カラー画像の白黒画像への変換

Photoshop を使用してカラー画像を白黒にすばやく変換する方法について学習します

カラー写真は、画像のカラー、陰影、色相が独特で鮮明な場合に不可欠で、非常に複雑なディテールも表現できます。白黒写真は、カラーに邪魔されずに画像の被写体やテクスチャに注目したい場合に適しています。白黒効果を使用すると、画像をドラマチックに仕上げることができます。

カラー画像 #blackandwhitephotoshop

次の手順に従って、Photoshop で白黒調整レイヤーを使用してカラー画像を白黒に簡単に変換できます。

  1. 白黒調整レイヤーを使用して画像を白黒に変換する

    白黒調整レイヤーにアクセスするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ウィンドウ/色調補正を選択します。開いた色調補正パネルで、白黒アイコン()をクリックします。
    • レイヤー/新規調整レイヤー/白黒を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで調整レイヤーの名前を入力し、「OK」をクリックします。

    デフォルトのグレースケール変換が画像に適用されます。

  2. (オプション)属性パネルで結果を微調整する

    白黒調整レイヤーの属性
    白黒調整レイヤーの属性

    プリセット:定義されているグレースケールミックス、または以前に保存したカスタムのミックスを選択します。カスタムのミックスを保存するには、属性メニュー()アイコンをクリックし、「白黒プリセットを保存」を選択します。

    自動:画像のカラー値に基づいてグレースケールミックスが設定されます。通常、自動補正で最適な結果が生成されますが、さらにカラースライダーでグレー値を調整することもできます。

    着色:カラートーンを適用するには、「着色」を有効にします。カラースウォッチをクリックしてカラーピッカーを開き、着色カラーを選択します。

    カラースライダー:画像内の特定のカラーのグレーのトーンを調整します。画像の元のカラーに対応するグレーのトーンが、スライダーを左にドラッグすると暗くなり、右にドラッグすると明るくなります。

    • カンバス上で直接カラーを調整するには、画像上調整ツール()を使用します。画像をクリックし、左(暗)または右(明)にドラッグして、その場所の対応するカラーのカラースライダーを変更します。
    • 調整のデフォルトにリセットするには、リセット()アイコンをクリックします。
  3. 結果を保存して共有する
    お好みの白黒変換に仕上がったら、結果を保存して Adobe Photoshop コミュニティやソーシャルメディアで共有しましょう。画像には「Adobe Photoshop」をタグを付けし、#blackandwhitephotoshop のハッシュタグを付けることを忘れないでください。

    保存と共有のワークフローについて詳しくは、次のサイトを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン