マニュアル キャンセル

After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメート

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

Sketch や Capture のシェイプを Illustrator ファイルに変換し、After Effects を使用してアニメートする

Adobe Sketch および Adobe Capture(以前の Adobe Shape CC)モバイルアプリを使用すれば、いつでもどこでもアイデアがひらめいたときにアートワークを作成できます。こうしたアプリで作成するシェイプは、After Effects に直接インポートすることも、編集や仕上げのために Illustrator や Photoshop に送信することもできます。その後、Adobe After Effects コンポジションでシェイプを使用できます。

シェイプレイヤーには、シェイプと呼ばれるベクトルグラフィックが含まれています。初期設定では、シェイプはパス、線、塗りで構成されます(パスの概要およびシェイプの線と塗りを参照)。

After Effects にシェイプを読み込むか、コンポジションパネルのシェイプツールまたはペンツールで描画してシェイプレイヤーを作成できます(シェイプとマスクの作成を参照)。

Sketch でシェイプを作成する

  1. iPhone、iPad または iPad Pro で Adobe Photoshop Sketch を開き、Adobe ID を使用してログインします。

  2. + をタップして新しいプロジェクトを開始し、白いキャンバスをタップして新しいスケッチを開始します。

  3. Adobe Stock の画像をアートワークの背景に使用するには、画像アイコンをタップし、画像メニューで「Adobe Stock」を選択します。

  4. トレースの参照に画像を使用するには、重なりアイコンを使用して、画像をアートワークの下に配置し、不透明度を下げ、ボックスの外側をクリックして変更を適用します。

  5. 組み込みのブラシ、シェイプ、カラーツールおよび遠近法を使用してスケッチを描画します。

  6. コレクション内の適切な Creative Cloud ライブラリにシェイプを保存するか、「Photoshop に送信」または「Illustrator に送信」オプションを使用してシェイプをレイヤーベクトル画像に変換します。

    Adobe Sketch の使用方法について詳しくは、チュートリアル Adobe Photoshop Sketch を使用した描画と共有の概念を参照してください。

Capture でシェイプを作成する

  1. iPhone、iPad または iPad Pro で Adobe Capture を開き、Adobe ID を使用してログインします。

  2. 「シェイプ」メニューオプションをタップしてから、+ アイコンをアップします。 

  3. カメラをオブジェクトに向け、スライダーを使用して画像のディテールの増減を調整します。画面をタップしてどのオプションが最適かを試します。

  4. キャプチャボタンをタップしてキャプチャします。

  5. 選択解除」をタップし、シェイプから削除する部分の上を指でドラッグします。

  6. 完了したら「次へ」をタップし、シェイプに滑らかな輪郭が描画されるのを待ちます。

  7. 描画を確認し、「次へ」をタップしてシェイプの名前を入力します。

  8. Creative Cloud Library パネルで適切なライブラリを選択し、「シェイプを保存」をタップします。

    Capture については、Adobe Capture よくある質問を参照してください。

詳しくは、Adobe Illustrator ファイルの準備と読み込みを参照してください。

After Effects にシェイプを読み込んで 2D または 3D でアニメートする

ローカルファイルまたは Creative Cloud ライブラリに保存されたアセットと同様、モバイルアプリから直接シェイプを読み込むことができます。Photoshop や Illustrator での編集用にモバイルアプリからシェイプを送信した場合は、Photoshop または Illustrator ファイルとして読み込むこともできます。 

例えば、ベクトルにベベルや押し出しを適用するには、ベクトルアートフッテージレイヤーからシェイプレイヤーを作成してから、そのシェイプレイヤーを変更します。ベクトルレイヤーをシェイプレイヤーに変換した後、そのレイヤーにベベルや押し出しを適用できます。押し出しを適用したオブジェクトは、3 次元のように見えるオブジェクトのことを表します。そのような 3D の外観は、オブジェクトの移動時やオブジェクトの周囲でのカメラの移動時に最も明らかになります。ベベルは、押し出しを適用したオブジェクトのエッジに対する制御のことです。

以下の手順では、シェイプを 2D または 3D でアニメートする方法を説明します。

  1. ベクトルファイルや PNG 形式のシェイプ、または Illustrator ファイルや Photoshop ファイルを読み込むには、グラフィックをコンポジションにドラッグ&ドロップするか、ファイル/読み込み/ファイルを選択し、ファイルを選択してから、「読み込み」をクリックします。

  2. レイヤーベクトルグラフィックファイルを読み込んだ場合は、ベクトルレイヤーを右クリックし、「ベクトルレイヤーからシェイプを作成」を選択します。ベクトルレイヤーがアニメート可能なシェイプレイヤーに変換されます。

  3. 読み込んだシェイプで簡単なアニメーションを作成するには、レイヤーとその下の「トランスフォーム」オプションを開きます。例えば、シェイプを回転する場合は、以下の手順に従います。

    1. シェイプをコンポジションにドラッグ&ドロップします。新しいシェイプレイヤーが作成されます。
    2. 現在の時間インジケーターを、回転完了の位置まで動かします。
    3. R を押します。シェイプレイヤーの下に「回転」プロパティが表示されます。
    4. ストップウォッチアイコンをクリックして回転を有効にします。
    5. 「回転」プロパティの左にあるキーフレームアイコンをクリックして目的点にキーフレームを挿入します。
    6. コンポジションでシェイプを回転させるか、「回転」プロパティでシェイプの回転回数と回転角度を変更します。 
    7. コンポジション/プレビュー/現在のプレビューを再生を選択します。

  4. コンポジション/コンポジション設定を選択し、コンポジションをアニメーション用のレイトレース 3D コンポジションに変換します。

  5. 3D レンダラータブで、レイトレース 3D にレンダラーを選択します。これでコンポジションはレイトレース 3D コンポジションとなり、押し出しを適用したテキストとシェイプが利用できるようになります。

  6. シェイプレイヤーを 3D レイヤーに変換するには、以下のいずれかの手順に従います。

    • レイヤーを 3D レイヤーに変換するには、タイムラインパネルでレイヤーの 3D レイヤースイッチを選択するか、レイヤーを選択してレイヤー/3D レイヤーを選択します。
    • 「文字単位の 3D 化を使用」を有効にしてテキストレイヤーを 3D レイヤーに変換するには、アニメーション/テキストのアニメータープロパティを追加/文字単位の 3D 化を使用を選択します。
  7. After Effects に用意されている様々な 3D アニメーションツールを 1 つまたは複数選択します。以下に例を示します。

    • タイムラインパネルで 3D レイヤーを回転するか、3D レイヤーの方向を設定するには、タイムラインパネルで 3D レイヤーを選択し、「回転」プロパティまたは「方向」プロパティの値を変更します。R キーを押すと、「回転」プロパティと「方向」プロパティが表示されます。 
    • 3D レイヤーを移動するには、コンポジションパネルで選択ツールを使用して、レイヤーの移動方向に対応する軸の矢印部分をドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、レイヤーをよりすばやく移動できます。タイムラインパネルで位置プロパティを直接変更して 3D レイヤーを移動することもできます。3D レイヤーのアニメートについて詳しくは、3D レイヤーのアニメートを参照してください。
    • 1 つまたは複数のカメラで撮影する場合のように、様々な表示角度や距離を使用して 3D レイヤーをアニメートするには、カメラオプションを使用します。レイヤー/新規/カメラを選択するか、Ctrl + Alt + Shift + C キー(Windows)または Command + Option + Shift + C キー(Mac OS)を押します。目標の時間まで現在の時間インジケーターを動かし、キーフレームを挿入してシェイプを動かします。詳しくは、カメラ、ライト、目標点を参照してください。
アドビのロゴ

アカウントにログイン