文字を入力する前にテキスト属性を設定したり、属性をリセットして、テキストレイヤーにおける選択した文字の表示形式を変更することもできます。

個々の文字に書式を設定するには、それらの文字を選択します。テキストレイヤー内の 1 文字、一定範囲の文字、またはすべての文字を選択できます。

注意:

テキスト関連の Photoshop 機能をすぐにでも使いたい場合は、文字を追加して写真を加工するを参照してください。

文字の選択

  1. 次のいずれかの操作を行って、テキストレイヤーを選択します。

    • 移動ツール  を選択し、カンバス上のテキストレイヤーをダブルクリックします。
    • 横書き文字ツール  または縦書き文字ツール  を選択します。レイヤーパネルからテキストレイヤーを選択するか、またはテキストフローをクリックしてテキストレイヤーを自動選択します。
  2. テキストに挿入ポイントを配置し、次のいずれかの操作を行います。
    • ドラッグして、文字を選択します。
    • テキストをクリックし、Shift キーを押しながらクリックして一定範囲の文字を選択します。
    • 選択範囲/すべてを選択を選択して、レイヤー内のすべての文字を選択します。
    • ダブルクリックすると、同じ文字種の文字が選択されます(例えば、段落に欧文テキスト、漢字、ひらがなが含まれている場合に、漢字をダブルクリックすると隣接している 1 つながりの漢字が選択されます)。3 回連続でクリックすると、行が選択されます。4 回連続でクリックすると、段落が選択されます。テキストフロー内で 5 回連続でクリックすると、バウンディングボックス内のすべての文字が選択されます。
    • 矢印キーを使用して文字を選択するには、テキスト内をクリックし、Shift キーを押しながら右向き矢印キーまたは左向き矢印キーを押します。矢印キーを使用して同じ文字種の文字を選択するには、Shift+Ctrl キー(Windows)または Shift+Command キー(Mac OS)を押しながら右向き矢印キーまたは左向き矢印キーを押します。
  3. テキストフロー内に挿入ポイントを配置せずにレイヤー内のすべての文字を選択するには、レイヤーパネルでテキストレイヤーを選択してから、レイヤーのテキストアイコンをダブルクリックします。

    注意:

    テキストレイヤー内の文字を選択して書式を設定すると、文字ツールが編集モードになります。

文字パネルとダイナミックショートカットの概要

文字パネルでは、様々なオプションを使用して文字の書式を設定できます。一部の書式設定オプションは、オプションバーからも使用できます。

文字パネルを表示するには、以下のいずれかの操作を行います。

  • ウィンドウ/文字を選択します。または、表示されている「文字パネル」タブがアクティブでない場合は、このタブをクリックしてアクティブにします。

  • 文字ツールを選択し、オプションバーの文字パネルと段落パネルの切り替えボタン  をクリックします。

    文字パネルでオプションを設定するには、オプションの右側にあるポップアップメニューから値を選択します。数値を指定するオプションの場合は、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを使用して値を設定することも、テキストボックス内で値を直接編集することもできます。値を直接編集するときは、Enter キーまたは Return キーを押すと値が適用され、Shift+Enter キーまたは Shift+Return キーを押すと値が適用されてから編集した値がハイライトされ、Tab キーを押すと値が適用されてからパネル内の次のテキストボックスにカーソルが移動します。

Photoshop 文字パネル
文字パネル

A. フォントファミリー B. フォントサイズ C. 垂直比率 D. 文字ツメオプション E. トラッキング F. ベースラインシフト G. 言語 H. フォントスタイル I. 行送り J. 水平比率 K. カーニング 

注意:

文字パネルに「文字ツメ」オプションを表示するには、テキスト環境設定で「日本語オプションを表示」を選択します。

その他のコマンドやオプションは文字パネルメニューから使用できます。このメニューを使用するには、パネルの右上隅にある三角形をクリックします。

ダイナミックショートカットは、ポイントテキストまたは段落テキストを入力しているとき、テキストが選択されたとき、テキスト内に挿入ポイントが表示されているときだけ、文字パネルのメニューからアクセスできるキーボードショートカットです。ダイナミックショートカットは、「太字」、「斜体」、「オールキャップス」、「スモールキャップス」、「上付き文字」、「下付き文字」、「下線」および「打ち消し線」などのテキストオプションに対して使用できます。

Photoshop 文字パネルのダイナミックショートカット
ダイナミックショートカットは、ポイントテキストまたは段落テキストを入力、またはテキストを選択したとき、テキスト内に挿入ポイントが表示されている場合に、文字パネルメニューに表示される。

文字のサイズとカラーの指定

文字サイズは、画像内に表示される文字の大きさを決定します。

文字の初期設定単位は、ポイントです。1 PostScript ポイントは、72ppi 画像内の 1/72 インチと等しい大きさですが、PostScript と従来のポイントサイズの定義の使用とを切り替えることができます。文字単位の初期設定は、環境設定ダイアログボックスの「単位・定規」セクションで変更できます。

入力するテキストは現在の描画色のカラーで描画されますが、テキストを入力する前または後に、テキストのカラーを変更することができます。既存のテキストレイヤーを編集する場合、レイヤー内の選択した個々の文字、またはすべてのテキストのカラーを変更することができます。

文字サイズの選択

  1. 文字パネルまたはオプションバーで、「フォントサイズを設定」テキストボックス  に新しい値を入力するか、またはポップアップメニューから新しい値を選択します。

    別の単位を使用する場合は、「フォントサイズを設定」テキストボックスで、値の後に使用する単位(in、cm、mm、pt、px または pica)を入力します。

    注意:

    文字の単位を変更するには、編集/環境設定/単位・定規(Windows)、または Photoshop/環境設定/単位・定規(Mac OS)を選択し、文字ポップアップメニューから単位を選択します。

ポイントサイズの単位の定義

  1. 編集/環境設定/単位・定規(Windows)、または Photoshop/環境設定/単位・定規(Mac OS)を選択します。
  2. 「point/pica の大きさ」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    ポストスクリプトに合わせる(72 point/inch)

    PostScript デバイスへのプリントに対応した単位サイズを設定します。

    伝統的な定義に合わせる(72.27 points/inch)

    従来のプリントに使用されている 72.27 point/inch を使用します。

  3. 「OK」をクリックします。

テキストカラーの変更

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • オプションバーまたは文字パネルのカラーボックスをクリックし、Adobe カラーピッカーを使用してカラーを選択します。
    • 塗りつぶしショートカットを使用します。描画色で塗りつぶすには、Alt+Backspace キー(Windows)または Option+Delete キー(Mac OS)を押します。背景色で塗りつぶすには、Ctrl+Backspace キー(Windows)または Command+Delete キー(Mac OS)を押します。
    • オーバーレイレイヤースタイルをテキストレイヤーに適用して、カラー、グラデーションまたはパターンを既存のカラーの上に適用します。オーバーレイレイヤースタイルを選択的に適用することはできず、テキストレイヤー内のすべての文字に適用されます。
    • ツールパネルの描画色選択ボックスをクリックし、Adobe カラーピッカーを使用してカラーを選択します。または、カラーパネルまたはスウォッチパネルからカラーを選択します。この方法で既存のテキストレイヤーのカラーを変更するには、まずそのレイヤーの文字を選択する必要があります。

個々の文字のカラーの変更

  1. 横書き文字ツール  を選択します。
  2. レイヤーパネルで、テキストが含まれるレイヤーを選択します。
  3. ドキュメントウィンドウ内で、変更する文字を選択します。
  4. 作業エリアの上部にあるオプションバーで、カラーボックスをクリックします。
  5. Adobe カラーピッカーで、カラースペクトラムバーの三角形スライダーを使用して色域を選択し、カラーフィールドで適用したい色をクリックします。選択した新しい色が、Adobe カラーピッカーのカラーボックスの上半分に表示されます。カラーボックスの下半分に現在の色が表示されます。
  6. 「OK」をクリックします。オプションバーと選択した文字の元の色が、新しい色に置き換わります。

    注意:

    文字の選択を解除するか、他のエレメントを選択するまで、文字の新しい色は表示されません。

文字パネルでの文字処理

テキストの下線や打ち消し線の適用

横書きテキストの下、または縦書きテキストの左または右に線を配置できます。横書きまたは縦書きテキストの中央に重なる線を配置することもできます。線のカラーは、常にテキストカラーと同じです。

  1. 下線または打ち消し線を適用するテキストを選択します。
    • 横書きテキストに下線を適用するには、文字パネルの下線ボタン をクリックします。
    • 縦書きテキストの左または右に下線を適用するには、文字パネルメニューの「下線左」または「下線右」を選択します。下線は左または右に適用できますが、両側に適用することはできません。チェックマークは、このオプションが選択されていることを示します。

    注意:

    「下線左」オプションおよび「下線右」オプションは、縦書きテキストを含むテキストレイヤーが選択されている場合にのみ文字パネルメニューに表示されます。日本語、中国語、韓国語の縦書きテキストを扱うときに、テキスト行のどちらの側にも下線を追加することができます。

    • 横書きテキストに横の打ち消し線を、縦書きテキストに縦の打ち消し線を適用するには、文字パネルの打ち消し線ボタン  をクリックします。文字パネルメニューから「打ち消し線」を選択することもできます。

オールキャップスまたはスモールキャップスの適用

テキストを大文字で入力、オールキャップスまたはスモールキャップスで書式設定することができます。テキストにスモールキャップスを適用すると、フォントにスモールキャップスがある場合はその文字が使用されます。そのフォントにスモールキャップスが含まれていない場合は、擬似スモールキャップスが生成されます。

Photoshop での標準の大文字とスモールキャップス
標準の大文字(上)とスモールキャップス(下)

  1. 変更する文字を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 文字パネルでオールキャップスボタン またはスモールキャップスボタン をクリックします。
    • 文字パネルメニューから「オールキャップス」または「スモールキャップス」を選択します。チェックマークは、このオプションが選択されていることを示します。

上付き文字または下付き文字の指定

上付き文字および下付き文字は、フォントのベースラインに対して上下される縮小サイズのテキストです。フォントに上付き文字または下付き文字が含まれていない場合、Photoshop では、上付き文字または下付き文字が擬似的に生成されます。

  1. 変更する文字を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 文字パネルで上付き文字ボタン または下付き文字ボタン をクリックします。
    • 文字パネルメニューの「上付き文字」または「下付き文字」を選択します。チェックマークは、このオプションが選択されていることを示します。

文字スタイル

文字スタイルは文字の書式属性の集合で、文字や段落はもちろん、段落の範囲にも適用できます。文字スタイルを作成しておき、それを後から適用できます。

ウィンドウ文字スタイルを選択して、文字スタイルパネルを開きます。

  • 文字スタイルを適用するには、テキストまたはテキストレイヤーを選択し、文字スタイルをクリックします。

テキストスタイルは、階層構造になっています。手動による上書きは、適用済みの文字スタイルに優先します。その結果、適用済みの段落スタイルが置き換えられます。この階層構造により、スタイルの効率と、デザインをカスタマイズする柔軟性の両方を活かすことができます。

概要については、Julieanne Kost が説明するビデオ Photoshop での段落スタイルと文字スタイルを参照してください。

 

文字スタイルの作成

  1. 既存のテキストの書式を基に新しいスタイルを作成する場合は、その書式のテキストを選択します。
  2. 文字スタイルパネルメニューから「新規文字スタイル」を選択します。

注意:テキストを最初に選択しないでスタイルを作成するには、文字スタイルパネルの下部にある新規文字スタイルを作成アイコン  をクリックします。スタイルをテキストに適用しないで編集するには、背景などの画像レイヤーを選択します。

文字スタイルの編集

既存のスタイルをダブルクリックして編集し、現在のドキュメント内の関連テキストをすべて更新します。スタイルの形式を変更すると、新しい形式を適用したスタイルで、すべてのテキストが更新されます。 

文字スタイルを編集するには、次の手順に従います。

  1. 文字スタイルパネルで、スタイルをダブルクリックします。
  2. 書式属性を指定するには、左側のリストから種類(例えば「基本文字形式」など)をクリックし、スタイルに追加する属性を設定します。
  3. 書式設定の指定が完了したら、「OK」をクリックします。

初期設定のテキストスタイルを指定 | Creative Cloud 専用

現在の文字スタイルと段落スタイルをテキスト初期設定として保存できます。これらの初期設定は新しい Photoshop ドキュメントに自動的に適用され、テキストスタイルを含まない既存のドキュメントにも適用できます。詳しくは段落スタイルを参照してください。

現在の文字スタイルと段落スタイルをテキスト初期設定として保存するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 書式/初期設定のテキストスタイルを保存を選択します。
  • 文字スタイルパネルまたは段落スタイルパネルで、パネルメニューから「初期設定のテキストスタイルを保存」を選択します。

初期設定の文字スタイルまたは段落スタイルをドキュメントに適用するには、以下の操作を行います。

  1. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。

    • 書式/初期設定のテキストスタイルを読み込みを選択します。
    • 文字スタイルパネルまたは段落スタイルパネルで、パネルメニューから「初期設定のテキストスタイルを読み込み」を選択します。
  2. 既存のテキストスタイルを既に含むドキュメントに、初期設定のテキストスタイルを読み込む場合、段落スタイルを読み込みダイアログボックスが表示されます。既存のテキストスタイルを初期設定のテキストスタイルで置き換えるかどうかを選択できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー