特定色域の色調の補正

画像内でカラーをミックスして、特定色域の選択の色調補正を行う方法を説明します

特定色域の選択の色調補正は、ハイエンドのスキャナーや色分解プログラムで画像上の主要なカラーコンポーネントに使用されるプロセスカラーの量を変更するときに使用します。任意の原色の量を抜粋して、他の原色に影響することなく変更できます。例えば、特定色域の選択の色調補正を使用し、ある画像のグリーンのコンポーネントのシアンを大幅に減少させ、ブルーのコンポーネントのシアンは変更せずに保持することができます。

「特定色域の選択」は CMYK カラーを使用して画像を補正しますが、RGB 画像でも適用できます。

Before making selective color adjustments After making selective color adjustments
  1. チャンネルパネルで合成チャンネルを選択していることを確認します。特定色域の選択の補正は、合成チャンネルの表示中のみ使用可能です。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルで、部分的なカラーアイコン をクリックします。

    • レイヤー/新規調整レイヤー/特定色域の選択を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    注意:

    または、イメージ/色調補正/特定色域の選択を選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 属性パネルにあるカラーメニューから、調整するカラーを選択します。保存したプリセットを選択することもできます。

    • 属性パネルで、プリセットメニューから特定色域の選択プリセットを選択します。

  4. 属性パネルで方法を選択します。

    相対値

    既存のシアン、マゼンタ、イエロー、またはブラックの含有量を全体に対する比率で指定して変更できます。例えば、マゼンタを 50%含むピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 5%が追加された 55%となります。これは、50%の 10%は 5%だからです。このオプションでは、カラーコンポーネントを含まない純粋な反射色のホワイトは調整できません。

    絶対値

    カラーを絶対値で調整できます。例えば、マゼンタ 50%のピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 60%に設定されます。

    注意:

    カラーポップアップメニューで指定する色域とそのカラーの差によって、調整効果は異なります。例えば、マゼンタを 50%含むピクセルは、指定できる色域に完全には一致しないため、2 色の混合補正になります。 

  5. スライダーをドラッグし、選択されたカラーのコンポーネントを増減できます。

    特定色域の選択の補正のための設定を保存して、他の画像で再利用することもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン