写真のレタッチと修復

これらのPhotoshopツールを使用すると、不要な領域の除去、傷の修正、歯のホワイトニング、赤目修正、不完全な部分の修正を簡単に行うことができます。

Adobe Photoshopディープリンク

Adobe Photoshopで試す
クローンと修復の詳細を確認しながら、画像を使用して、コピーソースパネルを見つけます。

画像のレタッチは、画像操作の基本的な手順の1つです。これにより、画像の独創性と魅力が高まります。 レタッチを使用すると、画像の欠点を除去または修正できます。

この記事のトピック:

削除ツールによるレタッチ

Photoshop 25.0(2023年9月リリース)で更新

この ツールを削除 ( )は、インテリジェントなテクノロジーを使用して、ユーザーがブラシで背景を塗りつぶすと同時に、複雑で変化に富んだ背景でオブジェクトの整合性と奥行きを維持しながら、不要なオブジェクトを削除します。 この機能は、オブジェクト間の境界を維持しながら、大きなオブジェクトを除去する場合に特に効果的です。

例えば、このツールを使用すると、山の地形の忠実度を維持しながら、建物または自動車全体を山の風景画像から削除できます。

画像内の不要な部分を ツールを削除、次の操作を行います。

  1. 選択 ツールを削除 グループから取得します。 

    注意:

    ツールを初めて使用するときに、必要なコンポーネントの自動インストールに関するダイアログが表示されることがあります。

  2. 次を使用します サイズ オプションバーのフィールドに、ブラシサイズを選択します。 1回のストロークで領域全体をカバーする場合は、ブラシのサイズを補正する領域よりも少し大きくします。

  3. (オプション) サイズに対する圧力 ブラシサイズを変更するためにスタイラスの筆圧を使用できるようにするボタン。

  4. (オプション)オンにする 全レイヤーを対象 オプションバーで、すべての表示レイヤーからデータをサンプリングします。 

    注意:

    新しいレイヤーを作成して選択し、 全レイヤーを対象 非破壊的なワークフローに使用します。 新しいピクセルは、現在選択しているレイヤーに作成されます。

  5. (オプション)オフにする ストロークごとに削除 塗りつぶしを適用する前に、ブラシの複数のストロークを許可します。 広い領域または複雑な領域に複数のストロークを使用します。 保持 ストロークごとに削除 をクリックして、1つの線を完了するとすぐに塗りを適用します。

  6. 削除する領域上でブラシをドラッグします。 If ストロークごとに削除 がオフの場合は、オプションバーで「適用」をクリックしてマジックを起こす必要があります。

注意:

に関する問題が発生した場合 ツールを削除、に移動 環境設定/画像処理/ツール処理を削除 を選択します 安定性を向上 安定性を向上させる。 詳しくは、以下を参照してください Photoshopの環境設定

削除ツールの推奨/最小ハードウェア環境

Windows

  最小ハードウェア要件
CPU 8コア(Intel Rocket Lake CPUまたは同等のモデル)
GPU 8 GB以上のRAMを搭載したNVidia RTX 3060以降のディスクリートGPUカード
メモリ 16 GB
SSDストレージ 512 GB

macOS

  最小ハードウェア要件
CPU 8コア
GPU 8 GB以上のRAMを搭載したミッドレベルのディスクリートGPUカード
メモリ 16 GB
SSDストレージ 512 GB
OSバージョン 12.6.3
プロセッサー M1 Pro ARMまたは同等のIntel

削除ツールの既知の問題とその回避策

この ツールを削除 では、一部のコンポーネントをAdobeサーバーからダウンロードする必要があります。 これらのコンポーネントのインストールは、Creative CloudデスクトップにPhotoshopをインストールした後に自動的にトリガーされます。 完了すると、 追加日 確認済み ツールを削除 の横にある3つのドットを選択した場合のコンポーネント 開く Photoshop 「 」をクリックして、「アドオン」を選択します。

インストールが完了した後、またはインストールが完了する前にPhotoshopを起動できます。 を選択した場合 ツールを削除では、次の問題が発生する可能性があります。

問題

解決策

使用時のクラッシュ ツールを削除

使用できません ツールを削除、Photoshopアプリケーションがクラッシュする。

  1. 次のことを確認してください GPUドライバー が最新です。
  2. を選択します 安定性を向上 ~からの選択肢 環境設定/画像処理/ツール処理を削除.

メッセージ「 」が表示されます必要なコンポーネントをダウンロードしています。 ダウンロードが完了したら、後でもう一度確認してツールを使用してください." 

を選択した場合 ツールを削除を選択している場合、ダウンロードが進行中であることを示すこのダイアログが表示されます。 コンポーネントは、一度だけダウンロードする必要があります。 ダウンロードをキャンセルせずに以下を選択してください 前のツールに戻る.

エラーメッセージ「 」が表示されますコンポーネントのダウンロード中にエラーが発生しました."

Adobeサーバーからコンポーネントをダウンロードする際にエラーが発生した可能性があります。

  • コンピューターがインターネットに接続されていることを確認します。
  • ディスク領域を解放して再選択する ツールを削除この機能コンポーネントには0.5~1 GBのディスク容量が必要です。
  • Photoshopを再起動して再選択 ツールを削除.

削除ツールの新しいインタラクション

次を使用します ツールを削除 完全にブラシを掛ける代わりに、削除する領域の周りにループを描画するには、

さらに、Photoshopがループを自動接続して塗りつぶす距離を決定するので、ループを閉じる必要さえありません。

この機能改善により、領域全体にブラシをかけることなく、大きな領域を選択して簡単に削除できます。

これにより、ブラシで大きな領域を除去する場合に、ピクセルの欠落が発生する可能性が低くなり、理想的な結果が得られません。 

消したい要素の周りに閉じたループをブラシでなぞる手順は、次のとおりです。

  1. 除去する領域の外周をブラシでなぞります。 エンドポイント 完全に連携する必要はありません。

    ブラシの下にあるループ内のコンテンツが削除されます。 このインタラクションにより、オブジェクト検出に基づいて領域が調整されます。

  2. マルチストロークが有効になっている場合は、マウス/ペンを使用するか、オプションバーの「適用」(チェックマーク)ボタンを選択します。

    オーバーレイ領域が自動的に塗りつぶされます。

    ヒント :

    このインタラクションは、 ストロークごとに削除 (「マルチストローク」チェックボックス)をオンまたはオフにします。

Iオブジェクトの描画中に誤って選択範囲を変更した場合は、ブラシストロークモードを「加算」から「減算」に変更して修正できます。

次の手順に従って、加算(+)モードと減算(-)モードの使用方法を確認します。

  1. チェックマークを外します ストロークごとに削除 オプションを ツールオプションバー マルチストロークモードになります。

  2. ブラシストロークを作成して削除する領域を指定します。

  3. ツールオプションバーの減算モード(-)ボタンをクリックして、ツールモードを変更します。

  4. 画像をもう一度ブラシをかけて、ハイライトされた領域から一部を削除します。

  5. 必要に応じて(+)モードと(-)モードを切り替え、削除する領域をブラシで調整します。

  6. 調整が完了したら、適用チェックマークを押すか、 Enter キーを押して、ハイライト表示された領域のすべてのアイテムの削除を開始します。

    ヒント :

    次を使用します option キー(Macの場合)または alt キーボードショートカットとして( Windowsマシン上で)キーを使用すると、次の操作をすばやく実行できます。 (+)と(-)のモードを一時的に切り替えます。

スポット修復ブラシツールの使用

この スポット修復ブラシツール ( )を使用して、写真のしみなどの気になる部分をすばやく除去できます。

この機能は、 修復ブラシ:画像またはパターンからサンプリングされたピクセルでペイントし、サンプリングされたピクセルのテクスチャ、照明、透明度および陰影を修復中のピクセルと一致させます。

と異なり、 修復ブラシ、および スポット修復ブラシツール サンプルスポットを指定する必要はありません。レタッチした領域の周囲から自動的にサンプルが採取されます。

Photoshopスポット修復ブラシツール
スポット修復ブラシツールを使用して汚れを除去

注意:

広い領域をレタッチする場合や、ソースサンプリングをより詳細に制御する場合は、スポット修復ブラシの代わりに修復ブラシを使用できます。

  1. を選択します スポット修復ブラシツール   をクリックします。 必要に応じて、 修復ブラシツール  , パッチツール  、または 赤目修正ツール   非表示のツールを表示し、選択を行います。

  2. オプションバーでブラシサイズを選択します。 修復する領域よりわずかに大きなブラシを使用すると、1回のクリックで領域全体をカバーできるので効果的です。
  3. (オプション)描画モードを モード をクリックします。 選択 置換 ソフトエッジブラシを使用するときに、ブラシストロークのエッジのノイズ、フィルム粒子、テクスチャを保持します。

  4. を選択します 種類 オプションバーのオプション:

    • 近似色: 選択範囲のエッジのピクセルを使用して、パッチとして使用する領域を検索します。
    • テクスチャを作成: 選択範囲内のピクセルを使用して、テクスチャを作成します。 テクスチャの効果が不十分な場合は、再度領域内をドラッグします。
    • コンテンツに応じる: 近くの画像コンテンツを比較して、選択範囲をシームレスに塗りつぶし、シャドウやオブジェクトのエッジなどの主要なディテールをリアルに維持します。
    注意:

    「コンテンツに応じる」オプションの選択範囲を拡大または正確にするには、編集/塗りつぶしコマンドを使用します。 (詳しくは、「 コンテンツに応じた塗りつぶし、パターンまたは履歴による塗りつぶし.)

  5. 選択 全レイヤーを対象 オプションバーで、すべての表示レイヤーからデータをサンプリングします。 選択を解除 全レイヤーを対象 をアクティブなレイヤーからのみサンプルします。

  6. 修復する領域をクリックします。広い領域を修復するには、ドラッグします。

修復ブラシツール

次を使用します 修復ブラシツール ( )をクリックして問題点を修正し、周囲の画像に紛れ込むようにします。 クローン作成ツールと同様に、 修復ブラシツール 画像またはパターンからサンプルしたピクセルでペイントします。

Photoshopのサンプルピクセルと修復画像
サンプルしたピクセルと修復した画像

ただし、このツールを使用すると、サンプルしたピクセルのテクスチャ、明るさ、透明度および陰影が、修復中のピクセルと一致します。

その結果、修復されたピクセルは、画像の残りの部分とシームレスにブレンドされます。

この 修復ブラシツール ビデオまたはアニメーションフレームに適用できます。

詳しくはこちら Photoshopの修復ブラシの例 このツールの操作に関するヒントとサンプル。

  1. を選択します 修復ブラシツール  .

  2. オプションバーのブラシサンプルをクリックし、ポップアップパネルでブラシオプションを設定します。
    注意:

    筆圧感知入力デジタルタブレットを使用している場合は、サイズポップアップメニューからオプションを選択し、ストロークの軌跡に対して修復ブラシのサイズを変化させることができます。 「筆圧」を選択すると、筆圧に基づいてバリエーションを設定できます。 「スタイラスホイール」を選択すると、ペンホイールの位置に基づいてバリエーションを設定できます。 サイズを変更しない場合は、「オフ」を選択します。

    • モード: 描画モードを指定します。 選択 置換 ソフトエッジブラシを使用するときに、ブラシストロークのエッジのノイズ、フィルム粒子、テクスチャを保持します。
    • 出典: ピクセルの修復に使用するソースを指定します。 サンプル 現在の画像のピクセルを使用する方法、または パターン パターンのピクセルを使用します。 以下を選択した場合 パターンからパターンを パターン ポップアップパネル。
    • 調整: マウスボタンを放しても、現在のサンプルポイントを失うことなく、ピクセルを連続してサンプルします。 選択を解除 調整あり ペイントを停止および再開するたびに最初のサンプルポイントからサンプルしたピクセルを使用し続ける場合。
    • サンプル: 指定したレイヤーからデータをサンプルします。 アクティブレイヤーとその下の表示レイヤーからサンプルするには、 現在とその下. アクティブレイヤーからのみサンプルするには、 現在のレイヤー. すべての表示レイヤーからサンプルするには、 すべてのレイヤー. 調整レイヤーを除くすべての表示レイヤーからサンプルするには、 すべてのレイヤー および 調整レイヤーを無視 右側のアイコン サンプル ポップアップメニューから選択します。
    • 拡散: 貼り付けた領域を周囲の画像に適応させる速度を制御します。 粒子や微細なディテールがある画像には低い値を、滑らかな画像には高い値を選択します
  3. 画像内の領域にポインターを置いてサンプルポイントを設定し、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらクリックします。

    注意:

    ある画像からサンプリングしたデータを別の画像に適用する場合、いずれかの画像がグレースケールモードの場合を除き、両方の画像が同じカラーモードである必要があります。

  4. (オプション) ソースのクローン パネルで「コピーソース」ボタンをクリック  追加のサンプルポイントを設定します。

    最大5つの異なるサンプルソースを設定できます。 この ソースのクローン サンプルソースは、編集しているドキュメントを閉じるまでパネルに記憶されます。

  5. (オプション) ソースのクローン パネルでコピーソースボタンを使用して、目的のサンプルソースを選択します。

  6. (オプション)次のいずれかの操作をおこないます ソースのクローン パネル:

    • コピー対象のソースを拡大・縮小または回転するには、W(幅)、H(高さ)の値を入力するか、回転する角度を入力します .

    または、 

    • コピーするソースのオーバーレイを表示するには、 オーバーレイを表示 オーバーレイオプションを指定します。
  7. 画像内でドラッグします。

    サンプルしたピクセルは、マウスボタンを放すたびに、既存のピクセルと混合されます。

注意:

修復する領域の境界線に強いコントラストがある場合は、修復ブラシツールを使用する前に範囲を選択します。 選択範囲は、修復する領域よりも大きく、コントラストのあるピクセルの境界に正確に従っている必要があります。 修復ブラシツールでペイントする場合は、選択範囲の外側からカラーがにじむのを防ぎます。

コピーソースパネル

この ソースのクローン パネル(ウィンドウ/コピーソース)には、 コピースタンプ ツールまたは 修復ブラシ ツール:

最大5つのサンプルソースを設定し、別のソースに変更するたびにリサンプリングすることなく、必要なサンプルソースをすばやく選択できます。 サンプルソースのオーバーレイを表示すると、特定の場所にあるソースのクローンを簡単に作成できます。 また、コピー先のサイズと向きに合わせて、サンプルソースを拡大・縮小または回転することもできます。

タイムラインベースのアニメーションの場合、 ソースのクローン サンプルソースのビデオ/アニメーションフレームとターゲットビデオ/アニメーションフレームのフレーム関係を指定するオプションもあります。 関連項目 ビデオフレームおよびアニメーションフレームの内容のコピー

コピースタンプツール

この コピースタンプ ツール  画像の一部を、同じ画像の別の部分または開いている同じカラーモードのドキュメントの別の部分にペイントします。 レイヤーの一部を別のレイヤーの上にペイントすることもできます。 このツールは、オブジェクトの複製や画像内の欠陥の除去に使用します。

また、 コピースタンプ ツール ビデオまたはアニメーションフレームのコンテンツをペイントします。 関連項目 ビデオおよびアニメーションフレームの内容のコピー.

Photoshopコピースタンプツールを使用した画像の変更
コピースタンプツールを使用した画像の変更

を使用するには、 コピースタンプ ツールを使用して、ピクセルをコピー(コピー)する領域にサンプルポイントを設定し、別の領域をペイントします。

ペイントを停止して再開するたびに最新のサンプルポイントでペイントするには、 調整あり オプションです。

選択を解除 調整あり ペイントを停止して再開する回数に関係なく、最初のサンプルポイントからペイントするオプション。

ブラシ先端は、 コピースタンプツールを使用すると、クローン領域のサイズを正確に制御できます。 また、不透明度と流量の設定を使用して、クローンされた領域へのペイントアプリケーションを制御することもできます。

  1. を選択します コピースタンプツール  .

  2. オプションバーでブラシ先端を選択し、描画モード、不透明度、インク流量のブラシオプションを設定します。
  3. サンプルしたピクセルを整列する方法とドキュメントのレイヤーからデータをサンプルする方法を指定するには、オプションバーで次のいずれかを設定します。
    • 調整: マウスボタンを放しても、現在のサンプルポイントを失うことなく、ピクセルを連続してサンプルします。 選択を解除 調整あり ペイントを停止および再開するたびに最初のサンプルポイントからサンプルしたピクセルを使用し続ける場合。
    • サンプル: 指定したレイヤーからデータをサンプルします。 アクティブレイヤーとその下の表示レイヤーからサンプルするには、 現在とその下. アクティブレイヤーからのみサンプルするには、 現在のレイヤー. すべての表示レイヤーからサンプルするには、 すべてのレイヤー. 調整レイヤーを除くすべての表示レイヤーからサンプルするには、 すべてのレイヤー を押しながら 調整レイヤーを無視 右側のアイコン サンプル ポップアップメニューから選択します。
  4. 開いている画像内でポインターを置いてサンプルポイントを設定し、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらクリックします。

    注意:

    作業しているのが調整レイヤーでないことを確認してください。 この コピースタンプツール 調整レイヤーでは機能しません。

  5. (オプション) ソースのクローン パネルの「コピーソース」ボタンを選択  追加のサンプルポイントを設定します。

    最大5つの異なるサンプルソースを設定できます。 この ソースのクローン サンプルソースは、ドキュメントを閉じるまでパネルに保存されます。

  6. (オプション)次のいずれかの操作をおこないます ソースのクローン パネル:

    • コピー対象のソースを拡大・縮小または回転するには、W(幅)、H(高さ)の値を入力するか、回転する角度を入力します .

    または、

    • ソースの方向を逆にするには(目などに使用する反射機能に適しています)、「水平方向に反転」をクリックします  または垂直方向に反転  ボタンをクリックします。

    または、

    • コピーするソースのオーバーレイを表示するには、 オーバーレイを表示 オーバーレイオプションを指定します。
    注意:

    「クリップ」を選択すると、オーバーレイがブラシサイズにクリップされます。

  7. 画像内の補正する領域をドラッグします。

コピーと修復のサンプルソースの設定

現在の文書またはPhotoshopで開いている任意の文書のサンプルソースで、 コピースタンプ または 修復ブラシツール.

ビデオまたはアニメーションをコピーするときは、ペイントしている現在のフレームにサンプルポイントを設定するか、フレームが別のビデオレイヤーまたは開いている別のドキュメントにある場合でも、別のフレームにソースをサンプリングできます。

では、一度に最大5つの異なるサンプリングソースを設定できます ソースのクローン パネル。 このパネルは、ドキュメントを閉じるまでサンプルソースを保存します。

  1. ビデオまたはアニメーションフレームをクローンするには、アニメーションパネルを開きます(ビデオまたはアニメーションフレームをクローンしない場合は、手順2に進みます)。 タイムラインアニメーションオプションを選択し、サンプリングするソースがあるフレームに現在の時間インジケーターを移動します。

  2. サンプルポイントを設定するには、 コピースタンプ toolキーとAltキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながら、開いている任意のドキュメントウィンドウをクリックします。

  3. (オプション)別のサンプルポイントを設定するには、別のポイントを選択します ソースのクローン ボタン ソースのクローン パネル。

    のサンプルソースを変更できます ソースのクローン 別のサンプルポイントを設定してボタンをクリックします。

サンプルソースの拡大・縮小または回転

  1. コピースタンプツールまたは修復ブラシツールを選択し、ソースサンプル(複数可)を設定します。
  2. コピーソースパネルで、コピーソースを選択してから、以下のうち必要な操作を行います。
    • サンプルソースを拡大・縮小するには、W(幅)またはH(高さ)をパーセント値で入力するか、WまたはHのスクラブを行います。初期設定では、縦横比は固定されています。 幅と高さを個別に調整するか、縦横比の固定を復元するには、縦横比を固定ボタンをクリックします .
    • サンプルソースを回転するには、「コピーソースを回転」に角度値を入力するか、コピーソースを回転アイコンのスクラブスライダーをドラッグします .
    • サンプルソースを元のサイズと向きにリセットするには、変形を初期化ボタンをクリックします .

サンプルソースオーバーレイオプションの調整

サンプルソースのオーバーレイオプションを調整すると、コピースタンプツールや修復ブラシツールを使用してペイントする際に、オーバーレイ画像と下にある画像が見やすくなります。

注意:

コピースタンプツールを使用したペイント中にオーバーレイを一時的に表示するには、Alt + Shiftキー(Windows)またはOption + Shiftキー(macOS)を押します。 ブラシが一時的にソースオーバーレイを移動ツールに変わります。 オーバーレイをドラッグして別の場所に移動します。

  1. コピーソースパネルで、次を選択します。 オーバーレイを表示 次のいずれかの操作を行います。
    • ペイントストロークの適用時にオーバーレイを非表示にするには、「自動非表示」を選択します。
    • オーバーレイをブラシサイズにクリップするには、「クリップ」オプションを有効にします。
    • オーバーレイの不透明度を設定するには、「不透明度」テキストボックスにパーセント値を入力します。
    • オーバーレイの外観を設定するには、コピーソースパネルの下部にあるポップアップメニューから、「通常」、「比較(暗)」、「比較(明)」または「差の絶対値」のいずれかの描画モードを選択します。
    • オーバーレイのカラーを反転するには、「反転」を選択します。
    注意:

    ソースオーバーレイと下にある画像が同じような内容の場合に、同一領域を揃えるには、「不透明度」を50 %に設定し、「反転」を選択して、「クリップ」の選択を解除します。 調整すると、一致する画像領域がグレー一色で表示されます。

クローンソースオフセットの指定

を使用する場合 コピースタンプツール または 修復ブラシツールサンプルしたソースを使用して、ターゲット画像内の任意の場所をペイントできます。 オーバーレイオプションを使用すると、ペイントする場所を視覚化できます。 ただし、サンプルポイントを基準にして特定の場所をペイントする場合は、xおよびyピクセルオフセットを指定できます。

ソースのクローン パネルで、使用するソースを選択し、 オフセット オプションです。

ビデオ | Photoshopでの車のレタッチ

Photoshopで車の画像をレタッチする方法

スコットケルビー

パッチツール

この パッチツール   別の領域またはパターンのピクセルを使用して、選択した領域を修復できます。 いいね! 修復ブラシツール、および パッチツール サンプルしたピクセルのテクスチャ、照明および陰影をソースピクセルと一致させます。

また、 パッチツール 画像の分離された領域をコピーします。 8 bit/チャンネルまたは16 bit/チャンネルの画像で使用できます。

注意:

画像内のピクセルを使用して修復する場合は、小さな領域を選択すると、最適な結果が得られます。

コンテンツに応じたパッチツールのオプションの使用方法については、  コンテンツに応じたパッチと移動.

Photoshopパッチツール
パッチツールを使用したピクセルの置き換え

Photoshopのパッチ適用画像
パッチ適用画像

サンプルピクセルを使用した領域の修復

  1. を選択します パッチツール  .

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内でドラッグして、修復する領域を選択します Source をクリックします。

    または、

    • 画像内でドラッグして、サンプルして選択する領域を選択します 保存先 をクリックします。
    注意:

    パッチツールを選択する前に選択することもできます。

  3. 選択範囲を調整するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内でShiftキーを押しながらドラッグすると、既存の選択範囲に追加されます。
    • Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながら画像内でドラッグすると、既存の選択範囲から除外されます。
    • Alt+Shiftキー(Windows)またはOption+Shiftキー(macOS)を押しながら画像内でドラッグすると、既存の選択範囲と交差する領域を選択できます。
  4. サンプルした領域から透明背景のテクスチャを抽出するには、 透明. ターゲット領域をサンプルした領域に完全に置き換える場合は、このオプションの選択を解除します。

    注意:

    この 透明 このオプションは、べた塗りまたはグラデーションの背景をはっきりした鮮明なテクスチャ(青空を背景に飛ぶ鳥など)に置き換える場合に最適です。

  5. ペーストする領域を周囲の画像に適応させる速度を制御するには、 拡散 スライダー。 粒子や微細なディテールがある画像には低い値を選択し、滑らかな画像には高い値を選択します。

  6. 選択範囲の中にポインターを置き、次のいずれかの操作を行います。
    • If Source がオプションバーで選択されている場合は、サンプル元の領域に選択範囲の境界線をドラッグします。 マウスボタンを放すと、最初に選択した領域にサンプルしたピクセルがパッチされます。
    • If 保存先 がオプションバーで選択されている場合、パッチを適用する領域に選択範囲の境界線をドラッグします。 マウスボタンを放すと、新しく選択した領域にサンプルしたピクセルがパッチされます。

パターンを使用した領域の修復

  1. を選択します パッチツール  .

  2. 画像内でドラッグして、修復する領域を選択します。
    注意:

    パッチツールを選択する前に選択することもできます。

  3. 必要に応じて、手順3 ~ 4を完了します(以下から) サンプルピクセルを使用した領域の修復)をクリックして、選択範囲を調整し、透明な背景でパターンテクスチャを適用します。

  4. からパターンを選択 パターン オプションバーのパネルを使用して パターンを使用.

赤目を除去

ビデオ | 赤目の除去および歯のホワイトニング

Photoshopのプリンシパルプロダクトマネージャーであるブライアンオニールヒューズは、Photoshopプレイブックのこのエピソードで、Photoshopを使用して赤目を除去し、歯を白く見せる方法を示しています。

ブライアンオニールヒューズ

http://www.photoshop.com/people/bryan

この 赤目修正ツール フラッシュ撮影で撮影した人物や動物の赤目を除去します。

  1. RGBカラーモードで、 赤目修正ツール  . (その 赤目修正ツール は、 スポット修復ブラシツール  . ツールを押したままにすると、グループ内の追加のツールが表示されます)。

  2. 赤目をクリックします。 結果に満足できない場合は、補正を取り消し、オプションバーで次のオプションを1つ以上設定し、赤目を再度選択します。

    • 瞳のサイズ: 影響を受ける領域を増減 赤目修正ツール.
    • 暗くする量: 補正の暗さを設定します。
注意:

カメラのフラッシュが被写体の網膜に反射すると、赤目が生じます。 暗い部屋で被写体の虹彩が広く開いているため、写真を撮る際に、この現象がよく見られます。 赤目を修正するには、カメラの赤目修正機能を使用します。 または、別のフラッシュユニットを使用して、カメラのレンズから離れた場所にカメラに取り付けることをお勧めします。

ビデオ | 明るさの補正と不要なオブジェクトの削除

Photoshopプリンシパル製品マネージャーのBryan O'Neil Hughesが、不要なオブジェクトを除去し、ブラシベースの色かぶり補正を使用して被写体の輝度と色温度を均等にする方法を説明します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合