基礎知識

Premiere Pro は、思いのままの編集を可能にする、強力かつカスタマイズ可能なノンリニア映像編集ツールです。携帯電話で撮影した動画から、5K 以上の高解像度の RAW 素材まで、あらゆる種類のメディアを読み込んで組み合わせ、変換することなく、ネイティブフォーマットのまま編集することができます。このアプリケーションでは洗練された、非常に直観的なユーザーインターフェイス、カスタマイズ可能なタイムライン、多数の編集用のショートカット、強力なメディア管理オプションが提供されます。また、高度で複雑なシーケンスにはリアルタイムのパフォーマンスが重要であるため、Premiere Pro は業界で最速のソリューションを提供しています。Adobe Mercury Playback Engine はほとんどのファイル形式をサポートしており、複数の GPU カードを使用してレンダリングと書き出しを高速化できます。

Premiere Pro は Adobe Creative Cloud の一部であるため、お気に入りの設定、キーボードショートカット、およびワークスペースレイアウトを世界中のあらゆる編集室で、あらゆるマシンで、同期を維持することができます。さらに、今後予定されている最新のアップデートをリリースと同時に利用できます。詳しくは、Creative Cloud を参照してください。

詳しくは、新機能についてページを参照してください。また、新機能の概要および詳細なチュートリアルについては、以下のビデオを参照してください。

Premiere Pro のバージョンの比較を参照してください。

技術的な質問

詳しくは、必要システム構成を参照してください。

はい。Premiere Pro は Retina ディスプレイ搭載 Mac および Windows コンピューターでの HiDPI 表示に対応しています。

はい。Mercury Playback Engine は、Premiere Pro の必要システム構成に記載されているグラフィックカードのすべてでパフォーマンスを得ることができます。GPU高速処理により、制作作業がよりスムーズになり、レンダリングが加速され、迅速な出力が実現します。アドビでは、新しいカードのサポートについて継続的に評価しています。詳細 ›

Premiere Pro はスケーラブルなアーキテクチャが備わっているため、パフォーマンスはシステムのスピードに依存します。ワークフローで必要となる最小必要システム構成は、取り扱うコンテンツの種類に応じて異なります。64-bit ネイティブサポートの Premiere Pro は、システムの RAM を最大限に活用できます。マルチコアシステムでは、コア当たり 4 GB 以上のRAMを使用することをお勧めします。いずれのシステムでも、RAM を追加すると、それに応じてパフォーマンスが向上します。同時に複数のアプリケーションを実行する予定なら、16 GB 以上の RAM が適切な基準です。さらに、Adobe Mercury Transmit対応により、サードパーティ製I/Oハードウェアが利用可能です。

Premiere Pro は、Mac OS および Windows の幅広いハードウェアとソフトウェアをサポートしているため、多彩なワークステーションやキャプチャカードから選択して、要件や予算に応じた編集システムを構築することができます。プラグインを追加して、システムを強化することも可能です。Adobe After Effects プラグインも使用できます。Premiere Pro は、キャプチャカードやデッキなどのサードパーティ製の様々なハードウェアと連係します。サポートされるハードウェアの最新の一覧については、サードパーティ製ハードウェアの互換性を参照してください。

数多くの映像フォーマットをサポート、希望のフォーマットで作業できます。最新のテープレスフォーマットのファイルを、トランスコードやフォーマット変換をすることなく、ネイティブに編集することもできます。SD 映像はもちろん、HD 映像にも対応。DV、HDV、その他フォーマットでの編集が可能です。フォーマットによっては、別途ハードウェアが必要になる場合もあります。

無償体験版

無償の Creative Cloud メンバーシップでは、Premiere Pro を始めとするCreative Cloud アプリケーションの体験版をダウンロードできます。All Apps プランにアップグレードすると、すべての Creative Cloud アプリケーションのフルバージョンのダウンロードが可能になります。

Premiere Pro をダウンロードする前に支払詳細の入力を求められた場合、試用期間の終了後、体験版は有料プランに自動的に変更されます。それ以外の場合は、直接 Creative Cloud Web サイトからプランを購入できます。

はい、もう一度 Premiere Pro の体験版をダウンロードできます。2018 年 5 月 15 日までに Premiere Pro 体験版をダウンロードした場合、7 日間の試用期間をご利用いただけます。

注意:

ドイツでは、試用期間は14日(標準的な試用期間)です。

別の製品とのワークフロー

はい。After Effects をインストールしていない場合は、After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートであることを示すエラーメッセージが表示されます。
このテンプレートを Premiere Pro で使用するには、After Effects(体験版とライセンス版のどちらでも可)をインストールしてから再試行してください。詳しくは、adobe.com/go/mgt_jp を参照してください。

After Effects で作成したモーショングラフィックステンプレートを Premiere Pro で使用
After Effects で作成したモーショングラフィックステンプレートを Premiere Pro で使用

After Effects で作成されたモーショングラフィックステンプレートを使用するには、お使いのコンピューターに After Effects の体験版またはライセンス版がインストールされている必要があります。Creative Cloud に登録している場合は、After Effects のライセンスを既に所有しています。After Effects を Creative Cloud アプリケーションからダウンロードしてください。所有している Premiere Pro が単体プランのライセンス版の場合、有料ライセンス版の After Effects は必要なく、体験版の After Effects をインストールできます。体験版の有効期限が切れた後も、その体験版をインストールしている限り、After Effects モーショングラフィックステンプレートは引き続き使用できます。また、有料版の After Effects をインストールしても使用できます。有効期限が切れても体験版をアンインストールしないでください。詳細については、モーショングラフィックステンプレート/よくある質問を参照してください。

ご購入について

詳細は、Creative Cloud のプランページの購入オプションを参照してください。

Premiere Pro についての学習

使用を開始するにあたっては、Premiere Pro 学習とサポート、ビデオおよび手順のチュートリアル、Adobe および当社のコミュニティによる包括的な製品サポートをご利用ください。

Web および PDF バージョンの Premiere Pro マニュアルを「Premiere Pro ヘルプ」ページで入手できます。