スポイトツールを使用した黒点と白色点の設定

スポイトツールを使用すると、レベル補正やトーンカーブで以前に行った調整は取り消されることに注意してください。スポイトツールを使用する場合は、調整作業の最初に使用することをお勧めします。その後で、レベル補正スライダーやトーンカーブのポイントを使用してさらに調整を加えます。

  1. トーンカーブ補正またはレベル補正を適用します。

  2. 属性パネルで、次のいずれかの操作を行います。

    • 黒点を設定スポイトツールをダブルクリックして、Adobe カラーピッカーで黒点を設定します。
    • 白色点を設定スポイトツールをダブルクリックして、Adobe カラーピッカーで白色点を設定します。
  3. Adobe カラーピッカーで、画像の最も暗い色調と明るい色調の目的の値を決定します。

    • 黒点を純粋な黒にするには、R、G、B に 0 と入力します。
    • 白色点を純粋な白にするには、R、G、B に 255 と入力します。
    • 黒点または白点に対してグレー階調を指定するには、R、G、B に個々の値(0~255の範囲)を指定します。値が低いほど、グレーは暗くなります。値が高いほどグレーは明るくなります。
  4. 色調領域を手順 2 で指定した黒点または白色点に調整するには、次の操作のいずれかを実行します。

    • 黒点を設定スポイトツールで、黒点の画像領域(色調値が最も低い領域)をクリックします。
    • 白色点を設定スポイトツールで、白色点の画像領域(色調値が最も高い領域を)をクリックします。

スポイトツールを使用したカラーの補正

レベル補正またはトーンカーブの補正のスポイトツールを使用して、色かぶり(赤、緑、青またはシアン、マゼンタ、イエローの特定の色だけが強く出ること)を補正できます。画像のカラーバランスを調整するには、まず中間調とする領域を識別し、その後その領域から不要な色かぶりを除去するという方法が簡単です。画像に応じて、3 つのスポイトツールのいずれかまたはすべてを使用することができます。グレー点を設定スポイトツールは、大幅な調整が必要でなく、中間色が簡単に特定できる画像での作業に最適です。

スポイトツールを使用すると、レベル補正やトーンカーブで以前に行った調整は取り消されることに注意してください。スポイトツールを使用する場合は、調整作業の最初に使用することをお勧めします。その後で、レベル補正スライダーやトーンカーブのポイントを使用してさらに調整を加えます。

注意:

グレー点を設定スポイトツール は、主にカラー補正に使用され、グレースケール画像で作業する場合には利用できません。

  1. 補正を適用する前に、中間色のグレーを設定する画像領域を特定します(例:舗装道路)。

    注意:

    カラーサンプラーを使用して中間調の領域をマークし、後でスポイトツールでクリックできるようにします。

  2. 色調補正パネルのレベル補正アイコンまたはトーンカーブアイコンをクリックします。

  3. 属性パネルで、グレー点を設定ツール をダブルクリックします。

  4. Adobe カラーピッカーで、現在中間色のグレーに R、G、B の値に同一のカラー(例:128,128,128)が選択されていることを確認します。必要に応じて、R、G、B に同じ値を入力します。その新しいターゲットカラーを初期設定として保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

  5. グレー点を設定スポイトツールで、手順 1 で特定した中間調の領域をクリックします。中間調が初期化され、画像から色かぶりが除去されます。

  6. (オプション)属性パネルで、最終レベルを作成するか、トーンカーブ補正を行います。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー