アクションについて

アクションとは、単一または複数のファイルに対して実行される、メニューコマンド、パネルオプション、ツールアクションなどの一連の作業です。例えば、画像のサイズを変更し、画像に効果を適用し、ファイルを目的の形式で保存するアクションを作成できます。

ペイントツールを使用する作業のような、アクションに記録できない作業を途中で実行する手順を挿入することもできます。また、アクションを実行しながらダイアログボックスに値が入力できるように、モードコントロールを挿入することもできます。

Photoshop では、アクションは、ドロップレットの基になります。ドロップレットとは、ファイルを自動処理する小さなアプリケーションであり、ドロップレットアイコンにドラッグされたすべてのファイルを処理します。

Photoshop と Illustrator には、あらかじめ定義済みのアクションがインストールされており、繰り返し作業を実行する際に役に立ちます。これらの定義済みのアクションはそのまま使用できます。また、必要に応じてカスタマイズしたり、新しいアクションを作成することもできます。アクションは、編成しやすいようにセットで保存されます。

アクションは、記録、編集、カスタマイズおよびバッチ処理が可能です。アクションセットを操作して、アクションのグループを管理できます。

アクションパネルの概要

アクションを記録、実行、編集および削除するには、アクションパネル(ウィンドウ/アクション)を使用します。このパネルは、アクションファイルの保存や読み込みにも使用できます。

Photoshop アクションパネル
Photoshop アクションパネル

A. アクションセット B. アクション C. 記録されたコマンド D. コマンドの実行を切り替え E. モードコントロール(ダイアログボックスの表示を切り替え) 

セット、アクション、コマンドの展開と折りたたみ

  1. アクションパネルのセット、アクションまたはコマンドの左側にある三角形をクリックします。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら三角形をクリックすると、セット内のすべてのアクションまたはアクション内のすべてのコマンドを、展開したり、折りたたんだりできます。

アクションの名前のみの表示

  1. アクションパネルメニューの「ボタンモード」を選択します。リストモードへ戻るには、もう一度「ボタンモード」を選択します。

    注意:

    個々のコマンドやセットをボタンモードで表示することはできません。

アクションパネル内のアクションの選択

  1. アクション名をクリックします。複数の隣接しているアクションを選択するには、Shift キーを押しながら、アクション名をクリックします。複数の隣接していないアクションを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、アクション名をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー