アートヒストリーブラシツールを使用すると、指定したヒストリー画像またはスナップショットをソースデータとして、スタイル化したストロークでペイントできます。様々なペイントスタイル、サイズ、許容値オプションを設定することで、多様なカラーおよびアーティスティックスタイルのペイントテクスチャをシミュレートすることができます。

ヒストリーブラシと同様に、アートヒストリーブラシでは、指定したヒストリー画像またはスナップショットをソースデータとして使用します。ただし、ヒストリーブラシツールは、指定ソースデータを再作成することによってペイントします。一方、アートヒストリーブラシツールは、設定したオプションに基づいてデータを使用することによって、様々なカラーおよびアーティスティックなスタイルを作成します。

注意:

様々な視覚効果を得るには、アートヒストリーブラシツールを使用してペイントする前に、フィルターを適用したり、画像を単一色で塗りつぶしてみてください。また、画像のサイズを 4 倍に大きくして画像を滑らかにすることもできます。

Photoshop アートヒストリーブラシツール
アートヒストリーブラシツールの使用例

A. 元の画像 B. 小さいブラシの使用 C. 大きいブラシの使用 
  1. ヒストリーパネルで、アートヒストリーブラシツールでペイントするヒストリー画像またはスナップショットの左の列をクリックします。ソースヒストリーの隣にブラシアイコンが表示されます。
  2. アートヒストリーブラシツール を選択します。
  3. オプションバーで次の操作を行います。
    • ブラシプリセットピッカーからブラシを選択し、ブラシオプションを設定します(詳しくは、プリセットブラシの選択を参照してください)。
    • 描画モードポップアップメニューで描画モードを選択します(詳しくは、描画モードを参照してください)。
    • スタイルメニューからオプションを選択して、ペイントストロークの形状をコントロールします。
    • 「範囲」では、ペイントストロークが適用される領域を指定する値を入力します。サイズが大きくなると、適用される領域が広くなり、ストローク数が増加します。
    • 「許容値」では、値を入力してペイントストロークを適用する領域を制限します。値を低く設定すると、画像内のどこでもストロークを無制限にペイントできます。値を高く設定すると、ソース画像またはスナップショット内のカラーと明らかに異なる領域だけにストロークをペイントできます。
  4. 画像内をクリックとドラッグでペイントします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー