Photoshop は、スクリプトを通じて外部自動処理をサポートしています。Windows では、COM Automation をサポートするスクリプト言語(VB Script など)をすべて使用できます。Mac OS では、Apple イベントを送信できる言語(AppleScript など)をすべて使用できます。これらのスクリプト言語は、クロスプラットフォームではありませんが、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Microsoft Office などの複数のアプリケーションを制御できます。Mac OS では、Apple の Photoshop Actions for Automator を使用して、Photoshop での作業を制御することもできます。

また、JavaScript も使用できます。Windows と Mac OS のどちらでも使用できます。JavaScript では、Windows と Mac OS のどちらでも動作する Photoshop スクリプトを作成できます。

注意:

Photoshop CS5/Scripting/Documents フォルダーおよび ここにインストールされているスクリプティング文書を参照してください。Scriptlistener プラグインは、Photoshop CS5/Scripting/Utilities およびここにあります。

JavaScript の実行

  1. ファイル/スクリプトを選択し、リストからスクリプトを選択します。スクリプトのリストには、Adobe Photoshop CS5 フォルダー内の Presets¥Scripts フォルダーに .js 拡張子または .jsx 拡張子で保存されたすべてのスクリプトファイルが表示されます。別の場所に保存されたスクリプトを実行するには、ファイル/スクリプト/参照を選択し、目的のスクリプトを選択します。

スクリプトとアクションの自動実行の設定

Photoshop でのファイルを開く、保存または書き出しなどのイベントによって JavaScript や Photoshop のアクションを実行することができます。Photoshop には用意されているいくつかの初期設定イベントを使用したり、スクリプトに対応した Photoshop イベントを使用してスクリプトまたはアクションを実行することもできます。スクリプト可能なイベントについて詳しくは、Photoshop スクリプティングガイドを参照してください。

  1. ファイル/スクリプト/スクリプトイベントマネージャーを選択します。
  2. 「イベントを使用してスクリプト / アクションを実行」を選択します。
  3. Photoshop イベントポップアップメニューから、スクリプトまたはアクションを実行するイベントを選択します。
  4. 「スクリプト」または「アクション」を選択し、イベントが発生したときに実行するスクリプトまたはアクションを選択します。

    Photoshop に用意されているサンプルスクリプトを選択することができます。別のスクリプトを実行するには、「参照」を選択してスクリプトを選択します。アクションの場合は、最初のポップアップメニューでアクションセットを選択し、2 番目のポップアップメニューでそのセットのアクションを選択します。これらのポップアップメニューに表示されるアクションは、アクションパネルに読み込まれている必要があります。

  5. 「追加」をクリックします。イベントとそれに関連付けられたスクリプトまたはアクションがダイアログボックスのリストに表示されます。
  6. 各イベントを無効にして削除するには、リストでイベントを選択し、「削除」をクリックします。すべてのイベントを無効にするが、リストには残す場合は、「イベントを使用してスクリプト / アクションを実行」を選択解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー