After Effects の 2018 年 12 月リリース(バージョン 16.0.1)におけるバグ修正のリストについては、この文書をご覧ください。

Mocha AE CC 6.0.1 におけるバグ修正

Boris FX の Mocha AE CC プラグインがバージョン 6.0.1 にアップデートされました。iバグ修正と変更点の内容は、以下のとおりです。

  • 「エクスポートの適用」ボタンは、コーナーピンエフェクトパラメーターのアニメートですべての言語には対応していません。
  • アニメーション/Mocha のトラックは、Boris FX Mocha のトラックに名前変更されました。
  • グループ化レイヤーの場合、表示/プロセス/ロック要素は使用できません。
  • エッセンシャルレイアウトの再生コントロールの間隔が正しくありません。
  • macOS で Mocha GUI の最初の起動時に、Mocha メニューバーに欠陥があります。
  • マグネット形状輪郭の管理ポイント変更を元に戻す際にエラーが発生します。
  • レイヤーの複数選択が想定どおりに機能しません。
  • Retina ディスプレイから Retina 以外に切り替わった後の Canvas に関する問題。
  • 変換ツールで Uber キーの状態が考慮されません。
  • 最低解像度ディスプレイで、Mocha インターフェイスを起動する際にクラッシュします。
  • 追跡している際にデッドロックが発生します。
  • Mocha インターフェイスを終了する際にクラッシュします。

その他のバグ修正

  • macOS で、コンポジションパネルまたはレイヤーパネルにグリッドを表示すると After Effects が異常に遅くなります。
  • プロジェクトが 16 bpc カラーまたは 32 bpc カラーに設定されている場合、Apple ProRes 4444 QuickTime ファイルは透過アルファを不透明としてレンダリングされます。
  • Blackmagic Video Assist または HyperDeck の Apple ProRes および Avid DNxHD QuickTime ファイルが読み込みに失敗します。
  • コンポジションが Adobe Media Encoder に送信される際に、HEVC (H.265)フッテージはカラーバーに置き換えられます。
  • macOS で H.264 のハードウェアアクセラレーションが有効になっている場合、Canon 5D カメラの H.264 フッテージは、下部に黒いストライプが表示され、レンダリングされます。
  • Adobe Camera Raw 11.1 アップデートをインストール後に Camera Raw ファイル(.DNG、.CR2、.NEF など)をインポートすると、エラー「内部検証エラーです!{現在のコンテキストなし}」で失敗します。After Effects の以前のリリースでこの問題を回避するには、Adobe Camera Raw をバージョン11.0 に戻します。詳細については、「Adobe Camera Raw バージョン 11.1 で After Effects を使用する際に発生するエラー」を参照してください。
  • 3D カメラトラッカー、ワープスタビライザー VFX が原因で、または Adobe Media Encoder のコンポジションのキューイングが原因で、ビープ音が鳴ります。
  • 「すべての属性を移動」オプションを使用してレイヤーをプリコンポーズする際に、他のレイヤーのプロパティがエッセンシャルグラフィックスパネルから削除されます。
  • コンポジションを複製すると、エッセンシャルグラフィックスパネルのグループ化プロパティが重複バージョンのグループから削除されます。
  • Lumetri カラーエフェクトのカラーグレーディング曲線のオプションの水平スクロールバーが遅いです。
  • プロジェクトが Mercury GPU アクセラレーションに設定されていて、エフェクトがレイヤーピクセルと交差しないマスクを参照している場合、塗りエフェクトは正しくレンダリングされません。
  • カラー作業スペースがこのプロジェクトに設定され、かつ作業スペースの線形化オプションまたは 1.0 ガンマを使用したカラーのブレンドオプションが有効になっている場合、Vivid Light モードと Color Burn ブレンドモードは Windows において正しくレンダリングされません
  • JavaScript エクスプレッションエンジンを使用すると、コンポジションパネルのレイヤーの変更は遅くなります。
  • After Effects をフランス語で実行する際に、「エクスプレッションを無効にする」コマンドを実行すると、エラーが発生します。
  • GPU アクセラレーションエフェクトをプロパティリンクと一緒にペーストしてから参照されるエフェクトまたはレイヤーを削除すると、未定義の GPU レンダリングエクスプレッションエラーが発生します。
  • 環境設定を以前のバージョンから移行する際に、作業用リーンスペースが表示されません。
  • 環境設定を以前のバージョンから移行する際に、ホームウィンドウが小サイズに表示されません。
  • Windows 上の C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2019\Support Files フォルダーに PresetEffects.xml ファイルがありません。
  • Dynamic Link コンポジションは macOS の書き出し時にレンダリングを停止します。
  • 曲線エフェクトの「自動」ボタンをクリックすると、After Effects がクラッシュします。
  • ワークスペースデータが破損している状態でレンダリングキューにコンポジションを追加すると、After Effects がクラッシュします。
  • パペットエフェクトをレイヤーに適用した After Effects 16.0 で作成したプロジェクトを開いてから「Save A Copy As CC (15.x)」を使用してプロジェクトを保存すると、After Effects 15.x がクラッシュします。After Effects 15.x で、パペットエフェクトはエフェクトパラメータを変更するまではレンダリングされず、新しい高度なピンまたは曲げピンを使用した場合は、まったく同一にはレンダリングされません。
  • Adobe Crash Reporter を使用して送信されたデータを使用して検出されたいくつかのクラッシュ条件が修正されました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー