マスタープロパティを使用した直観的なモーショングラフィックステンプレートの作成。

マスタープロパティは、別のコンポジションにネストする際にコンポジションのレイヤーおよびエフェクトプロパティにアクセス可能なマスター制御として機能します。個別のプリコンポジションを開いてプロパティを表示する必要がないので、これにより、複数のネストされたコンポジションにわたる複雑なアニメーションを作成する際の時間を節約できます。マスタープロパティは、元の値およびキーフレームを上書きできます。これにより、同じコンポジションを異なる値を持つ複数のインスタンスとして再利用できます。ソースコンポジションは同じままで、編集した内容からインスタンスが作成され、コンポジションの編集後にレンダリングできます。マスタープロパティを説明するために使用される用語のリストについては、用語集を参照してください。

マスタープロパティを作成するには、エッセンシャルグラフィックスパネルで、ネストされたコンポジションからプロパティを追加するか、プロパティを追加した後にコンポジションをネストします(レイヤー/プリコンポーズ)。エッセンシャルグラフィックスパネルでサポートされるプロパティタイプについて詳しくは、サポートされるコントロールのタイプを参照してください。コンポジションをネストすると、タイムラインパネルにプリコンポジションレイヤーのマスタープロパティグループが表示されます。

マスタープロパティを作成するための主要ワークフローは、モーショングラフィックステンプレートのコントロールを作成する方法と似ています。違いはプロパティの使用方法です。After Effects のプリコンポジションまたは Premiere Pro のモーショングラフィックステンプレートのマスタープロパティを使用します。

用語集

コンポジションおよびマスタープロパティを操作する際に一般的に使用される用語を理解するには、用語集(既存の用語および新規用語)を参照してください。

ネストとプリコンポジション
ネストとプリコンポジション

ネスト:コンポジションを他のコンポジション内に配置します。

プリコンポジション:プロジェクトの別のコンポジション内にネストされているコンポジション。

親コンポジションと子コンポジションの階層
親コンポジションと子コンポジションの階層

例えば、あるコンポジション(コンポジション A)が別のコンポジション(コンポジション B)内に配置された場合、コンポジション A はコンポジション B(子コンポジション)を含む親コンポジションとなります。

マスタープロパティとマスターコンポジション
マスタープロパティとマスターコンポジション

エッセンシャルグラフィックスパネルでマスターとして設定したコンポジションは、マスタコンポジションです。マスターコンポジションで、タイムラインからエッセンシャルグラフィックスパネルにレイヤーまたはエフェクトプロパティを追加した場合、そのプロパティはマスタープロパティと呼ばれます。

ソースプロパティ
ソースプロパティ

マスタープロパティが参照するレイヤーまたはエフェクトプロパティ。

リンクされたプロパティ
リンクされたプロパティ

ソースプロパティが変更されていない場合のプリコンポジションのマスタープロパティ

リンク解除されたプロパティ
リンク解除されたプロパティ

ソースプロパティが変更されている場合のプリコンポジションのマスタープロパティ

プリコンポジションのマスタープロパティの値、キーフレームまたはエクスプレッションを変更すること。

マスタープロパティの操作

リンクされたプロパティ - マスターコンポジションをネストすると、そのプリコンポジションのマスタープロパティはソースプロパティにリンクされます。例えば、コンポジション B がコンポジション A にネストされている場合、コンポジション B のエフェクトおよびレイヤープロパティがソースプロパティです。コンポジション B からエッセンシャルグラフィックスパネルに追加するプロパティは、マスタープロパティです。ソースプロパティを変更すると、プリコンポジションのマスタープロパティも変更されます。

リンク解除されたプロパティ - ただし、プリコンポジションのマスタープロパティを変更すると、リンク解除されます。リンク解除により、マスターコンポジションのインスタンスが作成されます。マスタープロパティとソースプロパティの両方を別々に変更できます。

マスタープロパティを変更すると、ソースプロパティの値またはキーフレームが上書きされます。プリコンポジションは、マスターコンポジションの一意のインスタンスで、このインスタンスのみが変更した値またはキーフレームでレンダリングされます。

プルおよびプッシュボタン

マスタープロパティを変更すると、タイムラインパネルのプルおよびプッシュボタンが有効になり、マスタープロパティの名前が太字になります。これらは、プロパティのリンクが解除されていることを示しています。

プルおよびプッシュボタンは、マスタープロパティをソースプロパティに再リンクします。マスタープロパティグループ全体用だけでなく、各マスタープロパティ用のプルおよびプッシュボタンがあります。

  • プルは、マスタープロパティの変更した値、キーフレームおよびエクスプレッションを破棄します。
  • プッシュは、マスタープロパティの変更した値、キーフレームおよびエクスプレッションをソースプロパティに適用します。

プルまたはプッシュボタンのどちらかをクリックすると、マスタープロパティは再度ソースプロパティにリンクされ、プルおよびプッシュボタンが無効になります。

プルおよびプッシュボタン
プルおよびプッシュボタン

変更したマスタープロパティをソースプロパティにプッシュして戻すと、同じマスタープロパティがリンクされている場合、同じマスターコンポジションのすべてのインスタンスが更新されます。例えば、クレジットロール用にマスターコンポジションを作成し、複数回ネストして、いずれかのプリコンポジションのみのカラーマスタープロパティを変更します。新しいカラーの値をソース値にプッシュし直すと、マスターコンポジションのすべてのインスタンスが新しいカラーの値でレンダリングされます。

マスタープロパティの再リンク

  • プリコンポジションの複数のマスタープロパティをソースプロパティに再リンクするには:

特定のマスタープロパティを選択して、マスタープロパティグループのプルまたはプッシュボタンをクリックします。

複数のマスタープロパティの再リンク
複数のマスタープロパティの再リンク
  • プリコンポジションのすべてのマスタープロパティをソースプロパティに再リンクするには:

タイムラインパネルですべてのマスタープロパティを選択解除して、マスタープロパティグループのプルまたはプッシュボタンをクリックします。

ソーステキストのマスタープロパティの変更

親コンポジションのコンテキストでは、コンポジションパネルでタイプツールを使用してソーステキストのマスタープロパティを変更することはできません。

ソーステキストのマスタープロパティのテキスト文字列を変更するには、次のいずれかをおこないます。

  • ソーステキストのマスタープロパティを右クリックして、を選択します。ダイアログでテキスト文字列を編集して、「OK」をクリックします。
  • ソーステキストのマスタープロパティにエクスプレッションを適用します。新しい文字列を二重引用符で囲みます。例えば、"She sells seashells by the sea shore." のようにします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー