カラーパネルの概要

カラーパネル(ウィンドウ/カラー)には、現在の描画色および背景色のカラー値が表示されます。カラーパネルのスライダーを使用して、異なるカラーモデルで描画色および背景色を編集できます。また、パネル下部のカラーランプに表示されているカラースペクトルから描画色と背景色を選択することもできます。

Photoshop カラーパネル
カラーパネル

A. 描画色 B. 背景色 C. スライダー D. カラーランプ 

カラーの選択時に次の警告がカラーパネルに表示される場合もあります。

  • CMYK インキを使用して印刷できないカラーを選択すると、カラーランプ左側の上に、三角形の警告アイコン が表示されます。

  • Web セーフカラーではないカラーを選択すると、カラーランプ左側の上に四角形のアイコン が表示されます。

カラーパネルスライダーのカラーモデルの変更

  1. カラーパネルメニューからいずれかのスライダーオプションを選択します。

カラーパネルに表示されるスペクトルの変更

  1. カラーパネルメニューから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • 「RGB スペクトル」、「CMYK スペクトル」または「グレーバランス」を選択すると、指定したカラーモデルのスペクトルが表示されます。

    • 「現在のカラー」を選択すると、現在の描画色と背景色の間のカラースペクトルが表示されます。

  2. Web セーフカラーだけを表示するには、「Web セーフカラーのランプを作成」を選択します。

    注意:

    カラーランプのスペクトルをすばやく変更するには、目的のスペクトルが表示されるまで Shift キーを押しながらカラーランプをクリックします。

カラーパネルでのカラーの選択

  1. カラーパネルで、描画色または背景色のカラーボックスをクリックして、アクティブにします(黒のアウトライン表示)。

    注意:

    カラーパネルで背景色のカラーボックスがアクティブになっている場合、スポイトツールを使用すると初期設定で背景色が変化します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • カラースライダーをドラッグします。初期設定では、ドラッグするとスライダーの表示カラーが変化します。環境設定ダイアログボックスの「一般」セクションで「カラースライダー機能拡張使用」オプションの選択を解除してこの機能を無効にすると、パフォーマンスを改善できます。

    • カラースライダーの横に値を入力します。

    • カラー選択ボックスをクリックし、カラーピッカーを使用してカラーを選択し、「OK」をクリックします。

    • ポインターをカラーランプの上に置き(ポインターがスポイトになります)、クリックしてカラーをサンプルします。Alt キーを押しながらクリックすると、アクティブでないカラー選択ボックスにサンプルが適用されます。

スウォッチパネルでのカラーの選択

スウォッチパネル(ウィンドウ/スウォッチ)には、よく使用するカラーを格納します。スウォッチパネルでは、カラーを追加または削除したり、プロジェクト別に異なるカラーのライブラリを表示することができます。

  • 描画色を選択するには、スウォッチパネルでカラーをクリックします。
  • 背景色を選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらスウォッチパネル内のカラーをクリックします。

注意:

スウォッチの表示方法を変更するには、スウォッチパネルメニューのオプションを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー