画面表示モードの変更

スクリーンモードのオプションを使用して、画像を画面全体に表示することができます。メニューバー、タイトルバー、スクロールバーは表示 / 非表示を切り替えることができます。

注意:

スクリーンモードを切り替えるには F キーを押します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 上部にメニューバー、横にスクロールバーがある初期設定モードの画面を表示するには、表示/スクリーンモード/標準スクリーンモードを選択するか、アプリケーションバーのスクリーンモードボタン をクリックし、ポップアップメニューから「標準スクリーンモード」を選択します。

    • タイトルバーとスクロールバーを非表示にし、メニューバー付きのフルスクリーンビューを 50%グレーの背景で表示するには、表示/スクリーンモード/メニュー付きフルスクリーンモードを選択するか、アプリケーションバーのスクリーンモードボタンをクリックし、ポップアップメニューから「メニュー付きフルスクリーンモード」を選択します。

    • タイトルバー、メニューバーおよびスクロールバーを非表示にし、黒の背景のみのフルスクリーンビューを表示するには、表示/スクリーンモード/メニューなしフルスクリーンモードを選択するか、アプリケーションバーのスクリーンモードボタンをクリックし、ポップアップメニューから「メニューなしフルスクリーンモード」を選択します。

画像の別の部分の表示

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ウィンドウのスクロールバーを使います。

    • 手のひらツールを選択して、画像内をドラッグします。他のツールが選択されているときに手のひらツールを使用するには、スペースバーを押しながら画像内をドラッグします。

    注意:

    コンピューター上に OpenGL がある場合は、手のひらツールを使用して、画像を表示したい方向にフリックできます。マウスをすばやく動かすと、画像はドラッグし続けた場合と同様に移動します。この機能を有効にするには、編集/環境設定/一般(Windows)または Photoshop/環境設定/一般(Mac OS)を選択し、「フリックパンを有効にする」を選択します。

    Photoshop 手のひらツールでドラッグ
    手のひらツールをドラッグして画像の別の部分を表示

    • ナビゲーターパネル内の色付きの枠線(表示ボックスと呼ばれます)をドラッグします。

回転ビューツールの使用

回転ビューツールを使用して、カンバスを非破壊的に回転できます。画像は変形しません。カンバスの回転は、ペイントや描画が簡単になるなど、多くの理由で役立ちます(OpenGL が必要です)。

注意:

マルチタッチトラックパッド搭載の MacBook コンピューターで、回転操作を実行することもできます。

  1. ツールボックスで、回転ビューツール を選択します。(このツールが表示されていない場合は、手のひらツールを押し続けます)。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内でドラッグします。コンパスは、現在のカンバス角度に関係なく、画像の北を指します。

    • オプションバーの「回転角度」フィールドに角度を入力します。

    • 円形の回転角度ダイヤルをクリックまたはドラッグします。

  3. カンバスを元の角度に復元するには、「ビューの初期化」をクリックします。

回転ビューツールとその他のワークスペースに関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid4001_ps を参照してください.(回転ビューツールの説明は 5:10 付近から始まります)。

トラックパッド操作の無効化(Mac OS)

マルチタッチトラックパッド搭載の MacBook コンピューターを使用している場合は、トラックパッドを使用して画像をフリック、回転またはズームすることができます。この機能を使用すると作業効率が非常に上がりますが、誤って操作しないように無効にすることもできます。

  1. Photoshop/環境設定/インターフェイスを選択します(Mac OS)。

  2. 「一般」セクションで、「ジェスチャ操作を有効にする」の選択を解除します。

ナビゲーターパネルの使用

ナビゲーターパネルでは、サムネール表示を使用してアートワークの表示をすばやく変更できます。表示ボックスと呼ばれるナビゲーターパネル内の枠線は、ウィンドウの現在の画面範囲を示します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ナビゲーターパネルを表示するには、ウィンドウ/ナビゲーターを選択します。

    • 倍率を変更するには、テキストボックスに値を入力するか、ズームアウトボタンまたはズームインボタンをクリックするか、ズームスライダーをドラッグします。

    • 画像の表示範囲を移動するには、画像サムネールの表示ボックスをドラッグします。画像サムネールをクリックして表示範囲を指定することもできます。

      ヒント:プレビュー領域のサイズと位置を同時に設定するには、画像サムネール内で Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

    • 表示ボックスのカラーを変更するには、パネルメニューの「パネルオプション」を選択します。カラーポップアップメニューでカラーを選択するか、カラーボックスをクリックしてカスタムカラーを選択します。

    Photoshop ナビゲーターパネル
    ナビゲーターパネル

    A. パネルメニューボタン B. アートワークのサムネール表示 C. 表示ボックス D. 「ズーム」テキストボックス E. ズームアウトボタン F. ズームスライダー G. ズームインボタン 

ズームインまたはズームアウト

ズームツール または表示メニューのコマンドを使用して、画像をズームインまたはズームアウトします。ズームツールを使用すると、クリックするたびに画像が一定の率で拡大または縮小され、クリックした部分を中心に画像が表示されます。拡大縮小率が最大の 3,200%に達するか、最小の 1 ピクセルに達すると、拡大鏡ポインター内の記号が消えます。

注意:

画像をより正確に表示し、シャープ化、レイヤー効果、およびその他の調整を精密に表示するには、100% の画像表示を参照してください。

ズームツールの環境設定

  1. 編集/環境設定/パフォーマンス(Windows)または Photoshop/環境設定/パフォーマンス(Mac OS)を選択します。「GPU 設定」セクションで「OpenGL 描画を有効にする」を選択します。

    注意:

    ズームツールの一部の環境設定を機能させるには OpenGL が必要です。「OpenGL 描画を有効にする」を選択できない場合、使用ビデオカードでこの技術がサポートされていません。

  2. 一般環境設定で、次のいずれかを選択します。

    アニメーションズーム

    ズームツールを押している間、連続的にズームされるようになります。

    ズームでウィンドウのサイズを変更

    スクロールホイールでズーム

    マウスのスクロールホイールでズームできるようになります。

    クリックしたポイントを中心にズーム

    クリックした場所を中心にしてズーム表示します。

プリセットされた単位でのズーム

  1. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • ズームツール を選択し、オプションバーのズームインボタン またはズームアウトボタン をクリックします。次に、ズームインまたはズームアウトする範囲をクリックします。

      ヒント:ズームアウトモードにすばやく切り替えるには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押したままにします。

    • 表示/ズームインまたは表示/ズームアウトを選択します。画像の拡大縮小率が最大に達すると、「ズームイン」コマンドおよび「ズームアウト」コマンドは使用できなくなります。

    • ドキュメントウィンドウの左下またはナビゲーターパネルの左下にあるフィールドで倍率を設定します。

100% の画像表示

100% のズーム設定では、それぞれの画像ピクセルがモニターピクセル個々に表示されるため、最も正確な表示となります(それ以外のズーム設定は、異なる量の画像ピクセルに変えられます)。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ツールパネル内のズームツールをダブルクリックします。

    • (Creative Cloud)表示/100% を選択するか、ズームツールまたは手のひらツールオプションバーのいずれかで 100% をクリックします。

    • 表示/ピクセル等倍を選択するか、ズームツールまたは手のひらツールオプションバーのいずれかで「ピクセル等倍」をクリックします。

    • ステータスバーに「100 %」と入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

    注意:

    画像の 100% 表示では、画像が(現在のモニター解像度で)Web ブラウザーに表示されるとおりに表示されます。

連続的なズーム

注意:

連続的にズームするには、ビデオカードが OpenGL をサポートしている必要があります。また、一般環境設定で「アニメーションズーム」を選択します。

  1. ズームツールを選択して、次のいずれかの操作を行います。
    • ズームインするには、画像内をクリックしたままにします。ズームアウトするには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。

    • オプションバーで、「スクラブズーム」を選択します。画像内で左にドラッグするとズームアウト、右にドラッグするとズームインします。

指定した領域の拡大

  1. ズームツールを選択します。
  2. 画像内の拡大したい部分をドラッグします。
    Photoshop ズームツールを使用して拡大
    ズームツールをドラッグして画像の表示を拡大

    ズームツールで選択した範囲が、最大の拡大率で表示されます。Photoshop のアートワーク内で選択範囲線を移動するには、選択範囲線をスペースバーを押しながら移動先までドラッグします。

画像の一時的な拡大

  1. H キーを押したまま画像をクリックし、マウスボタンを押したままにします。

    現在のツールが手のひらツールに変わり、画像の倍率が次のように変わります。

    • 画像全体がドキュメントウィンドウに収まっている場合、ウィンドウに合わせて画像がズームインされます。

    • 画像が一部しか表示されていない場合、画像がズームアウトされます。画像の別の部分を拡大するには、ズームツールでドラッグして範囲を選択します。

  2. マウスボタンを放してから、H キーを放します。

    画像の表示倍率とツールが元に戻ります。

ズームに応じて自動的にウィンドウのサイズを変更

  1. ズームツールをアクティブにして、オプションバーの「ウィンドウサイズを変更」を選択します。表示を拡大または縮小すると、ウィンドウサイズも変更されます。

    「ウィンドウサイズを変更」が選択されていない(初期設定)場合は、画像を拡大または縮小しても、ウィンドウのサイズは一定に保たれます。これは、小さなモニターを使用している場合や、複数のビューを並べて作業している場合に便利です。

    注意:

    ズームのショートカットキー使用時にウィンドウのサイズを自動変更するには、編集/環境設定/一般(Windows)または Photoshop/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。次に「ズームでウィンドウのサイズを変更」を選択します。

画像を画面サイズに合わせる

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ツールパネル内の手のひらツールをダブルクリックします。

    • 表示/画面サイズに合わせるを選択します。

    • ズームツールまたは手のひらツールを選択し、オプションバーで「画面サイズ」ボタンをクリックします。

      これらのオプションでは、ズームレベルとウィンドウサイズが、使用できる画面領域に合わせて調整されます。

ピクセルグリッドの非表示

初期設定では、500%より大きく拡大すると、画像のピクセルグリッドが表示されます。グリッドを非表示にするには、次の操作を行います。

  1. 表示/表示・非表示/ピクセルグリッドを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー