「色相・彩度」を使用すると、画像内の特定のカラーの色相、彩度および明るさを調整したり、画像内のすべてのカラーを同時に調整したりすることができます。この調整は特に CMYK 画像内の特定のカラーを調整して出力デバイスの色域に含める場合に適しています。

属性パネルで「色相・彩度」の設定を保存し、他の画像で読み込んで再利用することができます。詳しくは、補正設定の保存および補正設定の再適用を参照してください。

画像の調整について詳しくは、画像のカラーと色調の補正を参照してください。

「色相・彩度」補正の適用

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルの色相・彩度アイコン をクリックします。
    • レイヤー/新規調整レイヤー/色相・彩度を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    色調補正パネルの下部に表示される 2 本のカラーバーには、カラーホイールと同じ並び順でカラーが表示されます。上のカラーバーには調整前のカラー、下のカラーバーには調整により全彩度の色相すべてがどのように影響するかが表示されます。

    注意:

    または、イメージ/色調補正/色相・彩度を選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  2. 属性パネルで、画面セレクターの表示切り替えツール の右側にあるメニューから選択します。

    • 「マスター」を選択すると、すべてのカラーを一度に調整できます。
    • ポップアップメニューに表示される既定のカラー範囲の中から、調整するカラー範囲を選択します。カラー範囲を変更するには、「色相・彩度」を使用した調整するカラー範囲の指定を参照してください。
    • プリセットメニューから色相・彩度プリセットを選択します。
  3. 「色相」に、値を入力するかスライダーをドラッグして希望のカラーを表示させます。

    ボックスに表示される値は、そのピクセルの元のカラーを基準としたカラーホイール上での回転角度を示しています。正の値は右回り、負の値は左回りの回転であることを示します。値は -180 ~ +180 %の範囲で入力します。

    Photoshop カラーホイール
    カラーホイール

    A. 彩度 B. 色相 

    注意:

    属性パネルで、画面セレクターの表示切り替えボタン を選択し、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら画像のカラーをクリックすることもできます。クリックしたまま画像の左または右へドラックすると、色相の値が変更されます。

  4. 「彩度」に値を入力するかスライダーを右(彩度は増加)または左(彩度は減少)へ移動します。

    カラーは、カラーホイールの中心に近づいたり遠ざかったりします。値は -100(彩度を下げて光沢のない色にする割合)~ +100(彩度を上げる割合)の範囲になります。

    注意:

    属性パネルで、画面セレクターの表示切り替えボタン を選択し、画像のカラーをクリックすることもできます。クリックしたまま画像の左または右へドラックすると、クリックしたピクセルが含まれるカラー範囲の彩度が増減します。

  5. 「明度」に値を入力するか、スライダーを右にドラッグして明度を上げるか(白をカラーに追加します)、左にドラッグして明度を下げます(黒をカラーに追加します)。値は -100(黒の割合)~ +100(白の割合)の範囲になります。

注意:

初期設定の色調補正に戻すボタン をクリックすると、属性パネルの「色相・彩度」の設定を取り消すことができます。

「色相・彩度」を使用した調整するカラー範囲の指定

  1. 「色相・彩度」補正を適用します。

  2. 属性パネルで、画面セレクターの表示切り替えボタン の右側にあるメニューからカラーを選択します。

    4 つのカラーホイール値(度)が属性パネルに表示されます。これらは、カラーバーの間に表示される調整スライダーに対応しています。内側の 2 つの縦スライダーは、カラー範囲を定義します。外側の 2 つの三角形スライダーは、カラー範囲に対する調整がフォールオフする位置を示しています(フォールオフとは、調整を適用する位置と適用しない位置とを明確に分けるのではなく、調整を徐々に減らしていくことを意味します)。

  3. 色調補正パネルのスポイトツールまたは調整スライダーを使用して、カラー範囲を修正します。
    • スポイトツール で画像内をクリックまたはドラッグし、カラー範囲を選択します。カラー範囲を拡張するには、サンプルに追加スポイトツール  を使用して、画像内をクリックまたはドラッグします。カラー範囲を減らすには、サンプルから削除スポイトツール  を使用して画像内をクリックまたはドラッグします。スポイトツールを選択した状態で Shift キーを押すと範囲に追加され、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押すと範囲から削除されます。
    • 白い三角形のいずれかをドラッグし、範囲を変更せずにカラーのフォールオフ量(調整を徐々に適用する量)を調整します。
    • 三角形と縦のバーの間の領域をドラッグし、カラーのフォールオフ量を変更せずに範囲を調整します。
    • 中央の領域をドラッグして調整スライダー全体(三角形と縦のバーを含みます)を移動し、異なるカラー領域を選択します。
    • いずれかの縦の白いバーをドラッグして、カラーコンポーネントの範囲を調整します。調整スライダーの中央から縦のバーを移動して三角形に近付けると、カラー範囲が増え、フォールオフ量が減ります。調整スライダーの中央から縦のバーを移動して三角形から離すと、カラー範囲が減り、フォールオフ量が増えます。
    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらカラーバーをドラッグし、別のカラーがバーの中央に来るように調整します。
    Photoshop 色相・彩度の調整スライダー
    色相・彩度の調整スライダー

    A. 色相スライダー値 B. 範囲に影響を与えずにフォールオフ量を調整する C. フォールオフ量を変更せずに範囲を調整する D. カラー範囲とフォールオフ量を調整する E. スライダー全体を移動する 

    調整スライダーを他のカラー範囲に入るように変更すると、編集ポップアップメニュー内の名前がそれに応じて変更されます。例えば、イエロー系の範囲をカラーバーのレッド部分に入るように変更すると、名前は「レッド系 2」になります。1 つのカラー範囲から 6 つまでをそのバリエーションとして変換できます(「レッド系」から「レッド系 6」など)。

    初期設定では、カラーコンポーネント選択時のカラー範囲は 30 度の広さで、左右に 30 度のフォールオフがあります。設定したフォールオフ量が少なすぎると、画像内にしま模様を生じることがあります。

グレースケール画像の色彩の統一とモノトーン効果の作成

  1. (オプション)グレースケール画像の色彩を統一するには、イメージ/モード/RGB カラーを選択して画像を RGB に変換します。

  2. 「色相・彩度」補正を適用します。

  3. 属性パネルで「色彩の統一」オプションを選択します。描画色が黒または白の場合、画像は赤い色相(0 度)に変換されます。描画色が白と黒以外の場合は、画像は現在の描画色の色相に変換されます。各ピクセルの明度の値は変更されません。

  4. (オプション)色相スライダーで別のカラーを選択します。「彩度」と「明度」のスライダーは、ピクセルの彩度と明度の調整に使用します。

自然な彩度を使用したカラーの彩度の調整

自然な彩度では、すべてのカラーの彩度が最高に近づくにつれてクリッピングが最小化されるように、彩度を調整します。この調整により、彩度が低いカラーの彩度が設定済みのカラーの彩度より上がります。自然な彩度を使用すると、肌の色の彩度が過度に上がるのを抑えることもできます。

エキスパートから:自然な彩度の調整レイヤー

エキスパートから:自然な彩度の調整レイヤー
Richard Harrington

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 色調補正パネルで、自然な彩度アイコン  をクリックします。
    • レイヤー/新規調整レイヤー/自然な彩度を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで自然な彩度の調整レイヤーの名前を入力し、「OK」をクリックします。

    注意:

    イメージ/色調補正/自然な彩度を選択します。この方法では調整が画像レイヤーに直接適用されるため、画像情報が破棄されます。

  2. 属性パネルで、カラーの彩度が上がったときにクリッピングしないように彩度を増減するには自然な彩度スライダーをドラッグします。さらに、次のいずれかの操作を行います。

    • カラーが最高彩度に達したときのクリッピングを抑えて彩度の低いカラーを調整するには、自然な彩度スライダーを右に移動します。
    • 現在の彩度に関係なく、すべてのカラーに同一の彩度を適用するには、彩度スライダーを移動します。彩度によっては、色相・彩度の色調補正パネルまたは色相・彩度ダイアログボックスの彩度スライダーを使用した場合よりバンディングが少なくなることがあります。
    • 彩度を下げるには、自然な彩度スライダーまたは彩度スライダーを左に移動します。

画像領域内のカラーの彩度の調整

スポンジツールは、選択した範囲のカラーの彩度を微妙に変更します。グレースケールモードの画像では、このツールは、グレーレベルを中間グレーから遠ざけたり、近づけたりすることによって、コントラストを増加または減少させます。

  1. スポンジツール  を選択します。
  2. オプションバーでブラシ先端を選択し、ブラシのオプションを設定します。
  3. オプションバーの彩度ポップアップメニューでカラーの変更方法を選択します。

    彩度を上げる

    カラーの彩度を強くする

    彩度を下げる

    カラーの彩度を弱くする

  4. スポンジツールの流量を指定します。
  5. 「自然な彩度」オプションを選択して、カラーが最高彩度の場合、または彩度がない場合のクリッピングを最小化します。
  6. 画像内で、変更したい部分をドラッグします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー