アドビアプリケーション内でのカラーマネジメント

アドビのカラーマネジメントを使用すると、外部ソースから画像を取り込んだり、ドキュメントを編集してアドビアプリケーション間でやり取りしたり、最終成果物を出力したりするときに、色の外観を簡単に保持することができます。カラーマネジメントシステムは、International Color Consortium(ICC)が定義した規格に準拠しています(ICC は、ワークフロー全体において正確で一貫した色を再現するためのプロファイル形式と手順の規格化を行っている団体です)。

初期設定では、カラーマネジメントはカラーマネジメントを行うアドビアプリケーションでオンになっています。Adobe Creative Suite では、アプリケーション間でカラー設定が同期されるため、RGB カラーと CMYK カラーは一貫して表示されます。つまり、色はどのアプリケーションで表示しても同じ色に見えます。

Adobe Creative Suite のカラー設定の同期は Adobe Bridge によって一元的に行われます。

初期設定を変更する場合は、便利なプリセットを使用することによって、共通の出力条件と一致するように Adobe のカラーマネジメントを構成することができます。また、特定のカラーワークフローの要件を満たすようにカラー設定をカスタマイズすることもできます。

作業に使用する画像の種類および出力条件によって、カラーマネジメントの使用方法が異なることに注意してください。例えば、RGB の写真印刷ワークフロー、CMYK の商業印刷ワークフロー、RGB/CMYK 混合のデジタル印刷ワークフロー、およびインターネットパブリッシングワークフローでは、色の一貫性に関する問題がそれぞれ異なります。  

正確なカラーを再現するための基本手順

1. 制作作業のパートナがいる場合は、カラーマネジメントワークフローのすべての工程がシームレスに統合されるように、そのパートナと話し合います。

ワークグループおよびサービスビューロとの間でカラーワークフローをどのように統合するか、ソフトウェアおよびハードウェアをどのように構成してカラーマネジメントシステムに統合するか、カラーマネジメントをどのレベルで実装するかについて話し合います ( 詳しくは、カラーマネジメントの使用を参照してください)。

2. モニターのキャリブレーションとプロファイルの割り当てを実行します。

モニタープロファイルは、最初に作成する必要があるプロファイルです。ドキュメント内で使用する色を指定するなど、デザイン上の仕様を決定する場合、画面上で色が正確に見えることは不可欠です ( 詳しくは、モニターのキャリブレーションおよびプロファイルの作成を参照してください)。

3. スキャナーやプリンターなど、使用する予定の入力および出力デバイスのカラープロファイルをシステムに追加します。

カラーマネジメントシステムは、プロファイルを使用して、デバイスによる色の再現方法と、ドキュメント内の実際に指定した色を把握します。多くの場合、デバイスプロファイルは、デバイスをシステムに追加するときにインストールされます。また、サードパーティ製のソフトウェアおよびハードウェアを使用して、特定のデバイスや条件に対してより厳密なプロファイルを作成することもできます。ドキュメントの商業印刷を行う場合は、サービスビューロと話し合って、印刷機と印刷条件のプロファイルを決定します ( 詳しくは、カラープロファイルについておよびカラープロファイルのインストールを参照してください)。

4. アドビアプリケーションでカラーマネジメントを設定します。

ほとんどのユーザーは初期設定のカラー設定をあえて変更する必要はありません。ただし、次のいずれかの操作を実行することによって、カラー設定を変更することができます。

  • 複数の アドビアプリケーションを使用している場合は、ドキュメントで作業する前に、Adobe® Bridge で標準のカラーマネジメント構成を選択し、アプリケーション間でカラー設定を同期させます ( 詳しくは、アドビアプリケーション間でのカラー設定の同期を参照してください)。

  • 単一のアドビアプリケーションを使用している場合や、高度なカラーマネジメントオプションをカスタマイズする場合は、特定のアプリケーションのカラー設定を変更します ( 詳しくは、カラーマネジメントの設定を参照してください)。

5. (オプション)ソフトプルーフを使用して色をプレビューします。

ドキュメントを作成した後、ソフトプルーフを使用して、特定のデバイスで色がどのように印刷または表示されるかをプレビューすることができます ( 詳しくは、カラーのソフトプルーフ表示を参照してください)。

注意:

ソフトプルーフだけでは、オフセット印刷機でのオーバープリントの再現の様子をプレビューすることはできません。オーバープリントが使用されたドキュメントで作業する場合は、「オーバープリントプレビュー」をオンにし、オーバープリントがソフトプルーフで正確にプレビューされるようにします。 Acrobat では、 「オーバープリントプレビュー」は自動的に適用されます。

6. カラーマネジメントをオンにしてファイルを印刷および保存します。

ワークフロー全体において色の一貫した外観をすべてのデバイス間で保持するのが、カラーマネジメントの目的です。ドキュメントを印刷するとき、ファイルを保存するとき、およびオンライン表示用のファイルを作成するときは、カラーマネジメントオプションをオンのままにします ( 詳しくは、カラーマネジメントを使用したプリントおよびオンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメントを参照してください)。

アドビアプリケーション間でのカラー設定の同期

Adobe Creative Suite を使用している場合、Adobe Bridge を使用してアプリケーション全体で自動的にカラー設定を同期させることができます。この同期によって、カラーマネジメントを行う Adobe のすべてのアプリケーション間で同じ色が再現されます。

カラー設定が同期されない場合は、各アプリケーションでカラー設定ダイアログボックスの上部に警告メッセージが表示されます。新規または既存のドキュメントで作業する前にカラー設定を同期させることをお勧めします。

  1. Bridge を開きます。
    Creative Suite アプリケーションから Bridge を開くには、ファイル/参照を選択します。Bridge を直接開くには、スタートメニューから Adobe Bridge を選択するか(Windows)、Adobe Bridge アイコンをダブルクリック(Mac OS)します。
  2. 編集/Creative SuiteColor 設定を選択します。
  3. 表示された一覧からカラー設定を選択し、「適用」をクリックします。
    初期設定のいずれもが要件を満たさない場合は、「カラー設定ファイルの展開したリストを表示」を選択して、その他の設定を表示します。カスタムカラー設定ファイル(例えば印刷・出力会社から提供されたもの)をインストールするには、「保存されたカラー設定ファイルを表示」をクリックします。

カラーマネジメントの設定

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Illustrator、InDesign、Photoshop)編集/カラー設定を選択します。

    • (Acrobat)環境設定ダイアログボックスのカラーマネジメントカテゴリを選択します。

  2. 設定メニューからカラー設定を選択し、「OK」をクリックします。

    選択したカラー設定によって、アプリケーションによって使用される作業用スペース、プロファイルが埋め込まれたファイルを開いたり読み込んだりするときのアプリケーションによるカラーデータの処理方法およびカラーマネジメントシステムによるカラー変換方法が決まります。設定の説明を見るには、設定を選択し、その上にポインターを合わせます。ダイアログボックスの下部に該当する説明が表示されます。

注意:

Acrobat のカラー設定は、InDesign、Illustrator および Photoshop で使用するカラー設定のサブセットです。

サービスビューロによってカスタム出力デバイスプロファイルが提供されているなど、場合によっては、カラー設定ダイアログボックスで特定のオプションをカスタマイズする必要があります。ただし、カスタマイズは上級ユーザーだけにお勧めします。

注意:

複数のアドビアプリケーションで作業する場合は、アプリケーション間でカラー設定を同期させることを強くお勧めします ( アドビアプリケーション間でのカラー設定の同期を参照してください)。

CMYK ブラックのアピアランスの変更(Illustrator、InDesign)

CMYK 純ブラック(K=100)は、画面上に表示したり、非 Postscript デスクトッププリンターで印刷したり、RGB ファイル形式に書き出したりすると、ジェットブラック(リッチブラック)に見えます。商業印刷機で印刷したときに純ブラックとリッチブラックとの差が再現されるようにする場合は、ブラックのアピアランスの設定を変更することができます。これらの設定を変更してもドキュメント内のカラー値は変更されません。

  1. Windows の場合、編集/環境設定/ブラックのアピアランス(Illustrator)または黒の表示方法(InDesign)を選択します。Mac OS の場合、[アプリケーション名]/環境設定/ブラックのアピアランス(Illustrator)または黒の表示方法(InDesign)を選択します。
  2. 画面表示用のオプションを選択します。
    すべてのブラックを正確に表示        CMYK 純ブラックをダークグレーとして表示します。この設定では、純ブラックとリッチブラックとの差を見ることができます。
    すべてのブラックをリッチブラックとして表示        CMYK 純ブラックをジェットブラック(RBG=000)として表示します。この設定では、純ブラックとリッチブラックは画面上で同じに見えます。
  3. 印刷/書き出し用のオプションを選択します。
    すべてのブラックを正確に出力        非 Postscript デスクトッププリンターで印刷したり、RGB ファイル形式に書き出したりするときに、ドキュメント内のカラー値を使って、CMYK 純ブラックを出力します。この設定では、純ブラックとリッチブラックとの差を見ることができます。
    すべてのブラックをリッチブラックとして出力        非 Postscript デスクトッププリンターで印刷したり、RGB ファイル形式に書き出したりするときに、CMYK 純ブラックをジェットブラック(RGB=000)として出力します。この設定では、純ブラックとリッチブラックは同じに見えます。

プロセスカラーと特色のカラーマネジメント

カラーマネジメントがオンの場合は、カラーマネジメントを行うアドビアプリケーション内で適用または作成するどの色にも、ドキュメントに対応するカラープロファイルが自動的に使用されます。カラーモードを切り替えた場合は、カラーマネジメントシステムによって適切なプロファイルが使用され、選択した新しいカラーモデルに色が変換されます。

プロセスカラーおよび特色で作業する場合は、次のガイドラインに従います。

  • プロセスカラーを正確に定義および表示できるように、CMYK 出力条件と一致する CMYK 作業用スペースを選択します。
  • カラーライブラリから色を選択します。アドビアプリケーションには、標準のカラーライブラリが多数用意されています。これらのライブラリはスウォッチパネルのメニューを使用して読み込むことができます。
  • (Illustrator および InDesign)「オーバープリントプレビュー」をオンにすれば、特色のプレビューが正確かつ一貫性のあるものになります。
  • (Acrobat、Illustrator および InDesign)Lab 値(初期設定)を使用して、あらかじめ定義された特色(TOYO、PANTONE、DIC および HKS ライブラリから選択する色など)を表示し、これらの色をプロセスカラーに変換します。Lab 値を使用すると、Creative Suite アプリケーション間で一貫した色が最も正確に再現されます。これらと同じ色が Illustrator または InDesign の以前のバージョンでも表示および出力されるようにするには、Lab 値に対応する CMYK 値を使用します。特色の Lab 値と CMYK 値との置き換えについては、Illustrator または InDesign のヘルプを検索してください。

注意:

特色のカラーマネジメントを行うことによって、印刷された特色がどのように見えるかを校正デバイスおよびモニター上でおおむね予測することができます。特色のインクは、モニターや校正デバイスの色域外にあることが多いため、これらの出力デバイスで正確に再現することは困難です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー