ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する

トランスコーディングは、編集にかかる時間の約 10 %になる場合があります。このベストプラクティスガイドでは、ネイティブ形式のワークフローを使用して、Adobe Premiere Pro で時間を節約する方法について説明します。これには、ほぼすべての状況でパフォーマンスを確保するためのオプションが含まれます。

ビデオ編集は常に 1 つのクラスのファイル形式(カメラキャプチャ)で始まり、消費用に設計された異なる種類の形式で終わります。キャプチャ形式では、品質を維持することが優先されます。成果物では、可能な限り高品質の圧縮が優先されます。編集者はこれら 2 つの世界の目標の板挟みになっています。カメラのソースメディアから最終出力までナビゲートする方法を知っていると、信じられないほどの時間の節約とストレスを軽減できます。このベストプラクティスガイドでは、ネイティブ形式のワークフロー、メディアを最適化する方法(およびタイミング)、および A から B に効率的に移行する方法について説明します。

インポート対インジェスト

フッテージを Premiere Pro に取り込むには、インポートとインジェストの 2 つの基本的なアプローチがあります。

メディアをインポートするとき、これらのファイルがプロジェクトの一部であることを Premiere Pro に伝えています。Premiere Pro は元の場所からファイルを再生するため、シーケンスで使用できます。すべての編集と効果はタイムラインで(非破壊的に)適用されます。元のファイル(ソースメディア)は変更されません。書き出しの準備が整ったら、Premiere Pro は元のファイルを参照し、編集、エフェクト、グラフィックス、オーディオ調整を適用して、新しいファイル(完成した出力)を生成します。

メディアをインジェストすると、Premiere Pro はそのファイルのコピーを作成します。ストレートコピー、メザニンメディアファイル(ポストプロダクションに使いやすいコーデックを使用)、またはプロキシファイルの可能性があります。

オプションを理解する

編集者は、ビデオファイルの少なくとも 2 つのバージョンで動作します。ソースファイル(「ネイティブ」メディア)と出力です。中間には、メザニンコーデック、プロキシ、または事前にレンダリングされたプレビューを使用する人も多くいます。詳細については、以下の用語をクリックします。

ネイティブ形式のみを編集できる場合は、編集することでしょう。ワークフローは簡単です。フッテージをインポートしてショットをレビューし、シーケンスを作成し、満足するまで編集し、結果をエクスポートします。ほとんどの場合、ネイティブ形式で作業できる場合でも、オプションを理解すれば、ほとんどすべてのコンテンツを効率的に使用できます。

トランスコーディングとは、一般的に再生を改善するために、ファイルのコピーを作成するプロセスを指します。トランスコードは同じフレームレートとフレームサイズですが、システムでより適切に再生される形式を使用します。たとえば、携帯電話の映像(H264 または HEVC)はプロセッサを集中的に使用する可能性があるため、短いプロジェクトでは ProRes や Dnx などのコーデックにトランスコードすることを選択できますが、トランスコードする時間はないかもしれません。

プロキシは、ソースファイルの軽量コピーです。たとえば、1 分間の ProRes 4-K 映像は、数 GB のデータになる可能性があります。フッテージのプロキシコピーは、わずか 100 MB です。Premiere Pro では、取り込み中にプロキシを作成できます。つまり、Premiere がバックグラウンドでプロキシを生成している間に、ソースメディアを使用してすぐに編集を開始できます。プロキシが完了すると、Premiere はソースファイルをプロキシに自動的に置き換えます。ソースファイルとプロキシを切り替えることができますが、その必要はありません。フッテージに追加するすべての編集とエフェクトは、エクスポートのソースファイルに適用されます。

レンダリングは、編集中にエフェクトをフッテージと組み合わせる場合に使用します。レンダリングは、システムの速度が低下し始めた場合にリアルタイム再生を維持するために行います。クリップまたはシーケンスの一部のプレビューを作成することにより、Premiere Pro で「そのままレンダリング」できます。

プレビューは「使い捨て」のレンダリングファイルであり、編集中の再生を高速化します。タイムラインのセクションの上に黄色の線ではなく赤い線がある場合、Premiere Pro は CPU を使用して、該当のセクションまたはクリップを処理していることを意味します。再生が途切れる場合は、プレビューを作成して修正できます(「シーケンス」メニュー、次に「インからアウトでエフェクトをレンダリング」を選択します)。「インからアウトをレンダリング」を選択して、セクション内のすべて(エフェクトだけでなく)をレンダリングすることもできます。この処理は少し時間がかかるため、コーヒー休憩中に、この処理を行うのは素晴らしいことです。しかし、Premiere Pro はタイムライン該当のセクションのすべての計算をすでに行っているため、プレビューはプロジェクトの最後のエンコーディングプロセスを劇的に高速化します。

詳しくは、ベストプラクティス:高速に書き出すを参照してください。

エンコーディングとは、最終的な出力を圧縮することです。数百ギガバイトの映像でプロジェクトを開始できます。編集したプロジェクトには、おそらくコンテンツの一部しかありませんが、それでも配信するには、データが多すぎるため、再生用には最適化されていません。エンコーディングは、すべてのエフェクト、グラフィックス、オーディオを含むタイムライン上のすべてのメディアを取得し、圧縮してファイルサイズとメディア品質の最適なバランスを取ります。 

詳しくは、ベストプラクティス:高速に書き出すを参照してください。

メザニンコーデックは、Apple ProRes、Avid DNxHD/R、GoPro Cineform コーデックファミリなどのポストプロダクション形式です。これらのコーデックは、ソース映像の画質と詳細を保持するように設計されていますが、より良い再生を行うために最適化されています。放送局とポストプロダクション施設は、一般的にメザニン形式を標準化して、ワークフローを合理化しますが、これは、開始前に映像をトランスコードすることを意味しています。

トランスコードには、どのくらいの時間がかかりますか?

トランスコード時間は通常 1: 1 です。つまり、1 時間のソース映像のトランスコードには約 1 時間かかります。8時間のうち1時間のフッテージを使用している場合、Premiere Pro でネイティブ形式をサポートすることで、時間を約 10 %節約できます。これは、ネイティブファイルを使用する場合でも、バックグラウンドでトランスコードを使用する場合でも同じです。

効率的な編集のためのパフォーマンスの確保

事前準備は、成功の鍵になります。これには、投稿に適したハードウェア (Premiere Pro システム要件 を参照)、正しいドライバー (Premiere Pro に対する GPU および GPU ドライバー要件を参照)、プロジェクトに適したワークフローを計画することが挙げられます。

既に説明したように、ネイティブ形式のワークフローが最も簡単です。少ない種類のメディアを使用した短いコンテンツなど、多くのプロジェクトでは、Premiere Pro のネイティブワークフローが最も速い作業方法です。

そうでない場合はどうすればよいですか?高解像度メディアや携帯電話の映像など、一部の形式は、編集システムで再生するための作業が多くなります。さまざまな種類のカメラのメディアが混在するタイムラインがある場合は、Premiere Pro にさまざまな種類の処理を行うように要求します。現実には、限られたシステムハードウェア、ストレージ速度、および使用可能な作業時間で作業する場合、常に「効率のスライドスケール」*を使用できます。ある時点で、トランスコードする価値があります。

トランスコーディングが理にかなっている典型的なシナリオは 2 つあります。

  1. システムハードウェアが、フレームを落とさずに、メディアを応答可能にデコードするのに苦労している場合。これは、特定のコーデック、形式、およびシステム全体のパフォーマンスによって異なります。
  2. 組織でメザニンコーデック/ フォーマットを使用している場合、再生およびポストプロダクションのパフォーマンスのためにメザニンコーデック/ フォーマットを選択しています。多くの場合、ファイルサイズは長い GOP(圧縮率の高い)メディアよりも大きくなります。対照的に、カメラの記録コーデックは、再生パフォーマンスを犠牲にして限られたストレージの使用を最大化します。

長いGOPの高圧縮メディア(たとえば、ほとんどの DSLR でキャプチャされる種類)は通常、より高い処理能力を必要とし、これにより全体的にパフォーマンスが低下します。

メディアをトランスコードする場合、最も効率的なアプローチは、Premiere Pro でスマートレンダリングに対応するコーデックを使用することです。詳しくは、ベストプラクティス:高速に書き出すを参照してください。

トランスコーディングの利点

単一の統一されたコーデックと形式へのトランスコーディングは、共同作業者の大規模なグループで作業するときに役立ちます。複数のクリエイティブアプリケーションを組み込む際のワークフローが簡素化されます(すべてがネイティブ形式の Premiere Pro ほどは柔軟ではない可能性があります)。ポストプロダクション用のコーデックにトランスコードする場合、一般的にパフォーマンスが向上します。

チームが共有ストレージを使用して、ポストプロダクションのさまざまな部分で作業している長い形式のプロジェクトを作業する場合、多くの場合、トランスコーディングの時間が長くなります。実際、一部のプロダクションでは、オンサイトで専用のデジタルイメージング技術者がトランスコードを実行し、メディアファイルを編集者に届く前に整理しています。

トランスコードを行う方法

トランスコードには、主に 2 つのワークフローがあります。

  1. バックグラウンドで実行するトランスコード
  2. Adobe Media Encoder Watch フォルダーを使用してトランスコードする

このドキュメントでは、「トランスコーディング」とは、元のフレームサイズとフレームレートを維持しながら、ビデオとオーディオの情報を保存するために使用されるコーデックを変更することを意味します。トランスコードされたフッテージは、ワークフローの残りの部分でメディアのマスターバージョンになります。マスターとして、この映像は Premiere Pro によってソースメディアとして扱われ、出力に使用されます。

前述のように、(堅牢でもある)プロキシワークフローは、メディアの一時バージョンを使用して、純粋に編集上のハードウェア要求を軽減します。最終出力の書き出し中、システムはこれらのファイルを参照しません。

背景でのトランスコーディング

Premiere Pro プロジェクトのインジェスト設定は、インポート時にすべてのメディアをトランスコードするように構成できます。セットアッププロセスは少し複雑ですが、トランスコードが必要な場合は価値があります。Premiere Pro はこのような幅広いネイティブ形式をサポートしているため、通常、トランスコーディングプロセスが完了するのを待たずに、元のネイティブソースメディアを使用して編集を開始できます。言うまでもなく、これは大きな時間の節約になります。

トランスコードが完了すると、クリップはメディアの新しいバージョンに自動的に再リンクされます。再リンクは舞台裏で行われ、ソースメディアを表示するために戻って切り替える場合を除き、編集中に何も変更する必要はありません。

Adobe Media Encoder が自動的に起動され、トランスコードがバックグラウンドで実行されます。進行状況は、Adobe Media Encoder で表示することができます。別のアプリケーションであるため、Premiere Pro での作業にほとんど影響はありません。

プロジェクト設定
プロジェクト設定

メディアブラウザースイッチ
メディアブラウザースイッチ

コーデックの選択

最も一般的なメザニン/ ポストコーデックの選択肢は、Apple の ProRes、Avid の DNxHD/HR、および GoPro の Cineform コーデックです。Premiere のデフォルトのインストールには、AVC-Intraframe、XAVC などの他の一般的なワークフローコーデックも含まれています。

プロジェクト設定
プロジェクト設定

進行状況パネルと Adobe Media Encoder

インジェストオプションが有効になっている場合、新しいメディアがインポートされると、Adobe Media Encoder がバックグラウンドで起動します。Premiere Pro の進行状況パネルで、進行状況を表示することもできます。

デフォルトでは、Premiere Pro でのビデオ再生中にトランスコーディングが一時停止され、パフォーマンスが向上します。このオプションは、Premiere Pro のユーザー設定で変更できます。

Adobe Media Encoder プログレスパネル
Adobe Media Encoder プログレスパネル

進行状況
進行状況

Adobe Media Encoder Watch フォルダー

Adobe Media Encoder は、別のコンピューターシステムにセットアップできます。

監視フォルダーを使用して、新しいメディアファイルを自動的にトランスコードし、ターゲットディレクトリに配置できます。

編集者またはアシスタント編集者は、メディアを Adobe Premiere Pro に追加できます。

監視フォルダーを追加
監視フォルダーを追加

注意:

既存のプリセットは、2 つのオーディオトラックを持つクリップをターゲットとして構築されますが、他のオーディオ構成は、Premiere Pro にインポートできる Adobe Media Encoder でプリセットを作成することで設定できます。 

要約

Premiere Pro のネイティブファイルサポートは、遅れて到着するメディアを救うことができるため、多くのプロジェクトをすべてネイティブで完了することができます。オプションを理解すると、メディアを管理し、編集を効率的に完了することができます。

この関連記事は、書き出しに焦点を当てています。詳しくは、ベストプラクティス:高速に書き出すを参照してください。

これらのベストプラクティスガイドについて

Adobe では、終了行にすばやく戻ることができます。ビデオの編集と制作については、ベストプラクティスガイドを参照してください。

協力者

  • Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある Media City Training の所有者です。
  • Jeff Greenberg 氏は、コンサルタント、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。
  • Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、映画製作者、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。
  • Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。また、彼は、『The Cool Stuff in Premiere Pro』の著者です。
  • Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、サポートパートナーのセールスおよびマーケティングの責任者です。彼は英国を拠点にしています。
  • Ian Robinson 氏は、ブロードキャストモーションデザイナーであり、通常の Adobe MAX トレーナーです。Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。
アドビのロゴ

アカウントにログイン