マルチカメラの編集ワークフロー

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro 必要システム構成
    5. Premiere Pro のキーボードショートカット
    6. Premiere Pro のアクセシビリティ
  3. プロジェクトの作成
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  4. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. パネルの操作
    3. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
  5. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタイズ
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送と読み込み
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  6. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      7. マーカーの操作
      8. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. オーディオクリップミキサーを使用したモニタークリップのボリュームおよびパン
      6. オーディオバランスとパンについて
      7. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      8. オーディオエフェクトとトランジション
      9. オーディオトランジションの操作
      10. オーディオへのエフェクトの適用
      11. 「ラウドネスレーダー」エフェクトを使用したオーディオの測定
      12. オーディオミックスの録音
      13. タイムラインでのオーディオの編集
      14. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      15. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラの編集ワークフロー
      2. 長編映画の編集ワークフロー
      3. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイを設定および使用
      4. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
  7. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライザ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  8. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. タイトルとモーショングラフィックスの作成
      2. Premiere Pro でのテキストグラデーションの適用
      3. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      4. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      5. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      6. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. キャプションの操作
      9. 音声テキスト変換
      10. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      11. レガシータイトルをソースグラフィックにアップグレードする
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  9. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  10. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. Lumetri Look を使用したカラーでのクリエイティブ管理
    3. RBG および色相 / 彩度カーブを使用したカラーの調整
    4. ショット間でのカラーの補正
    5. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    6. ビネットの作成
    7. Lumetri スコープ
    8. カラーマネジメントの表示
    9. 放送用 HDR
    10. DirectX HDR サポートを有効にする
  11. メディアの書き出し
    1. 書き出しのワークフローと概要
    2. クイック書き出し
    3. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    4. 静止画像の書き出し
    5. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    6. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    7. Panasonic P2 形式への書き出し
    8. DVD または Blu-ray ディスクへの書き出し
    9. ベストプラクティス:高速に書き出す
  12. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  13. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロダクションの使用
    8. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    9. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    10. メタデータの管理
    11. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:プロダクションの操作
      2. ベストプラクティス:放送制作から学習する
      3. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  14. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつきの抑制
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      2. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      3. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      4. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  15. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニター
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

インポイント/アウトポイント、クリップマーカーおよびオーディオの同期により、複数のカメラソースのクリップを使用してマルチカメラソースシーケンスを作成および編集する方法を学習します。

Premiere Pro では、複数のカメラソースからクリップを使用して、マルチカメラソースシーケンスを作成できます。インポイント、アウトポイント、またはクリップマーカーを手動で設定することによって、クリップを同期できます。また、オーディオベースの同期を使用して、マルチカメラシーケンス内のクリップを正確に整列できます。

マルチカメラの編集ワークフロー

1.プロジェクトを作成します

Premiere Pro のスタートアップスクリーンから新規プロジェクトをクリックするか、またはファイル/新規プロジェクトを選択します。

新規プロジェクトダイアログボックスで、プロジェクトの名前を入力し、「OK」をクリックしてデフォルトを受け入れます。

2.フッテージを読み込みます

ファイル/読み込みを選択します。表示される読み込みダイアログボックスで、ビデオファイルとオーディオファイルが保存されているディレクトリに移動します。読み込むファイルを選択し、「開く」(Windows)「読み込み」(Mac OS)をクリックします。

注意:

ファイルの範囲を一度に選択するには、最初のファイルをクリックし、Shift キーを押しながら最後のファイルをクリックします。それらの間のすべてのファイルが選択されます。

3.マルチカメラソースシーケンスを作成します

次の方法で、クリップのビンからマルチカメラソースシーケンスを作成できます。

  • アセットが含まれているビンを選択し、マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスから同期方法を選択します。選択した同期方法に基づいてビン内のすべてのクリップが処理され、生成される各ソースシーケンスで英数字の順に並べられます。
  • 手動でアセットを選択し、マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスから同期方法を選択します。クリップを選択した順序によって、生成されるソースシーケンス内での順序が決まります。

マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスを使用するには、プロジェクトパネルからクリップまたはビンを選択します。次に、選択したクリップを右クリックするか(Windows)、Ctrl キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「マルチカメラソースシーケンスを作成」を選択します。

マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスでの設定について詳しくは、マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスの使用を参照してください。

4.マルチカメラのターゲットシーケンスを作成します

ターゲットシーケンス内でマルチカメラソースシーケンスを編集します。

プロジェクトパネルで選択したマルチカメラソースシーケンスでターゲットシーケンスを作成するには、ファイル/新規/クリップから取得したシーケンスを選択します。マルチカメラソースシーケンスを右クリックするか(Windows)、Ctrl キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「クリップに最適な新規シーケンス」を選択することもできます。

Premiere Pro でマルチカメラターゲットシーケンスが作成され、プログラムモニターおよびタイムラインパネルで開かれます。

5.プログラムモニターでマルチカメラの編集を有効にします

マルチカメラターゲットシーケンスを有効にしてマルチカメラ編集を行うには、プログラムモニターのポップアップメニューから「マルチカメラ」を選択します。プログラムモニターは現在マルチカメラモードです。

マルチカメラモードで、すべてのカメラのフッテージを同時に表示しながら、カメラを切り替えて最終シーケンスで使用するフッテージを選択できます。 

6.マルチカメラの編集の記録を有効にします

マルチカメラ記録開始 / 停止」ボタンをクリックします。このボタンがボタンバーに表示されていない場合は、プログラムモニターの右下にある「+」をクリックし、ボタンエディターを開きます。「マルチカメラ記録開始 / 停止」ボタンをボタンバーにドラッグします。

7.マルチカメラシーケンスを編集します

プログラムモニターまたはタイムラインパネルで、スペースバーを押すか、または「再生 / 停止」ボタンをクリックして、再生を開始します。シーケンスの再生中に、数字キーボードの数字キーを押し、その番号のカメラにカットして切り替えます。キーボードショートカットの使用について詳しくは、マルチカメラの編集へのキーボードショートカットを参照してください。

8.編集の調整、および微調整を行います

マルチカメラ編集を記録したら、以下ができるようになります。

  • マルチカメラモニターのシーケンスは再記録して、クリップを別のカメラのフッテージと入れ替えます。
  • ほかのシーケンスと同じようにマルチカメラソースシーケンスを編集します。編集には、通常の編集ツールやテクニックの使用、エフェクトの追加、複数のトラックを使用した合成などが可能で、調整レイヤーを含めることもできます。
  • 記録後はカメラを変更します。
  • 新しいアングルにカットを切り替えます。
注意:

マルチカメラの編集にキーボードショートカットを使用できます。数字キーを使用して、マルチカメラシーケンスを再生するカメラを切り替えることができます。キーボードショートカットを使用して、マルチカメラの編集を完了した後でアングルを変更することもできます。詳しくは、マルチカメラのキーボードショートカットを参照してください。

9.マルチカメラシーケンスを書き出します

プログラムモニターまたはタイムラインパネルでシーケンスをアクティブにして、ファイル/書き出し/メディアを選択します。書き出し設定を指定し、書き出しをクリックするか、またはキューをクリックしてシーケンスを Adobe Media Encoder に送信してエンコーディングします。詳しくは、書き出しのワークフローと概要を参照してください。

同期するクリップをマークする

注意:

クリップが撮影場所でタイムコード(ジャムシンク(jam-synched))によって同期されている場合、同期するクリップをマークする必要はありません。

マルチカメラソースシーケンスを作成する前に、同期するクリップをマークしておくことが重要です。各クリップを開き、同期ポイントで次のうちのいずれかを実行します。

  • クリップの初めの同期ポイントでインポイントをマークします。例えば、カチンコによってクリップの先頭に音を入れた場所のインポイントをマークします。
  • クリップの最後の同期ポイントでアウトポイントをマークします。例えば、カチンコによってクリップの最後に音を入れた場所のアウトポイントをマークします。
  • クリップ中の任意のポイントの同期ポイントでクリップマーカーを作成します。例えば、同期ポイントとして使用されるクリップ中の任意のポイントにアクションがある場合(オーディオキュー、シンバル音、カメラフラッシュなど)です。各マーカーの名前を変更して、同期に対して一意の名前になるようにします。マーカーダイアログボックスでクリップごとに同じクリップマーカー名を入力し、「OK」をクリックします(タイムラインでのマーカーの追加を参照)。

クリップの同期にはタイムコードも使用することもでき、これは自動的に行われます。ただし、適切に同期するためはすべてのクリップ上のタイムコードが同じである必要があります。同期する予定のすべてのクリップ上のタイムコードが同じである場合、同期するクリップをマークする必要がありません。各カメラに振り分けて識別しているソースタイムコードの時間の値を使用している場合は、「時間を無視」オプションを選択します。Premiere Pro はこれを受け、分、秒およびフレームだけを使用して、クリップを同期させます。

すべてのクリップ上に同じタイムコードをスタンプするには、撮影中にジャムシンク(jam-synched)タイムコードを使用してカメラを記録するか、Premiere Pro で各クリップのタイムコードを変更します。(クリップのタイムコードの手動設定を参照)。

マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスの使用

共通のインポイント/アウトポイントまたはオーバーラップしているタイムコードを含むクリップを組み合わせてマルチカメラシーケンスを作成するには、マルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスを使用します。また、オーディオ波形およびマーカーを使用してクリップを合成することもできます。 

マルチカメラソースシーケンス作成ダイアログボックス
マルチカメラソースシーケンス作成ダイアログボックス

マルチカメラソースシーケンス名

シーケンス内のプライマリのビデオクリップまたはオーディオクリップと同じ名前をマルチカメラソースシーケンスに付けることができます。ポップアップメニューから、「マルチカメラ」またはカスタム名をプライマリのビデオまたはオーディオの名前に追加する適切なオプションを選択します。

または、ポップアップメニューからカスタムを選択し、テキスト名にカスタム名を入力します。

同期ポイント

注意:

インポイント、アウトポイント、またはクリップマーカーを同期ポイントとして使用してマルチカメラソースシーケンスを作成する前に、同期するクリップをマークします。詳しくは、同期するクリップのマークを参照してください。

インポイント、アウトポイント

マルチカメラソースシーケンスを作成する前に、インポイントやアウトポイントを使用して同期ポイントをマークします。

タイムコード

互いに同期しているタイムコードでクリップが記録されている場合にクリップを同期するには、「タイムコード」オプションを選択します。

  • クリップをひとつのマルチカメラシーケンスに組み合わせるには、「単一のマルチカメラソースシーケンスを作成」オプションを選択します。個々のショットからの範囲にギャップがあり、そのギャップを保つシーケンスを作成する場合にこのオプションを選択します。このオプションを選択しない場合、オーバーラップしているクリップのみが合成され、オーバーラップしていないクリップは使用されません。  マルチカメラの作成時に参照できるカメラアングルまたはカメララベルをクリップのグループに割り当てることができます。  一致しているカメララベルまたはカメラアングルのメタデータフィールドを持つクリップのグループは、メタデータの作成プロセスでそれぞれのトラックに置かれます。これと同じ考え方が、外部オーディオまたはフィールドオーディオに適用されます。
  • 各クリップに、異なる時間に開始するタイムコードがあり、タイムコード内でオーバーラップしている場合は、「時間を無視」を選択します。

同期タイムコードに基づいて迅速にマルチカメラ編集を行うことができます。ソースクリップが現在の再生位置にあるタイムコードのフレームに一致するように切り替えている間に、修飾キー Ctrl(Windows)または Cmd(Mac OS)を押します。

クリップマーカー

共通の同期ポイントに手動で追加されるクリップマーカーを使用してクリップを同期するには、「クリップマーカー」オプションを使用します。

オーディオ

オーディオ波形に基づいてクリップを自動で同期するには、「オーディオ」オプションを選択します。2 番目のソースから録音したオーディオを使用して、マルチカメラとオーディオ波形を使用して結合されたクリップを自動的に同期して作成することができます。

シーケンスプリセット

シーケンスプリセットポップアップメニューを選択して、以前に保存したすべてのシーケンスプリセットのリストから選択します。

デフォルトでは、シーケンスプリセット「自動」が選択されます。「自動」プリセットを選択した場合、ビデオプリセットはカメラ 1 クリップのビデオ形式に基づきます。ほとんどの場合、「自動」プリセットが適切な設定です。プロキシ解像度のクリップを使用する編集などの詳細なワークフローの場合、特定のシーケンスプリセットを選択できます。その後、フレームサイズの大きい高解像度のクリップを使用して、仕上げの編集を行うことができます。

オーディオおよび動画のソースクリップのオフセット

  • 別々に録音されたオーディオトラックがビデオクリップと同期していない場合は、「ビデオを基準にオーディオを...フレームオフセットします。」オプションを使用してフレームオフセットを追加できます。オーディオのみのクリップの同期オフセットには、-100~+100までの範囲でビデオフレームを入力できます。
  • 生成されたソースクリップを処理済みのクリップビンに移動するには、「ソースクリップを処理済みのクリップビンに移動」オプションを使用します。処理済みのクリップビンが存在しない場合は、クリップを移動する前に処理済みのクリップビンが作成されます。同期条件を満たしていないクリップは、処理済みのクリップビンの外側に残されます。このオプションにより、生成されるマルチカメラソースシーケンスで使用されなかったクリップを簡単に特定できるようになります。

オーディオシーケンスの設定

シーケンス設定では、ソースシーケンス内のオーディオトラックの挿入方法、パンニングやチャンネル割り当ての設定方法およびそれらをミュートするかどうかを指定します。

  • 編集シーケンスでカメラ 1 からのオーディオのみを使用する場合は「カメラ 1」を選択します。マルチカメラ編集は、ソースシーケンスのビデオの部分のみ可能です。
    A/V クリップを使用してこのシーケンスを作成する場合は、ビデオ 1 に関連付けられたすべてのオーディオのオーディオトラックのミュートが解除されます。ソースシーケンス内の他のオーディオはミュートされます。
    オーディオのみのクリップを、ビデオまたは A/V クリップと混在させる場合、オーディオのみのクリップは最上位のトラックに配置され、ミュートが解除されます。リンクされたクリップからの他のオーディオはミュートされ、下位のトラックに配置されます。各トラックのチャンネル割り当ておよびパンニングは、各ソースチャンネルから独立した出力チャンネル(最大 32)に転送するように設定できます。ソースオーディオのミュートが解除されたチャンネルの数に応じて、シーケンスのアクティブな出力チャンネルの数が決まります。
    注意:この設定を使用して作成されたシーケンスの編集では、「マルチカメラのオーディオを使用」オプションは使用できません。これはオーディオ部分でマルチカメラが有効になっていないためです。
  • ソースシーケンス内のすべてのオーディオチャンネルを使用するには、「すべてのカメラ」を選択します。この設定はカメラ 1 の設定に似ています。ソースシーケンスのビデオ部分でのみマルチカメラが有効になります。「ビデオと一緒にオーディオを使用」はこの設定ではサポートされません。すべてのオーディオのミュートが解除されます(最大 32 チャンネル)。ソースオーディオのミュートが解除されたチャンネルの数に応じて、シーケンスのアクティブな出力チャンネルの数が決まります。
  • ビデオの切り替えと同時にリンクしたオーディオに切り替えたい場合は、「オーディオを切り替え」を選択します。この設定ではすべてのオーディオのミュートを解除します。プログラムモニターで「各カメラのオーディオを使用」設定が有効になっていれば、ソースシーケンスのビデオおよびオーディオの両方でマルチカメラ編集が有効になります。またこの設定は、単一のアダプティブオーディオトラックにマルチモノラルソースオーディオをマップします。さらに、「ビデオと一緒にオーディオを使用」編集設定では、この単一トラックをビデオと共に切り替えます。クリップの選択内容にオーディオのみのクリップが含まれている場合、オーディオのみのクリップは、リンクされたクリップの下位のトラックに配置されます。すべてのオーディオのみのトラックと対応するように、空のビデオトラックが作成されます。

詳しくは、Josh Weiss によるビデオ Premiere Proの新機能 - 新しいマルチカメラとオーディオベースの同期を参照してください。

オーディオチャンネルプリセット

オーディオチャンネルプリセットでは、処理後のソースシーケンスのマップ方法を指定します。詳細には、ソースシーケンスが編集シーケンスにネストされる際にドロップされたオーディオトラックのタイプと数が含まれます。

注意:生成されるソースシーケンスがオーディオチャンネルに正しくマップされるようにするには、ソースクリップ内のトラック数をプリセットに関連付けられたチャンネル数以下にする必要があります。

自動:最初のクリップのオーディオタイプを読み込み、このマッピングを使用します。

モノラル:ソースシーケンス内にある出力チャンネルと同数のモノラルチャンネルにマップします。

ステレオ:ソースシーケンス内の出力チャンネル数に基づいてステレオトラックにマップします。

5.1:ソースシーケンス内の出力チャンネル数に基づいて 5.1 トラックにマップします。

アダプティブ:ソースシーケンス内の出力チャンネル数に基づいてアダプティブにマップします。

カメラ名

マルチカメラソースシーケンスを作成すると、カメラ名をクリップ名またはトラック名として表示できます。カメラ 1、カメラ 2 などのカメラ番号名を使用する初期設定のオプションに加えて、これらのオプションを使用することができます。

選択した「カメラ名」オプションに応じて、カメラアングルがトラック名、クリップ名、またはカメラ番号としてソースモニターに表示されます。ソースモニターのマルチカメラシーケンスを表示するには、シーケンスを右クリックして「マルチカメラ」を選択します。

モニターのマルチカメラモードで表示するカメラアングルの整理および選択

Premiere Pro では、アングルを整理および選択してソースモニターのマルチカメラモードで表示することができます。 

ソースモニターのポップアップメニューから「カメラを編集」を選択します。

カメラを編集ダイアログボックスに、すべてのクリップがシーケンストラックで配置された元の順序で表示されます。クリップをドラッグ&ドロップしてシーケンスの順番を変更できます。クリップを選択または選択解除して有効または無効にすることもできます。

マルチカメラ表示では、カメラを複数のページに分けて表示し、選択することができます。ページごとのカメラソース数を設定し、必要に応じてページ間を移動できます。別のページ、または単一ページ内でカメラをドラッグ&ドロップすることはできません。ただし、カメラの編集ダイアログボックスを使用して、マルチカメラシーケンス内のカメラの順序やページを変更できます。

マルチカメラシーケンスの編集
マルチカメラシーケンス用のカメラを編集ダイアログボックス

プログラムモニターで、以下の画像でハイライトされているコントロールを使用して、マルチカメラページ間を移動できます。

マルチカメラシーケンス用のプログラムモニター
マルチカメラシーケンス用のプログラムモニター

Final Cut Pro からの マルチクリップシーケンスの読み込み

Final Cut Pro からマルチクリッププロジェクトを書き出して、Premiere Pro の Final Cut Pro プロジェクト XML ファイルに読み込むことができます。Premiere Pro では、マルチクリップシーケンスはすべての Final Cut Pro プロジェクト設定を保持したマルチカメラシーケンスとして表示されます。Final Cut Pro からの読み込みについて詳しくは、Final Cut Pro7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込みを参照してください。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン