インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ

カラーテーブル」コマンドで、インデックスカラー画像のカラーテーブルを変更できます。このようなカスタマイズ機能は、グレーの階調ではなくカラーの付いたグレーの階調を使用して再現する、科学や医学の分野でよく使用される擬似カラー画像に特に便利です。また、カラーテーブルをカスタマイズすると、カラー数が限られたインデックスカラー画像でも特殊効果を生成することができます。

注意:

カラーを単に擬似カラー画像用に変更するには、イメージ/色調補正を選択し、サブメニューから色調補正コマンドを選択します。

カラーテーブルを使用したカラーの編集と透明部分の割り当て

カラーテーブルのカラーを編集して特殊効果を生成したり、画像内の透明部分をテーブル内の 1 つのカラーに割り当てることができます。

  1. インデックスカラーにする画像を開きます。
  2. イメージ/モード/カラーテーブルを選択します。
  3. 単一のカラーを変更するには、カラーをクリックし、カラーピッカーで新しいカラーを選択します。
  4. カラーの範囲を変更するには、テーブル内をドラッグして変更するカラーの範囲を選択します。カラーピッカーで、範囲の最初のカラーを選択し、「OK」をクリックします。カラーピッカーが再表示されたら、範囲の最後のカラーを選択し、「OK」をクリックします。

    カラーピッカーで選択した範囲のカラーが、カラーテーブルダイアログボックスで指定した範囲に配置されます。

  5. カラーに透明部分を割り当てるには、カラーテーブルダイアログボックスで、スポイトツールを選択し、テーブル内または画像内で透明にするカラーをクリックします。画像内でサンプルされたカラーが、透明部分で置き換えられます。
  6. カラーテーブルダイアログボックスで「OK」をクリックし、インデックスカラー画像に新しいカラーを適用します。

定義済みのカラーテーブルの選択

  1. インデックスカラーにする画像を開きます。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • イメージ/モード/カラーテーブルを選択します。

    • イメージ/モード/インデックスカラーを選択します。インデックスカラーダイアログボックスで、パネルメニューから「カスタム」を選択します。カラーテーブルダイアログボックスが表示されます。

  3. カラーテーブルダイアログボックスで、テーブルメニューから既存のテーブルを選択します。

    カスタム

    指定のパレットを作成します。

    黒体輻射

    黒体輻射ラジエーターが過熱したときに発光するカラーを基にして、ブラックからレッド、オレンジ、イエロー、ホワイトへと変化するパレットを表示します。

    グレースケール

    ブラックからホワイトまでの 256 階調のグレーのパレットを表示します。

    スペクトル

    白色光をプリズムで分光したときに生成されるカラーを基にして、バイオレット、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジ、レッドの順に変化するパレットを表示します。

    システム(Mac OS)

    Mac OS での 256 色の標準システムパレットを表示します。

    システム(Windows)

    Windows での 256 色の標準システムパレットを表示します。

カラーテーブルの保存と読み込み

カラーテーブルダイアログボックスの「保存」および「読み込み」ボタンを使用して、インデックスカラーテーブルを保存して他の Adobe Photoshop の画像で再利用することができます。カラーテーブルを画像に読み込むと、画像内のカラーは読み込んだカラーテーブルのカラーを反映するように変更されます。

注意:

スウォッチパネルには、保存済みのカラーテーブルを読み込むこともできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー