iPad 版 Photoshop でドキュメントを簡単に修正する方法について説明します。

iPad 版 Photoshop で、スポット修復ブラシコピースタンプツールなどのツールを利用して、コンポジットから不要な部分を削除し、修正を行うことができます。

Original image opened in Photoshop on the iPad Retouch your document and remove unwanted parts using Spot Healing and Clone Stamp tools

スポット修復ブラシを使った修正

スポット修復ブラシツールは、ドキュメントで選択した部分のテクスチャ、光量、透明度、陰影をドキュメントの他の部分に適用して修復します。スポット修復ブラシツールでは、サンプリングスポットを指定する必要はありません。修正するドキュメント部分の周囲からサンプルが自動的に選択されます。

スポット修復ブラシを使うには:

  1. ツールバーのスポット修復ブラシ)アイコンをタップします。
  2. 表示されたツールオプションで、ブラシのサイズや硬さを設定します。
  3. をタップして、別の設定を表示します。
  4. スポット修復ブラシの設定パネルで、「全レイヤーを対象」を有効にして、ドキュメントに表示可能なすべてのレイヤーをソースとして使用し、選択したレイヤーに修正を行います。アクティブなレイヤーのみを対象にする場合は、「全レイヤーを対象」の選択を解除します。必要に応じて、「筆圧でサイズを設定」を有効または無効にします。
  5. ドキュメントで修正する領域をタップします。より広い領域で滑らかな修復を行うには、タップしてドラッグします。
iPad 版 Photoshop のスポット修復ブラシ

コピースタンプツールを使った修正

コピースタンプツール()は、ドキュメントの一部分を同じドキュメントの別の部分に描画します。レイヤー間でのコピーも可能です。コピースタンプは、オブジェクトを複製したり、合成から問題部分を削除するときに便利なツールです。コピースタンプツールを使用する場合は、複製元の領域でサンプリングソースを設定する必要があります。コピースタンプツールにアクセスすると、前回のサンプリング領域が自動的に選択されます。

コピースタンプツールを使うには:

  1. ツールバーのスポット修復ブラシ)アイコンをダブルタップして、コピースタンプツールを表示します。
  2. をタップして、コピースタンプツールを選択します。
  3. 表示されたツールオプションで、ブラシの半径、硬さ、不透明度を変更して、ソースを設定します。
  4. をタップして、別の設定を表示します。
  5. コピースタンプツールの設定パネルで、サンプル(現在の設定、現在とその下、すべてのレイヤー)を選択します。筆圧でサイズを設定筆圧で不透明度を設定を有効または無効にします。
iPad 版 Photoshop のコピースタンプツール

6. プライマリタッチショートカットを有効にしてソースを設定し、コピー元にする領域をタップします。

プライマリタッチショートカットを使用して、コピー元のソースを設定します。
プライマリタッチショートカットを使用して、コピー元のソースを設定します。

7. ソースを設定したらタッチショートカットを解除し、コピースタンプを適用する領域をタップします。選択した領域の上にソース領域が描画されます。

セカンダリタッチショートカットを使用して、ドキュメントの宛先領域にコピースタンプを適用します。
セカンダリタッチショートカットを使用して、ドキュメントの宛先領域にコピースタンプを適用します。