iPad のコンテンツによる塗り

iPad で、「コンテンツによる塗り」のワンクリックアクションを使用して、画像の一部を残りの部分のコンテンツで塗りつぶします。 

コンテンツによる塗りは、iPad でどのように機能しますか?

この「コンテンツによる塗り」は、ワンクリックアクションで不要なオブジェクトを削除したり、画像の編集ワークフローを高速化したりするのに役立ちます。

画像内で選択して、「コンテンツによる塗り」を選択すると、選択した部分が同じ画像の他の部分のコンテンツで塗りつぶされます。

注意:

コンテンツによる塗り」のアクションは、ピクセルレイヤー上で実行できますが、スマートオブジェクト、テキストレイヤー、シェイプレイヤーまたは空白レイヤーで実行することはできません。

「コンテンツによる塗り」のボタンはどこにありますか?

コンテンツによる塗り」のボタンには、次の 3 つの方法でアクセスすることができ、すべてで同じ結果を得ることができます。

注意:

コンテンツによる塗り」のボタンを使用して行った編集は、本質的に破壊的です。

アクティブな選択範囲プロパティバー

画像内で選択すると、アクティブな選択範囲プロパティバーが開きます。次に、「コンテンツによる塗り」のボタンをクリックして、画像に効果を適用します。

塗りつぶしツール/アクション

コンテンツによる塗り」のアクションをシングルクリックするには、塗りつぶしツールアクションをタップします。

レイヤープロパティ/クイックアクションドロップダウン

また、レイヤープロパティクイックアクションドロップダウンに移動して、「コンテンツによる塗り」のアクションを実行することもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン