レイヤーパネルで画像のレイヤーを並べ替えることも、ドキュメントウィンドウで直接並べ替えることも簡単にできます。レイヤーをロックして保護することもできます。

レイヤーやグループの重なり順の変更

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルでレイヤーまたはグループを上下にドラッグします。レイヤーまたはグループを配置する場所の境界線がハイライト表示されたら、マウスボタンを放します。

    • レイヤーをグループ内に移動するには、レイヤーをグループフォルダーにドラッグします。グループが閉じられている場合、移動したレイヤーはグループの一番下に配置されます。

    • レイヤーまたはグループを選択し、レイヤー/重ね順を選択して、サブメニューからコマンドを選択します。選択した項目がグループに属している場合は、そのグループ内の重なり順に従ってコマンドが実行されます。選択した項目がグループに属していない場合は、レイヤーパネル内の重なり順に従ってコマンドが実行されます。

    • 選択したレイヤーの順序を逆にするには、レイヤー/重ね順/逆順を選択します。このコマンドは、2 つ以上のレイヤーを選択していないと実行できません。

    注意:

    背景レイヤーは、常に一番下に配置されます。そのため、「最背面へ」コマンドを実行すると、選択した項目は背景レイヤーのすぐ上に配置されます。

レイヤーの内容の移動

  1. レイヤーパネルで、移動するオブジェクトを含んでいるレイヤーを選択します。
  2. 移動ツール を選択します。

    注意:

    移動するレイヤーをドキュメントウィンドウ内で直接選択できます。移動ツールのオプションバーで「自動選択」を選択し、ドロップダウンメニューから「レイヤー」を選択します。複数のレイヤーを選択するには、Shift キーを押しながらレイヤーをクリックします。グループ内の 1 つのレイヤーを選択したときに、グループ全体を選択するには、「自動選択」を選択し、ポップアップメニューから「グループ」を選択します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • ドキュメントウィンドウ内で、選択されているレイヤーのいずれかの場所にオブジェクトをドラッグします(レイヤー上のすべてのオブジェクトは一緒に移動します)。

    • キーボードの矢印キーを押して、オブジェクトを 1 ピクセル単位で移動します。

    • キーボードの Shift キーを押しながら矢印キーを押して、オブジェクトを 10 ピクセル単位で移動します。

レイヤーの回転

  1. レイヤーパネルから、回転するレイヤーを選択します。
  2. 画像上に選択範囲が作成されている場合は、選択範囲/選択を解除を選択します。
  3. 編集/変形/回転を選択します。レイヤーの境界を定義するボックス(バウンディングボックスと呼ばれます)が表示されます。
  4. バウンディングボックスの外側にポインターを移動して(ポインターがカーブした両方向の矢印に変わります)ドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、回転の角度を 15 度単位に固定できます。
  5. 希望どおりの結果が得られたら、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押すか、オプションバーの丸印の確定ボタンをクリックします。回転をキャンセルするには、Esc キーを押すか、オプションバーの変形をキャンセルボタンをクリックします。

レイヤーのロック

レイヤーの内容を保護するために、レイヤーを完全にまたは部分的にロックすることができます。例えば、1 つのレイヤーの作業が終わったら、そのレイヤーを完全にロックして保護することができます。透明部分とスタイルが適切に設定されたレイヤーについて、その配置を検討するときには、レイヤーを部分的にロックします。レイヤーをロックすると、レイヤー名の右側にロックのアイコン が表示されます。レイヤーを完全にロックした場合は黒いロックアイコンが表示され、部分的にロックした場合は白いロックアイコンが表示されます。

レイヤーまたはグループのすべてのプロパティのロック

  1. レイヤーまたはグループを選択します。
  2. レイヤーパネルで、すべてをロックボタン をクリックします。

    注意:

    ロックされたグループ内のレイヤーには、グレー表示のロックアイコン が表示されます。

レイヤーの部分的なロック

  1. レイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルで 1 つ以上のロックオプションを選択します。

    透明ピクセルをロック 

    レイヤーの不透明部分だけが編集可能になります。このオプションは、旧バージョンの Photoshop の「透明部分の保持」と同じです。

    画像ピクセルをロック 

    レイヤーのピクセルをペイントツールで編集できなくなります。

    位置をロック

    レイヤーのピクセルを移動できなくなります。

    注意:

    テキストレイヤーおよびシェイプレイヤーの場合は、初期設定で「透明ピクセルをロック」と「画像ピクセルをロック」が選択されており、オフにすることはできません。

複数レイヤーまたはグループへのロックオプションの適用

  1. 複数のレイヤーまたは 1 つのグループを選択します。
  2. レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから「レイヤーをロック」または「グループ内のすべてのレイヤーをロック」を選択します。
  3. ロックオプションを選択し、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー