マニュアル キャンセル

再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. Frame.io でレビュー用に共有
      2. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. オーディオカテゴリのタグ付け
      9. 自動ダッキングオーディオ
      10. リミックスオーディオ
      11. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      12. オーディオバランスとパンについて
      13. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      14. オーディオエフェクトおよびトランジション
      15. オーディオトランジションの操作
      16. オーディオへのエフェクトの適用
      17. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      18. オーディオミックスの録音
      19. タイムラインでのオーディオの編集
      20. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      21. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. グラフィックとタイトル
      1. タイトルの作成
      2. リンクされたスタイルとトラックスタイル
      3. スタイルブラウザーの操作
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

Premiere Pro の使用時に、再生とパフォーマンスに関する問題が発生することがあります。ここでは、一般的な問題のトラブルシューティング手順を説明します。

再生が断続的になり、パフォーマンスが低下します。なぜですか?

再生とパフォーマンスに関する多くの問題は、メディアキャッシュメディアキャッシュデータベースに関係しています。メディアキャッシュには、プロジェクトビンに初めてクリップをインポートする際に Premiere Pro で生成される .CFA ファイルと .PEK ファイルが入っています。キャッシュファイルをクリアすると、このような問題が解決することがあります。

ビデオを見るか、説明を参照してください。

所要時間:2 分 21 秒

  1. 次を選択します。
    • (Windows)編集環境設定メディアキャッシュ
    • (macOS)Premiere Pro環境設定メディアキャッシュ
  2. メディアキャッシュファイルを削除」の隣にある「削除」ボタンをクリックします。
メディアキャッシュファイルの削除オプション
メディアキャッシュファイルの削除オプション

メディアキャッシュファイルとメディアキャッシュデータベースの場所に移動し、ファイルを手動で削除します。ファイルを削除したら、ごみ箱を空にします。キャッシュされたメディアファイルを削除してハードディスク領域を解放する方法については、「メディアキャッシュデータベースの管理」を参照してください。

メディアキャッシュファイルのデフォルトの場所は次のとおりです。

  • Windows:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Common
  • macOS:/Users/Library/Application Support/Adobe/Common

メディアキャッシュの場所を変更している場合は、その場所に移動して、メディアキャッシュファイルを削除します。

レンダリングが遅くなる理由

レンダリングに関連する問題が発生した場合は、レンダラーを変更してみてください。  

ファイルプロジェクト設定一般レンダラーを選択して、設定を「Mercury Playback Engine - GPU アクセラレーション」に変更します。

レンダラーの設定の変更
レンダラーの設定の変更

注意:

Mercury Playback Engine - GPU アクセラレーション」オプションがグレー表示になっていたり、使用できない場合は、GPU ドライバーのアップデートがあるかどうか確認してください。

タイムラインにビデオプレビューが表示されない理由

プレビューファイルを削除して、プレビューが機能しているかどうか確認してください。Premiere Pro でレンダリングファイルを削除するか、ファイルが保存されているフォルダーに移動して、その場所にあるファイルを削除します。

プレビューに問題がある場合は、プレビューファイルを削除してみてください。

シーケンスを選択して、シーケンスレンダリングファイルを削除をクリックします。

注意:

タイムラインがレンダリングされていない場合、このオプションはグレー表示になります。

レンダリングファイルの削除
レンダリングファイルの削除

ファイルプロジェクト設定スクラッチディスクをクリックします。オーディオまたはビデオのプレビューに指定されている場所を探します。Finder(macOS)またはエクスプローラー(Windows)でその場所に移動し、プレビューファイルを削除します。

スクラッチディスクからのプレビューファイルの削除
スクラッチディスクからのプレビューファイルの削除

注意:

プレビューを削除した場合、プレビューを手動で再作成する必要があります(シーケンスインからアウトをレンダリングを選択)。この操作を行わないと、再生が断続的になることがあります。

注意:

キャッシュをクリアした後にプロジェクトを開くと、Premiere Pro がキャッシュファイルを再生成します。これらのキャッシュファイルと PEK ファイルの生成中は、Premiere Pro での再生やプレビューに時間がかかることがあります。

再生パフォーマンスを最適化するにはどうしたらよいですか?

パフォーマンスが低下する原因としては、次の 2 つの問題が考えられます。

以下では、問題の原因を特定する方法とトラブルシューティングのガイドラインについて説明します。

適用されたエフェクトが原因かどうか確認する

エフェクトが原因でパフォーマンスが低下しているかどうか確認するには、シーケンスに適用されているオーディオエフェクトまたはビデオエフェクトを無効にして、処理の負荷を軽減します。書き出しを行うときに、これらのエフェクトを再度有効にします。

プログラムモニターのグローバル FX ミュートボタンを使用して、すべてのエフェクトを同時に無効にします。あるいは、エフェクトコントロールパネルでエフェクトを個別に無効にします。

すべてのエフェクトと同時に無効化
すべてのエフェクトと同時に無効化

エフェクトを個別に無効化
エフェクトを個別に無効化

詳細については、Premiere Pro の「オーディオ/ビデオエフェクトの削除」を参照してください。

プラグインが原因かどうかを確認する

  1. MediaCore フォルダーをチェックして、インストールされているプラグインが Premiere Pro と互換性があるかどうかを確認します。

    Windows の場合、ファイルは次の場所にあります。

    C:\ProgramFiles\Adobe\Common\Plug-ins\7.0\MediaCore

    macOS の場合、ファイルは次の場所にあります。

    Macintosh HD⁩/ ⁨Library⁩/⁨Application Support⁩/Adobe⁩/⁨Common⁩/⁨Plug-ins⁩/⁨7.0⁩/MediaCore

  2. この場所から別のフォルダーにプラグインを一時的に移動し、サードパーティプラグインなしで Premiere Pro が正常に動作するかどうか確認します。問題が解決した場合は、プラグインをアップデートするか、プラグインの提供元から互換性のあるバージョンを入手してください。

ハードウェアの設定が最適でないようです。どうすればよいですか?

  1. Premiere Pro でシステムの互換性レポートを開き(ヘルプシステムの互換性レポートを選択)、ハードウェアの互換性に問題がないかどうか確認します。あるいは、Premiere Pro の必要システム構成を確認します。

  2. 適用されたメディアやエフェクトがリアルタイムで処理されない場合、これがパフォーマンス低下の原因となっている可能性があります。その場合は、Premiere Pro でプロキシワークフローを使用してプロキシ機能を使用し、ネイティブフォーマットとプロキシフォーマットを切り替え、ジョブ処理の効率化を行ってください。

注意:

ビデオ制作では高速なストレージが必要です。ソリッドステートの NVMe または SSD ストレージを使用してください。システムを最適化する方法については、Premiere Pro および After Effects 用にシステムを最適するを参照してください。

オーディオが再生されません。なぜですか?

再生ボタンを押しても再生が始まらない場合があります。通常、このような問題はオーディオハードウェアの設定が原因で発生します。

  1. 編集環境設定オーディオハードウェアを選択して、コンピューターのオーディオデバイスと設定を確認します。たとえば、Premiere Pro でオーディオの再生と録音に使用されている ASIO と MME の設定(Windows OS の場合)または CoreAudio の設定(macOS の場合)を確認します。詳細については、「オーディオハードウェアの環境設定」を参照してください。

    オーディオデバイスの環境設定
    オーディオデバイスの環境設定

  2. デフォルトの入力と出力で外部オーディオデバイスを確認し、これらのデバイスを無効にします。たとえば、外部マイク、Web カメラ、サードパーティのオーディオ再生デバイス(AJA や BlackMagic)、USB マイク、モニタースピーカーを無効にします。

    Windows マシンの場合は、コントロールパネルの「サウンド」で Realtek 以外のすべてのデバイスを無効にします。

    macOS の場合は、内蔵の入出力装置を選択して機器セットを作成し、Premiere Pro の環境設定で「オーディオハードウェア」を開き、この機器セットをデフォルトの入力と出力に選択します。

  3. サードパーティのオーディオデバイスとインターフェースが無効になったら、再生が復元されるかどうか確認します。

h.264/h.265 メディアのパフォーマンスを改善するには、どうすればよいですか?

Premiere Pro は Intel® Quick Sync に対応しています。これは、Intel® Graphics Technology の専用のメディア処理機能を使用して、h.264/h.265 メディアのデコードとエンコードを高速に処理します。

h.264/h.265 メディアを使用する場合は、ハードウェアアクセラレーションによるデコード/エンコードを有効にすると、再生パフォーマンスを改善し、書き出し時間を短縮することができます。

再生パフォーマンスを改善するには、ハードウェアアクセラレーションによるデコードを有効にします。

  1. 編集環境設定メディア の順に選択します。
  2. ハードウェアによる高速処理のデコードを有効にする(再起動が必要)」を選択します。
  3. Premiere Pro を再起動します。

書き出し時間を短縮するには、ハードウェアアクセラレーションによるエンコードを有効にします。

  1. ファイル書き出しメディア の順に選択します。
  2. 「形式」ドロップダウンリストで、「H.264」または「HEVC (H.265)」を選択します。
  3. ビデオ」タブで、「エンコード設定」に移動し、「パフォーマンス」を「ハードウェアエンコーディング」に設定します。

ハードウェアアクセラレーションによるデコードまたはエンコードを利用するには、Intel® Quick Sync をサポートする Intel® CPU が必要です。詳しくは、必要システム構成GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアエンコーディングを参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン