マニュアル キャンセル

レイヤーの管理

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

レイヤー情報を表示、変更する

  • レイヤーまたはプロパティグループの名前を変更するには、次のいずれかの操作を行います。
    • タイムラインパネルでアイテムを選択し、Enter キー(Windows)または Return キー(macOS)を押して、新しい名前を入力します。

    • タイムラインパネルのアイテムを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「名前を変更」を選択して、新しい名前を入力します。

  • タイムラインパネルで、ソースフッテージアイテムの名前の表示と、レイヤー名の表示とを切り替えるには、列見出しの「レイヤー名」または「ソース名」をクリックします。
注意:

レイヤー名とソースフッテージ名が同じ場合、[レイヤー名] というように、レイヤー名表示のレイヤー名が角かっこで囲まれて表示されます。

  • 情報パネルで選択したレイヤーのソースフッテージファイルの名前を表示するには、Ctrl + Alt + E キー(Windows)または Command + Option + E キー(macOS)を押します。
  • レイヤーでどのフッテージアイテムがソースとして使われているかを見るには、タイムラインパネルでレイヤーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「プロジェクト内のレイヤーソースを表示」を選択します。

ソースフッテージアイテムがプロジェクトパネルで選択されます。

タイムラインパネルでレイヤーをフィルターし、検索文字列または特定の特性に一致するプロパティが設定されたレイヤーのみを表示できます。タイムライン、プロジェクト、およびエフェクト&プリセットパネルでの検索とフィルターおよびタイムラインパネルでのプロパティとグループの表示するためのキーボードショートカットを参照してください。

Christopher Green が、自身の web サイトで、タイムラインパネルで選択した複数レイヤーの名前を変更するスクリプト(Selected_Layers_Renamer.jsx)を公開しています。名前に含まれているテキストを検索および置換したり、名前の先頭または末尾に文字を追加したり、名前の先頭または末尾から指定した数の文字を取り除いたり、名前を連番で置き換えたりすることもできます。

タイムラインパネルのレイヤースイッチと列

レイヤーの特性の多くは、タイムラインパネルの列に表示されるレイヤースイッチで制御できます。初期設定では、レイヤー名の左側に A/V 機能列、レイヤー名の右側にスイッチ列とモード列(転送制御)が表示されますが、並び順を変更することもできます(を参照)。

タイムラインパネルで列の表示/非表示を切り替えるには、タイムラインパネルの左下隅にある「レイヤースイッチ」、「転送制御」 ボタンまたは「イン/アウト/デュレーション/伸縮」 ボタンをクリックします。親列の表示/非表示を切り替えるには、Shift+F4 キーを押します。スイッチ列とモード列を切り替えるには、F4 キーを押します。

一部のレイヤースイッチの表示/非表示は、タイムラインパネルのレイヤーアウトラインの右上隅にあるコンポジションスイッチの設定で切り替えることができます。

注意:

複数のレイヤーのスイッチの状態をすばやく変更するには、1 つのレイヤーのスイッチをクリックし、隣接するレイヤーの列にドラッグします。

A/V 機能列のスイッチ

ビデオ

レイヤーの表示/非表示を切り替えます(レイヤーまたはプロパティグループの表示または影響を切り替えるを参照)。

オーディオ

レイヤーのサウンドのオン/オフを切り替えます。

ソロ

現在のレイヤーをプレビューおよびレンダリングの対象に含め、このスイッチが設定されていないレイヤーは無視します(レイヤーをソロ処理するを参照)。

ロック

レイヤーの内容を変更できないようにロックします(レイヤーをロックまたはロック解除するを参照)。

スイッチ列のスイッチ

シャイ

「シャイレイヤーを隠す」コンポジションスイッチ をオンにすると、現在のレイヤーが非表示になります(タイムラインパネルでレイヤーの表示/非表示を切り替えるを参照)。

コラップストランスフォーム/連続ラスタライズスイッチ

レイヤーがプリコンポジションの場合、トランスフォームをコラップスします。シェイプレイヤー、テキストレイヤー、またはベクトルグラフィックファイル(Adobe Illustrator ファイルなど)をソースフッテージとして使用するレイヤーの場合は、レイヤーを連続的にラスタライズします。ベクトルレイヤーでこのこのスイッチを選択すると、レイヤーがフレームごとに再度ラスタライズされるため、画質は向上しますが、プレビューおよびレンダリング時の処理速度が遅くなります(詳しくは、レンダリングの順序とトランスフォームのコラップスおよびベクトルグラフィックを含むレイヤーを連続ラスタライズするを参照)。

画質

プレビュー画面でのレンダリングなど、レンダリング時のレイヤーの画質を最高画質とドラフト画質のどちらかに切り替えます(レイヤーの画質とサブピクセルポジショニングを参照)。

エフェクト

エフェクトを適用してレイヤーをレンダリングします。このスイッチは、レイヤー上の個々のエフェクトの設定には影響しません(エフェクトまたはアニメーションプリセットを削除する、または無効にするを参照)。

フレームブレンド

フレームブレンドをフレームミックス 、ピクセルモーション 、オフのいずれかに切り替えます。フレームブレンド使用可能コンポジションスイッチ を選択していない場合は、レイヤーのフレームブレンド設定は使用できません(フレームブレンドを参照)。

モーションブラー

レイヤーのモーションブラーのオンまたはオフを切り替えます。モーションブラー使用可能コンポジションスイッチ を選択していない場合は、レイヤーのモーションブラー設定は使用できません(モーションブラーを参照)。

調整レイヤー

現在のレイヤーを調整レイヤーに設定します(調整レイヤーを参照)。

3D レイヤー

現在のレイヤーを 3D レイヤーに設定します。文字単位の 3D 化プロパティが設定されたテキストレイヤーなど、3D レイヤーの中にさらに 3D レイヤーが含まれている場合は、このスイッチのアイコンが に変わります(3D レイヤーの概要とリソースを参照)。

レイヤーまたはプロパティグループの可視性または影響を切り替える

レイヤーのビデオ (目)スイッチは、レイヤーのビジュアル情報をプレビューや最終出力でレンダリングするかどうかを制御します。レイヤーが調整レイヤーである場合、ビデオスイッチは、レイヤーに対するエフェクトをその下にあるレイヤーのコンポジットに適用するかどうかを制御します。レイヤーがカメラまたはライトである場合、ビデオスイッチは、レイヤーのオンとオフを制御します。

ペイントストローク、シェイプレイヤー内のパスの操作、テキストレイヤー内のテキストアニメーターなど、レイヤーのいくつかのコンポーネントには、それぞれ独自のビデオスイッチがあります。ビデオスイッチを使用して、これらのアイテムの可視性と影響を個別に切り替えることができます。

  • レイヤーの可視性をオフにするには、レイヤーのビデオスイッチの選択を解除します。
  • すべてのレイヤーのビデオスイッチを選択するには、レイヤースイッチすべてのビデオの表示を選択します。
  • 選択しているレイヤー以外のすべてのレイヤーのビデオスイッチの選択を解除するには、レイヤースイッチ他のビデオを隠すを選択します。

レイヤーをソロ処理する

ソロ処理を使うと、アニメート、プレビュー、または最終出力時にソロ処理されたレイヤーと同じ種類の他のレイヤーを除外できます。ソロ処理されたレイヤーと同じ種類のレイヤーはすべて、コンポジションパネルでのプレビュー時と最終出力時にレンダリングされません。例えば、ビデオレイヤーをソロ処理すると、ライトレイヤーやオーディオレイヤーはコンポジションのプレビュー時またはレンダリング時に表示されますが、ソロ処理されていないビデオレイヤーは一切表示されません。

  • 1 つまたは複数のレイヤーをソロ処理するには、タイムラインパネルでレイヤーを選択し、レイヤー名の左にあるソロアイコン をクリックします。
  • 1 つのレイヤーをソロ処理し、他のすべてのレイヤーのソロ処理を解除するには、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらレイヤー名の左にあるソロアイコン をクリックします。

1 つのレイヤーをソロ処理すると他のレイヤーのビデオスイッチ がグレー表示に切り替わり、レンダリング時に表示されなくなります。

Lloyd Alvarez が、After Effects Scripts の Web サイトで、レイヤーにタグを付け、そのタグに応じてレイヤーを選択する、隠す(シャイ)またはソロレイヤーに設定することができるスクリプトを公開しています。タグは、タイムラインパネルのコメントフィールドのコメントに追加されます。

レイヤーをロックまたはロック解除する

ロックスイッチを使用すると、変更の必要がないレイヤーを誤って選択しないようにできます。ロックされたレイヤーは、コンポジションパネルでもタイムラインパネルでも選択できません。ロックされたレイヤーを選択または編集しようとすると、タイムラインパネルでそのレイヤーが点滅します。

ロックされたレイヤーには、A/V 機能列にロックアイコン が表示されます。初期設定では、ロックアイコンはタイムラインパネルのレイヤー名の左側に表示されます。

  • レイヤーをロックまたはロック解除するには、タイムラインパネルでレイヤーのロックスイッチをクリックします。
  • アクティブなコンポジションですべてのレイヤーのロックを解除するには、レイヤースイッチすべてのレイヤーのロックを解除を選択します。

コンポジション、フッテージアイテム、レイヤーおよびキーフレームのカラーラベル

プロジェクトパネルとタイムラインパネルでラベル(ラベル列にあるカラー付きボックス)を使用すると、コンポジション、フッテージアイテム、レイヤーおよびキーフレームを一目でわかるように整理できます。

After Effects のカラーラベルの概要:ラベルの環境設定

キーフレームにカラーを割り当てる:キーフレームカラーラベル。

タイムラインパネルでレイヤーの表示/非表示を切り替える

レイヤーをシャイ(隠す)に設定すると、タイムラインパネルの一番上にあるシャイレイヤーを隠すコンポジションスイッチ を使用して、タイムラインパネルのレイヤーアウトラインにあるすべてのシャイレイヤーを隠すことができます。この機能は、調節するレイヤーやレイヤープロパティだけをタイムラインパネルに表示する場合に便利です。

スイッチ列のアイコンは、レイヤーがシャイであるか 、シャイではないか を示しています。

レイヤーをシャイに設定しても、プレビューと最終出力時にはレンダリングされます。プレビューまたは最終出力時に一部のレイヤーをレンダリングしないようにするには、ビデオスイッチを使用するか、レイヤーをガイドレイヤーに設定します。

  • レイヤーをシャイにする/シャイにしない状態を切り替えるには、レイヤーのシャイスイッチをクリックするか、タイムラインパネルでレイヤーを選択してから、レイヤースイッチシャイを選択します。
  • すべてのシャイレイヤーの表示/非表示を切り替えるには、タイムラインパネルの上部にあるシャイレイヤーを隠すコンポジションスイッチ をクリックするか、タイムラインパネルの右上にあるポップアップメニューから「シャイレイヤーを隠す」を選択します。

タイムラインパネルでレイヤーをフィルターし、検索文字列または特定の特性に一致するプロパティが設定されたレイヤーのみを表示することもできます。タイムライン、プロジェクト、およびエフェクト&プリセットパネルでの検索とフィルターおよびタイムラインパネルでのプロパティとグループの表示するためのキーボードショートカットを参照してください。

Lloyd Alvarez が、After Effects Scripts の Web サイトで、レイヤーにタグを付け、そのタグに応じてレイヤーを選択する、隠す(シャイ)またはソロレイヤーに設定することができるスクリプトを公開しています。タグは、タイムラインパネルのコメントフィールドのコメントに追加されます。

レイヤーの画質とサブピクセルポジショニング

レイヤーの画質設定は、レンダリングの精度だけでなく、モーショントラッキングや、合成エフェクトの制御レイヤーとしてレイヤーを使用する場合など、レイヤーに関連するその他の計算精度にも影響します。

複製または分割してできた新しいレイヤーは、元のレイヤーの画質設定を維持します。

最高」、「ドラフト」、「ワイヤーフレーム」の 3 つのオプションから画質を選択できます。「最高」オプションを選択すると、バイリニアサンプリングとバイキュービックサンプリング(次の節で説明します)から選択できます。

選択したレイヤーの画質を「最高」(バイリニアサンプリング)、「ドラフト」および「最高」(バイキュービックサンプリング)で切り替えるには、タイムラインパネルの品質スイッチをクリックします。これらすべてのオプションと「ワイヤーフレーム」オプションから選択するには、レイヤー画質を選択します。

最高

サブピクセルポジショニング、アンチエイリアス、3D シェーディングを使用してレイヤーを表示またはレンダリングします。適用したすべてのエフェクトを計算するため、最高画質は、プレビューと最終出力の両方でレンダリングに最も時間がかかります。

ドラフト

低画質でレイヤーを表示します。この画質では、サブピクセルポジショニングやアンチエイリアスを使用せずにレイヤーを表示またはレンダリングするので、一部のエフェクトが正確に再現されない場合があります。

ワイヤーフレーム

レイヤーをボックス(オブジェクトを含まない状態)で表示します。「最高」または「ドラフト」画質より、表示またはレンダリング速度が速くなります。

バイリニアおよびバイキュービックサンプリング

画質を「最高」に設定したレイヤーでは、バイキュービックおよびバイリニアサンプリングを選択できます。このレイヤーごとの設定によって、拡大縮小などの変形に対するピクセルのサンプリング方法が決まります。

選択したレイヤーに対するサンプリング方法の設定に関するデフォルトキーボードショートカットは、最高/バイリニアは Alt + B(Windows)および Option + B(macOS)、最高/バイキュービックは Alt + Shift + B(Windows)および Option + Shift + B(macOS)です。

バイキュービックサンプリングは、バイリニアサンプリングに比べて多少プロセッサーへの負荷が高く、あらゆる場合に最高品質になるわけではありません。あるカラーから別のカラーへのハードトランジションでの共鳴やオーバーシュートなど、状況によっては、バイキュービックサンプリングを使用した装飾の方が見やすくなります。バイキュービックサンプリングは、ほとんどすべての実際の写真画像の場合と同様に、あるカラーから別のカラーへのトランジションの変化がより滑らかな場合に最高のオプションになる傾向がありますが、必ずしもエッジのシャープなグラフィック向けではありません。バイキュービックサンプリングは、縮小する場合よりも拡大する場合の方が役立ちます。

注意:

レイトレース 3D レンダラーのテクスチャは、バイキュービックサンプリングを使用せず、常にバイリニアサンプリングを使用します。また、(専用のスケーリングプラグインエフェクトやディストーションエフェクトのように)エフェクトが特別に他の方法を実装していない限り、エフェクト内でのトランスフォームも、バイリニアサンプリングを使用します。

サブピクセルポジショニング

After Effects のプロパティ値(位置やアンカーポイントなど)には、整数値以外の値(小数値)も指定できます。これにより、キーフレームの移り変わり時に値が補間されてアニメーションをスムーズにすることができます。例えば、25 fps のコンポジションで、時間 0 のときの位置の値が [0,0,0] で、時間 1 のときの位置の値が [0,0,80] の場合、フレーム 1 の値は [0,0,3.2] です。

After Effects は、位置およびエフェクトコントロールポイントなどのすべての空間値をピクセルの 1/65,536 の精度で計算します。このことをサブピクセル精度といいます。

レイヤーのピクセルがコンポジションのピクセル境界上に正確に配置されない場合、アンチエイリアスと非常に良く似た少量のブラーが発生します。このブラーは、オブジェクトのモーションでは問題になりません。これは、モーションのあるオブジェクトにはモーションブラーがあるためです。ただし、静止画のディテールがソフトになることがあります。また、イメージがゆっくりと動いている場合、または正しくない速度で動いている場合、イメージがシャープとブラーを繰り返すようになります。

レイヤーのアンカーポイントは初期設定ではオブジェクトの中心に配置されているため、サイズが奇数のオブジェクトのアンカーポイントは整数値以外になり、整数値に配置したときにソフトになります。ブラー、ピント合わせ、ピント外れを最小限に抑えるには、次のガイドラインに従ってください。

  • コンポジションの寸法に基づいて、奇数または偶数の寸法でグラフィックを作成します。例えば、コンポジションが 640 x 480 ピクセルの場合は、偶数の寸法(100 x 100 ピクセルなど)のグラフィックを作成し、コンポジションが 99 x 99 ピクセルの場合は奇数の寸法(75 x 53 ピクセルなど)のグラフィックを作成します。

  • グラフィックの位置情報(保持位置キーフレームと最終位置キーフレームを含む)を小数ではなく、整数に設定します。

ベクトルグラフィックを含むレイヤーを連続ラスタライズする

ベクトルグラフィックを読み込むと、自動的にラスタライズされます。ただし、ベクトルグラフィックを含むレイヤーを 100%以上にスケールする場合に画質を維持するには、レイヤーを連続ラスタライズする必要があります。レイヤーのベクトルグラフィックは、Illustrator、SWF、EPS、および PDF ファイルに基づいて、連続ラスタライズできます。連続ラスタライズでは、各フレームのトランスフォームに基づいて必要に応じてファイルがラスタライズされます。通常、連続ラスタライズされているレイヤーは画質がよくなりますが、レンダリングに時間がかかります。

シェイプレイヤーとテキストレイヤーは常に連続ラスタライズされます。

連続ラスタライズされているレイヤーと連続ラスタライズされていないレイヤーでは、エフェクトを適用した結果が異なることがあります。結果が異なるのは、レイヤーの初期設定のレンダリング順序が変わるためです。連続ラスタライズされているレイヤーの初期設定のレンダリングの順序は、マスク、トランスフォーム、エフェクトであるのに対して、連続ラスタライズされていないレイヤーでは、マスク、エフェクト、トランスフォームになります。

連続ラスタライズするかどうかにかかわらず、「最高画質」でコンポジションを表示またはレンダリングすると、ベクトルグラフィックの輪郭がアンチエイリアスされてスムーズになります。

連続ラスタライズされたレイヤーは、レイヤーパネルで開いたり使用することはできません。このため、連続ラスタライズされたレイヤーは直接ペイントすることはできません。ただし、他のレイヤーからペイントストロークをコピーしてペーストすることはできます。

ラスタライズされたレイヤーとともに読み込んだ Illustrator ファイルの画像
読み込んだ Illustrator ファイルの画像

A. オリジナル B. 連続ラスタライズスイッチをオフにして拡大した場合 C. 連続ラスタライズスイッチをオンにして拡大した場合 

  1. タイムラインパネルで、レイヤーの連続ラスタライズスイッチ をクリックします。これは、プリコンポジションレイヤーのコラップストランスフォームスイッチと同じです。
アドビのロゴ

アカウントにログイン