トーンカーブの概要

トーンカーブの補正では、画像の色調の範囲全体に配置されたポイントを補正します。画像の色調は、最初は直線の対角線としてグラフに表示されます。RGB 画像を調整する場合、グラフの右上の領域はハイライトを表し、左下の領域はシャドウを表します。グラフの横軸は入力レベル(元の画像値)を表し、縦軸は出力レベル(新たに調整された値)を表します。ラインにコントロールポイントを追加して移動すると、トーンカーブのシェイプが変化し、画像の補正を反映します。トーンカーブの傾斜の急な部分は、画像の中でコントラストの高い部分を表し、トーンカーブの傾斜の少ない部分は、コントラストの少ない部分を表します。

トーンカーブの補正の設定はプリセットとして保存できます。補正設定の保存および補正設定の再適用を参照してください。

注意:

トーンカーブの補正は、CMYK、LAB、またはグレースケール画像にも適用できます。CMYK 画像では、グラフにはインク/顔料のパーセントが表示されます。LAB およびグレースケール画像では、グラフには明るさの値が表示されます。

Photoshop トーンカーブオプション
属性パネルのトーンカーブオプション

A. 画面セレクターの表示切り替えボタン B. 画像内でサンプルして黒点を設定 C. 画像内でサンプルしてグレー点を設定 D. 画像内でサンプルして白色点を設定 E. ポイントを編集してトーンカーブを変更 F. 描画してトーンカーブを変更 G. トーンカーブプリセットメニュー H. 黒点を設定 I. グレー点を設定 J. 白色点を設定 K. 黒点スライダーと白色点スライダー 

Video tutorial: Increase midtone contrast with curves

Video tutorial: Increase midtone contrast with curves
lynda.com

トーンカーブを使用した画像のカラーと色調の補正

トーンカーブの上部の点を移動すると、ハイライトを調整することになります。トーンカーブの中央の点を移動すると、中間調を調整することになります。トーンカーブの下部の点を移動すると、シャドウを調整することになります。ハイライトを暗くするには、トーンカーブの上の方の点を下に移動します。点を下または右に移動すると、入力値が低い出力値に対応付けられ、画像は暗くなります。シャドウを明るくするには、トーンカーブの下の方の点を上に移動します。点を上または左に移動すると、低い入力値が高い出力値に対応付けられ、画像が明るくなります。

  1. トーンカーブの補正を適用するには、以下のいずれかの操作を行います。

    • 色調補正パネルでトーンカーブアイコン をクリックします。
    • レイヤー/新規調整レイヤー/トーンカーブを選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    注意:

    イメージ/色調補正/トーンカーブを選択して、画像レイヤーに調整を直接適用した場合は、画像情報が破棄されることに注意してください。

  2. (オプション)カラーバランスを補正するには、属性パネルで自動補正ボタンの左側のメニューから補正するチャンネルを選択します。

  3. 属性パネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • カーブラインを直接クリックし、コントロールポイントをドラッグして、色調領域を補正します。
    • 画面セレクターの表示切り替えボタンを選択し、調整する画像の領域でドラッグします。
    • 画面セレクターの表示切り替えボタンを選択し、調整する画像の色調領域をクリックします。これにより、コントロールポイントがカーブのライン沿いに置かれます。
    • プリセットメニューからプリセットを選択します。

    コントロールポイントを上下にドラッグすると、調整している色調領域が明るくまたは暗くなります。コントロールポイント左右にドラッグすると、コントラストが強くまたは弱くなります。トーンカーブには、最大で 14 のコントロールポイントを追加することができます。コントロールポイントを削除するには、グラフからドラッグします。色調を補正すると、グラフには引き続き元の対角線のベースラインと画像のヒストグラムが参照用に表示されます。これらのオプションはオフにすることができます。トーンカーブ表示オプションの設定を参照してください。

  4. (オプション)次のいずれかの操作を行い、補正を訂正します。

    • 異なる色調領域を補正するには、ポイントを直接トーンカーブに追加します。
    • 画像の別の領域で画面セレクターの表示切り替えボタンをクリックし、上下にドラッグします。
    • 画像の最も暗い値または最も明るい値を指定するには、黒点を設定スライダーまたは白点を設定スライダーを移動するか、スポイトツールを使用します。
    • トーンカーブ上のポイントをクリックし、「入力」テキストボックスまたは「出力」テキストボックスに値を入力します。
    • 鉛筆アイコンを選択し、既存のトーンカーブの上に新しいトーンカーブを描画します。完了したら、「トーンカーブを滑らかに」をクリックするか、描画したトーンカーブを滑らかにします。1 度以上クリックすると、トーンカーブがさらに滑らかになります。

    トーンカーブ上のポイントは、移動するまでの間は固定されています。他の領域を変えずに、特定の色調領域に調整を加えることができます。

Photoshop 画面セレクターの表示切り替えボタン
画像内で画面セレクターの表示切り替えボタンをクリックすると、コントロールポイントがカーブに追加されます。コントロールポイントを移動すると、画像の色調が補正されます。

カーブからのコントロールポイントの削除

コントロールポイントを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • コントロールポイントをグラフの外にドラッグします。
  • コントロールポイントを選択して「削除」を押します。
  • コントロールポイントを Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

 

トーンカーブ表示オプションの設定

トーンカーブ表示オプションを使用してトーンカーブのグリッド表示を調整できます。

  1. トーンカーブ補正を適用します。

  2. 属性パネルのパネルメニューで「トーンカーブ表示オプション」を選択します。

    注意:

    イメージ/色調補正/トーンカーブを選択した場合、トーンカーブダイアログボックスで「トーンカーブ表示オプション」を表示します。

  3. トーンカーブ表示オプションダイアログボックスで、次のいずれかを選択します。

    光量 (0-255) RGB 画像の場合、0 ~ 255 の照度値が表示されます。左下隅が黒(0)を表します。
    色材量(0-100 %) CMYK 画像の場合、0 ~ 100% のパーセント値が表示されます。左下隅はハイライト(0 %)を表します。
    簡易グリッド グリッドが 25% きざみで表示されます。
    詳細グリッド グリッドが 10% きざみで表示されます。
    全チャンネル表示 カラーチャンネルのトーンカーブを合成トーンカーブの上に重ねて表示します。
    ヒストグラム グラフの背後に元の画像の色調値のヒストグラムが表示されます。
    ベースライン 元の画像の色と色調を、リファレンス用の 45 度の傾斜線として表示します。
    交差線 ヒストグラムまたはグリッドに対してコントロールポイントをドラッグする場合に、コントロールポイントを揃えやすくするため、水平線と垂直線を表示します。

    注意:

    グリッド線のきざみを変更するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、グリッドをクリックします。

自動補正の適用(トーンカーブ)

  • 属性パネルで「自動」をクリックします。

「自動補正」により、現在の初期設定を使用して自動的にカラーが補正されます。初期設定を変更するには、属性パネルメニューで「自動オプション」を選択し、自動カラー補正オプションダイアログボックスでオプションを設定します。 自動カラー補正、自動コントラストまたは自動階調補正などを画像に適用することもできます。各オプションについて詳しくは、「自動補正」オプションの設定を参照してください。

黒点スライダーと白色点スライダーを使用した黒点と白色点の設定

トーンカーブ補正を適用すると、画像で黒点スライダーと白色点スライダーを使用して、すばやく黒点と白色点(純粋な黒と純粋な白の値)を設定できます。

  1. 黒点スライダーと白色点スライダーを水平軸上の任意の点にドラッグします。ドラッグすると、入力値が変化します。

  2. 黒点と白色点の調整によってクリップされる領域をプレビューするには、次のいずれかの操作を行います。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。
    • レベル補正パネルメニューで、「黒点 / 白色点の限界を表示」を選択します。

トーンカーブを使用した写真の中間調へのコントラストの追加

画像全体に色調範囲が及んでいるが、中間調のコントラストが必要である場合は、色調補正パネルのトーンカーブアイコン をクリックします。トーンカーブをドラッグして S 字型にします。

Photoshop でのカーブの傾斜の増加
トーンカーブの中央で傾斜を急にすると、中間調のコントラストが上がる。

ショートカットキー:トーンカーブ

トーンカーブについては次のショートカットキーを使用できます。

  • 選択されているカラーに対応するポイントを、各カラーチャンネル(合成チャンネルを除く)のトーンカーブ上に設定するには、Shift+Ctrl キー(Windows)または Shift+Command キー(Mac OS)を押しながら画像をクリックします。

  • トーンカーブ上の複数のポイントを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。選択されたポイントは、ブラックで塗りつぶされた状態で表示されます。

  • トーンカーブ上のポイントすべてを選択解除するには、グリッド内をクリックするか、Ctrl+D キー(Windows)または Command+D キー(Mac OS)を押します。

  • トーンカーブ上で次に高いポイントを選択するには、プラスキーを押します。次に低いポイントを選択するには、マイナスキーを押します。

  • 選択したポイントをトーンカーブ上で移動するには、矢印キーを押します。

  • (トーンカーブダイアログボックス)現在のチャンネルのトーンカーブ上にポイントを設定するには、画像内を Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

注意:

トーンカーブの補正を使用している場合は、画面セレクターの表示切り替えボタン で画像内をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー