内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop で画像のゆがみを補正する方法について説明します。

レンズ補正フィルター

Photoshop では、レンズ補正フィルターを使用して、カメラレンズの特性によって生じる歪みを補正することができます。

画像が外側に向かって膨張する 「樽型収差」、内側に向かって収縮する 「糸巻き型収差」、画像の隅が暗くなる 「ビネット」、実際の被写体には無い不自然な色の縁取りが発生する 「色収差」 など、カメラレンズの特性が原因で生じる画像の歪みにはさまざまな現象がありますが、Photoshop のレンズ補正フィルターで、これらの歪みを簡単に修正することができます。

  1. Photoshop を起動し、歪みが生じた画像を開きます。

  2. フィルター/レンズ補正 を選択します。
  3. レンズ補正 ダイアログボックスで、以下の設定オプションを使用して画像を調整します。
    ※ 以下の例では樽型収差型のため、「ゆがみを補正」オプションと「垂直方向の遠近補正」オプションで調整します。

    ゆがみを補正 : 画像の湾曲を補正し、樽型収差や糸巻き型収差で歪んだ画像を修正します。
    色収差 : レンズを通した像が定まらずにできたゆがみなどの収差を、色ごとに縁取りを修正します。
    適用量 : ビネットを修正するために、エッジの陰影を調整します。
    中心点 : 適用量 スライダーの影響範囲を指定します。低い値を設定するほど画像の影響範囲が広がり、高い値を設定すると画像のエッジ部分にのみ影響が及びます。
    垂直方向の遠近法 : カメラの傾きによって生じた、垂直方向の遠近感のずれを修正します。
    水平方向の遠近法 : 水平方向の円機関のずれを修正します。
    角度 : 画像を回転し、カメラのずれや遠近法の調整を行います。
    拡大・縮小 : 画像のピクセル寸法を変更せずに、画像を拡大縮小します。主に、修正によって生じた周囲の空白を埋める場合に使用します。

  4. 「OK」をクリックすると、画像が補正されます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー