイズへ、または HD フレームサイズからデジタルシネマのフレームサイズへ拡大できます。

このエフェクトは、Photoshop の画像サイズダイアログボックスの「ディテールを保持」再サンプリングオプションと非常に緊密に連携しています。詳しくは、画像のサイズ変更を参照してください。

エフェクトコントロール

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトでは、次のコントロールを利用できます。

  • コンポジションの幅に合わせる:レイヤーの幅がコンポジションの幅と一致するように、スケールのパーセンテージを設定します。
  • コンポジションの高さに合わせる:レイヤーの高さがコンポジションの高さと一致するように、スケールのパーセンテージを設定します。
  • スケール:最小値は 100%です。
  • ノイズを軽減:スケールを計算する前に、ノイズリダクションを適用するために使用されます。ノイズが誤って保持する必要があるディテールとして扱われないように、この値を大きくします。
  • ディテール:値を大きくすると、エッジのシャープネスやコントラストが大きくなりますが、共鳴やハロー現象が発生する可能性があります。ディテールの値が低いと、エッジがよりスムーズで自然な状態で維持されます。
  • アルファ:アルファチャンネルをカラーチャネルとは異なる方法で処理します。パフォーマンスの理由で、アルファチャンネルをカラーチャンネルと別に処理することも選択できます。デフォルト値はバイキュービックです。

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトは、トランスフォームプロパティグループのレイヤーのネイティブバイリニアまたはバイキュービックスケーリングの使用など、他のスケーリング方法よりも低速です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー