ワークスペースについて

必要な機能がすべて揃っている iPad 版 Photoshop

iPad 版 Photoshop を起動すると、アプリケーションのホーム画面が表示されます。このホーム画面から、コンポジットやドキュメントの作成を開始し、編集用のワークスペースに進みます。ワークスペースでは、よく使用されている Photoshop ツールを探して実行します。また、他のツールを使用してコンポジットの作成や修復を行うこともできます。この他の Photoshop ツールと機能は、今後のリリースで組み込まれます。

ホーム画面

iPad 版 Photoshop のホーム画面では、ドキュメントを簡単に検索できます。
iPad 版 Photoshop のホーム画面では、ドキュメントを簡単に検索できます。

  • ホーム:ホームアイコン()は、アプリケーションのホーム画面を表します。
  • 作品:iPad 版 Photoshop ではドキュメントが「作品」セクションに表示されます。
    • クラウドドキュメント:iPad かデスクトップかに関係なく、Photoshop で保存されているクラウドドキュメントの一覧が表示されます。クラウドドキュメントの詳細については、「Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問」を参照してください。
    • 削除:ファイルを誤って削除してしまっても心配いりません。削除したものも含む、クラウドドキュメントの完全なリストが表示されます。ドキュメントのリストアと完全削除も選択できます。
  • 学習:インタラクティブなアプリツアーやハンズオンチュートリアルを表示できます。iPad 版 Photoshop を使用する場合の相違点、共通のワークフローについて確認できます。
  • 検索:他の Photoshop ユーザーのアートワーク、プロジェクト、ライブストリームから厳選されたセレクションが表示されます。これらの作品から刺激を受けることで、創造力を高めることができます。
  • 新規作成:さまざまなオプションを指定して新しいドキュメントを簡単に作成できます。たとえば、ドキュメント名の指定、キャンバスサイズの設定、方向の変更、解像度の選択、黒/白/透明な背景色などのオプションを設定できます。また、共通のプリセットキャンバスオプションとして、プリントスクリーンフィルムビデオを選択できます。
  • 読み込んで開くカメラロールファイルからドキュメントを簡単に読み込み、開くことができます。また、iPad のカメラで写真を撮ることもできます。読み込まれたファイルは Photoshop クラウドドキュメントに変換され、キャンバスに表示されます。
  • 新機能と予定の機能:新しいバージョンで公開された機能や、iPad 版 Photoshop の今後のリリースで予定している機能の説明が表示されます。アドビでは、ユーザーやコミュニティから得られた情報を活用しながら Photoshop の改善に努めています。
  • 最近の項目:ここには、最近使用したドキュメントの一覧が表示されます。
  • アプリケーションの設定:iPad 版 Photoshop で作業中に をタップすると、環境設定が表示されます。詳細については、「アプリの設定を管理する」を参照してください。
  • クラウドドキュメントのヘルプ をタップすると、ネットワークの接続状況とクラウドドキュメントの保存状態が確認されます。

編集用のワークスペース

ドキュメントを開くと、編集用のワークスペースが表示され、すぐに作業を始めることができます。キャンバスの領域を使用して、現在のドキュメントを操作します。iPad 版 Photoshop のユーザーインターフェイスはコンテキスト対応です。コアツールとツールオプションもコンテキスト対応で、必要な場合にのみ表示されます。

ワークスペース
iPad での Photoshop ワークスペースの使い方を調べる

ヘッダーバー

ヘッダーバー

A. ホーム B. ファイル名 C. 現在のズームレベル D. 取り消し E. やり直し F. クラウドドキュメントのヘルプ G. 送信先 H. ドキュメントプロパティ 

A. ホーム:ワークスペースで作業中に戻るアイコンをタップすると、いつでもホーム画面に戻ります。
B. ファイル名現在開いているドキュメントの名前が表示されます。
C. 現在のズームレベル開いているドキュメントの現在のズームレベルが表示されます。
D. 取り消し
直前のアクションに戻します。
E. やり直し直前のアクションをやり直します。
F. クラウドドキュメントのヘルプネットワークの接続状況とクラウドドキュメントの保存状態を確認します。
G. 送信先作品の公開、書き出し、ライブストリーミングを行う場合に、送信先アイコンを使用します。
I. ドキュメントプロパティ
ドキュメントプロパティパネルでは、必要に応じてドキュメントのサイズを変更できます。

ツールバー

A. 移動:選択範囲とレイヤーを移動します。
B. 変形:選択したレイヤーオブジェクトに変形操作を適用します。
C. 選択なげなわツールクイック選択長方形選択ツール楕円形選択ツールなどの選択ツールで範囲を選択します。すべての選択ツールを表示するには、アイコンを長押しします。
D. ブラシ:ブラシストロークを適用します。また、ブラシの設定を変更します。
E. 消しゴム:写真から消しゴムブラシストロークを適用した部分を消去します。
F. 塗りつぶし:選択範囲を前景色で塗りつぶします。グラデーションツールを表示するには、アイコンを長押しします。
G. 修復:問題のある部分を修復ツールで修正します。コピースタンプツールを表示するには、アイコンを長押しします。
H. 切り抜き:選択範囲を切り抜き、回転や中心の設定を行います。
I. テキスト:テキストレイヤーを作成して、テキストを追加します。
J. 写真の配置カメラロールファイルライブラリカメラから写真を追加します。
K. スポイトツール:レイヤーから色をサンプリングし、前景色を変更します。
L. カラーチップ:選択した前景色と背景色を表示します。上下にスワイプして色を切り替えます。カラーチップをタップして、表示されたカラーピッカーから新しい色を選択します。

注:その他のツールを表示するには、右下に三角形のあるアイコンを長押しします。

ツールバー

A. 移動 B. 変形 C. 選択 D. ブラシ E. 消しゴム F. 塗りつぶし G. 修復 H. 切り抜き I. テキスト J. 写真の配置 K. スポイトツール L. カラーチップ 

タスクバー

A. レイヤーの簡易表示:すべてのレイヤーがサムネイルで表示されます。
B. レイヤーの詳細表示:レイヤーが展開され、マスク、レイヤー名、表示/非表示の設定、グループコンテンツが表示されます。
C. レイヤーのプロパティ:選択したレイヤータイプの描画オプション、補正、サイズなどが表示されます。
D. レイヤーを追加:新規レイヤーを挿入します。長押しで詳細オプションが表示されます。たとえば、新規レイヤー、調査レイヤーまたは空のグループを追加できます。
E. レイヤーの表示/非表示:レイヤーの表示/非表示を切り替えます。
F. レイヤーマスクを追加:レイヤーマスクを追加して、レイヤーの一部の表示/非表示を制御します。
G. クリッピングマスクを追加:クリッピングマスクを追加して、下のレイヤーに基づいてレイヤーの一部分を非表示または表示します。
H. フィルターと補正:選択したレイヤーにフィルターと補正を適用します。
I. その他のレイヤーアクション:レイヤーで実行できる他の操作が表示されます。

注:その他のツールを表示するには、右下に三角形のあるアイコンを長押しします。

A. レイヤーの簡易表示 B. レイヤーの詳細表示 C. レイヤーのプロパティ D. 新規レイヤーを追加 E. レイヤーの表示/非表示 F. マスクを追加 G. クリッピングマスクを追加 H. フィルターと補正 I. その他のレイヤーアクション 

ツールオプション

選択したツールの設定を変更するには、ツールオプションを使用します。ツールアイコンをタップすると、ツールオプションが表示されます。 

ツールオプションの上部にあるグラバーを押したままドラッグすると、キャンバス内の任意の場所に移動できます。位置を固定するには、ツールオプションをツールバーの下までドラッグして離します。

:一部のツールにはツールオプションがありません。

タッチショートカット

タッチショートカットを使用すると、iPad 版 Photoshop で選択したツールをすばやく操作できます。

プライマリタッチショートカットとセカンダリタッチショートカットの使い方については、「タッチショートカットとジェスチャー」を参照してください。

ブラシツールのタッチショートカット
左:プライマリ タッチ ショートカット右:セカンダリ タッチショートカット

アドビのロゴ

アカウントにログイン