InDesign での Photoshop ファイルの操作

InDesign に Photoshop アセットを読み込む際のよくある質問への回答を確認できます。

InDesign にファイルを移動する際の注意事項

デザインの目的に合わせて、次のワークフローをお試しください。

ワークフロー 操作方法
レイヤーの表示の調整 ファイルを配置またはオブジェクトレイヤーオプションダイアログボックスを使用する際に、最上位レイヤーの表示を調整します。Photoshop ファイルにレイヤーカンプが含まれている場合は、目的のカンプを表示します。詳細については、Photoshop のレイヤーカンプをクリックしてください。
背景の削除またはテキストの折り返し
Photoshop ファイルのパス、マスク、アルファチャンネルを使用して、InDesign に読み込む際に、背景を削除またはグラフィックの周囲のテキストを折り返します。詳細については、Photoshop のマスクとアルファチャンネルおよび InDesign のアルファチャンネルをクリックしてください。
カラープロファイルの割り当て
InDesign の ICC カラーマネジメントプロファイルが埋め込まれた Photoshop ファイルを読み込んで、カラーマネジメントがアクティブかどうかを検出します。InDesign でプロファイルを上書きするには、読み込みオプションダイアログボックスを使用するか、異なるカラープロファイルを割り当てます。詳細については、Photoshop でのカラープロファイルの操作および InDesign でのカラーの管理をクリックしてください。
スポットカラーの表示 Photoshop ファイルのスポットカラーチャンネルは、InDesign のスウォッチパネルでスポットカラーとして表示されます。詳細については、Photoshop のスポットカラーチャンネルをクリックしてください。
ファイルのプレビュー

実際のグラフィックファイルがリンクまたは埋め込まれている場合でも、レイアウトには Photoshop ファイルのスクリーン解像度バージョンが表示されます。詳細については、Photoshop での画像サイズと解像度および InDesign でのグラフィックファイルのリンクまたは埋め込みをクリックしてください。

Photoshop ファイルの InDesign への読み込み

配置コマンドは、Photoshop ファイルを InDesign に読み込むために最もよく使用されます。 クリック グラフィックを配置するInDesign 」を参照してください。 

  1. フレームの選択

    既存のフレームに読み込むまたは置き換える場合は、InDesign でフレームを選択します。

    フレームのないグラフィックを読み込む場合は、ドキュメント内で何も選択されていないことを確認してください。フレームのないグラフィックの読み込みについて詳しくは、InDesign でのフレームとオブジェクトをクリックしてください。

  2. ファイルの配置

    • InDesign メニューからファイル配置を選択して、ファイルを選択します。
    • 複数のファイルを選択する場合は、ドキュメント内をクリックまたはドラッグして、選択したファイルを一度に読み込み配置することができます 
    • 新しい画像がフレームに収まらない場合は、オブジェクト調整を選択して、グラフィックをフレームに合わせます。詳しくは、InDesign への Photoshop ファイルの配置をクリックしてください。
    ファイル/配置を選択して、InDesign に Photoshop ファイルを配置
    ファイル/配置を選択して、InDesign に Photoshop ファイルを配置

また、Photoshop ファイルを InDesign にドラッグ&ドロップして、属性および編集機能を維持することもできます。 

Photoshop のレイヤーカンプを使用して InDesign ワークフローを効率化する

レイヤーカンプ(またはコンポジション)は、レイアウトまたはコンテンツの複数のバージョンを 1 つの Photoshop ファイルで作成、管理、および表示するための新しい方法です。 これにより、PhotoshopファイルをInDesignに読み込む際に、冗長レイヤーが必要なくなります。

レイヤーカンプを使用すれば、複数のデザインアイデアを保存できます。

Photoshop ファイルのレイヤーカンプ
Photoshop ファイルのレイヤーカンプ

レイヤーカンプは、レイヤーパネルとレコードレイヤーの表示、レイヤーの位置、レイヤーの外観、およびレイヤーカンプの選択の状態のスナップショットです。

レイヤーカンプを使用すると、同じ Photoshop ファイル内のレイヤーを切り替えながら、属性や状態を使用して、レイヤースタイル、表示、不透明度、カラー、効果、および配置を試すことができます。 クリック レイヤーカンプ を参照してください。 

このファイルを InDesign に読み込むと、レイヤーの表示を調整する必要がなく、レイヤーカンプドロップダウンメニューで異なる状態から選択できます。これにより、1 つのファイルのみを読み込んで、レイヤーカンプをファイルの一部として使用できます。

Photoshop ファイルが InDesign でピクセル化されるのを防ぐ

Photoshop ファイルが InDesign でピクセル化されないようにするには、単にコピーして貼り付ける代わりに、ファイル配置に移動して、ファイルを選択します。

必ず適切な表示設定を選択し、InDesign でフル解像度でファイルを表示してください。(グラフィックの表示画質の制御について詳しくは、グラフィック表示をクリックしてください。)

注意:

高品質表示は、デフォルトで表示表示画質メニューでオンになっています。

InDesign で適切な表示設定を選択して、フル解像度で画像を表示
InDesign で適切な表示設定を選択して、フル解像度で画像を表示

Photoshop 画像を InDesign に配置するときにカラーが過剰彩度になるのを防ぐ

Indesign で Photoshop 画像が過剰彩度になるのを防ぐには、カラープロファイルが両方のアプリケーション(タグ付き画像)で一致していることを確認します。編集カラー設定に移動して、両方の設定を調整します。

編集/カラー設定を選択して、Photoshop でカラープロファイルにアクセス
編集/カラー設定を選択して、Photoshop でカラープロファイルにアクセス

デフォルトの North American General Purpose カラー設定で作成した InDesign ドキュメントで、CMYK 画像を使用します。 カラー設定では、US Web Coated SWOP が割り当てられた CMYK プロファイルとして設定され、ポリシーではリンクされたプロファイルが無視されるように設定されています。 

特定のプロファイルを持つ画像にタグ付けするには、「プロファイルの指定」を使用し、タグ解除するには、プロファイルを削除します。

Photoshop でのプロファイルの指定(編集メニュー/プロファイルの指定)
Photoshop でのプロファイルの指定(編集メニュー/プロファイルの指定)

異なるプロファイルを選択し、カラーをプロファイルスペースに変換せずに指定します。これによって、モニターに表示される色の外観が変化する場合があります。

Photoshop および InDesign でのカラープロファイルの指定または削除について詳しくは、カラープロファイルの操作をクリックしてください。

ご質問またはアイデアの共有

コミュニティで質問(英語)

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Photoshop コミュニティおよび Adobe InDesign コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン