iPad 版 Photoshop では、5 つの簡単な手順で写真をドキュメントに追加できます。

iPad 版の Photoshop では、写真の配置ツールを使って写真を簡単に配置できます。写真は、ドキュメントに新しいレイヤーとして追加されます。写真の選択も簡単です。iPad の カメラロールファイルライブラリから選択できます。また、アプリの「カメラ」オプションを使用して撮影することもできます。ドキュメント内での位置を確定する前に、写真を変形することもできます。

写真の配置のポップアップオプション
「写真の配置」アイコンをタップし、写真の追加元を確認します。

ドキュメント内に写真を配置する 5 つの簡単なステップ

  1. 写真を追加する Photoshop ドキュメントを開きます。 

  2. キャンバスの左側にあるツールバーで をタップします。

  3. 表示されたオプションパネルで、追加する写真の場所を選択します。

    • カメラロール:「カメラロール」をタップします。カメラロールの写真がすべて表示されます。
    • ファイル:「ファイル」をタップします。iPad の 場所からファイルを検索します。選択したファイルを「お気に入り」に追加すると、「タグ」セクションでタグ付きのファイルを検索できます。
    • ライブラリ:「ライブラリ」をタップして、Creative Cloud ライブラリに保存された画像にアクセスします、また、iPad にインストールされている他のアプリにアクセスし、ログインします。ライブラリアセットは配置されますが、リンクが解除されて統合されます。
    • カメラ:カメラのアイコンをタップして、iPad のカメラを開きます。カメラを初めて起動した場合、ダイアログが開き「Photoshop がカメラへのアクセスを求めています」と表示されます。「OK」をタップして、アクセスを許可します。iPad で写真を撮影します。「再撮影」をタップして写真を取り直すか、「写真を使用」を使用して続行します。
  4. 写真をタップして、上記の追加元から選択します。選択した写真が変形モードで開きます。キャンバスに配置する前に、写真に適用する変形操作を選択します。変形操作の詳細については、「変形操作の適用」を参照してください。

    transform-place-photo
  5. 完了」をタップして、写真に変形を適用し、キャンバスに写真を追加します。「キャンセル」をタップして、開いているドキュメントに戻り、処理を再開します。

サポートされるファイルの種類

一般的な質問とその回答を紹介します。該当する質問が見つからない場合や、フィードバックを共有したい場合は、Adobe Photoshop コミュニティでディスカッションにご参加ください。

ドキュメントにはどのファイル形式を配置できますか?

Photoshop で配置できるファイルフォーマットは、PSD、PSB、TIFF、JPG または PNG です。

ドキュメントに .pdf や .ai ファイルは配置できますか?

はい。ただし、PDF と AI ファイルは、ドキュメントに追加される前にフラットな PNG 画像に変換されます。

ドキュメントにスマートオブジェクトやリンクアセットを配置できますか?

はい。ただし、リンクアセットとスマートオブジェクトはリンクが解除され、ラスターレイヤーとして配置されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー