Adobe Bridge と After Effects の使用

Adobe Bridge を使用すると、アニメーションプリセットの実行、別の製品とのワークフローを自動化するスクリプトの実行、ファイルとフォルダーの表示と管理、キーワードやラベル、レーティングを使用したファイルの整理、ファイルやフォルダーの検索、メタデータの表示、編集、追加ができます。

  • Adobe Bridge を After Effects から起動するには、ファイル/Bridge で参照を選択します。
  • Adobe Bridge でファイルを表示するには、プロジェクトパネルでファイルを選択し、ファイル/Bridge で表示を選択します。
  • Adobe Bridge でアニメーションプリセットを参照するには、アニメーション/アニメーションプリセットを参照を選択します。

Adobe Bridge は Creative Cloud アプリケーションスイートの一部であり、Creative Cloud を介してダウンロードおよびインストールできます。詳しくは、ヘルプドキュメントおよびAdobe Bridge CC製品ページを参照してください。

Adobe Bridge CC の概要については、このビデオをご覧ください。

Photoshop と After Effects の使用

Photoshop で作成した静止画は、After Effects を使用して動画にすることができます。After Effects では、レイヤーおよび Photoshop 画像全体をアニメーションにすることができます。例えば、レイヤースタイルのプロパティなどの Photoshop 独自のプロパティをアニメーション化することができます。After Effects で作成した動画は、Photoshop を使用してフレームごとの修正をすることができます。

実作業での利点

After Effects の特長は、アニメーション機能とモーションの自動計算機能にあります。これは After Effects がフレーム間の変化を分析する機能が優れていることを意味しています。例えば、After Effects のモーショントラッキング機能を使用してマイクロホンブームの動きをトラッキングし、同じ動きをコピースタンプツールで作成した線に適用できます。これにより、手作業で各フレームのマイクロホンを塗りつぶさなくても、ムービーの各フレームからマイクロホンを削除できます。

一方、Photoshop はペイントと描画のツールとして非常に優れています。

ペイント作業に使用するアプリケーションは、目的によって選択します。Photoshop でのペイントストロークでは、レイヤーのピクセルが直接書き替えられます。After Effects でのペイントストロークはエフェクトの一種であるため、いつでもオンとオフを切り替えることができ、変更も可能です。適用したペイントストロークのプロパティを後で変更する場合またはペイントストロークそのものをアニメーション化する場合は、After Effects のペイントツールを使用します。ペイントストロークを将来変更する必要がない場合は、Photoshop のペイントツールを使用します。画像中のゴミを取り除く目的でペイントストロークを手作業で適用したい場合も、Photoshop のペイントツールの方が便利です。

Photoshop のアニメーション機能およびビデオ機能には、キーフレームベースの簡単なアニメーションが用意されています。一方、After Effects にも同様のインターフェイスがありますが、Photoshop のものに比べ、はるかに高い機能性と柔軟性を持っています。

また、After Effects では、Photoshop の Vanishing Point 機能で作成した面をシミュレートした 3D レイヤーを自動的に作成することもできます。

静止画像の相互利用

After Effects では数多くのファイル形式で静止画像の読み込みと書き出しが可能ですが、After Effects と Photoshop の間で個々のフレームや静止画像のシーケンスを交換するときは、Photoshop の PSD 形式を使用することが普通です。

After Effects による PSD ファイルの読み込みまたは書き出しでは、各レイヤー、マスク、レイヤースタイルなど、ほとんどの属性を保持できます。After Effects に PSD ファイルを読み込むときには、統合した画像として読み込むか、レイヤーを保持したコンポジションとして読み込むかを選択できます。

素材が静止画像である場合は、After Effects に読み込む前に Photoshop で処理することをお勧めします。このような準備作業の例としては、カラー補正、画像サイズの調整、画像の切り抜きなどがあります。この処理を After Effects で実行すると、プレビューや最終出力の際に各フレームを描画するごとに、同じ処理を毎秒何回も実行することになり、処理速度が低下するため、Photoshop を使用してソース画像に必要な処理を事前に完了しておく方が効率的です。

Photoshop の新規ダイアログボックスで「フィルムとビデオ」プリセットを指定して新規の PSD ドキュメントを作成することで、特定の種類のビデオ出力用に正しく設定されたドキュメントの作成を始めることができます。既に After Effects で作業している場合は、ファイル/新規作成/Adobe Photoshop ファイルを選択することで、コンポジションとプロジェクトの設定に適した新規の PSD ドキュメントを作成できます。

ムービーの相互利用

QuickTime ムービーなどのビデオファイルも、Photoshop と After Effects の間で相互利用できます。Photoshop でムービーを開くと、ソースの映像ファイルを参照するビデオレイヤーが作成されます。ビデオレイヤーは、After Effects でムービーをソースとしてレイヤーで作業する場合とまったく同様に、ムービーのフレームに影響を与えずにペイント作業を進めることができます。ビデオレイヤーを含んだ PSD ファイルを保存すると、ソースの映像そのものに対する編集内容ではなく、ビデオレイヤーに対する編集内容が保存されます。

Photoshop からムービーを直接レンダリングすることもできます。例えば、Photoshop で QuickTime ムービーを作成し、After Effects で読み込むことが可能です。

カラー

After Effects では、カラーが内部的に RGB(赤、緑、青)カラーパレットで扱われます。After Effects では CMYK 画像を RGB に変換できますが、ビデオやアニメーションに対する作業は Photoshop を使用して RGB で進める必要があります。

最終的な出力に関連する画像については、After Effects に画像を読み込む前に、その画像のカラーがブロードキャストセーフであることを Photoshop で確認しておくことをお勧めします。確認方法としては、Photoshop で SDTV(Rec.601)などの適切な出力先カラースペースをドキュメントに割り当てると便利です。After Effects では、読み込んだ PSD ファイルなどのドキュメントに埋め込まれたカラープロファイルに従ってカラーが管理されています。

Animate CC と After Effects の使用

Adobe Animate(以前の Flash Professional)で作成したビデオやアニメーションを After Effects に読み込んで編集や処理をおこなうことができます。例えば、Adobe Animate から、QuickTime ムービー、.mp4 およびその他の標準的なビデオ形式でアニメーションおよびアプリケーションを書き出すことができます。次に、After Effects を使用してこのビデオを編集、処理します。

After Effects で編集、合成したビデオを、Animate を使用してパブリッシュすることができます。

Animateと After Effects では、共通の概念の一部に対して別々の用語を使用します。次の表に、これらの 2 つのアプリケーションで使用される用語の相違点を示します:

After Effects Animate
コンポジション ムービークリップ
コンポジションフレーム(コンポジションパネル) ステージ
プロジェクトパネル ライブラリパネル
プロジェクトファイル FLA ファイル
ムービーのレンダリングと書き出し SWF ファイルをパブリッシュ

その他のリソース

以下の記事では、Animate と After Effects を一緒に使用する方法に関するその他の情報を紹介しています。

  • Richard Harrington 氏と Marcus Geduld 氏は、共著『After Effects for Flash | Flash for After Effects』から抜粋した記事「Flash Essentials for After Effects Users」(英語)を Peachpit Web サイトに掲載しています。この章は、After Effects ユーザーが理解しやすい用語を使用して、Animate について説明したものです。http://www.peachpit.com/articles/article.aspx?p=1350895

  • また、『After Effects for Flash | Flash for After Effects』から別に抜粋した「After Effects Essentials for Flash User」(英語)もあります。この章は、Animate ユーザーが理解しやすい用語を使用して、After Effects について説明したものです。http://www.peachpit.com/articles/article.aspx?p=1350894

  • Robert Powers 氏によるビデオチュートリアルが Slippery Rock NYC Web サイト(英語)に公開されています。このビデオチュートリアルでは、After Effects の使用に関する基礎知識について Animate を使い慣れているユーザーの観点から説明しています。

Animate からの QuickTime ビデオの書き出し

Animate を使用してアニメーションまたはアプリケーションを作成すると、Animate のファイル/書き出し/ムービーの書き出しコマンドを使用して、QuickTime ムービーとして書き出すことができます。Animate アニメーションでは、アニメーションのビデオ出力を最適化できます。Animate アプリケーションでは、アプリケーションのビデオが実行時にレンダリングされるので、ユーザーがビデオを操作することができます。この結果、ビデオファイルに含めるアプリケーションのブランチや状態をキャプチャできます。

Animate でのビデオの読み込みとパブリッシュ

ムービーファイルを Animate に読み込むと、スクリプトや Animate コンポーネントなどの様々な手法を使用して、ビデオ周辺の視覚的なインターフェイスを制御できます。例えば、再生コントロールやその他のグラフィックも含めることができます。また、合成結果のムービーの上にグラフィックレイヤーを追加することもできます。

グラフィック、アニメーション、およびビデオの合成

Animate と After Effects には、ビデオやグラフィックの複雑な合成を実行するための多くの機能が含まれます。使用するアプリケーションは、個人的な好みや作成する最終出力によって異なります。

Animate は、After Effects より Web 指向のアプリケーションで、最終的なファイルサイズを小さくすることができます。また、Animate を使用すると、アニメーションを実行時に制御することもできます。After Effects はビデオやフィルムの制作に適しており、幅広い視覚効果を提供できます。通常は、最終出力としてビデオファイルを作成するために使用されます。

いずれのアプリケーションも、オリジナルのグラフィックやアニメーションの作成に使用できます。いずれもタイムラインを使用し、アニメーションをプログラムで制御するためのスクリプト機能を備えています。After Effects には多数のエフェクトのセットが含まれています。

いずれのアプリケーションでも、合成時に画像を別々のレイヤーに配置することができます。これらのレイヤーは、必要に応じてオンとオフを切り替えることができます。また、いずれのアプリケーションでも、各レイヤーの内容にエフェクトを適用することができます。

Animate では、合成内容はビデオコンテンツに直接影響を与えず、Flash Player での再生時にのみビデオの外観を変化させます。これに対し、After Effects では、読み込んだビデオを編集してビデオファイルを書き出す際に、画像とエフェクトを実際に合成します。

After Effects でのすべての描画とペイントは、読み込まれたビデオには影響を与えずに実行されるので、常に非破壊的です。Animate には、破壊的な描画モードと非破壊的な描画モードの両方があります。

 

SWF ファイルの After Effects への読み込み

Animate には、After Effects や Adobe® Illustrator® では表現できない、様々な描画ができる独自のベクトルアートツールがあります。SWF ファイルを After Effects に読み込み、他のビデオと合成したり、クリエイティブなエフェクトを使用してビデオとしてレンダリングしたりできます。インタラクティブな内容とスクリプトによるアニメーションは保持されません。キーフレームで定義されたアニメーションは保持されます。

After Effects に読み込まれた SWF ファイルは単一の連続ラスタライズされたレイヤーに分割・統合されます。この SWF ファイルのアルファチャンネルは保持されます。連続ラスタライズとは、画像を徐々に拡大するときに鮮明度が維持される機能のことです。この機能により、SWF ファイルのルートレイヤーやオブジェクトを、After Effects 内でスムーズにレンダリングされる要素として使用できるので、各ツールの機能を十分に使用することができます。

FLA ファイルの After Effects への読み込み

Animate FLA ファイルは、レイヤーされた .swfファイルのコンポジションとして After Effects に読み込めます。ビデオと合成したり、クリエイティブなエフェクトを使用してビデオとしてレンダリングしたりできます。

この機能を使用するには、同じコンピューターに Animate 19.0 がインストールされていることを確認します。

Animate ドキュメントを After Effects に読み込む場合、個別のレイヤーは Animate によって .swf ファイルとして書き出され、これらのファイルがコンポジションに追加されます。読み込む際に、環境設定を読み込みダイアログで、読み込んだファイルの場所を選択します。

「オーディオを読み込む」オプションが有効な場合、オーディオレイヤーは Animate によって .wav ファイルとして書き出されます。

注意:

ActionScript 3.0 ドキュメントのみがサポートされます。HTML5 Canvas または WebGL ドキュメントを ActionScript 3.0 に変換するには、Animate でドキュメントを開いて、ファイル/変換/ActionScript 3.0 を選択します。

Adobe XD と After Effects の使用

レイヤーおよびアートボードを Adobe XD から After Effects プロジェクトに書き出すことができます。この機能は、レイヤー、アートボード、ベクトル、テキストおよびアートワークのネイティブマッピングを使用して、XD と After Effects との間のアセット転送を強化します。Adobe XD デザイナーは、After Effects にレイヤーのグループを送信して、高度なマイクロインタラクションやアートボードを定義し、複雑で洗練されたトランジションやインタラクションを作成できます。After Effects がコンピューターにインストールされていない場合、XD メニューの「After Effects」オプションがグレーアウトされます。

デザインアセットを XD から After Effects に書き出すには:

  1. XD で、After Effects でアニメートするレイヤーまたはアートボードを選択します。

  2. ファイル/書き出し/After Effects を選択します。After Effects が起動する(閉じていた場合)かフォアグラウンドに移動します(バックグラウンドで開いていた場合)。

  3. 新しいコンポジションで、レイヤーおよびアートボードがネイティブシェイプ、テキスト、アセットおよびネスト化したコンポジションとして After Effects プロジェクトに追加されます。

サポートされる XD 機能のリスト

After Effects では、次の XD 機能がサポートされます。

  • ベクトルシェイプ
  • パス
  • テキストレイヤー
  • ビットマップ
  • マスク
  • グループ
  • アートボード
  • シンボル
  • ブール演算
  • ストローク
  • 塗りのスタイル
  • シャドウ
  • 不透明度
  • オブジェクトブラー
  • 背景ブラーと明度
  • グラデーション(画像)
  • 繰り返しグリッド

Adobe Premiere Pro と After Effects の使用

Adobe Premiere Pro では、ムービーのキャプチャ、読み込み、編集を行います。After Effects では、モーショングラフィックの作成、ビジュアルエフェクトの適用、ビジュアル要素の合成、カラー補正、およびムービーのポストプロダクション作業を実行できます。

After Effects と Adobe Premiere Pro 間で、プロジェクト、コンポジション、シーケンス、トラックおよびレイヤーを簡単に交換できます。

Adobe Premiere Pro をインストールしている場合は、次のことを実行できます。

  • Adobe Dynamic Link を使用すると、Adobe Premiere Pro で After Effects コンポジションを使用できます。動的にリンクされたコンポジションは、Adobe Premiere Pro のクリップとして表示されます。
  • Adobe Dynamic Link を使用すると、After Effects で Adobe Premiere Pro シーケンスを使用できます。動的にリンクされたシーケンスは、フッテージとして After Effects に表示されます。
  • After Effects を Premiere Pro から起動して、Premiere Pro プロジェクトの設定と一致する設定で新しいコンポジションを作成できます。
  • Adobe Premiere Pro で一連のクリップを選択して、After Effects でそれらをコンポジションに変換できます。

After Effects と Premiere Pro での Dynamic Link の使用について詳しくは、Dynamic Link と After Effects および Adobe Premiere Pro ヘルプの Dynamic Link の節を参照してください。

Adobe Media Encoder と After Effects の使用

Adobe Media Encoder を使用して、After Effects からビデオを書き出すことができます。H.264、MPEG-2 および WMV 形式をエンコードするには、Adobe Media Encoder を使用します。その他の形式は、Adobe Media Encoder では使用できますが、After Effects では使用できません。例えば、DNxHD 形式は Adobe Media Encoder では使用できますが、After Effects では使用できません。

After Effects プロジェクトのファイルを Adobe Media Encoder の監視フォルダーに追加でき、コンポジションが自動的に Adobe Media Encoder のエンコーディングキューに追加されます。詳しくは、Adobe Media Encoder の監視フォルダーを使用したファイルの読み込みの節を参照してください。

Adobe Media Encoder と After Effects の使用について詳しくは、Adobe Media Encoder を参照してください。

Adobe Media Encoder を使用して After Effects コンポジションを書き出す方法について学習するには、このチュートリアル参照してください。

Adobe Audition で編集

After Effects で作業中に、Adobe Audition のより優れたオーディオ編集機能を使用して、オーディオを調整することができます。「Adobe Audition で編集」コマンドを使用して、After Effects から Adobe Audition を開始できます。

オーディオのみのファイル(WAV ファイルなど)を Adobe Audition で編集すると、元のファイルが変更されます。オーディオとビデオの両方を含むレイヤー(AVI ファイルなど)を編集すると、ソースオーディオファイルのコピーが変更されます。

  1. 編集するオーディオを含むレイヤーを選択します。アイテムは、Adobe Audition で編集可能な形式である必要があります。

  2. 編集/Adobe Audition で編集を選択して、Adobe Audition の編集ビューでクリップを開きます。

  3. ファイルを編集して、次のいずれかの操作を行います。

    • オーディオのみのレイヤーを編集している場合は、ファイル/保存を選択して、編集内容を元のオーディオファイルに適用します。または、ファイル/名前を付けて保存を選択して、編集内容をオーディオファイルのコピーに適用することもできます。ファイル/名前を付けて保存を選択した場合は、ファイルのコピーを After Effects に読み込みます。

    • オーディオとビデオの両方を含むレイヤーを編集している場合は、ファイル/名前を付けて保存を選択します。ファイルを保存したら、そのファイルを After Effects に読み込みます。読み込んだファイルをコンポジションに追加し、タイムラインパネルのオーディオスイッチの選択を解除して、オーディオとビデオが含まれるクリップの元のオーディオをミュートします。

    注意:

    After Effects でオーディオに適用されたエフェクトは、Adobe Audition に送信されるコピーには含まれません。

After Effects から Adobe Audition を使用してオーディオを変更する方法についての投稿が、After Effects Region of Interest ブログにあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー