マニュアル キャンセル

Adobe Premiere Pro/よくある質問

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. オーディオカテゴリのタグ付け
      2. インタラクティブなフェードハンドル
      3. Frame.io でレビュー用に共有
      4. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. 自動ダッキングオーディオ
      9. リミックスオーディオ
      10. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      11. オーディオバランスとパンについて
      12. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      13. オーディオエフェクトおよびトランジション
      14. オーディオトランジションの操作
      15. オーディオへのエフェクトの適用
      16. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      17. オーディオミックスの録音
      18. タイムラインでのオーディオの編集
      19. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      20. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

基礎知識

Premiere Pro は、思いのままの編集を可能にする、強力かつカスタマイズ可能なノンリニア映像編集ツールです。携帯電話で撮影した動画から、5K 以上の高解像度の RAW 素材まで、あらゆる種類のメディアを読み込んで組み合わせ、変換することなく、ネイティブフォーマットのまま編集することができます。このアプリケーションでは洗練された、非常に直観的なユーザーインターフェイス、カスタマイズ可能なタイムライン、多数の編集用のショートカット、強力なメディア管理オプションが提供されます。また、高度で複雑なシーケンスにはリアルタイムのパフォーマンスが重要であるため、Premiere Pro は業界で最速のソリューションを提供しています。Adobe Mercury Playback Engine はほとんどのファイル形式をサポートしており、複数の GPU カードを使用してレンダリングと書き出しを高速化できます。

Premiere Pro は Adobe Creative Cloud の一部であるため、お気に入りの設定、キーボードショートカット、およびワークスペースレイアウトを世界中のあらゆる編集室で、あらゆるマシンで、同期を維持することができます。さらに、今後予定されている最新のアップデートをリリースと同時に利用できます。詳しくは、Creative Cloud を参照してください。

詳しくは、新機能についてページを参照してください。また、新機能の概要および詳細なチュートリアルについては、以下のビデオを参照してください。

Premiere Pro のバージョンの比較を参照してください。

技術的な質問

詳しくは、必要システム構成を参照してください。

はい。Premiere Pro は Retina ディスプレイ搭載 Mac および Windows コンピューターでの HiDPI 表示に対応しています。

はい。Mercury Playback Engine は、Premiere Pro の必要最小スペックに記載されているグラフィックカードのすべてでパフォーマンスを得ることができます。GPU高速処理により、制作作業がよりスムーズになり、レンダリングが加速され、迅速な出力を実現します。アドビでは、新しいカードのサポートについて継続的に評価しています。詳細 ›

Premiere Pro はスケーラブルなアーキテクチャが備わっているため、パフォーマンスはシステムの処理速度に依存します。ワークフローで必要となる必要最小スペックは、取り扱うコンテンツの種類に応じて異なります。64-bit ネイティブサポートの Premiere Pro は、システムの RAM を最大限に活用できます。マルチコアシステムでは、コア当たり 4 GB 以上のRAMを使用することをお勧めします。いずれのシステムでも、RAM を追加すると、それに応じてパフォーマンスが向上します。同時に複数のアプリケーションを実行する予定なら、16 GB 以上の RAM が適切な基準です。さらに、Adobe Mercury Transmit対応により、サードパーティ製I/Oハードウェアが利用可能です。

Premiere Pro は、Mac OS および Windows の幅広いハードウェアとソフトウェアをサポートしているため、多彩なワークステーションやキャプチャカードから選択して、要件や予算に応じた編集システムを構築することができます。プラグインを追加して、システムを強化することも可能です。Adobe After Effects プラグインも使用できます。Premiere Pro は、キャプチャカードやデッキなどのサードパーティ製の様々なハードウェアと連携します。サポートされるハードウェアの最新の一覧については、サードパーティ製ハードウェアの互換性を参照してください。

数多くの映像フォーマットをサポート、希望のフォーマットで作業できます。最新のテープレスフォーマットのファイルを、トランスコードやフォーマット変換をすることなく、ネイティブに編集することもできます。SD 映像はもちろん、HD 映像にも対応。DV、HDV、その他フォーマットでの編集が可能です。(フォーマットによっては、別途ハードウェアが必要になる場合もあります。)

無償体験版

無償の Creative Cloud メンバーシップでは、Premiere Pro を始めとするCreative Cloud アプリケーションの体験版をダウンロードできます。コンプリートプランにアップグレードすると、すべての Creative Cloud アプリケーションのフルバージョンのダウンロードが可能になります。

Premiere Pro をダウンロードする前に支払詳細の入力を求められた場合、試用期間の終了後、体験版は有料プランに自動的に変更されます。それ以外の場合は、直接 Creative Cloud Web サイトからプランを購入できます。

製品をまたいだのワークフロー

はい。After Effects をインストールしていない場合は、After Effects で作成されたモーショングラフィックス
テンプレートであることを示すエラーメッセージが表示されます。このテンプレートを Premiere Pro で使用するには、After Effects(体験版とライセンス版のどちらでも可)をインストールしてから再試行してください。詳しくは、adobe.com/go/mgt_jp を参照してください。

After Effects で作成したモーショングラフィックステンプレートを Premiere Pro で使用
After Effects で作成したモーショングラフィックステンプレートを Premiere Pro で使用

After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートを使用するには、お使いのコンピューターに After Effects の体験版またはライセンス版がインストールされている必要があります。Creative Cloud に登録している場合は、After Effects のライセンスを既に所有しています。After Effects を Creative Cloud アプリケーションからダウンロードしてください。所有している Premiere Pro が単体プランのライセンス版の場合、有料ライセンス版の After Effects は必要なく、体験版の After Effects をインストールできます。体験版の有効期限が切れた後も、その体験版をインストールしている限り、After Effects モーショングラフィックステンプレートは引き続き使用できます。また、有料版の After Effects をインストールしても使用できます。  有効期限が切れても体験版をアンインストールしないでください。詳細については、モーショングラフィックステンプレート/よくある質問を参照してください。

ご購入について

Premiere Pro 単体プランまたは Creative Cloud コンプリートプランをご購入いただけます。購入オプションについて詳しくは、Creative Cloud プランページを参照してください。

Premiere Pro について学ぶ

使用を開始するにあたっては、Premiere Pro ラーニングとサポート、ビデオおよび手順のチュートリアル、アドビおよび当社のコミュニティによる包括的な製品サポートをご利用ください。

Web および PDF バージョンの Premiere Pro マニュアルを Premiere Pro ヘルプページで入手できます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合