After Effects CC 2015(13.5.1)バグ修正アップデートが利用可能になりました。また、このバグ修正アップデートには、いくつかの小さな動作変更も含まれています。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを介してアップデートをインストールできます。または、ヘルプ/アップデートを選択して、任意のアドビアプリケーション内から新しいアップデートの有無をチェックすることもできます。

After Effects CC 2015(13.5)の追加点、変更点、および修正点の詳細については、このページを参照してください。アドビのプロフェッショナルビデオおよびオーディオアプリケーション向けの他のすべてのアップデートの詳細については、このページを参照してください。

このアップデートについて質問がある場合は、After Effects のユーザー対ユーザーフォーラムで投稿を作成してください。機能のリクエストまたはバグレポートを送信する場合も、ここで行えます。

After Effects チームは、今後の更新に向けて他のバグの調査も続けています。既知の問題に関する最新情報については、こちらの記事を参照してください。

After Effects CC 2015(13.5.1)でのバグ修正

After Effects CC 2015(13.5.1)バグ修正アップデートは、以下の重要なバグおよびユーザビリティの問題に対処します。

  • テキストレイヤーでの文字入力など、レイヤーのパラメータ変更時に、プレビュー停止コマンドが反応しない、または反応が遅くなるなど、After Effects が反応しない原因となった問題を修正しました。Warp Stabilizer VFX や 3D Camera Tracker がプロジェクトに存在していると、フレームのレンダー中にキーボードやマウスの入力に対して After Effects の反応が悪くなる原因になっていました。
  • いくつかのオーディオ関連の問題を修正しました:
    • プレビュー中にオーディオが即座に再生を開始するように改善しました。
    • オーディオプレビューの停止とともに、現在時間インジケータ(CTI)が以前の位置に移動します(以前のバージョンと同じ挙動に変更)。
    • プレビュー中にオーディオマーカーを追加(テンキーの * キーを押す)した際に、プレビューフレームレートが遅くなり、オーディオが断続的に中断したりスタッターする原因となった問題を改善しました。
    • ゆっくりとしたオーディオスクラブで、CTI 付近でループが始まる前に遅延が発生するように改善しました。
    • オーディオスクラブ再生後に、CTI およびプレビュー時間インジケータ(PTI)が非表示となっていた問題を改善しました。
  • スレッド処理アーキテクチャの更新に伴うオートトレース機能の問題を改善しました。
  • 3D レイヤーでの Z 軸ハンドルの挙動を改善しました。
  • フッテージに対する Camera Raw 設定を変更して設定時に発生していた Photoshop File Format エラーの問題を改善しました。
  • ソニーカメラからの MXF ファイルの再インポートを改善しました。
  • Trapcode Sound Keys、BorisFX Beat Reactor などのオーディオプラグインを利用時の問題を改善しました。
  • RE: Vision Effects からのエフェクトなど、特定のエフェクトを複数コピーする際に発生していたエラー(I_MIX_GUID_DEPENDENCIES)を改善しました。上記のほかに、他のいくつかのバグを修正しました:
  • レイヤー制御(エクスプレッション制御エフェクト)を他のレイヤーにコピーする際に After Effects がクラッシュする問題を改善しました。
  • エフェクトのホストレイヤーを参照するレイヤーパラメーターを含むエフェクトをコピー & ペースとした際の挙動を改善しました。
  • コピースタンプストロークの利用時に、ソースレイヤーとターゲットレイヤーのサイズが異なる場合の挙動を改善しました。
  • 画像シーケンスをレンダーする際に、保存先フォルダー内にプロジェクトで利用されている画像シーケンスがすでに含まれている場合に生じていた問題を改善しました。
  • エクスプレッションのみで構成されたアニメーションプリセットを適用する際に生じていたエラーメッセージやキーフレームの作成などのエラーを改善しました。
  • 一時停止されていた(WILL_CONTINUE)アイテムのレンダーキューを停止した際に不適切な状態になる挙動を改善しました。
  • マウスポインターをコンポジション、レイヤー、フッテージのパネル上に移動した際に、プレビュー再生のフレームレートが低下する問題を改善しました。
  • 電波エフェクト時の未初期化メモリ読み出しエラーが発生する問題を改善しました。
  • レイヤーのスケールが 0% に設定され、エフェクトのカスタムユーザーインタフェースが表示されている際に After Effects がクラッシュする問題を改善しました。
  • エクスプレッションのエラー処理中に After Effects がクラッシュする問題を改善しました。
  • エクスプレッションとタイムリマップを同時利用する際に After Effects がクラッシュする、またはメモリエラーが発生する問題を改善しました。
  • 英語版以外のすべての言語版で、オーディオプレビューに対応します。
  • Warp Stabilizer VFX または 3D Camera Tracker を含む After Effects コンポジションが、Premiere Pro に Dynamic Link で読み込まれる際に次のエラーメッセージが発生する問題を改善しました: FLT_GeneralEffectCallPlus cannot be called reentrantly.(25 :: 222 )

「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションは初期設定でオフになります

環境設定/プレビューの「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションは初期設定でオフになります。この設定は、プレビュー再生のフレームレートがリアルタイムではない場合に(たとえば、プレビュー再生開始直後にレンダーおよびキャッシュ生成を行う場合)、オーディオがスタッターするなど、スムーズに再生されないことを避けるために用意されています。しかしながら、After Effects CC 2015 では、キャッシュされたフレームを再生する場合であってもプレビューの再生フレームレートが低下するバグがいくつか残っているため、アドビでは、オーディオが再生されないよりは再生されたほうがよいと判断しました。今後のアップデートで、これらのバグ改善に向けて取り組んでいきます。

Synthetic Aperture Color Finesse 3.0.12 プラグイン

After Effects CC 2015 (13.5.1)には、Synthetic Aperture の Color Finesse プラグインのアップデートも含まれています。 Color Finesse 3.0.12 では、Mac OS X 環境でプリセットが正しく読み込まれなかった問題を改善しました(プリセットは 2015 リリースのフォルダーから読み込まれます)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー