iPad でも Photoshop の選択とマスク機能を使用して、作業を効率的に進めることができます。

範囲の選択とマスクの追加を行うと、選択した領域を編集したり、コンポジットに効果を追加できます。

範囲を選択する

選択ツールを使用すると、画像の一部分を選択できます。特定の領域を選択して、その部分にのみ編集作業を行い、効果やフィルターを適用できます。選択していない部分は変更されません。

  • ツールバーでアクティブな選択ツールをダブルタップするか長押しすると、別の選択ツール(なげなわ、オブジェクト選択、クイック選択、長方形選択、楕円形選択被写体を選択)を表示できます。デフォルトの選択ツールはなげなわです。

    - オブジェクト選択ツールを使用すると、複数のオブジェクトを含むコンポジット内で 1 つのオブジェクトまたはオブジェクトの一部分を選択できます。

    - 被写体を選択ツールを使用すると、コンポジット内でメインの被写体をすべて識別し、選択できます。
選択ツールから選択
  • 選択ツールをタップすると、そのオプションが表示されます。ツールオプションから、選択範囲に追加(、現在の選択範囲から一部削除()、現在の選択範囲との共通範囲()を選択できます。
選択アクションを選択する
  • 範囲を選択すると、ワークスペースの下部にアクティブな選択範囲のプロパティが表示されます。ここで、選択範囲の解除マスク消去反転選択範囲の変形同じ種類の選択を行うことができます。
アクティブな選択範囲のプロパティ

選択ツール

オブジェクト選択ツールで選択する

Ps-iPad-Object-select-gGIF

オブジェクト選択ツールでオブジェクトを選択するには、次の手順に従います。

  1. ツールバーでなげなわ(デフォルト)または他のアクティブな選択ツールをダブルタップするか長押しして、他の選択ツールを表示します。
  2. オブジェクト選択」()をタップします。
  3. (オプション)表示された関連ツールのオプションで、選択範囲に追加()したり、選択範囲から削除()したりできます。また、現在の選択範囲との共通範囲を選択()したり、 をタップしてオブジェクト選択の設定を開くこともできます。
  4. (オプション)「オブジェクト選択の設定」では、スタイルを選択できます。長方形(デフォルト)やなげなわを選択できます。また、「全レイヤーを対象」、エッジを強調」、「一部削除」を有効にできます。
  5. コンポジットで選択するオブジェクトの周囲をタップして長方形の領域を作成するか、なげなわで囲みます(手順 4 で選択したスタイルによります)。定義した領域内のオブジェクトが自動的に選択されます。

被写体を選択ツールでの選択

iPad 版 Photoshop で被写体を選択」()ツールを利用すると、人物、動物、乗り物、玩具など、画像内の様々なオブジェクトを認識できます。このツールは Adobe Sensei を利用して学習を行い、認識精度を高めていきます。「被写体を選択」では、Sensei の機能を利用してレイヤーを分析し、ドキュメント内で最も目立つ被写体をすばやく識別し、アイコンを 1 回タップしただけで被写体を選択します。

被写体を選択ツールを使用すると、メインの被写体を背景から簡単に識別できます。この機能は、コンポジションが複雑でなく、反射の影響を受けず、メインの被写体と背景のコントラストが明瞭でメイン被写体の輪郭が鮮明な場合に効果的です。他の選択ツール(なげなわクイック選択など)を使用して自動選択を調整できます。

被写体を選択ツールで選択を行うには、次の操作を行います。

1. ツールバーでなげなわ(デフォルト)または他のアクティブな選択ツールをダブルタップするか長押しして、他の選択ツールのオプションを表示します。

2. 「被写体を選択」()をタップします。被写体を選択ツールを使用すると、ドキュメントのアクティブレイヤーでメインの被写体が自動的に選択されます。

被写体を選択ツールを使用すると、画像でメインの被写体を簡単に選択できます。
被写体を選択ツールを使用すると、画像でメインの被写体を簡単に選択できます。

なげなわツールで選択する

iPad 版 Photoshop では、なげなわツールがデフォルトで選択されています。このツールは、選択範囲内にフリーフォームのセグメントを作成する場合に便利です。ツールバーにある をタップし、表示されたメニューからなげなわツールオプションを選択します。ドキュメント内の範囲をフリーハンドで選択できます。

  • 選択範囲に追加):現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • 現在の選択範囲との共通範囲):現在の選択範囲と次に選択した範囲の共通部分が選択されます。
  • なげなわツールの設定):ぼかし - 選択範囲の境界のぼかしをピクセル数で選択します。
なげなわツールの設定

クイック選択ツールで選択する

クイック選択ツールを使用すると、調整可能な丸いブラシで選択範囲をすばやくペイントできます。マウスをドラッグすると、選択範囲が外向きに拡大し、ドキュメント内で定義された境界線を自動的に見つけて、選択していきます。

ツールバーのなげなわツールをダブルタップするか長押しします。クイック選択ツール()が表示されます。 クイック選択ツールをタップすると、ツールのオプションが表示されます。

  • 選択範囲に追加(:現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • ブラシサイズ:クイック選択ツールのサイズをピクセル単位で設定します。
  • 硬さ:ブラシの中心のサイズを設定します。
  • クイック選択ツールの設定):筆圧でサイズを設定を有効または無効にします。
クイック選択ツール

選択ツールを使用する

選択ツールを使用すると、長方形や楕円形の範囲を選択できます。 長方形を選択するには、選択ツールの 1 つを選択して、選択したい領域をドラッグします。iPad にキーボードが接続されている場合は、M(大文字)を押すと、選択ツールを選択できます。

長方形を選択するには、長方形選択ツール()を使用します。

長方形選択ツール
長方形選択ツール

楕円形を選択するには、楕円形選択ツール()を使用します。

楕円形選択ツール
楕円形選択ツール
  • 選択範囲に追加):現在の選択範囲に次に選択した範囲が追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除):現在の選択範囲から次に選択した範囲が削除されます。
  • 現在の選択範囲との共通範囲):現在の選択範囲と次に選択した範囲の共通部分が選択されます。
  • なげなわツールの設定):
    ぼかし - 選択範囲の境界のぼかしをピクセル数で選択します。
    スタイル - ドロップダウンリストからスタイルを選択します。

アクティブな選択範囲のプロパティ

範囲を選択すると、ワークスペースの下部にアクティブな選択範囲のプロパティが表示されます。

  • 選択解除:現在の選択範囲を解除します。
  • マスク:現在の選択範囲をレイヤーのマスクに切り換えます。
  • 消去:選択した範囲を消去します。
  • 反転:選択範囲を反転し、選択されていない領域を選択します。
  • 選択範囲を変形:選択範囲を変形します。
  • 類似を選択:選択済みの領域に合わせて選択範囲にピクセルを追加します。
  • 境界線を調整:複雑な選択範囲の境界を調整します。
アクティブな選択範囲のプロパティ

境界線を調整

境界線を調整()を使用して、選択範囲の境界を調整します。境界線を調整を使用すると、髪の毛の束や毛皮など、被写体の複雑な境界を簡単に選択できます。

境界線を調整を使用するには、次の手順に従います。

  1. iPad 版の Photoshop で、任意の選択ツールを使用して範囲を選択します。
  2. ワークスペースの下部にあるアクティブな選択範囲のプロパティバーで、「その他」()をタップし、「境界線を調整」を選択します。
  3. 境界線を調整モードで、ツールプロパティバーから境界線を調整ブラシのサイズを調整したり、選択範囲への追加()や選択範囲からの削除()を行うことができます。また、 をタップすると、境界線を調整ブラシの設定を表示できます。境界線を調整ブラシの設定で、必要に応じて硬さ、間隔、角度真円率のスライダーを調整できます。
  4. 境界線を調整モードでは、右側のプロパティパネルで次のオプションを選択できます。
    1. 表示モード:コンポジットの複雑さやカラーに応じて表示モードを選択できます。点線、オーバーレイ、黒地、白地白黒を選択できます。
    2. エッジの検出エッジの検出半径スライダーを右に動かすと、エッジが柔らかくなります。左に動かすと、鋭くなります。スマート半径を有効にすると、選択範囲の境界周囲の幅が自動的に調整されます。これにより、データを含まないピクセルがなくなり、選択範囲がより自然に見えるようになります。
    3. グローバル調整
      - 滑らかさのスライダーを調整し、選択範囲で不均等なエッジを滑らかにできます。
      - ぼかしスライダーを調整して、コンポジットの背景と選択範囲の境界をぼかすことができます。
      - コントラストスライダーを調整して、選択範囲のエッジをより鮮明にできます。
      - エッジをシフトスライダーを左に動かすと選択範囲が狭まり、右に動かすと選択範囲が広がります。デフォルトでは、この値は 0 に設定されています。
      - 反転を有効にすると、選択されていない領域が新しい選択範囲になります。
    4. 出力:境界線を調整の選択範囲を出力します。選択範囲、レイヤーマスク、新規レイヤーマスク付きの新規レイヤーを選択できます。選択範囲を出力する前に、不要なカラーの除去を有効にしてスライダーを使用すると、選択範囲内の色縁を調整し、除去できます。これは、選択範囲の色を背景に比べて鮮明にする場合に便利です。
  5. 直前のアクションに戻すには、「取り消し」()アイコンをタップします。実行した変更操作をやり直すには、「やり直し」()をタップします。
  6. 完了」をタップして、境界線を調整の設定を適用します。境界線を調整モードを終了するには、「キャンセル」をタップします。
Make a selection Use Refine edge

タスクバーのその他のオプション

  • カット:選択範囲またはレイヤーをカットします。
  • 結合部分をコピー:結合部分またはレイヤーをコピーして、別のレイヤーをペーストします。
layer-selections-1-400

マスクを適用する

マスクを使用すると、レイヤーの一部を非表示にし、その下にある部分を表示できます。 マスクを使用しても外観は壊れません。非表示にしたピクセルを失うことなく、マスクを元に戻し、編集をやり直すことができます。

  • レイヤーマスクは、レイヤーの一部を非表示にします。
  • クリッピングマスクは、1 つのレイヤーのコンテンツを使用して、1 つ以上の他のレイヤーをクリッピングまたは非表示にします。
iPad 版 Photoshop では、正確な範囲を簡単に選択し、マスキングできます。
iPad 版 Photoshop では、正確な範囲を簡単に選択し、マスキングできます。

レイヤーマスク

レイヤーマスクを作成すると、選択範囲をレイヤーマスクに変換したり、作成後にレイヤーマスクをペイントすることで、レイヤーの一部分を表示して他の部分を非表示にできます。レイヤーがマスキングされた領域またはレイヤーが非表示に設定された領域では、下にあるレイヤーが表示されます。レイヤーマスクを使用すると、複数のドキュメントを 1 つのドキュメントに統合したり、コンポジットから不要なオブジェクトを削除できます。

選択範囲からレイヤーマスクを作成する

  1. マスクにするレイヤーを選択します。タスクバーからレイヤーのサムネイルをタップして、レイヤーを選択します。

  2. 選択ツールの 1 つを選択して、範囲を選択します。

  3. タスクバーでレイヤーマスクのアイコン()をタップします。

選択した領域が表示され、レイヤーの残りの部分はマスキングされます。

レイヤーの簡易表示で、レイヤーのサムネイルを左から右にスワイプすると、ビューがレイヤービューからレイヤーマスクビューに切り替わります。レイヤーの詳細表示に両方のサムネイルが表示されます。レイヤー表示の詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。

レイヤーマスクを作成してブラシでマスクを編集する

  1. マスクにするレイヤーを選択します。 タスクバーからレイヤーのサムネイルをタップして、レイヤーを選択します。

  2. タスクバーでレイヤーマスクのアイコン()をタップして、マスクを作成します。

  3. ブラシのアイコン()をタップします。

  4. 必要に応じてブラシのプロパティを設定します。ペイントする部分を完全にマスキングする場合は、黒を選択します。ブラシプロパティの詳細については、「ブラシを使った描画とペイント」を参照してください。

  5. マスクレイヤーの上をペイントします。

レイヤーマスクの詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。

クリッピングマスク

クリッピングマスクを使用すると、1 つのレイヤーのコンテンツを使用して、その上のレイヤーをマスキングできます。クリッピングマスクの詳細については、「レイヤーの操作」を参照してください。