After Effects での既知の問題

この文書では、After Effects の既知の問題の一覧についてご案内します。

注意:

このドキュメントで修正された問題のリストを表示するには、After Effects の修正済みの問題を参照してください。

その他の既知の問題

  • 問題:After Effects で、プロジェクトに複数のカメラがあるため、プロジェクトが壊れているという内容のエラーメッセージが表示される。 この問題は、バージョン 22.2.1 で作成された .aep プロジェクトを、After Effects バージョン 22.3 または 22.4 で開いた場合に発生します。

回避策:プロジェクトを After Effects バージョン 22.2.1 で開きます。

  • 問題:MacOS 11 で実行中の M1 ベースの Apple コンピューターでロトブラシを使用すると、After Effects がクラッシュします。

回避策:この問題を修正するには、MacOS 12 にアップグレードしてください。

2022年5月(バージョン 22.4)リリース

  • 問題:BorisFX Mocha では、分割されたディメンションが適用されているレイヤーにトラッキングデータを適用することはできません。
    回避策:BorisFX Mocha からのトラッキングデータを適用する前に、ターゲットレイヤーの位置プロパティで分割されたディメンションを無効にします。

  • 問題:macOS 12 で After Effects を起動すると、アプリケーションメニューが表示されないことがあります。
    回避策:この状態で、After Effects メニューを復元するには、ドックにある「After Effects」アイコンをクリックします。
  • 問題:macOS バージョン 10.15.0 ~ 10.15.3 で実行すると、After Effects 22.3 および 22.4 が起動時にクラッシュする。
    回避策:macOS を 10.15.4 以降にアップグレードするか、After Effects 22.5 ベータ版ビルド 29 以降を使用してください。After Effects 22.5x29 以降では、macOS 10.15.0 ~ 10.15.3 での Firewire 経由の DV ビデオコンテンツの送信はサポートされていません。
  • 問題:Mercury Transmit が有効になっていて、Blackmagic Desktop Video バージョン 12.1(またはそれ以前)がインストールされている状態で、Apple シリコンハードウェア上で After Effects 22.3 以降をネイティブに実行するクラッシュする場合がある。
    回避策:Blackmagic Desktop Video バージョン 12.3 以降をインストールします。 バージョン 12.1 以前は Apple シリコンハードウェアはサポートされていません。

2022年4月(バージョン 22.3)リリース

  • 問題:After Effects を終了すると、ワークスペースに加えた変更が、一時的な状態として記憶されるのではなく、ワークスペースに自動保存される。

回避策:終了前に毎回「保存済みレイアウトにリセット」を使用して、保存された状態が保持されるようにします。

  • 問題:M1 Pro、M1 Max、M1 Ultra システムの After Effects では、ProRes 4444 および ProRes 4444XQ コーデックのバリエーションをアルファチャンネルでレンダリングすると、以下のエラーが発生することがあります。
M1 Pro、M1 Max、M1 Ultra システムの After Effects でのエラー

回避策出力環境設定ダイアログ(環境設定/出力)で以下の操作を実行します。

  1. ProRes ハードウェアアクセラレーションエンコーディングを有効にする(利用可能な場合)」オプションの選択を解除します。デフォルトでは、オンになっています。
  2. レンダリングを再試行します。

2022年2月(バージョン 22.2)リリース

  • 問題:露光量コントロール(コンポジションレイヤーフッテージビューアパネルの下部)は、値がゼロからまたはゼロに変更されると、自動的に有効または無効になりません。

回避策:現時点で回避策はありません。

2021年12月(バージョン 22.1.1)リリース

  • 問題:sRGB IEC61966-2.1 カラープロファイルを使用して PNG シーケンスをレンダリングすると、After Effects は 3 つの異なるエラーをスローします。

回避策:レンダリングを実行するには、以下のいずれかの操作をお試しください。

  • 出力モジュール設定で、「カラーマネジメント」を「埋め込みプロファイル」から「RGB を保持」に変更します。
  • 空のプロジェクトを作成し、エラーがあるプロジェクトを読み込み、同じ PNG をレンダリングします。
レンダーキューエラー

レンダーキューエラー

レンダーキューエラー

  • 問題:macOS Monterey では、After Effects のメニューバーとマウスの右クリックが機能しません。もう一度クリックすると、少しの間は表示されますが、マウスを移動してドロップダウンをクリックすると表示されなくなります。

回避策:メニューを動作させるには、ドッキングの After Effects のアイコンをクリックします。

  • 問題:After Effects 2022.1.1 MOGRTs と Cinema 4D R25 を併用すると、安定性の問題が発生します。

       回避策:この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. After Effects、Cinema 4D R25、Premiere Pro または Adobe Media Encoder のすべてのインスタンスを閉じます。
    1. 次の場所にある Cinema 4D R25 config.cineware_dll.txt ファイルを見つけます。前の設定に戻す必要が生じた場合に備えて、ファイルのバックアップコピーを作成します。
    2. Win:C:\Program Files\Maxon Cinema 4D R25\resource
    3. Mac:/Applications/Maxon\ Cinema\ 4D\ R25\resource
  2. 管理者アカウントで、既存の config.cineware_dll.txt が次のものに置き換えられます。

ダウンロード

4.After Effects と Cinema 4D を再起動して操作します。

2021年10月(バージョン 22.0)リリース

  • 問題:After Effects と Adobe Media Encoder の Dynamic Link に関する問題 - マルチフレームレンダリングでは、Dynamic Link 経由で起動した場合、aerendercore が終了しない。

回避策:マルチフレームレンダリングを有効にする」をオフに設定します。

  • 問題:macOS 12.x でのサードパーティ AE Juice プラグインが原因で、起動中に After Effects 22.0 がクラッシュする。

       回避策:次のいずれかの操作を試してください。

a. AE Juice プラグインを削除し、新バージョンの AE Juice プラグインをインストールします。 一部(すべてではない)のプラグインは、HD/Library/Application Support/Adobe/Common/plug/7.0/MediaCore に保存されています。すべてのファイルとフォルダーをデスクトップに移動します(dummy.txt を除く)。

b. 次のリンクを使用して、After Effects 22.0 で操作する新しいバージョンのプラグインをインストールします。

Windows:https://aejuice.com/pack_manager/AEJuice_Pack_Manager.zip

macOS:https://aejuice.com/pack_manager/AEJuice_Pack_Manager_mac.zip

  • 問題:Windows で、Cinema 4D ベースの After Effects 2022 コンポジション、または Dynamic Link を使用して Cineware エフェクトを含むコンポジションをレンダリングする場合、Adobe Media Encoder 2022 および Adobe Premiere Pro 2022 が ハングすることがある。

回避策:アルファ出力モジュールプリセットで新しい高画質または高画質を使用して、After Effects レンダーキューからコンポジションを書き出し、作成されたフッテージファイルを Media Encoder または Premiere Pro に読み込みます。

  • 問題:Cineware ライブリンクが Cinema 4D で応答しません。

回避策:現在、After Effects 2022 ではライブリンクが有効になっていません。今後のアップデートでこの機能の復元を予定しています。

  • 問題:3D レイヤーを含み、コラップストランスフォームのスイッチと 3D レイヤースイッチの両方が ON に設定されているプリコンポジションの場合、そのレイヤーのレンダリング時刻の値が正しく表示されないことがあります。

回避策:プリコンポジションのタイムラインを開き、フレームレンダリング時間を確認して、より正確な値にします。

2021 年 7 月リリース(バージョン 18.4)

  • 問題:他のアプリケーションからテキストを After Effects のテキストレイヤーにペーストしたときに、編集メニューの「ペースト」コマンドが使用できなくなり、何もペーストされません。

回避策:現時点で回避策はありません。

2021 年 5 月(バージョン 18.2)リリース

  • 問題:Nvidia コントロールパネルで「Image Sharpening」、または「アンチエイリアシング - FXAA」を有効にしている場合、Nvidia ドライバーを搭載したシステムで After Effects 18.2 または Premiere Pro 15.2 を使用すると、プレビューの不具合やクラッシュが発生することがあります。

解決策:この問題の詳細と解決方法については、プレビューパネルのサイズを変更した後のエラーのプレビューを参照してください。

  • 問題:Mac では、aerender を初めて起動するたびに、aerender の自動処理が失敗し、アクセス制御ダイアログが表示されます。制御を許可すると、アプリケーションフォルダーのドキュメントおよびデータへのアクセスが可能になり、そのアプリケーション内で操作を実行することができます。 アラートを無視するか、または「許可しない」をクリックすると、aerender テストは失敗し、aerendercore は処理中のままです(アクティビティモニター)。

回避策:現時点で回避策はありません。

  • 問題:以前のバージョンのプロジェクトの JPEG イメージを読み取ることができません。

回避策:プロジェクトパネルで JPG ファイルを選択し、ファイル/フッテージの置き換え/ファイルを選択して、JPG をそれ自体に置き換えます。これにより、プロジェクトパネルのファイルのタイプが「JPEG」から「ImporterJPEG」に変更されます。これは、レガシー JPEG インポーターからの更新に失敗する可能性があることを示しています。

2021 年 3 月(バージョン 18.0)リリース

  • 問題:H.264(MP4)ファイルが緑色のフレームとして読み込まれます。次の回避策を使用します。
    • 環境設定/読み込みに移動
    • ビデオフッテージの「ハードウェアアクセラレーションによるデコードを有効にする」の選択を解除します。
    • 次に、環境設定/メディアとディスクキャッシュに移動します。
    • 「空のディスクキャッシュ」および「データベースとキャッシュのクリーンアップ」をクリックします。
    • After Effects を再起動してから、もう一度ファイルを読み込みます。
  • 問題:すべてのレイヤーに対して 3D が無効化されている場合、コンポジションパネルで複数の 3D ビューを無効にすることができません。ビューを 1 つ上の状態に戻すことができるコントロールは存在しません。

回避策:レイヤーの 3D を再び有効にして、ビューを変更してから 3D を無効にします。

  • 問題:ドラフト 3D が有効になっていると、前面ビューのような正射投影ビューでカメラが正しくレンダリングされません。

回避策:現時点で回避策はありません。

2021 年 2 月(バージョン 17.7)リリース

  • 問題:ScriptUI パネルで「従来の UI を使用」を有効にするとクラッシュが発生します。 この設定を事前に有効にして ScriptUI パネルを開いたり、この設定を有効にして ScriptUI パネルを含むワークスペースに切り替えたりしてもクラッシュします。

回避策:この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. After Effects 内で、Finder またはエクスプローラーの環境設定/一般/環境設定を表示で環境設定フォルダーを表示します。
  2. After Effects を終了します。
  3. テキストエディターで、「Adobe After Effects 17.7 Prefs-indep-general.txt」を開きます。
  4. テキストファイルで「Pref_SUI_PANEL_USES_LEGACY_SKIN」を検索します。
  5. 「Pref_SUI_PANEL_USES_LEGACY_SKIN」セクションの各エントリを 01 ではなく 00 に変更します。
  6. テキストファイルを保存します。

再び After Effects を起動すると、すべてのスクリプトがレガシーモードを無効にした状態で開き、クラッシュを回避できます。

  • 問題:エフェクトコントロールパネルのカスタム UI が表示されず、一部のサードパーティ製プラグインに影響します。

回避策:After Effects バージョン 17.5 にダウングレードしてください。

2020 年 11 月(バージョン 17.5.1)リリース

問題:プロジェクトの作業用スペースを設定すると、モニターのカラーマネジメントが初期設定で有効になりません。

回避策:カラーマネジメントされたプロジェクトを設定するときは、「モニターのカラーマネジメントを使用する」を選択して、有効にします。これにより、このプロジェクトの状態が設定され、このプロジェクトは永続的なままになります。ただし、カラーマネージメントされたプロジェクトを作成するたびに、これをおこなう必要があります。

2020 年 10 月(バージョン 17.5)リリース

  • 問題:Option キー(Mac)または Alt キー(Windows)を押しながら、選択、ペン、ズームなどのツールをクリックするかドラッグしても、Universal Camera Tool がアクティブになるだけで、予期したとおり機能しません。この問題は、コンポジションに 3D レイヤーがある場合にのみ発生します。Option/Alt キーを押しながらの操作が期待どおり機能しない場合の例:
    • 選択ツールでパスをドラッグしても、シェイプやシェイプパスが複製されません。
    • マウスカーソルがマスクポイントまたはハンドル上にあるときにペンツールを使用しても、頂点を切り替えツールがアクティブになりません。
    • ズームツールがズームアウトに変わりません。

また、3D レイヤーがコンポジション内にあるかどうかに関係なく、Option/Alt キーを押しながらタイムラインパネルで現在の時間インジケーターをドラッグしても、ドラッグに合わせてコンポジションパネルが更新されません。

       回避策:環境設定/3D で、アクティブ化オプション(カメラナビゲーションの左/中央/右マウスクリック)を無効にします。

  • 問題:Camera Raw 13.0 で画像を開くと、After Effects が起動時にクラッシュするか、「ファイルが見つかりません」というエラーメッセージが表示されます。この問題は、Adobe Camera Raw 13.0 と macOS 10.13 の互換性が原因で発生します。
    更新情報:この問題は Camera RAW バージョン 13.0.1 で解決されています。この問題を解決するには、Camera RAW を 13.0.1 にアップデートしてください。

回避策:この問題が発生した場合は、Camera Raw version 12.x にロールバックします。「Camera Raw 12.x インストーラー」を参照してください。Camera Raw と OS の互換性については、必要システム構成を参照してください。詳しくは、コミュニティの投稿を参照してください。

  • 問題:(Windows) ae_render_only_node.txt を使用してレンダリングのライセンスチェックを無効にした場合にのみ、aerender が機能します(このテキストファイルの使い方については、「自動レンダリングとネットワークレンダリング」を参照してください)。

(Mac) aerender が ae_render_only_node.txt を使用せずにファイルをレンダリングしますが、最終的に aerendercore プロセスが実行されたままになります。

回避策:ae_render_only_node.txt を使用すると適切に動作します。

2020 年 9 月(バージョン 17.1.4)リリース

問題:After Effects v17.1.4 がランダムにクラッシュします。

回避策:この記事の手順を使用して、After Effects 17.1.3 にロールバックします。アドビでは、問題の解決に向けて鋭意取り組んでいます。

2020 年 8 月(バージョン 17.1.3)リリース

問題:使用中にオーディオデバイスを削除すると、プレビューが再生されません。

2020 年 6 月(バージョン 17.1.2)リリース

  • 問題:新しい Studio/Game Ready ドライバーと NVIDIA GPU が搭載されているシステムで Lumetri を使用すると、プログラムモニターにプレビューの斑点が表示されます。この問題は、最新の Game Ready ドライバー 451.48 で実行されている複数の GPU GTX 1080 Tiで報告されています。

回避策:NVIDIA studioドライバー v451.77 にアップグレードします。

  • 問題:Intel ドライバー 8280 および 8336 を使用しているシステムで、After Effects のコンポジションパネルに緑色の水平線が表示されます。

回避策:古い Intel ドライバーにロールバックします。

緑色の水平線が表示されるエラー

2020 年 6 月(バージョン 17.1.1)リリース

  • 問題:JavaScript エクスプレッションエンジンでマーカーを名前で参照できません。

     回避策:以前の ExtendScript エクスプレッションエンジンに切り替えて、正しい値を表示します。

  • 問題:共有の Creative Cloud ライブラリに Adobe Stock メディアが含まれていると、予期しない結果になります。共同作業者がライセンスを取得し、共有している Stock メディアが他の共同作業者に「ライセンス取得済み」と表示されず、メディアがオフラインと表示されます。また、他の共同作業者がプロジェクトと共有ライブラリを開いたときに、共有ライブラリまたはシーケンスにメディアがまったく表示されないことがあります。

     回避策:プロジェクトを閉じて開くか、After Effects を終了して再起動します。

2020 年 5 月(バージョン 17.1)リリース

  • 問題:日本語で実行されている After Effects 17.0以降で、スクリプトメソッドfindMenuCommandId() が機能しません。

     回避策:現時点で回避策はありません。

  • 問題:位置、スケール、回転など、レイヤーの変形を手動で行うと、変形の実行中、レイヤー要素のエッジに色縁が表示される場合があります。変形が完了すると、色縁は表示なくなります。この問題は、コンポジションのプレビューや書き出しでは発生しません。これは、プロジェクトで「作業用スペースをリニア化」と「ハードウェアによるコンポジション、レイヤー、フッテージパネルの高速化」の両方が有効になっている場合に発生します。

     回避策:「作業用スペースをリニア化」または「ハードウェアによるコンポジション、レイヤー、フッテージの高速化」を無効にすると、色縁が表示されなくなります。

2020年4月(バージョン 17.0.6)リリース

  • 問題:プレビューの再生中に Lumetri スコープパネルを閉じると、After Effects がクラッシュすることがあります。

       回避策:プレビューを停止してからスコープパネルを閉じます。

  • 問題:macOS で、チルダ(~)キーを使用してコンポジションウィンドウを切り替えると、マウスをコンポジションの上に移動するまで別名のイメージが表示されることがあります。
  • 問題:Touch Bar 搭載の Mac ラップトップで、保存/開くダイアログの使用中に Escape キーを押すと、ファイル名が読めなくなります。

     回避策:macOS Catalina の最新バージョン(バージョン 10.15)にアップグレードします。

  • 問題:Red Giant Supercomp プラグインがインストールされていると、After Effects が起動時にクラッシュすることがあります。

     回避策:プロジェクトで Supercomp を開く必要がない場合は、Supercomp をアンインストールします。プロジェクトで必要な場合は、引き続き After Effects 17.0.5 を使用します。

注意:

Red Giant は、この問題を解決した Supercomp のアップデートを 2020 年 4 月下旬にリリースする予定です。

2020 年 3 月(バージョン 17.0.5)リリース

問題:After Effects バージョン 17.0.5 で MP4(H.264)ファイルを読み込めません。

回避策:

  1. 以前のバージョンの After Effects を再インストールします。
  2. ファイルを別のファイル形式にトランスコードします。

詳しくは、コミュニティの投稿 を参照してください。

2020 年 2 月(バージョン 17.0.4)リリース

  • 問題:Windows で、.aep プロジェクトファイルをダブルクリックすると After Effects が起動しますが、.aep プロジェクトと同じフォルダーに 3 つのサブフォルダー(CIDFont、CMap、Font)が作成されます。

       回避策:After Effects の起動後に「ファイル/プロジェクトを開く」で .aep プロジェクトを開きます。あるいは、After Effects の起動後に .aep プロジェクトファイルをダブルクリックします。 After Effects を閉じたら、これらの 3 つのサブフォルダを削除しても安全です。

  • 問題:プレビューの再生中に Lumetri スコープパネルを閉じると、After Effects がクラッシュすることがあります。

       回避策:プレビューを停止してからスコープパネルを閉じます。

  • 問題:macOS で、チルダ(~)キーを使用してコンポジションウィンドウを切り替えると、マウスをコンポジションの上に移動するまで別名のイメージが表示されることがあります。
  • 問題:Touch Bar 搭載の Mac ラップトップで、保存/開くダイアログの使用中に Escape キーを押すと、ファイル名が読めなくなります。

       回避策:名前の入力を続けると、入力したファイル名が復元されます。

2020 年 1 月(バージョン 17.0.2)および 2019 年 12 月(バージョン 17.0.1)リリース

  • 問題:After Effects 17.0.2 で、.mov からコンポジションを作成すると、プレビュー時にグラフィックが壊れます。この問題は、AMD Radeon Pro 5300M 4GB を使用している 16 インチの MacBook Pro で発生します。

       回避策:現時点で回避策はありません。

  • 問題:After Effects 17.0.2 がインストールされている場合、Premiere Pro 14.0 でモーショングラフィックステンプレートが正しくレンダリングされません。

回避策:Premiere Pro を 14.0.1 にアップグレードします。Premiere Pro 14.0.1 でモーショングラフィックステンプレートのレンダリングをおこなうには After Effects 17.0.2 が必要です(その逆も同様です)。

  • 問題:プレビューの再生中に Lumetri スコープパネルを閉じると、After Effects がクラッシュすることがあります。

       回避策:プレビューを停止してからスコープパネルを閉じます。

  • 問題:macOS で、チルダ(~)キーを使用してコンポジションウィンドウを閉じると、マウスをコンポジションの上に移動するまで別名のイメージが表示されることがあります。
  • 問題:Cinema 4D Lite R21 の体験版または完全版のインストーラーを使用すると、Cinema 4D Lite が削除されたり、上書きされることがあります。

       回避策:この問題が発生した場合は、After Effects を再インストールしてください。

  • 問題:Touch Bar 搭載の Mac ラップトップで、保存/開くダイアログの使用中に Escape キーを押すと、ファイル名が読めなくなります。

       回避策:名前の入力を続けると、入力したファイル名が復元されます。

2019 年 11 月(バージョン 17.0)リリース

  • 問題:このリリースの After Effects では、新たにドロップダウンメニュー制御が追加されました。このコントロールは従来のメニュータイプをベースにしているため、前のバージョンの After Effects で作成したプロジェクトにも表示されます。ただし、古いリリースでは機能が制限されるため、以前のリリース用にメニューを作成することはおすすめしません。また、ドロップダウンメニュー制御のスクリプト機能もサポートされていません。
  • 問題:macOS 10.15 で使用すると、Colorama カラーピッカーがクラッシュすることがあります。
  • 問題:プレビューの再生中に Lumetri スコープを閉じると、After Effects がクラッシュすることがあります。

       回避策:プレビューを停止してからスコープを閉じます。

  • 問題:MacOS 10.13 または 10.14 で、チルダ(~)キーを使用してコンポジションウィンドウを閉じると、マウスをコンポジションの上に移動するまで別名のイメージが表示されることがあります。macOS 10.15 では、この問題は発生しません。
  • 問題:公開されている R21 の体験版または完全版のインストーラーを使用すると、Cinema 4D Lite が削除されたり、上書きされることがあります。この問題が発生した場合は、After Effects を再インストールしてください。
  • 問題:Windows で 3D カメラトラッカーのターゲットを表示すると、macOS よりも遅いことがあります。
  • 問題:プレビューの再生中にズームレベルを変更すると、レンダリングされたフレーム(1、2 フレーム)が正しいサイズで表示されないことがあります。
  • 問題:日本語版の AE で、「保存」ダイアログに表示されたファイル名が読めないことがあります。入力したファイル名は正しく設定されます。
  • 問題:macOS マシンに AE をインストールして最初のプロジェクトを開くときに、Windows マシンで作成したプロジェクトを開くと、レイヤー/フッテージパネルのコンテンツが正しく表示されないことがあります。この問題は、AE を再起動すると解決できます。
  • 問題:After Effects 17.0 で作成したプロジェクトは バージョン 16.1 で開くことができます。ただし、次の問題が発生することがあります。
    • 17.0 で作成したプロジェクトで新しいドロップダウンメニューエクスプレッションエフェクトが使用されていると、ドロップダウンメニューの設定を編集できません。
    • マスタープロパティを使用するプロジェクトに、これらのプロパティのキーフレームデータが読み込まれないことがあります。

2019 年 4 月(バージョン 16.1)リリース

問題:ファイルパスに日本語、中国語、韓国語などの ASCII 以外の文字が含まれていると、「オリジナルを編集」コマンドで、Photoshop や Illustrator(macOS)などの外部アプリケーションが起動しません。また、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルで「リファレンスフレームを作成」ボタンをクリックしても Photoshop が自動的に起動しません。

回避策:以下のいずれか回避策を行います。

  • ファイルパスまたはファイル名で ASCII 以外の文字を使用しない。
  • Photoshop などの外部アプリケーションを手動で起動し、ファイルを開く。

コンテンツに応じた塗りつぶしの既知の問題

問題:Mac および Windows)塗りつぶしレイヤーの生成中に、CPU の使用率が 100% を超えることがあります。

回避策:この問題の既知の回避策はありません。

問題:チームプロジェクトを開き、「Generate Fill layer(塗りつぶしレイヤーを生成)」または「リファレンスフレームを作成」ボタンをクリックすると、After Effects が反応しません。

回避策:チームプロジェクトをローカルプロジェクトに変換します。編集/チームプロジェクト/チームプロジェクトをプロジェクトに変換を選択します。

エクスプレッションエディターの既知の問題

問題:Windows で、エクスプレッションフィールドをアクティブにすると、カーニングと文字間隔の表示が変わります。環境設定/スクリプトとエクスプレッションを開き、エクスプレッションエディターの幅を 2 に変更し、設定の確認で「OK」をクリックすると、アクティブ状態になったテキストのカーニングが大きく変わり、テキスト配置でジャンプ数が増えます。また、環境設定のタブ幅の設定に関係なく、非アクティブ状態のタブ間隔が 6 ~ 8 になります。

回避策:タブ幅を 6 ~ 8 に設定し、ジャンプ数を最小にします。

その他の問題が発生した場合、または投稿、討論、および知識コミュニティへの参加を希望する場合は、After Effects フォーラムをご覧ください。Adobe 製品について、疑わしいバグを報告したり、既存機能の修正を求めたりするには、製品への要望/不具合報告フォームを使用してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン