iPad でも Photoshop の選択とマスク機能を使用して、作業を効率的に進めることができます。

範囲の選択とマスクの追加を行うと、選択した領域を編集したり、コンポジットに効果を追加できます。

iPad 版 Photoshop では、正確な範囲を簡単に選択し、マスキングできます。
iPad 版 Photoshop では、正確な範囲を簡単に選択し、マスキングできます。

範囲を選択する

選択ツールを使用すると、画像の一部分を選択できます。特定の領域を選択して、その部分にのみ編集作業を行い、効果やフィルターを適用できます。選択していない部分は変更されません。

  • ツールバーのなげなわツールをダブルタップします。使用可能な選択ツールが表示されます。レイヤー内の領域を選択するには、なげなわ、クイック選択、長方形選択楕円形選択ツールを使用できます。
選択ツール
  • 選択ツールをタップすると、そのオプションが表示されます。ツールオプションから、選択範囲に追加(、現在の選択範囲から一部削除()、現在の選択範囲との共通範囲()を選択できます。
選択アクションを選択する
  • 範囲を選択すると、ワークスペースの下部にアクティブな選択範囲のプロパティが表示されます。ここで、選択範囲の解除マスク消去反転選択範囲の変形同じ種類の選択を行うことができます。
アクティブな選択範囲のプロパティ

選択ツール

なげなわツールで選択する

なげなわツールは、自由な形状の選択範囲を描く際に便利なツールです。なげなわツールを選択するには、 アイコンをタップします。

なげなわツールをタップすると、オプションが表示されます。自由な形状の選択範囲を簡単に作成できます。

  • 選択範囲に追加):現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • 現在の選択範囲との共通範囲):現在の選択範囲と次に選択した範囲の共通部分が選択されます。
  • なげなわツールの設定):ぼかし - 選択範囲の境界のぼかしをピクセル数で選択します。
なげなわツールの設定

クイック選択ツールで選択する

クイック選択ツールを使用すると、調整可能な丸いブラシで選択範囲をすばやくペイントできます。マウスをドラッグすると、選択範囲が外向きに拡大し、ドキュメント内で定義された境界線を自動的に見つけて、選択していきます。

ツールバーのなげなわツールをダブルタップします。クイック選択ツール()が表示されます。 クイック選択ツールをタップすると、ツールのオプションが表示されます。

  • 選択範囲に追加(:現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • ブラシサイズ:クイック選択ツールのサイズをピクセル単位で設定します。
  • 硬さ:ブラシの中心のサイズを設定します。
  • クイック選択ツールの設定):筆圧でサイズを設定を有効または無効にします。
クイック選択ツール

選択ツールを使用する

選択ツールを使用すると、長方形や楕円形の範囲を選択できます。 長方形を選択するには、選択ツールの 1 つを選択して、選択したい領域をドラッグします。iPad にキーボードが接続されている場合は、M(大文字)を押すと、選択ツールを選択できます。

長方形選択ツール()を使用すると、長方形の範囲を選択できます。

長方形選択ツール
長方形選択ツール

楕円形選択ツール()を使用すると、楕円形の範囲を選択できます。

楕円形選択ツール
楕円形選択ツール
  • 選択範囲に追加):現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • 現在の選択範囲との共通範囲):現在の選択範囲と次に選択した範囲の共通部分が選択されます。
  • なげなわツールの設定):
    ぼかし - 選択範囲の境界のぼかしをピクセル数で選択します。
    スタイル - ドロップダウンリストからスタイルを選択します。

アクティブな選択範囲のプロパティ

範囲を選択すると、ワークスペースの下部にアクティブな選択範囲のプロパティが表示されます。

  • 選択解除:現在の選択範囲を解除します。
  • マスク:現在の選択範囲をレイヤーのマスクに切り換えます。
  • 消去:選択した範囲を消去します。
  • 反転:選択範囲を反転し、選択されていない領域を選択します。
  • 変形:選択範囲を変形します。
  • 類似を選択:選択済みの領域に合わせて選択範囲にピクセルを追加します。
selection-more-options-400

タスクバーのその他のオプション

  • カット:選択範囲またはレイヤーをカットします。
  • 結合部分をコピー:結合部分またはレイヤーをコピーして、別のレイヤーをペーストします。
layer-selections-1-400

マスクを適用する

マスクを使用すると、レイヤーの一部を非表示にし、その下にある部分を表示できます。 マスクを使用しても外観は壊れません。非表示にしたピクセルを失うことなく、マスクを元に戻し、編集をやり直すことができます。

  • レイヤーマスクは、レイヤーの一部を非表示にします。
  • クリッピングマスクは、1 つのレイヤーのコンテンツを使用して、1 つ以上の他のレイヤーをクリッピングまたは非表示にします。

レイヤーマスク

レイヤーマスクを作成すると、選択範囲をレイヤーマスクに変換したり、作成後にレイヤーマスクをペイントすることで、レイヤーの一部分を表示して他の部分を非表示にできます。レイヤーがマスキングされた領域またはレイヤーが非表示に設定された領域では、下にあるレイヤーが表示されます。レイヤーマスクを使用すると、複数のドキュメントを 1 つのドキュメントに統合したり、コンポジットから不要なオブジェクトを削除できます。

選択範囲からレイヤーマスクを作成する

  1. マスクにするレイヤーを選択します。タスクバーからレイヤーのサムネイルをタップして、レイヤーを選択します。
  2. 選択ツールの 1 つを選択して、範囲を選択します。
  3. タスクバーでレイヤーマスクのアイコン()をタップします。

選択した領域が表示され、レイヤーの残りの部分はマスキングされます。

レイヤーの簡易表示で、レイヤーのサムネイルを左から右にスワイプすると、ビューがレイヤービューからレイヤーマスクビューに切り替わります。レイヤーの詳細表示に両方のサムネイルが表示されます。レイヤー表示の詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。

レイヤーマスクを作成してブラシでマスクを編集する

  1. マスクにするレイヤーを選択します。 タスクバーからレイヤーのサムネイルをタップして、レイヤーを選択します。
  2. タスクバーでレイヤーマスクのアイコン()をタップして、マスクを作成します。
  3. ブラシのアイコン()をタップします。
  4. 必要に応じてブラシのプロパティを設定します。ペイントする部分を完全にマスキングする場合は、黒を選択します。ブラシプロパティの詳細については、「ブラシを使った描画とペイント」を参照してください。
  5. マスクレイヤーの上をペイントします。

レイヤーマスクの詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。

クリッピングマスク

クリッピングマスクを使用すると、1 つのレイヤーのコンテンツを使用して、その上のレイヤーをマスキングできます。クリッピングマスクの詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー