注意:

Photoshop CC より前の Photoshop バージョンにおいて、この記事で説明している機能の一部は Photoshop Extended をお持ちの場合のみ使用できます。Photoshop CC には、別個の Extended バージョンはありません。Photoshop CC には、Photoshop Extended のすべての機能が含まれています。

様々な Photoshop ツールを使うと、汚れの修正、歯のホワイトニング、赤目の修正など、画像内の様々な傷や汚れを簡単に修正することができます。

コピーソースパネルについて

コピースタンプツールまたは修復ブラシツールには、コピーソースパネルオプションがあります(ウィンドウ/コピーソースを選択)。最大 5 個のサンプルソースを設定できます。選択は簡単で、別のソースに変更するたびに再サンプルする必要はありません。サンプルソースのオーバーレイを表示すると、ソースを特定の場所に簡単にコピーできます。サンプルソースを拡大・縮小または回転させて、コピー先のサイズや向きに合わせることもできます。

タイムラインアニメーションの場合は、コピーソースパネルを使用して、サンプルのコピー元ビデオ/アニメーションフレームとコピー先ビデオ/アニメーションフレームとの間のフレーム関係を指定することもできます。併せて、ビデオおよびアニメーションフレームの内容のコピーも参照してください。

コピースタンプツールによるレタッチ

コピースタンプツール を使用すると、画像の一部を同じ画像の別の部分にペイントしたり、カラーモードが同一の任意のオープンドキュメントの一部にペイントしたりできます。あるレイヤーの一部を別のレイヤーの上にペイントすることもできます。コピースタンプツールは、オブジェクトを複製したり、画像内のゴミを取り除くのに便利です。

コピースタンプツールでは、ビデオまたはアニメーションフレームに内容をペイントすることもできます。併せて、ビデオおよびアニメーションフレームの内容のコピーも参照してください。

コピースタンプツールを使用するには、ピクセルのコピー(複製)元とする領域にサンプルポイントを設定し、別の領域をペイントします。ペイントを停止して再開するたびに最新のサンプルポイントがペイントで使用されるようにするには、「調整あり」オプションを選択します。ペイントの停止と再開を何度行っても、初期のサンプルポイントからペイントするには、「調整あり」オプションの選択を解除します。

コピースタンプツールでは任意のブラシ先端を使用できます。これにより、コピー領域のサイズを精密に調整できるようになります。また、不透明度とインク流量に関する設定を使用して、コピー領域へのペイントの適用を制御することもできます。

Photoshop コピースタンプツールを使用した画像の変更
コピースタンプツールを使用した画像の変更

  1. コピースタンプツール  を選択します。
  2. オプションバーで、ブラシ先端を選択し、描画モード、不透明度、インク流量のブラシオプションを設定します。
  3. サンプルしたピクセルを整列する方法とドキュメントのレイヤーからデータをサンプルする方法を指定するには、オプションバーで以下のうち必要なオプションを設定します。

    調整あり

    マウスボタンを放しても、現在のサンプルポイントを失うことなく、ピクセルを連続してサンプルします。「調整あり」の選択を解除した場合は、ペイント操作を中断および再開するたびに、最初のサンプルポイントから継続的にサンプルが採取されて複製を行います。

    サンプル

    指定したレイヤーからデータをサンプルします。アクティブなレイヤーとその下位にある表示レイヤーからサンプルするには、「現在のレイヤー以下」を選択します。アクティブなレイヤーからのみサンプルするには、「現在のレイヤー」を選択します。すべての表示レイヤーからサンプルするには、「すべてのレイヤー」を選択します。調整レイヤーを除くすべての表示レイヤーからサンプルするには、「すべてのレイヤー」を選択し、サンプルポップアップメニューの右にある調整レイヤーを無視ボタンをクリックします。

  4. 開かれている画像内でポインターを移動してサンプルポイントを設定し、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

    注意:

    作業しているのが調整レイヤーでないことを確認してください。コピースタンプツールは調整レイヤーでは機能しません。

  5. (オプション)コピーソースパネルでコピーソースボタン をクリックして、追加のサンプルポイントを設定します。

    最大 5 個のサンプルソースを設定できます。サンプルソースは、ドキュメントを閉じるまでコピーソースパネルに保存されます。

  6. (オプション)コピーソースパネルで、以下のうち必要な操作を行います。
    • コピー対象のソースを拡大・縮小または回転するには、W(幅)、H(高さ)の値を入力するか、回転する角度  を入力します。
    • ソースの方向を反転するには(目などに使用する反射機能に適しています)、水平方向に反転 ボタンまたは垂直方向に反転 ボタンをクリックします。
    • コピーソースのオーバーレイを表示するには、「オーバーレイを表示」を選択してオーバーレイオプションを指定します。

    注意:

    「クリップ」を選択して、オーバーレイをブラシサイズにクリップします。

  7. 画像内で、修正する領域をドラッグします。

コピーや修復のサンプル元の設定

コピースタンプツールまたは修復ブラシツールを使用すると、Photoshop の現在のドキュメントまたは開いている任意のドキュメントでソースをサンプルできます。

ビデオまたはアニメーションをコピーする場合は、ペイント中の現在のフレームにサンプルポイントを設定したり、別のフレームにサンプルソースを設定したりできます。この際、フレームが別のビデオレイヤーまたは別のオープンドキュメントに含まれていてもかまいません。

コピーソースパネルでは、一度に最大 5 個のサンプルソースを設定できます。サンプルソースは、ドキュメントを閉じるまでコピーソースパネルに保存されます。

  1. ビデオまたはアニメーションフレームをコピーするには、アニメーションパネルを開きます(ビデオまたはアニメーションフレームをコピーしない場合は、手順 2 に進みます)。タイムラインアニメーションに変換ボタンをクリックして、サンプルソースが含まれているフレームに現在の時間インジケーターを移動します。

  2. サンプルポイントを設定するには、コピースタンプツールを選択して、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、開いている任意のドキュメントウィンドウをクリックします。
  3. (オプション)別のサンプルポイントを設定するには、コピーソースパネルで別のコピーソースボタン をクリックします。

    別のサンプルポイントを設定すると、コピーソースボタンのサンプルソースを変更できます。

サンプルソースの拡大・縮小または回転

  1. コピースタンプツールまたは修復ブラシツールを選択して、ソースサンプル(複数可)を設定します。
  2. コピーソースパネルで、コピーソースを選択してから、以下のうち必要な操作を行います。
    • サンプルソースを拡大・縮小するには、W(幅)または H(高さ)をパーセント値で入力するか、W または H のスクラブスライダーをドラッグします。初期設定では縦横比は固定されます。幅と高さを個別に調整するか、縦横比の固定を復元するには、縦横比を固定ボタン  をクリックします。
    • サンプルソースを回転するには、「コピーソースを回転」に角度値を入力するか、コピーソースを回転アイコン  のスクラブスライダーをドラッグします。
    • サンプルソースを元のサイズと向きにリセットするには、変形を初期化ボタン  をクリックします。

サンプルソースオーバーレイオプションの調整

サンプルソースのオーバーレイオプションを調整すると、コピースタンプツールや修復ブラシツールを使用してペイントする際に、オーバーレイ画像と下にある画像が見やすくなります。

注意:

コピースタンプツールを使用したペイント時にオーバーレイを一時的に表示するには、Alt + Shift キー(Windows)または Option + Shift キー(Mac OS)を押します。ブラシがソースオーバーレイの移動ツールに一時的に変わります。オーバーレイをドラッグして別の場所に移動します。

  • コピーソースパネルで、「オーバーレイを表示」を選択してから、以下のうち必要な操作を行います。
    • ペイントストロークの適用時にオーバーレイを非表示にするには、「自動的に隠す」を選択します。
    • オーバーレイをブラシサイズにクリッピングするには、「クリップ」オプションを有効にします。
    • オーバーレイの不透明度を設定するには、「不透明度」テキストボックスにパーセント値を入力します。
    • オーバーレイの外観を設定するには、コピーソースパネルの下部にあるポップアップメニューから、「通常」、「比較(暗)」、「比較(明)」または「差の絶対値」のいずれかの描画モードを選択します。
    • オーバーレイ内のカラーを反転するには、「反転」を選択します。

    注意:

    ソースオーバーレイと下にある画像が同じような内容の場合に、同一領域を揃えるには、「不透明度」を 50 %に設定し、「反転」を選択して、「クリップ」の選択を解除します。同一領域が一致すると、グレーの単色で表示されます。

コピーソースオフセットの指定

コピースタンプツールまたは修復ブラシツールでは、コピー先画像内の任意の場所にサンプルソースをペイントできます。オーバーレイオプションを使用すると、ペイントの対象領域を見て、確認することができます。また、ペイントする場所をサンプルポイントに対して厳密に指定する必要がある場合は、X 座標および Y 座標のピクセルオフセットを指定できます。

  • コピーソースパネルで、使用するソースを選択し、「オフセット」オプションで 「X」および「Y」のピクセル値を入力します。

修復ブラシツールによるレタッチ

注意:Photoshop CC 2015.5 リリース以降、修復ブラシツールを以前の Photoshop CC 2014 の動作に復帰するオプションが用意されています。環境設定/ツール/修復ブラシに以前の修復アルゴリズムを使用を選択します。Photoshop のバージョン履歴について詳しくは、新機能の概要を参照してください。

修復ブラシツールを使用すると、不完全な部分を修正し、まわりの画像となじませることができます。スタンプツールの場合と同様に、修復ブラシツールでも、画像またはパターンからサンプルしたピクセルを使用してペイントすることができます。また、修復ブラシツールでは、サンプルしたピクセルのテクスチャ、明るさ、陰影および透明度を修復先のピクセルと一致させることもできます。そのため、修復したピクセルが画像の残りの部分にシームレスに溶け込みます。

修復ブラシツールは、ビデオまたはアニメーションフレームに適用できます。動作中の修復ブラシのヒントやサンプルについては、Photoshop の修復ブラシの例を参照してください。

Photoshop サンプルしたピクセルと修復後の画像
サンプルしたピクセルと修復後の画像

  1. 修復ブラシツール  を選択します。
  2. オプションバーのブラシサンプルをクリックして、ポップアップパネルでブラシオプションを設定します。

    注意:

    筆圧感知入力デジタルタブレットを使用する場合は、サイズポップアップメニューからオプションを選択すると、ストロークの軌跡に対して修復ブラシのサイズが変化するように設定できます。「筆圧」を選択すると、筆圧に基づいてバリエーションを設定できます。「スタイラスホイール」を選択すると、ペンホイールの位置に基づいて変化の度合いを設定できます。「オフ」を選択すると、サイズは変化しません。

    モード

    描画モードを指定します。「置き換え」を選択すると、柔らかいエッジのブラシを使用するときに、ブラシストロークのエッジ部分のノイズ、フィルムの粒度およびテクスチャが保持されます。

    ソース

    ピクセルの修復に使用するソースを指定します。「サンプル」を選択すると現在の画像のピクセル、「パターン」を選択するとパターンのピクセルが使用されます。「パターン」を選択した場合は、パターンポップアップパネルからパターンを選択します。

    調整あり

    マウスボタンを放しても、現在のサンプルポイントを失うことなく、ピクセルを連続してサンプルします。「調整あり」の選択を解除した場合は、ペイント操作を中断および再開するたびに、最初のサンプルポイントから継続的にサンプルが採取されて複製を行います。

    サンプル

    指定したレイヤーからデータをサンプルします。アクティブなレイヤーとその下位にある表示レイヤーからサンプルするには、「現在のレイヤー以下」を選択します。アクティブなレイヤーからのみサンプルするには、「現在のレイヤー」を選択します。すべての表示レイヤーからサンプルするには、「すべてのレイヤー」を選択します。調整レイヤーを除くすべての表示レイヤーからサンプルするには、「すべてのレイヤー」を選択し、サンプルポップアップメニューの右にある調整レイヤーを無視ボタンをクリックします。

    誤差拡散法

    ペーストされた領域を周囲の画像に合わせる速度を制御します。きめ細かな画像や詳細を際立たせたい画像には低い値を、滑らかな画像には高い値を選択します。

  3. 画像内の領域にポインターを置いてサンプルポイントを設定し、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

    注意:

    一方の画像からサンプルしたピクセルを他の画像に適用する場合、それら両方の画像は同じカラーモードでなければなりません(ただし、いずれか一方の画像がグレースケールモードの場合を除く)。

  4. (オプション)コピーソースパネルでコピーソースボタン をクリックして、追加のサンプルポイントを設定します。

    最大 5 個のサンプルソースを設定できます。サンプルソースは、ドキュメントを閉じるまでコピーソースパネルに記憶されます。

  5. (オプション)コピーソースパネルでコピーソースボタンをクリックして、目的のサンプルソースを選択します。
  6. (オプション)コピーソースパネルで、以下のうち必要な操作を行います。
    • コピー対象のソースを拡大・縮小または回転するには、W(幅)、H(高さ)の値を入力するか、回転する角度  を入力します。
    • コピーソースのオーバーレイを表示するには、「オーバーレイを表示」を選択してオーバーレイオプションを指定します。
  7. 画像内でドラッグします。

    サンプルしたピクセルは、マウスボタンを放すたびに、既存のピクセルと融合されます。

注意:

修復する領域のエッジ部分のコントラストが強い場合は、修復ブラシツールを使用する前に選択範囲を設定します。その選択範囲は、修復する領域より大きくて、コントラストの強いピクセルの境界線にピッタリと沿っていなければなりません。修復ブラシツールを使用してペイントを実行すると、選択範囲を設定していることにより、選択範囲の外部からカラーが流れ込みません。

スポット修復ブラシツールによるレタッチ

スポット修復ブラシツールを使用すると、写真内の汚れなどの不完全な部分をすばやく取り除くことができます。スポット修復ブラシは、修復ブラシと機能が似ています。画像またはパターンからサンプルしたピクセルでペイントし、サンプルしたピクセルのテクスチャ、明るさ、陰影および透明度を修復先のピクセルと一致させることができます。ただし、修復ブラシと異なり、スポット修復ブラシではサンプルスポットを指定する必要がありません。スポット修復ブラシでは、レタッチ領域の周りから自動的にサンプルが採取されます。

Photoshop スポット修復ブラシツール
スポット修復ブラシツールを使用して汚れを除去

注意:

広範囲をレタッチしたり、採取するサンプルをより精細に指定するには、スポット修復ブラシの代わりに修復ブラシを使用できます。

  1. ツールパネルでスポット修復ブラシツール を選択します。修復ブラシツール、パッチツール、赤目修正ツールが前面に表示されている場合はクリックし、非表示のツールを表示して選択します。
  2. オプションバーでブラシサイズを選択します。修復する領域よりわずかに大きなブラシを選択すると、1 回のクリックで領域全体をカバーできます。
  3. (オプション)オプションバーのモードポップアップメニューからモードを選択します。「置き換え」を選択すると、柔らかいエッジのブラシを使用するときに、ブラシストロークのエッジ部分のノイズ、フィルムの粒度およびテクスチャが保持されます。
  4. オプションバーで「種類」のオプションを選択します。

    近似色に合わせる

    選択範囲のエッジのピクセルを使用し、パッチとして使用する領域を検出します。

    テクスチャを作成

    選択範囲内のピクセルを使用し、テクスチャを作成します。テクスチャの効果が不十分な場合は、再度領域内をドラッグします。

    コンテンツに応じる

    近くの画像コンテンツを比較して選択範囲をシームレスに塗りつぶします。このとき、シャドウやオブジェクトのエッジなどの主なディテールは保持されます。

    注意:

    「コンテンツに応じる」オプションで、より大きな選択範囲、またはより正確な選択範囲を塗りつぶすには、編集/塗りつぶしコマンドを使用します(コンテンツに応じた塗りつぶし、パターン塗りつぶし、ヒストリー塗りつぶしを参照してください)。

  5. オプションバーの「全レイヤーを対象」を選択すると、すべての表示レイヤーからデータがサンプルされます。「全レイヤーを対象」の選択を解除した場合は、アクティブなレイヤーのデータだけがサンプルされます。
  6. 修復する領域をクリックします。広い領域を修復するには、ドラッグします。

ビデオ | Photoshop で車をレタッチする

ビデオ | Photoshop で車をレタッチする
Photoshop で車の画像をレタッチする方法
スコット ケルビー

領域のパッチ

パッチツールを使用すると、別の領域またはパターンのピクセルを使用して、選択した領域を修復できます。修復ブラシツールの場合と同様に、パッチツールでも、サンプルしたピクセルのテクスチャ、明るさおよび陰影を元のピクセルと一致させることができます。また、パッチツールでは、画像内のバラバラの領域を複製することもできます。パッチツールは、8 bit/チャンネルまたは 16 bit/チャンネルの画像で機能します。

注意:

画像内のピクセルを使用して修復を実行する場合は、小さな領域を選択すると、最適な結果が得られます。

コンテンツに応じたパッチツールの使用方法について詳しくは、コンテンツに応じたパッチと移動を参照してください。

Photoshop パッチツール
パッチツールを使用したピクセルの置き換え

Photoshop パッチ後の画像
パッチ後の画像

サンプルしたピクセルを使用した領域の修復

  1. パッチツール  を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内でドラッグして、修復する領域を選択し、オプションバーの「ソース」を選択します。
    • 画像内でドラッグして、サンプルする領域を選択し、オプションバーの「複製先」を選択します。

    注意:

    選択範囲は、パッチツールを選択する前に指定することもできます。

  3. 選択範囲を調整するには、次のいずれかの操作を行います。
    • Shift キーを押しながら画像内でドラッグすると、既存の選択範囲に追加されます。
    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら画像内でドラッグすると、既存の選択範囲から除外されます。
    • Alt + Shift キー(Windows)または Option + Shift キー(Mac OS)を押しながら画像内でドラッグすると、既存の選択範囲と共通している領域が選択されます。
  4. サンプルした領域から透明背景を含むテクスチャを抽出するには、「透明」を選択します。ターゲット領域全体をサンプルした領域に置き換える場合は、このオプションを選択解除します。

    注意:

    「透明」オプションは、べた塗りまたはグラデーションの背景をはっきりした鮮明なテクスチャ(青空を背景に飛ぶ鳥など)に置き換える場合に効果的です。

  5. ペーストされた領域を周囲の画像に合わせる速度を制御するには、拡散スライダーを調整します。きめ細かな画像や詳細を際立たせたい画像には低い値を、滑らかな画像には高い値を選択します。

  6. 選択範囲の中にポインターを置き、次のいずれかの操作を行います。
    • オプションバーで「ソース」が選択されている場合は、サンプル元の領域に選択範囲の境界線をドラッグします。マウスボタンを放すと、元の選択した領域にサンプルしたピクセルがパッチされます。
    • オプションバーで「複製先」が選択されている場合は、パッチ先の領域に選択範囲の境界線をドラッグします。マウスボタンを放すと、新しく選択した領域にサンプルしたピクセルがパッチされます。

パターンを使用した領域の修復

  1. パッチツール  を選択します。
  2. 画像内でドラッグして、修復する領域を選択します。

    注意:

    選択範囲は、パッチツールを選択する前に指定することもできます。

  3. 選択範囲の調整および透明背景を含むパターンテクスチャの適用を行うには、必要に応じて、上記 3~4 の手順を実行します。
  4. オプションバーのパターンパネルからパターンを選択し、「パターンを使用」をクリックします。

赤目の除去

ビデオ | 赤目除去と歯のホワイトニング

ビデオ | 赤目除去と歯のホワイトニング
Photoshop Playbook のこのエピソードでは、Photoshop プリンシパル製品マネージャーのブライアン オニール ヒューズが赤目除去と歯を白く見せる方法を説明します。
ブライアン オニール ヒューズ

赤目修正ツールを使用すると、フラッシュ撮影で発生する人物や動物の赤目を除去できます。

  1. RGB カラーモードで、赤目修正ツール  を選択します(赤目修正ツールは、スポット修復ブラシツール  と同じグループにあります。ツールを押したままにすると、グループ内の他のツールが表示されます)。
  2. 赤目をクリックします。結果に満足できない場合は、赤目の修正を取り消し、オプションバーで必要なオプションを設定し、赤目を再度クリックします。

    瞳の大きさ

    赤目修正ツールが影響する領域を増減します。

    暗くする量

    修正の濃さを設定します。

注意:

カメラのフラッシュが目の網膜に反射すると、赤目が起こります。暗いところでの撮影は瞳孔が開いているため、赤目が発生しやすくなります。赤目を避けるには、カメラの赤目軽減機能を使用します。さらに有効な方法としては、外部フラッシュを接続してカメラのレンズとフラッシュの間隔を離します。

ビデオ | 光補正と不要な物体の除去

ビデオ | 光補正と不要な物体の除去
Photoshop Playbook のこのエピソードでは、Photoshop プリンシパル製品マネージャーのブライアン オニール ヒューズが不要な物体を除去して、ブラシベースの覆い焼きを使って、対象物の輝度と色温度を均一化する方法を説明します。
Adobe Photoshop

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー