マニュアル キャンセル

データ駆動型グラフィックの作成

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop とその他の Adobe 製品およびサービス
    1. Photoshop で Illustrator アートワークを作業する
    2. InDesign での Photoshop ファイルの操作
    3. Photoshop 用 Substance 3D マテリアル
    4. Photoshop と Adobe Stock
    5. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
    6. Creative Cloud ライブラリ
    7. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    8. Photoshop での Touch Bar の使用
    9. グリッドとガイド
    10. アクションの作成
    11. 取り消しおよびヒストリー
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. ドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. 画像サイズを編集する
    23. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    24. 修復ブラシで不具合を修正する
    25. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
    26. Camera Raw ファイルの操作
    27. スマートオブジェクトの作成と操作
    28. 覆い焼きと焼き込みを使用した画像の露出調整
  5. Photoshop web 版(ベータ版)
    1. よくある質問 | Photoshop web 版(ベータ版) 
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop web 版(ベータ版)
    4. キーボードショートカット | Photoshop web 版(ベータ版)
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop web ベータ版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
    9. アプリ内でファイルとコメントを共有する
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Photoshop の検索パネルで学習を高速化
    3. ドキュメントの作成
    4. Photoshop での Touch Bar の使用
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 初期設定のショートカットキー
    13. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    14. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    15. 環境設定
    16. 初期設定のショートカットキー
    17. 定規
    18. プリントしないエクストラの表示または非表示
    19. 画像のコラムの指定
    20. 取り消しおよびヒストリー
    21. パネルとメニュー
    22. ファイルの配置
    23. スナップを使用した要素の配置
    24. ものさしツールを使用した配置
    25. プリセット
    26. キーボードショートカットのカスタマイズ
    27. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. デバイスプレビュー
    4. レイヤーから CSS をコピー
    5. Web ページのスライス
    6. スライスの HTML オプション
    7. スライスのレイアウトの変更
    8. Web グラフィックの使用
    9. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. グラデーション補間
    14. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    15. ペンツールによる描画
    16. パターンの作成
    17. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    18. パスの管理
    19. パターンライブラリとプリセットの管理
    20. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    21. テクスチャブラシの作成
    22. ブラシへの動的な要素の追加
    23. グラデーション
    24. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    25. パターンによるペイント
    26. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. テキストの追加と編集
    2. 統合テキストエンジン
    3. OpenType SVG フォントの操作
    4. 文字の書式設定
    5. 段落の書式設定
    6. テキスト効果の作成方法
    7. テキストの編集
    8. 行と文字の間隔
    9. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    10. フォント
    11. フォントのトラブルシューティング
    12. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    13. テキストの入力
    14. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. Photoshop でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの書き出し
    3. サポートされているファイル形式
    4. グラフィック形式でのファイルの保存
    5. Photoshop と Illustrator 間でのデザインの移動
    6. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    7. PDF ファイルを保存
    8. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
  24. コンテンツ認証情報
    1. コンテンツ認証情報の詳細
    2. NFT の ID と来歴
    3. クリエイティブ属性のアカウントの接続
  25. 3D と技術的な画像の処理
    1. Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問
    2. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    3. 3D オブジェクトのプリント
    4. 3D ペイント
    5. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    6. 3D の基本概念とツール
    7. 3D レンダリングと保存
    8. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    9. 画像のスタック
    10. 3D ワークフロー
    11. 計測
    12. DICOM ファイル
    13. Photoshop と MATLAB
    14. 画像内のオブジェクトのカウント
    15. 3D オブジェクトの結合と変換
    16. 3D テクスチャ編集
    17. HDR の露光量とトーンの調整
    18. 3D パネルの設定

データ駆動型グラフィックでは、プリントまたは Web プロジェクト用に複数のバージョンの画像をすばやく正確に作成できます。例えば、1 つのテンプレートデザインから 100 バージョンの Web バナーをそれぞれ異なるテキストおよび画像で作成することができます。

テンプレートおよびデータセットからグラフィックを作成する一般的な手順は、次のとおりです。

テンプレートとして使用する基のグラフィックを作成します。

レイヤーを使用して、グラフィック内で変更するエレメントを分離します。

グラフィックの変数を定義します。

変数では、画像内の変更する部分を指定します(詳しくは、変数の定義を参照してください)。

データセットを作成するか、読み込みます。

テンプレートでデータセットを作成するか、テキストファイルからデータセットを読み込むことができます(詳しくは、データセットの定義および外部ファイルでのデータセットの作成を参照してください)。

データセットごとにドキュメントをプレビューします。

最終的なグラフィックの外観を確認するために、すべてのファイルを書き出す前にプレビューすることができます(詳しくは、データセットのプレビューまたは適用を参照してください)。

データと共に書き出してグラフィックを生成します。

Photoshop(PSD)ファイルとして書き出すことができます(詳しくは、データセットを使用したグラフィックの生成を参照してください)。

Photoshop 変数を使用した様々なバージョンの画像
変数を使用して様々なバージョンの画像を作成

A. ソースファイルのテンプレート B. ユーザーがレイヤーを変数として定義 C. 変数データセットを変えることで、様々なバージョンの画像を作成 

変数の定義

変数では、テンプレート内で変わる要素を定義します。3 種類の変数を定義できます。表示 / 非表示変数では、レイヤーの内容の表示と非表示を切り替えます。画像の置き換え変数では、レイヤーの画像を別の画像ファイルの画像に置き換えます。テキストの置き換え変数では、テキストレイヤーのテキスト文字列を置き換えます。

注意:

GoLive では、テキストの置き換え変数と表示 / 非表示変数はすべて認識されますが、画像の置き換え変数は認識されません。

Photoshop 変数を定義
同じテンプレートを使用した 2 つのバージョンの画像

A. 表示 / 非表示変数 B. 画像の置き換え変数 C. テキストの置き換え変数 

背景レイヤーに変数を定義することはできません。

  1. イメージ/変数/定義を選択します。
  2. レイヤーポップアップメニューから、変数として定義する内容を含むレイヤーを選択します。

  3. 次のいずれかの変数の種類を選択します。

    表示 / 非表示

    レイヤーまたはレイヤーグループの内容の表示と非表示を切り替えます。

    画像の置き換え

    レイヤー内の画像を別の画像ファイルの画像で置き換えます。

    テキストの置き換え

    テキストレイヤーのテキスト文字列を置き換えます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 「名前」を選択し、変数名を入力します。変数名は、文字、アンダースコアまたはコロンのいずれかで始める必要があります。また、ピリオド、ハイフン、アンダースコア、コロン以外の特殊文字およびスペースを含むことはできません。

    • 名前ポップアップメニューから、このレイヤーをリンクする既存の変数を選択します。同じ変数にリンクされたレイヤーは、リンクアイコンと共に名前メニューの横に表示されます。

  5. 画像の置き換え変数の場合は、次のオプションを設定します。
    • 既存の画像と置き換える新しい画像のサイズの調整方法を選択します。画像のサイズをバウンディングボックスに収まるように調整するには、「フィット」を選択します(バウンディングボックスの一部は空白になります)。画像のサイズをバウンディングボックス全体を埋めるように調整するには、「フィル」を選択します(画像がバウンディングボックスを超えるように拡大されます)。画像のサイズを調整しない場合は、「変更なし」を選択します。画像のサイズを縦横比を維持せずにバウンディングボックスに収まるように調整するには、「バウンディングボックスに合わせる」を選択します。

    • 整列アイコン のハンドルをクリックして、バウンディングボックス内に配置される画像の整列方法を選択します(このオプションは、「バウンディングボックスに合わせる」には使用できません)。

    • バウンディングボックス内に収まりきらない画像領域を切り取るには、「バウンディングボックスで切り抜く」を選択します。このオプションは、画像の置き換え方法として「フィル」または「変更なし」が選択されている場合にだけ使用できます(このオプションは、「バウンディングボックスに合わせる」には使用できません)。

  6. 別のレイヤーの変数も定義するには、レイヤーポップアップメニューからレイヤーを選択します。変数を含むレイヤーの名前の横にはアスタリスク(*)が表示されます。矢印アイコンを使用してレイヤー間を移動できます。
  7. 「OK」をクリックします。

変数名の変更

  1. イメージ/変数/定義を選択します。
  2. レイヤーポップアップメニューから、変数を含むレイヤーを選択します。
  3. 変数名を変更するには、「名前」テキストボックスに名前を入力します。変数名は、文字、アンダースコアまたはコロンのいずれかで始める必要があります。また、ピリオド、ハイフン、アンダースコア、コロン以外の特殊文字およびスペースを含むことはできません。
  4. 変数を削除するには、その変数を選択解除します。

データセットの定義

データセットは、変数と、関連するデータを集めたものです。データセットは、生成するグラフィックのバージョンごとに定義します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • イメージ/変数/データセットを選択します。

    • 変数ダイアログボックスが開いている場合は、ダイアログボックスの上部にあるポップアップメニューから「データセット」を選択するか、「次へ」をクリックします。

    注意:

    初期設定のデータセットを編集するには、少なくとも 1 つの変数を定義する必要があります。

  2. 新規データセットボタン をクリックします。
  3. 名前ポップアップメニューまたはダイアログボックス下部のリストから変数を選択します。
  4. 変数データを編集します。
    • 表示 / 非表示変数については、「表示」を選択してレイヤーの内容が表示されるようにするか、または「非表示」を選択してレイヤーの内容が表示されないようにします。

    • 画像の置き換え変数については、「ファイルを選択」を選択して、既存の画像ファイルと置き換える新しい画像ファイルを選択します。レイヤーを置換せずに現在の状態のままにする場合は、データセットを適用する前に「置換しない」をクリックします。

    注意:

    「置換しない」を適用しても、以前に別の置換が適用されていると、ファイルは元の状態には戻りません。

    • テキストの置き換え変数 については、「値」テキストボックスにテキスト文字列を入力します。
  5. 生成するグラフィックのバージョンごとに別のデータセットを定義します。

後でデータセットの編集、名前変更または削除を行う場合は、最初にデータセットポップアップメニューからデータセットを選択し、次にそのオプションを編集します。データセット間を移動するには、矢印アイコンを使用します。データセットを削除するには、データセットを削除アイコンをクリックします。

データセットのプレビューまたは適用

すべての変数とデータセットを維持したまま、基となる画像に特定のデータセットの内容を適用できます。そのデータセットの値が取り込まれて、PSD ドキュメントの表示が変わります。データセットごとに各バージョンのグラフィックの外観をプレビューすることもできます。

注意:

データセットを適用すると、元のドキュメントが上書きされます。

  1. イメージ/データセットを適用を選択します。リストからデータセットを選択し、ドキュメントウィンドウで画像をプレビューします。データセットを適用するには、「適用」をクリックします。プレビューを確認した結果、基となる画像を変更しない場合は、「キャンセル」をクリックします。

    変数ダイアログボックスの「データセット」ページでもデータセットの適用とプレビューを行うことができます。

データセットを使用したグラフィックの生成

変数とデータセットの定義が終了したら、データセットの値を使用して画像をバッチモードで出力できます。画像を PSD ファイルとして出力することができます。

  1. ファイル/書き出し/データセットからファイルを選択します。
  2. 生成されたすべてのファイルのベース名を入力します。必要に応じて、独自のファイル命名規則を作成することもできます。
  3. ファイルの保存先のディレクトリを選択するには、「フォルダーを選択」ボタンをクリックします。
  4. 書き出したいデータセットを選択します。
  5. 「OK」をクリックします。

外部ファイルでのデータセットの作成

新規の外部テキストファイルに変数情報をすべて記載し、変数が含まれている PSD ドキュメントにそのファイルを読み込むと、多数のデータセットをすばやく作成できます。そのためには、テキストファイルまたは Microsoft Excel スプレッドシートにデータを入力し、そのファイルをタブ区切りファイルまたはコンマ区切りファイルに書き出します。

外部テキストファイルの書式は次のとおりです(実際にファイルに記載するときは、Variable または Value で始まる行全体を 1 行とします)。

VariableName1<sep>VariableName2<sep> <sep>VariableNameN <nl> 
Value1-1<sep>Value2-1<sep><sep>ValueN-1<nl> 
Value1-2<sep>Value2-2<sep><sep>ValueN-2<nl> 
Value1-M<sep>Value2-M<sep><sep>ValueN-M<nl>

先頭行にすべての変数名を記載し、後続の行に値を記載します。後続の各行が 1 つのデータセットとなり、それぞれの値が各変数に付与されることになります。

注意:

データセット内の単一行で複数行のテキストを作成するには、タブ区切りファイルまたはコンマ区切りファイルでテキストを二重引用符で囲み、改行したい場所にハードリターンを挿入します。 

外部テキストファイルの書式要素

<sep>

コンマ区切り(CSV)ファイルまたはタブ(タブ区切り)ファイルで、変数名または値が区切られています。

<nl>

各データセットの末尾に置かれる改行文字です。ラインフィード、キャリッジリターンまたはその両方になります。

“true” および “false”

表示 / 非表示変数の有効な値です。

空白

ファイルの解析時に、区切り文字の周りにある空白は削除されます。値に含まれる単語間の空白(two of a kind など)は削除されません。先頭と末尾の空白は、二重引用符で囲めば(“one kind” など)削除されません。

二重引用符

別の二重引用符で囲めば値の一部と見なされます(““B”” は、データセットでは “B” になります)。

<sep> または <nl> が変数値に含まれる場合には、変数値全体を二重引用符で囲む必要があります。

PSD ドキュメントに定義されている変数はすべて、外部テキストファイルに定義する必要があります。外部テキストファイルの変数の数が PSD ドキュメントの変数の数と一致しない場合には、エラーが表示されます。

データセットの例:

チューリップおよびヒマワリなどを変数として保持する花のテンプレートを使用すると、次のようなテキストファイルを設定できます。

{contents of FlowerShow.txt} 
Variable 1, Variable 2, Variable 3 
true, TULIP, c:\My Documents\tulip.jpg 
false, SUNFLOWER, c:\My Documents\sunflower.jpg 
false, CALLA LILY, c:\My Documents\calla.jpg 
true, VIOLET, c:\My Documents\violet.jpg
注意:

テキストファイルが画像ファイルと同じフォルダー内にある場合は、画像の場所を相対パスで指定できます。例えば、上の例で最後の項目は、true, VIOLET, violet.jpg とすることができます。

データセットの読み込み

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ファイル/読み込み/変数データセットを選択します。

    • イメージ/変数/データセットを選択し、「読み込み」ボタンをクリックします。

  2. 読み込むテキストファイルを選択します。
  3. 読み込みオプションを設定します。

    最初の列をデータセット名として使用

    テキストファイルの最初の列の値(表示される最初の変数の値)を各データセット名として使用します。このチェックボックスを選択しない場合には、データセット名は「データセット 1」や「データセット 2」などとなります。

    既存のデータセットの置き換え

    読み込む前に既存のデータセットを削除します。

  4. テキストファイルのエンコード方式を設定するか、「自動」のままにしておきます。
  5. 「OK」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン