「配置」コマンドを使用すると、写真、アートまたは Photoshop でサポートされるファイルをスマートオブジェクトとしてドキュメントに追加することができます。スマートオブジェクトは、画像の画質を低下させることなく、拡大・縮小、配置、ゆがみ、回転またはワープなどの操作を行うことができます。

Photoshop でのファイルの配置

  1. アートまたは写真を配置する Photoshop ドキュメントを開きます。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Photoshop)ファイル/配置を選択し、配置するファイルを選択して「配置」をクリックします。

    注意:

    Windows や Mac OS のファイルを、開いている Photoshop 画像にドラッグすることもできます。

    • (Bridge)ファイルを選択し、ファイル/配置/Photoshop 内を選択します。
  3. PDF または Illustrator(AI)ファイルを配置する場合は、PDF を配置ダイアログボックスが表示されます。配置するページまたは画像を選択し、トリミングのオプションを設定して「OK」をクリックします。PDF を配置ダイアログボックスのオプションについて詳しくは、Photoshop での PDF または Illustrator ファイルの配置を参照してください。

    Photoshop の画像の中心にあるバウンディングボックス内に、配置されたアートワークが表示されます。アートワークの縦横比は維持されますが、アートワークが Photoshop の画像よりも大きい場合は、画像に合わせてサイズが変更されます

    注意:

    「配置」コマンドに加えて、Adobe Illustrator から Photoshop ドキュメントにアートをコピー&ペーストして、Adobe Illustrator アートをスマートオブジェクトとして追加することもできます。詳しくは、Photoshop への Adobe Illustrator アートのペーストを参照してください。

  4. (オプション)次の操作を行って、配置したアートワークの位置を変更し、アートワークを変形します。
    • 配置したアートの位置を変更するには、アートワークのバウンディングボックス内にポインターを置き、ドラッグするか、オプションバーで「X」の値を入力して、アートワークの中心点と画像の左端との間隔を指定します。「Y」に値を入力して、アートワークの中心点と画像の上端との間隔を指定します。

    • 配置したアートを拡大・縮小するには、バウンディングボックスのコーナーハンドルの 1 つをドラッグするか、オプションバーの「W」と「H」に値を入力します。Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比が固定されます。

    • 配置したアートを回転するには、ポインターをバウンディングボックスの外側に置いて(ポインターがカーブした両方向の矢印に変わります)ドラッグするか、オプションバーで、「回転」オプション の値(角度)を入力します。アートワークは、配置中心点の周囲を回転します。中心点を調整するには、ドラッグして移動するか、またはオプションバーで基準点の位置アイコン のハンドルをクリックします。

    • 配置したアートをゆがめるには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、バウンディングボックスのサイドハンドルをドラッグします。

    • 配置したアートをワープするには、編集/変形/ワープを選択し、オプションバーのワープスタイルポップアップメニューから形状を選択します。

      ワープスタイルポップアップメニューから「カスタム」を選択した場合は、コントロールポイント、バウンディングボックスまたはメッシュのセグメント、メッシュ内部の領域をドラッグして画像を変形します。

  5. PDF、EPS または Adobe Illustrator ファイルを配置する場合は、必要に応じてオプションバーの「アンチエイリアス」オプションを選択します。ラスタライズ処理中にエッジのピクセルの移行を滑らかにするには、「アンチエイリアス」オプションを選択します。ラスタライズ処理中に、エッジのピクセル間ではっきりしたエッジの効果を作り出すには、「アンチエイリアス」オプションの選択を解除します。
  6. 次のいずれかの操作を行います。
    • オプションバーの確定 をクリックするか、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、配置したアートワークを新しいレイヤーに確定します。

    • オプションバーのキャンセル をクリックするか、Esc キーを押して配置をキャンセルします。

Photoshop での PDF または Illustrator ファイルの配置

PDF または Adobe Illustrator ファイルを配置するときは、PDF を配置ダイアログボックスを使用して、アートワークの配置に関するオプションを設定します。

  1. 配置先の Photoshop ドキュメントを開き、PDF または Adobe Illustrator ファイルを配置します。
  2. PDF を配置ダイアログボックスの「選択」セクションで、PDF ドキュメントのどの要素を読み込むかに応じて、「ページ」または「画像」オプションを選択します。PDF ファイルに複数のページまたは画像が含まれる場合は、配置するページまたはファイルのサムネールをクリックします。

    注意:

    サムネールサイズメニューを使用して、プレビューウィンドウのサムネール表示を調整します。「エリアに合わせる」オプションを選択すると、1 つのサムネールのサイズがプレビューウィンドウに合わせられます。複数のアイテムがある場合は、スクロールバーが表示されます。

  3. 「オプション」で、トリミングメニューから項目を選択して、PDF または Illustrator(AI)ドキュメントのどの部分を含めるかを指定します。

    バウンディングボックス

    ページのすべてのテキストとグラフィックを含む最小の長方形部分を切り抜きます。このオプションを選択すると、関係のない白いスペースが除去されます。

    メディアサイズ

    ページの元のサイズを切り抜きます。

    トリミングサイズ

    PDF ファイルのクリップ領域(切り抜きマージン)を切り抜きます。

    裁ち落としサイズ

    カッティング、折りたたみ、トリミングなどの製作過程固有の制限に適応するために PDF ファイルで指定された領域を切り抜きます。

    仕上がりサイズ

    最終的に出力されるサイズとして指定された領域を切り抜きます。

    アートサイズ

    PDF データを別のアプリケーションに配置するために PDF ファイルで指定された領域を切り抜きます。

  4. 「OK」をクリックして PDF を配置ダイアログボックスを閉じます。
  5. 必要な場合は、オプションバーの位置変更、拡大・縮小、ゆがみ、回転、ワープ、またはアンチエイリアスのオプションを設定します。
  6. 確定 をクリックして、配置先ドキュメントの新しいレイヤーにスマートオブジェクトとしてアートワークを配置します。

Adobe Illustrator アートの Photoshop へのペースト

Adobe Illustrator のアートをコピーし、Photoshop ドキュメントにペーストすることができます。

  1. Adobe Illustrator で、コピー&ペーストの動作の環境設定を指定します。
    • Photoshop ドキュメントにペーストしたときにアートを自動的にラスタライズするには、ファイル管理・クリップボード環境設定で、「PDF」および「AICB(透明サポートなし)」オプションをオフにします。

    • スマートオブジェクト、ピクセル、パスまたはシェイプレイヤーとしてアートをペーストするには、ファイル管理・クリップボード環境設定で、「PDF」および「AICB(透明サポートなし)」オプションをオンにします。

  2. Adobe Illustrator でファイルを開き、コピーするアートを選択し、編集/コピーを選択します。
  3. Photoshop で、Adobe Illustrator アートをペーストするドキュメントを開き、編集/ペーストを選択します。

    注意:

    Adobe Illustrator のファイル管理・クリップボード環境設定の「PDF」および「AICB(透明サポートなし)」オプションがオフの場合、アートは Photoshop ドキュメントにペーストするときに自動的にラスタライズされます。ここで説明する残りの手順は省略できます。

  4. ペーストダイアログボックスで、Adobe Illustrator アートをペーストする方法を選択し、「OK」をクリックします。

    スマートオブジェクト

    アートをベクトルスマートオブジェクトとしてペーストします。ベクトルスマートオブジェクトは、画質を下げずに拡大・縮小、変形、移動することができます。アートを配置するとき、アートのファイルデータは Photoshop ドキュメントの独立したレイヤーに埋め込まれます。

    ピクセル

    アートをピクセルとしてペーストします。Photoshop ドキュメントの専用のレイヤーにラスタライズして配置する前に拡大・縮小、変形、移動することができます。

    パス

    アートをパスとしてペーストします。ペンツール、パスコンポーネント選択ツール、またはパス選択ツールで編集できます。パスは、レイヤーパネルで選択されているレイヤーにペーストされます。

    シェイプレイヤー

    アートを新規シェイプレイヤー(描画色で塗りつぶされたパスを含むレイヤー)としてペーストします。

  5. ペーストダイアログボックスで、「スマートオブジェクト」または「ピクセル」を選択した場合は、必要な変形を行った後、Enter キーまたは Return キーを押してアートを配置します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー