libcef.dll が原因で Photoshop がクラッシュする問題を解決する
プラットフォーム 説明
対象となるオペレーティングシステム Windows
対象となる製品バージョン Photoshop CC 2015.5 および Photoshop CC 2017

問題点

起動時と印刷中に、libcef.dll が原因で Photoshop がクラッシュし、次の問題の署名が表示されます。

...
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: Adobe Spaces Helper.exe
アプリケーションバージョン: 0.0.0.0
アプリケーションタイムスタンプ: 57fde35d
フォルトモジュール名: libcef.dll
...

この問題は、Windows オペレーティングシステム固有の問題です。

解決策

次の解決策を実行してください。

  • Photoshop の最新バージョンにアップグレードします。
  • Windows 7 または 8 から Windows 10 にアップグレードします。
  • 環境設定/一般/メッセージを表示するを選択解除します。
  • 設定/パフォーマンス/詳細設定/OpenCL を使用するを無効にします。
  • Bins という Photoshop 拡張機能がインストールされていないことを確認します。
  • NVIDIA GeForce Experience アプリケーションをアンインストールします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー