合成画像の切り抜きと回転

Photoshop iPad 版で、アクティブなレイヤーまたは選択範囲のコンテンツを簡単に切り抜いて回転する方法を説明します。

切り抜きは、Photoshop iPad 版を使うと簡単です。切り抜きツールを使用すると、写真の不要な周縁部を除去して、全体的なコンポジションを改善できます。切り抜き中に、制約付きまたは自由形状の切り抜きや、選択範囲の回転もできます。 

選択範囲をすばやく切り抜いて回転する方法

アクティブなレイヤーまたは選択範囲のコンテンツを切り抜いて回転できます。レイヤーをアクティブにするには、タスクバーのレイヤーサムネールをタップします。切り抜きと回転を続行するには、次の操作をおこないます。

  1. ツールバーから をタップして、切り抜きツールを選択します。切り抜いて回転モードでは、アクティブなレイヤーまたは選択範囲の周りにバウンディングボックスが表示されます。

  2. バウンディングボックスのハンドルのいずれかをドラッグして放し、切り抜きサイズを設定します。切り抜きサイズは、切り抜いて回転モードの上部で確認できます。デフォルトでは、切り抜きツールを使用して、基準ハンドルの周囲に自由形状の切り抜きを実行できます。別の切り抜きアクションについては、「タッチショートカットの使用」を参照してください。

  3. バウンディングボックスの下に表示される回転ダイヤルを動かして、レイヤーまたは選択範囲を自由に回転します。回転中、切り抜きサイズは変更されません。別の回転アクションについては、「タッチショートカットの使用」を参照してください。

  4. 切り抜いて回転モードで、タッチジェスチャーを適用して、レイヤーまたは選択範囲をパン、ズームおよびリセットします。

  5. 最後に実行したアクションを元に戻すには、取り消し()アイコンをタップします。取り消したアクションを復元するには、やり直し()アイコンをタップします。

  6. 完了」をタップして、切り抜きと回転のアクションを適用します。アクティブなレイヤーまたは選択範囲は、切り抜きサイズと回転角度に合わせて拡大・縮小されます。切り抜いて回転モードを終了するには、「キャンセル」をタップします。

    Photoshop モバイル版を使用して写真を切り抜いて回転
    切り抜いて回転モードで、切り抜きサイズと回転角度を設定

タッチショートカットの使用

切り抜きツールの使用中に、プライマリのタッチショートカットを有効にすると基準ハンドルの周りに制約付きの切り抜きを適用でき、セカンダリのタッチショートカットを有効にすると、中心から制約された切り抜きの拡大・縮小を適用できます。 

回転アクションの使用中に、プライマリのタッチショートカットを有効にすると、15° ごとに回転をスナップできます。

タッチショートカットの使用方法の詳細については、「タッチショートカットとジェスチャー」を参照してください。

ブラシツールのタッチショートカット
左:プライマリのタッチショートカット右:セカンダリのタッチショートカット