「カラーバランス」補正の適用

「カラーバランス」を使用して、画像のカラーの全体的な混合率を変更し、一般的なカラー補正ができます。

  1. チャンネルパネルで合成チャンネルを選択していることを確認します。このコマンドは、合成チャンネルの表示中のみ使用可能です。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルのカラーバランスアイコン をクリックします。

    • レイヤー/新規調整レイヤー/カラーバランスを選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    注意:

    または、イメージ/色調補正/カラーバランスを選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  3. 属性パネルで、「シャドウ」、「中間調」、「ハイライト」を選択し、主に変更する色調範囲を選択します。

  4. (オプション)「輝度を保持」を選択し、カラー変更により輝度の値が変更されるのを禁止します。このオプションは、画像の色調バランスを保持します。
  5. スライダーを、画像内で増加させたい色に近づけたり、減少させる色から離れるように移動させます。

    カラーバーの上に、レッド、グリーン、ブルーの各チャンネルについて、カラーの変化値が表示されます(Lab 画像では、a チャンネルと b チャンネルの値が表示されます)。値は -100 ~ +100 の範囲になります。

レンズフィルターコマンドを使用したカラーバランスの変更

「レンズフィルター」は、レンズを通してフィルムに露光する光の照明のカラーバランスとカラー温度を調整するために、カメラレンズに色付きのフィルターを置き換えるテクニックをまねたものです。「レンズフィルター」を使用すると、カラープリセットを選択して、色相調整を画像に適用することもできます。カスタムカラー調整を適用したい場合は、Adobe カラーピッカーを使用してカラーを指定することができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルのレンズフィルターアイコン をクリックします。

    • レイヤー/新規調整レイヤー/レンズフィルターを選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    注意:

    または、イメージ/色調補正/レンズフィルターを選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  2. 属性パネルで、フィルターカラー(カスタムフィルターまたはプリセット)を選択します。カスタムフィルターを使用する場合は、「カスタム」オプションを選択してカラー選択ボックスをクリックし、Adobe カラーピッカーを使用して、カスタムカラーフィルターのカラーを指定します。プリセットフィルターを使用する場合は、「フィルター」オプションを選択し、フィルターポップアップメニューから次のいずれかのプリセットを選択します。

    フィルター暖色系(85 および LBA)とフィルター寒色系(80 および LBB)

    画像の白のバランスを調整するカラー変換フィルターです。画像が低い光のカラー温度で撮影された場合(黄色がかった画像)は、フィルター寒色系(80)を使用すると、画像のカラーの青みが増し、環境光による低いカラー温度の影響を和らげることができます。逆に、高い光のカラー温度で撮影された画像(青みがかった画像)は、フィルター暖色系(85)を使用すると、画像のカラーの暖色が増し、環境光による高いカラー温度の影響を和らげることができます。

    フィルター暖色系(81)とフィルター寒色系(82)

    光バランスを変更して画像のカラー画質に小さな調整を加えるフィルターです。フィルター暖色系(81)を使用すると画像の暖色が増し(黄色に近くなります)、フィルター寒色系(82)を使用すると画像の寒色が増します(青に近くなります)。

    個々のカラー

    選択したカラープリセットに基づいて、画像に色相の調整を適用します。どのカラーを選択するかは、「レンズフィルター」をどのように使用するかによって異なります。写真に不要な色合いがある場合は、補色を選択すると、色合いを中間調に調整することができます。また、カラーを適用して特殊カラー効果や拡張効果を得ることもできます。例えば、ネイビーブルーカラーは、水中で撮影したときに生じる青緑の色合いをシミュレートします。

    レンズフィルターダイアログボックスでは「プレビュー」を選択すると、カラーフィルターの使用結果を表示できます。カラーフィルターを追加することによって画像を暗くしたくない場合は、「輝度を保持」オプションを選択します。

  3. 画像に適用されるカラーの量を調整するには、適用量スライダーを使用するか、「適用量」テキストボックスにパーセント値を入力します。適用量が大きいほど、強いカラー調整が適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー