更新:この記事は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートAfter Effects CC 2015 (13.6)アップデートAfter Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデートAfter Effects CC 2015 (13.7)アップデートで修正された問題を含むように更新されています。After Effects CC 2015 (13.5)の新機能と変更点については、この記事をお読みください。

After Effects CC 2015 のパフォーマンスや使いやすさに影響を与えるいくつかの問題(以下に記載)について、After Effects チームが追跡しています。これらの問題の多くは、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデート、After Effects CC 2015 (13.6)アップデート、After Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデート、After Effects CC 2015 (13.7)アップデートで修正されています。

この記事のほか、「After Effects CC 2015 (13.5)で利用できない機能」についてもご覧ください。

注意:

この記事に記載されている問題の一部は、バグに関するものではなく、After Effects CC 2015 (13.5)におけるプレビュー機能の変更内容についてです。これらの動作について、解説が容易に見つけられるよう、以下に説明します。

レンダリングキューから AVI、AIFF、MP3、または WAV にコンポジションをエクスポートする際、オーディオが無音になる

After Effects CC 2015 (13.5.1)でレンダリングキューから .avi、.aiff、.mp3、または .wav にエクスポートすると、生成されるファイルの持続時間は正常ですが、オーディオが無音です。この現象は、オーディオ出力がモノラルに設定されている場合に QuickTime でも発生します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで更新されました。

モーショントラッキングが停止するとクラッシュする

モーショントラッキングを開始して停止すると、After Effects がクラッシュする可能性があります。この現象は、大きなフレーム(約 4K 以上)で発生する可能性が高いですが、メモリの要件によっては、より小さなフレームサイズでも発生する可能性があります。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで更新されました。

手のひらツールを使用した水平パンがタイムラインパネルで動作しない

手のひらツール(スペースキーを押すなど)を使用する際、タイムラインパネルでビューを左右にパンできません。

この問題は、以下の条件でのみ発生します。

1. 複数のコンピューターモニターを使用している。

2. タイムラインパネルがセカンダリモニター上にある。この条件には、After Effects のアプリケーションウィンドウ全体がセカンダリモニター上にある場合も含まれます。

3. OS のディスプレイ構成で、セカンダリモニターがプライマリモニターの左に配置されている。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで更新されました。

シャドウマップの解像度の変更が保存されない

「コンポジション設定」ダイアログを開き、「シャドウマップ解像度」の値(クラシック 3D レンダリングの「詳細設定」タブ/「オプション」ボタン)を変更し、ダイアログで「OK」を押しても新しい値が保存されません。値は常に「コンポジション解像度」のままです。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで更新されました。

キーフレームまたは他のオブジェクトが、ドラッグして放しても動き続ける

タイムラインパネルでキーフレーム、マーカー、または他のオブジェクトをドラッグすると、マウスボタンを放してもそれらが少しだけ動き続ける問題が発生するという現象がユーザーから報告されています。

この問題は、Wacom のタブレットを使用しているユーザーに最も頻繁に見られる現象ですが、タブレットを使用しているユーザーのすべてにこの問題が発生しているわけではなく、マウスのみを使用している一部のユーザーもこの問題を報告しています。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで更新されました。

プレビューをスペースキーで停止すると、まだすべてのフレームはレンダリングされていない場合でも、キャッシュされたフレームの再生は続行されます

プレビューをスペースキーで開始すると、まだすべてのフレームがレンダリングおよびキャッシュされていないうちにプレビューを停止しようとスペースキーを再度押しても、プレビューは停止しません。 レンダリングのみが中断され、キャッシュされたフレームの再生は続行します。再度スペースキーを押すとプレビューが停止します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで対処されました。デフォルトで、プレビューを停止するのにスペースキーを押すと、プレビューがすぐに停止するようになりました。

After Effects CC 2015 (13.5)では、プレビューの仕組みに著しい変更が加えられました。。これらの変更には、キャッシングの新しい動作や、異なるキーボードショートカットによるプレビューの停止などが含まれます。ユーザーからのフィードバックによると、スペースキーのショートカットの割り当てに不満を抱いていることが明らかです。

ユーザーからのフィードバックに応えて、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートでは、スペースキーのショートカットのデフォルトの停止ビヘイビアーが変更されただけでなく、次の 3 つの変更が行われています。

  • キャッシュのビヘイビアーがすべてのプレビューで統一されました。プレビューの好みのコントロールがなくなりました。これにより、すべてのプレビューで単一の最適化されたキャッシュのビヘイビアーが採用されました。
  • 停止のビヘイビアーが、プレビューの好みのコントロールによって暗黙的に制御されるのではなく、ショートカットごとに設定できるようになりました。キャッシングが完了する前にプレビューを中断した場合、すぐにプレビューを停止するか、キャッシュしたフレームの再生を開始するかどうかを選択できます(これは、「If caching, play cached frames.(キャッシングの場合、キャッシュしたフレームを再生します。)」というラベルの新しいオプションによって制御されます)。
  • キャッシュしたフレームの再生が有効になると、プレビューが中断されたフレームから続きが再生されるのではなく、範囲の最初のフレームから再生が開始されます。この動作の変更により、After Effects がプレビューを中断するようなコマンドに応答したこが明確になります。

同じディレクトリの複数の静止画像のシーケンスによって不正なフレームが表示される

次のような状況では、同じディレクトリの複数の静止画像のシーケンスによって、いずれかのフッテージが不正な画像を表示します。

  • 1 つのシーケンスの「フッテージ解釈」設定を変更し、同じディレクトリの別のシーケンスに設定を適用する場合、2 番目のシーケンスは 1 番目の画像を表示します。
  • 「プロジェクト」パネルで静止画像のシーケンスフッテージ項目を複製し、重複するビデオ項目を同じディレクトリの異なる静止画像のシーケンスと交換する場合、2 番目のシーケンスは 1 番目のシーケンスの画像を表示します。

これらの問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで修正されます。

Camera Raw シーケンスフッテージ(.dng など)に関する問題

.dng シーケンスなどの Camera Raw シーケンスフッテージを使用して影響を与えます。

  • Camera Raw 設定ダイアログで Camera Raw シーケンスの設定を変更すると、次のエラーが発生します。Photoshop ファイル形式エラー 3415  ( 45 :: 35 )。 After Effects を終了すると、次のエラーも表示される可能性があります。 Photoshop ファイル形式エラー 1 ( 45 :: 35 )。「編集/オリジナルを編集」を選択して Camera Raw 設定ダイアログを開いた場合(Interpret Footage ダイアログを介してアクセスせずに)、このエラーは発生しない可能性があります。
  • After Effects で Camera Raw シーケンスの設定を変更した場合、最初のフレームまたは限られた数のフレームのみに変更内容が反映されます。After Effects でキャッシュを消去(「編集/キャッシュの消去/画像キャッシュメモリ」、または「すべてのメモリおよびディスクキャッシュ」)すると、変更済み設定がロードされます。

上記の 2 つの問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されます。

  • Camera Raw シーケンスの設定を別のアプリケーション(Photoshop、Lightroom など)で変更した場合、これらの変更は、フッテージの再読み込み後には、After Effects に反映されない場合があります。After Effects でキャッシュを消去(「編集/キャッシュの消去/画像キャッシュメモリ」、または「編集/キャッシュの消去/すべてのメモリおよびディスクキャッシュ」)すると、変更済み設定がロードされます。さらに一貫性のある問題の回避方法としては、プロジェクトを保存して閉じてから再度開き、その後フッテージを右クリックしてから「フッテージのリロード」を選択します。
  • 状況によっては、「フッテージ解釈」ダイアログを使用して Camera Raw の設定を変更した後、「編集/取り消し」を選択すると、動作しないか、After Effects がクラッシュし、次のようなメッセージが表示されます。「After Effects can’t continue: damaged I/O structure.(After Effects が続行できません。I/O 構造が壊れています。)( 39 :: 101)」
  • 場合によっては、単一の Camera Raw 画像を選択し、「編集/オリジナルを編集」を選択しても機能せず、Adobe Camera Raw 設定ダイアログボックスが表示されません。この問題を回避するには、代わりに「ファイル/フッテージ解釈」を選択し、「その他のオプション」ボタンをクリックします。

上記の 3 つの問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで修正されます。

プラグインに関する問題

After Effects CC 2015 については、ほとんどのプラグインを更新する必要があります。旧プラグインは、エラーが発生したり、正しく機能しないことがあります。多くのベンダーが更新されたプラグインを提供しており、ご使用のプラグインのアップデートが入手できるかどうかを確認する必要があります。

After Effects CC 2015 におけるサードパーティ製のプラグインの個別の問題については、別の記事で取り扱います。最新情報については、その記事を参照してください。

ここでは、2 つのプラグイン関連の問題について説明します。それらの問題は、プラグイン自体でなく、After Effects CC 2015 (13.5.1)アップデートでの修正が必要だからです。

  • Trapcode Sound Keys (Red Giant 製)、およびオーディオを処理する同様のプラグインが動作しません。
  • 特定のカテゴリーからの 2 つのエフェクトを任意に組み合わせて使用すると、次のエラーメッセージが表示されます。

     

    「After Effects エラー:内部検証の失敗、申し訳ありません!{Effect is I_MIX_GUID_DEPENDENCIES but did not call GuidMixIn in PreRender}。」

     

    これは RE: Vision Effects のエフェクトで発生します(ただし、影響を受けるプラグインは他にもあります)。

これらの両方の問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されます。

オーディオのみプレビューを停止すると、CTI が停止時間に移動します

After Effects CC 2015 (13.5)においてテンキーのピリオド(.)キーでオーディオのみのプレビューを停止すると、現在時間インジケーター(CTI)は、After Effects の以前のバージョンのように前の時点に留まる代わりに、レビューを停止した時点に移動します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで、ピリオド(.)キーおよび Option + テンキーのピリオド(.)キー(Mac OS)または Alt キー + テンキーのピリオド(.)キー(Windows)は、「プレビュー」パネルで設定できるショートカットになりました。また、プレビューごとキーボードショートカットに対して、CTI が停止の時点に移動するかどうかを制御できるようにもなりました。

レンダリング終了前にプレビューを停止できない、またはプレビューを停止する前に長時間の遅延が発生する

特定の状況では、プレビューがフレームをレンダリングおよびキャッシュしている際に After Effects CC 2015 (13.5)がマウスクリックやキーボード入力に応答しません。プレビューが完全にレンダリングされると、After Effects は入力に再び応答します。場合によっては、After Effects はプレビュー時に応答します(ただし、長時間の遅延後に)。

この問題は、どのコンポジションをプレビューしているかにかかわらず、Warp Stabilizer VFX エフェクトまたは 3D Camera Tracker エフェクトがプロジェクト内の任意のレイヤーに適用された際に発生します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

キーボード入力が認識されない、または遅延する 

特定の状況では、After Effects CC 2015 (13.5)は、キーボード入力(キーボードショートカットを押す、テキストレイヤーへの入力など)に応答しません。

これらの問題は、After Effects がプレビューを停止するコマンドに応答しないという上記と同じバグで、その原因はプロジェクトで使用されている Warp Stabilizer VFX または 3D Camera Tracker エフェクトと同じ問題です。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

オーディオがプレビューの開始時に再生されない

After Effects CC 2015 (13.5)でプレビューを開始すると、プレビューの開始時にオーディオが 1 秒以上再生されない場合があります。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

オーディオをスクラブすると、CTI と PTI が非表示になります

 

コンポジションでオーディオをスクラブすると、つまり、Command キー(Mac OS)または Control キー(Windows)を押したまま現在時間インジケーター(CTI)をスクラブすると、CTI とプレビュー時間インジケーター(PTI)は、After Effects を再起動するまで、そのコンポジションでタイムラインパネルでの描画を停止します。

このバグは、スクラブの終了時に Command キーまたは Control キーを離す前にマウスボタンを離すときにのみ発生します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

オーディオをゆっくりとスクラブすると、オーディオが CTI 付近でループする

 

オーディオをスクラブするとき、つまり、Command キー(Mac OS)または Control キー(Windows)を押したまま現在時間インジケーター(CTI)をスクラブするとき、マウスを非常にゆっくりと動かすか、そのまま保持していると、オーディオは CTI 付近で短いループで再生します。

このビヘイビアーは After Effects の旧バージョンで見られましたが、CTI を同じ位置に保持した場合に短い遅延(1 秒)が発生しただけでした。After Effects CC 2015 (13.5)では、オーディオループでこの遅れが無視されるバグがあります。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

ソニーカメラから .mxf ファイルをインポートできません

 

After Effects CC 2015 (13.5)では、ソニーカメラ(FS700、F5、F55、F65 など)で生成された .mxf ファイルをインポートできません。 このようなファイルをインポートしようとすると、エラーメッセージ「ファイル ‘<file name>.mxf’ はインポートできません - この .mxf ファイルは破損しているか、サポートされていません」が表示されます。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

プレビュー画像が取り消し操作や他の変更を行っても更新されない

 

After Effects CC 2015 (13.6)では、取り消し機能を使用するか、または時折、キーフレームを追加または削除するなどの別の変更を行った後、プレビュー画像が更新されません。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)が、画像キャッシュを、画面に描画される画像を更新しなくなるような不具合のある状態にしてしまうために発生します。この問題が最も一般的に見られるのは Windows です。「編集/パージ/すべてのメモリ&ディスクキャッシュ」または「すべてのメモリ」を使用するか、プロジェクトと閉じて再度開く、または After Effects を再起動するとこの問題は解消します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

古いプロセッサーを搭載したコンピューターで After Effects が起動に失敗する

 

特定の命令セットを持たない古いプロセッサー(たとえば、AMD Phenom II および Athlon プロセッサーなど)を搭載したコンピューターでは、「The application was unable to start correctly (0xc000001d) (アプリケーションを正常に起動できませんでした(0xc000001d))」または「The application was unable to start correctly (0xc0000142) (アプリケーションを正常に起動できませんでした(0xc0000142))」というメッセージで After Effects CC 2015 (13.6)の起動が失敗します。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

「ハードウェアによるコンポジション、レイヤー、フッテージパネルの高速化」を使用するとサンプル低減によるノイズが発生する

 

「環境設定/表示」から「ハードウェアによるコンポジション、レイヤーおよびフッテージパネルの高速化」オプションを有効にし、ビューアーパネルが 50% ズームおよび最大解像度に設定されていると、画像にサンプリング低減によるノイズ(斜めの線がギザギザで境界が平坦でない)が表示される場合があります。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデートで修正されており、その他のサンプル低減によるノイズの問題が After Effects CC 2015 (13.7)アップデートで修正されています。

 

オーディオエフェクトのプロパティの式を使用するとプレビューにエラーが発生する

 

オーディオエフェクトのプロパティの式を含むコンポジションのプレビューを開始すると、プレビューの開始が失敗し、After Effects には次のエラーが表示されます。Effect cannot use “abort” callback when called with “unrecognized plug-in effect command” command. (「unrecognized plug-in effect command」コマンドを使用して呼び出すと、Effect が「abort」コールバックを使用できません。)( 25 :: 19 )

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6.1)バグ修正アップデートで修正されています。

 

レンダリング進行状況インジケーターの表示が遅い、または表示されない

 

一部の、フレームごとのレンダリング時間が非常に長いプロジェクトでは、フレームに変更を加えると、「コンポジション」パネルの右下隅のレンダリング進行状況インジケーターが表示されない、または表示されるまでに非常に時間がかかるという現象がユーザーから報告されています。これが原因で After Effects が応答しなくなります。

この問題の 1 つの原因は After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで修正され、その他の原因の一部は After Effects CC 2015 (13.7)アップデートで修正されました。この問題のその他の原因については、将来のアップデートのために調査中です。

 

タブレットペンを使用すると、パネルの境界線をドラッグした後にカーソルがクリックされた状態のままになる

 

After Effects CC 2015 (13.6)で、タブレットペン(たとえば Wacom タブレット)を使用してワークスペース内のパネルのサイズを変更しようとすると、ペンを持ち上げた後もパネルの境界線がドラッグし続けるか、最初は移動していないように見えるけれども再びペンでクリックすると移動します。この後、ペンでシングルクリックするとドラッグ操作が開始します。

この不具合のある状態から抜け出すには、アプリケーションメニューなどの任意のシングルクリックオブジェクトを After Effects クリックしてください。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.7)アップデートで更新されました。

 

スクロールホイールでズームすると、マルチビューの「コンポジション」パネルで最初のビューのみがスクロールされる

 

After Effects CC 2015 (13.6)では、マルチビューの「コンポジション」パネルの上にマウスポインターを置き、マウスのスクロールホイールを使用してズームインまたはズームアウトすると、「コンポジション」パネルの最初のビューのみが拡大または縮小表示されます。

この問題は、ズームツールでクリックしてズームするか、キーボードショートカットを使用してズームインまたはズームアウトすることで回避できます。

  • ズームイン:メインキーボードのピリオド(.)キー、または Command キー + 等号(=)キー(Mac OS)か Control キー+ = 等号(=)キー(Windows)
  • ズームアウト:カンマ(,)キー、または Command キー + ハイフン(-)キー(Mac OS)か Control キー+ = ハイフン(-)キー(Windows)

ヒント:ズームツールに一時的に切り替えるには、Z キーを押したままにします。ツールがズームアウトするようにするには、Option キー(Mac OS)または Alt k キー(Windows)を押しながら前述の操作を行います。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.7)アップデートで更新されました。

 

プレビューの再生中、インタラクション時にオーディオが欠落し、プレビューのフレームレートが遅くなる

 

特定のアクションが原因で、After Effects CC 2015 (13.5)でプレビューの再生中にプレビューのフレームレートが遅くなることがあります。その結果、オーディオが欠落してしまうことがあります。

この問題の 2 つの原因が After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートで修正されました:「コンポジション、レイヤー、またはフッテージ」パネルのプレビューでマーカーを配置したり、マウスカーソルを移動したりしても、プレビューのフレームレートが遅くなることはありません。

プレビュー時にフレームレートが遅くなる原因として、その他重要な原因と考えられるのは、レイヤープロパティまたはエフェクトプロパティのような UI コントロール上にマウスを移動させる操作です。

その他の問題に関して、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートでは、「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションがデフォルトで無効になるようになりました、これにより、オーディオの欠落は防げるようになりましたが、プレビューのフレームレートが遅くなる原因となる残りのバグには効果がありません。

「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションがオフで、プレビューの再生フレームレートが低下すると、オーディオ再生のコマ落ちが発生します。このコマ落ちは仕様によるものです。After Effects CC 2015 (13.5)で、オーディオ再生クロックは、オーディオがビデオと常に同期するように修正されました。つまり、プレビューの再生がリアルタイム以下に低下する場合の対応として、オーディオ再生はサンプルをドロップして遅くなります(コマ落ち)。

オーディオの欠落(前述のコマ落ちではない)の問題は、「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションとバグ間のインタラクションが原因で発生します。

  • 「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションによって、プレビューの再生フレームレートがリアルタイム以下に低下するとオーディオは再生されなくなります(これは仕様によるものです)(このオプションは、After Effects CC 2015 (13.5)で新しく追加され、デフォルトで有効だったのですが、After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートではデフォルトで無効です。選択に応じてこのオプションを有効にすることもできます)。
  • フレームがキャッシュされると、リアルタイムフレームレートで常にプレビューを再生する After Effects の機能がバグの影響を受けます。この問題が発生すると、「プレビューがリアルタイムでない場合はオーディオをミュート」オプションの設定によってオーディオが再生されなくなります。

リアルタイムの再生動作対象はキャッシュされたフレームのみであることに注意してください。プレビュー中にコンポジションが変更されてキャッシュフレームが無効になると、After Effects は新しいフレームをレンダリングおよびキャッシュする必要があるため、プレビューフレームレートが低下します。新しいフレームがキャッシュされると、プレビューのフレームレートは再びリアルタイムに戻ります。

プレビューフレームレートは「情報」パネルでモニターできます。

 

60fps 以上のコンポジションをリアルタイムでプレビューできない

 

60fps 以上のフレームレートを持つコンポジションをコンピューターでプレビューすると、After Effects CC 2015 はコンポジションをリアルタイムに再生できない場合があります。これは、After Effects における再生とビデオカードとの同期方法が変更されたためです。

After Effects CC 2015 (13.5.1)バグ修正アップデートでは、OpenGL 垂直同期を無効にするために、実験的なテキスト環境設定が新たに追加されました。これにより、After Effects は必要な回数だけフレームをビデオにリフレッシュできますが、After Effects が、ビデオカードの能力を超えるスピードでフレームを表示するように送信するとプレビュー画像にテアリングが発生します。

この環境設定は、After Effects のユーザーインターフェイスではなく、テキストの環境設定ファイルにのみ存在します。この環境設定を有効にするには:

1. After Effects で、「After Effects CC/環境設定/一般」(Mac OS)または「編集/環境設定/一般」(Windows)を選択し、「Finder で環境設定を表示する」(Mac OS)または「Explorer で環境設定を表示する」(Windows)ボタンをクリックします。After Effects/13.5 の環境設定フォルダーが開きます。

2. After Effects を終了します。

3. テキストエディタで、Adobe After Effects 13.5 Prefs.txt を開きます。「GPU ディスプレイ変換」セクションで、「DisableSyncToVerticalRetrace」を 01 に変更します。

4. ファイルを保存してから After Effects を開始し、コンポジションのプレビューをテストします。

重要:この環境設定を有効にした場合は、 After Effects のユーザーフォーラムでご報告ください。アドビでは、どのような状況下で After Effects がビデオカードと正しく同期されないかについてよく理解する必要があります。使用しているオペレーティングシステム、ビデオカードのモデル(Windowsの場合はドライバーのバージョン)、この環境設定を有効にする前後のコンポジションの再生フレームレートなどについて知る必要があります。

 

Mac OS X10.11 上でキャッシュされたプレビューがリアルタイムに再生されない

 

Mac OS X 10.11 の After Effects で、コンポジション、レイヤー、またはフッテージをプレビューすると、キャッシュされたフレームがリアルタイムに再生されません。

Mac OS X v10.11 でリアルタイム再生を妨げている主な問題については、Apple と調査中ですが、この問題の内容についてはよく理解しています。Apple は、Mac OS X v10.11 (El Capitan)で画面にアイテムを描画するために API に変更を加えました。この変更、さらには、After Effects CC 2015 (13.5)で「タイムライン」パネルに加えられた描画の変更により、「タイムライン」パネルのサブセットのみを再描画する必要がある場合であっても、そのたびごとに「タイムライン」パネル全体が再描画されるようになります(たとえば、プレビュー時間インジケーターが移動すると、変更された部分ではなくパネル全体が画面に再描画されます)。

アドビでは、 After Effects の次のアップデートに向けてこの問題を調査中です。

次のように、プレビュー時にプレビュー時間インジケーター(プレビュー時にタイムラインパネルを横切って動く赤い線)を非表示にすることで問題を回避することができます。

  • 「タイムライン」パネルを閉じます
  • 「フルスクリーンプレビュー」パネルを有効にする、またはマウスがコンポジションパネル上にあるときにアクサングラーブ(`)キーボードショートカットを押します
  • 「タイムライン」パネルの高さや幅を小さくするか、レイヤープロパティを回転させて、「タイムライン」パネルで使用される画面スペースの量を最小限にします。
  • 「タイムライン」パネルでズームインし、コンポジションで現在ズームされたビューを移動して現在プレビュー中のタイムラインの部分が表示されない(その結果、プレビュー時間インジケーターが表示されない)ようにします

 

統合カメラツールを使用したカメラビューの変更は遅いです

 

統合カメラツール(UCT)を使用してカメラレイヤーのビューを変更すると同時に、そのカメラを「コンポジション」パネルのビューに使用すると、ビューはオフ(最終画質)プレビューモードでゆっくりと更新するか、またはアダプティブ解像度プレビューモードで過度にダウンサンプリングします。

この問題は個々のカメラツールでは発生しません。 オービットカメラツール、トラック XY カメラツール、およびトラック Z カメラツール。

アドビでは、将来的なアップデートに向けてこの問題を調査中です。

 

モーションスケッチを使用するか、パペットピンをアニメーション化する際にオーディオが再生されない

 

モーションスケッチを使用してレイヤーの位置をアニメーション化したり、または Command キー(Mac OS)や Ctrl キー(Windows)を押し続けることでパペットピンをアニメーション化したりすると、オーディオが再生されません。

アドビでは、将来的なアップデートに向けてこれらの問題を調査中です。

これらの問題を回避するには、After Effects CC 2014 (13.2)でプロジェクトを開き、モーションスケッチを使用するかパペットピンをアニメーション化してからプロジェクトファイルを保存し、再度 After Effects CC 2015 (13.5 または 13.6)でそのファイルを開きます。

 

Mac OS で ARRIRAW (.ari)ファイルをインポートできない

 

ARRIRAW (.ari)ファイルがグレー表示され、Mac OS の After Effects CC 2015 ( 13.6 )の「インポート」ダイアログで選択できません。

ARRIRAW ファイルを参照する After Effects プロジェクト開く場合も、ファイルが見当たらないと報告されます。

この問題は、After Effects CC 2015 (13.6)アップデートで新たに発生し、問題で、Mac OS でのみ発生します。Windows では、After Effects CC 2015 (13.6)は、想定どおり ARRIRAW ファイルをインポートできます。

Workflow で許可される場合は、Adobe Media Encoder または After Effects CC 2014 (13.2)を使用して、ARRIRAW ファイルを中間形式(GoPro CineForm コーデックなど)にトランスコードすることにより、この問題を回避できます。トランスコードする前に Adobe Media Encoder で ARRIRAW の設定を変更するには、「キュー」パネルで ARRIRAW ファイルを右クリックし、「ソースの設定」を選択します。

アドビでは、将来的なアップデートに向けてこの問題を調査中です。

 

自動的に透かし入りプレビュー画像を置き換えるものではありませんアドビストックイメージのライセンス

 

プロジェクトに「ライブラリ」パネルからプレビュー(透かし入り)の Adobe Stock 画像をインポートしてからその画像のライセンスを取得すると、プレビュー画像が透かしの入っていないライセンスされた画像に自動的に置き換えられません。

この問題は、静止画像にのみ影響します。Adobe Stock ビデオのライセンスを取得すると、(透かし入りの)プレビュービデオが想定どおり自動的に置き換えられます。

この問題を回避し、コンポジション内でプレビュー画像を使用しないようにするには、ライセンスを取得した画像をプロジェクトに追加し、コンポジション内でプレビュー画像を選択してから Option キー(Mac OS)または Alt キー(Windows)を押したままライセンスを取得した画像を「プロジェクト」パネルから「タイムライン」パネルのプレビュー画像レイヤーにドラッグ&ドロップします。

アドビでは、将来的なアップデートに向けてこの問題を調査中です。

 

Photoshop でドキュメントの寸法を変更すると PSD がトリミングされる

 

After Effects のプロジェクトで使用されている Photoshop の .PSD ファイルを編集する際、ドキュメントのサイズを変更すると、After Effects CC 2015 (13.6)は新しい寸法を認識しません。画像に対するあらゆる変更が After Effects で表示されますが、画像が切り取られるか、古い寸法のまま拡大表示されます。

アドビでは、将来的なアップデートに向けてこの問題を調査中です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー