iPad 版 Photoshop バージョン 1.0 日本語版では、Photoshop デスクトップ版で設定された日本語のテキスト属性がサポートされます。ただし、これらのテキスト属性は編集できません。また、デスクトップ版で作成した Photoshop ドキュメントの読み込みや表示を行うと、テキストが再フローされる場合もあります。

リッチテキスト機能やアセットを必要とするドキュメントを扱う場合は、iPad 版 Photoshop 1.0 ではなく、Photoshop デスクトップ版を使用することをおすすめします。iPad 版 Photoshop の今後のリリースで日本語対応機能を強化していくことを検討していますが、現在のテキストツールで日本語を扱う場合、機能が制限されています。

制限事項

  • インラインキーボードと外付けキーボードの両方で iOS のローマ字入力とかな入力を行うことができます。
  • ジャスティフィケーション、色、アプリケーションに付属の日本語フォントを適用できます。
  • ダミーテキストは使用できません。 
  • iPad 版 Photoshop で縦書き文字は設定できません。ただし、Photoshop デスクトップ版で作成したドキュメントに含まれている縦書き文字のフレームは表示されます。 
  • iPad 版 Photoshop で日本語テキストを作成し、そのファイルを Photoshop デスクトップ版で開いて iPad 版 Photoshop で開きなおすと、日本語テキストが再構成される場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー