iPad 版 Photoshop を使用すると、思い付いたアイデアをすぐに表現することができます。

iPad でフルサイズの Photoshop ファイルを開くと、クラウドに Photoshop クラウドドキュメントとして自動的に保存されます。作業内容が失われることはありません。どのデバイスで表示しても忠実に再現されます。数千のレイヤーを含むドキュメントでもパフォーマンスが低下することはありません。 

新規作成

iPad 版 Photoshop で、ホーム画面の「新規作成」()をタップすると、新しいクラウドドキュメントを簡単に作成できます。

表示された新規ドキュメントパネルで、ドキュメント名を入力し、キャンバスサイズを設定できます。また、向きの変更や解像度の選択を行い、バックグラウンド コンテンツを選択できます。現在、iPad 版 Photoshop は RGB 8 ビットカラーモードをサポートしています。また、用途に合わせてプリセットキャンバス(プリントスクリーンフィルムとビデオ)を使用できます。「 最近の項目」には、最近使用したキャンバス形式が表示されます。作成」をタップして新しいドキュメントを作成し、キャンバスに配置します。

デフォルトでは、iPad 版 Photoshop で作成するドキュメントは、クラウドドキュメントになります。また、クラウドドキュメントを他のファイル形式で書き出すこともできます。

クラウドドキュメントは外出先でも編集できます。iPad 版 Photoshop では、次のことができます。

iPad でサイズの大きい PSD を開いて編集する
思い付いたアイデアを iPad 版 Photoshop ですぐに表現できます。

読み込みと表示

読み込みと表示」()をタップしてドキュメントを読み込ます。

  • カメラロール:「カメラロール」をタップします。カメラロールの写真がすべて表示されます。
  • ファイル:「ファイル」をタップします。iPad の 場所からファイルを検索します。選択したファイルを「お気に入り」に追加すると、「タグ」セクションでタグ付きのファイルを検索できます。
  • カメラ:カメラのアイコンをタップすると、iPad のカメラで写真を撮り、キャンバスで直接開くことができます。

デフォルトでは、iPad 版 Photoshop に読み込んで開いたドキュメントは、クラウドドキュメントに変換されます。

読み込みと表示 | iPad 版 Photoshop
iPad 版 Photoshop で、ドキュメントの読み込み元としてカメラロール、ファイルまたはカメラを選択します。

公開と書き出し

iPad 版 Photoshop で作成または開いたドキュメントは、クラウドに自動保存されます。 

「書き出し」()アイコンをタップすると、保存済みのドキュメントをデフォルトのクラウドドキュメント以外の形式で書き出すことができます。このオプションを使用すると、メモ、メール、Instagram、Facebook、Behance など、モバイルデバイスにインストールされているアプリケーションにドキュメントをコピーできます。また、書き出しオプションを使用すると、Fresco、Aero、XD などの対応アプリケーションでドキュメントを簡単に編集できます。

公開と書き出し:書き出しの設定を行います。

クイック書き出し:ドキュメントのスナップショットを簡単に共有できます。

デフォルトのクラウドドキュメント以外の形式での保存と書き出し
デフォルトのクラウドドキュメント以外の形式での保存と書き出し

公開と書き出し」では、さらに次の項目を設定できます。

  • ファイル形式:使用可能なファイル形式(PNG、JPEG、PSD、TIFF)から選択します。
  • ファイルサイズ
    • 品質:書き出しファイルの画質をスライダーで調整します。0 ~ 12 の間で設定します。
    • 書き出し形式:最適な書き出し形式を選択します。標準、最適化、プログレッシブから選択します。

書き出し」ボタンをタップして、上で選択した設定でドキュメントを書き出します。

書き出し設定
「公開と書き出し」で環境設定を行い、ドキュメントを書き出します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー