DSLR などの CMOS センサーベースのカメラに共通の問題として、ビデオの走査線の間に時間差が発生することがあげられます。ビデオのすべての部分が同時に記録されているわけではないため、CMOS センサーがあるデジタルカメラでは多くの場合、ビデオフレームを 1 走査線ずつキャプチャするローリングシャッターが使用されています。走査線の間で時間差が発生するため、イメージのすべての部分が厳密に同時に記録されるわけではありません。カメラまたは被写体が動いている場合、ローリングシャッターによりディストーションが発生することがあります。

「ローリングシャッターの修復」エフェクト(「ディストーション」というエフェクトカテゴリにあります)を使用してこの変形を解消することができます。

このエフェクトを適用すると、次のプロパティが使用できるようになります。

ローリングシャッターレート:フレームレートのパーセンテージ(スキャン時間)を指定します。DSLR では 50% ~ 70% の範囲になると思われます。また、iPhone ではほぼ 100% となります。ゆがんでいる線が垂直になるようにこの値を調整します。

スキャン方向:ローリングシャッターによるスキャンの方向を指定します。ほとんどのカメラではセンサーの上から下へとスキャンしますが、カメラを上下反対に取り付けたり、スマートフォンの場合はカメラを回転させることもできます。

「詳細」セクション

選択方式:オプティカルフロー分析とピクセルモーション時間調整を使用してワープされていないフレームを生成するか(ピクセルモーション)、スパースポイント追跡およびワープ方式を使用するか(ワープ)を示します。

詳細分析:ワープでより詳細なポイント分析を実行します。ワープ方式を使用している場合に使用できます。

ピクセルモーションの詳細:オプティカルフローベクトルフィールドの計算の詳細度を指定します。ピクセルモーション方式を使用している場合に使用できます。

注意:

ワープスタビライザーエフェクトにはローリングシャッターの修復エフェクトが含まれていますが、スタンドアロン式の方が高度な制御が可能です。また、ローリングシャッターの問題を修復する必要はあっても、撮影のスタビライズは必要ない場合もあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー