エフェクトコントロールパネルに、現在選択されているクリップに適用されているエフェクトがすべて表示されます。基本エフェクトはすべてのクリップに含まれており、モーションエフェクト、不透明エフェクトおよびタイムリマップエフェクトは、「ビデオエフェクト」セクションに表示され、ボリュームエフェクトは「オーディオエフェクト」セクションに表示されます。ボリュームエフェクトは、オーディオクリップ、またはオーディオがあるビデオクリップにだけ含まれます。

注意:

エフェクトワークスペースを選択して、エフェクト編集用のインターフェイスをすばやく最適化することができます。 ウィンドウ/ワークスペース/エフェクトを選択します。

エフェクトコントロールパネル
エフェクトコントロールパネル

A. シーケンス名 B. クリップ名 C. タイムラインビューの表示/非表示ボタン D. タイムラインビュー E. エフェクトコントロールパネルメニュー F. 時間インジケーター 

初期設定ではタイムラインビューが表示されませんが、タイムラインビューの表示/非表示ボタン をクリックすると表示できます。必要に応じて、エフェクトコントロールパネルの表示幅を広げて、このボタンが表示されてアクティブになるようにします。

右向きの三角形をクリックしてエフェクトプロパティを展開し、値グラフと速度グラフを表示できます。

タイムラインパネルでクリップを選択すると、エフェクトコントロールパネルでタイムラインビューのズームレベルが自動的に調整され、選択したクリップのインポイントとアウトポイント間の範囲が中央に表示されます。エフェクトコントロールパネルメニューで「ワークエリアをクリップの範囲に設定」を選択解除して、クリップのインポイントとアウトポイント間以外のタイムラインを表示することができます。エフェクトコントロールパネルには、オーディオクリップの再生とループ再生で使用するコントロールもあります。キーフレーム領域はタイムルーラーの下にあります。キーフレーム領域では、特定のフレームの各エフェクトプロパティの値に対してキーフレームを指定することができます。

エフェクトコントロールパネル
エフェクトコントロールパネル

A. 現在の時間 B. ズームコントロール C. クリップのオーディオ再生 D. オーディオのループ再生の切り替え E. エフェクトの値 

エフェクトコントロールパネルでのエフェクトの表示

  1. エフェクトコントロールパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップに適用されているすべてのエフェクトを表示するには、タイムラインパネルでクリップを選択します。

    注意:

    エフェクトコントロールパネルをアクティブにするために時間インジケーターをクリップの上に配置する必要はありません。

    • ビデオエフェクトまたはオーディオエフェクトのヘッダーを展開したり閉じたりするには、ヘッダーにある表示/非表示ボタンをクリックします。矢印が上を向いているとき は、ヘッダーが展開され、そのセクション内のエフェクトはすべて表示されています。矢印が下を向いているとき は、エフェクトのヘッダーは閉じています。

    • エフェクトまたはプロパティを展開したり閉じたりするには、エフェクトの見出し、プロパティグループ名またはプロパティ名の左側にある三角形をクリックします。エフェクトの見出しを展開すると、そのエフェクトに関連するプロパティグループとプロパティが表示されます。例えば、エフェクトの見出しが「3 ウェイカラー補正エフェクト」、プロパティグループが「階調範囲の定義」、プロパティが「シャドウのしきい値」のように表示されます。個々のプロパティを展開すると、スライダーやダイヤルなどのグラフィックコントロールが表示されます。

    • エフェクトの順序を変更するには、エフェクト名をリスト内の希望の位置にドラッグします。ドラッグしている最中には、エフェクトが別のエフェクトの上または下にあるときに黒い線が表示されます。マウスボタンを放すと、エフェクトがその位置に移動します。

    注意:

    基本エフェクト(モーション、不透明度、タイムリマップ、ボリューム)を並べ替えることはできません。

    • クリップのインポイントとアウトポイント間以外のタイムラインを表示するには、エフェクトコントロールパネルメニューで「ワークエリアをクリップの範囲に設定」の選択を解除します。選択したクリップのインポイントとアウトポイント間以外のタイムラインエリアは、グレー表示されます。「ワークエリアをクリップの範囲に設定」を選択すると、クリップのインポイントとアウトポイント間のタイムラインだけが表示されます。
    • 選択したクリップ内のオーディオを再生するには、クリップのオーディオ再生ボタン をクリックします。このコントロールは、選択したクリップにオーディオが含まれている場合にだけ使用できます。

     

     

     

タイムラインパネルでのエフェクトプロパティのキーフレームの表示

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ビデオまたはオーディオトラックのトラックヘッダーのキーフレームを表示ボタン をクリックし、キーフレームを表示メニューからいずれかのキーフレームオプションを選択します。

    • プロパティを表示させたいキーフレームが含まれているクリップを右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。「クリップキーフレームを表示」を選択して、表示させたいキーフレームが含まれているエフェクトを選択します。

エフェクトコントロールパネルでのコントロールの調整またはリセット

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プロパティ値を変更するには、下線付きの数値にポインターを合わせて左右にドラッグします。
    • プロパティの値をクリックし、新しい値を入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
    • プロパティ名の隣の右向きの三角形をクリックしてプロパティを展開し、スライダーまたは角度コントロールをドラッグします。
    • 角度を設定するには、角度コントロール領域の内側をドラッグし、下線付きの数値をスクラブします。または、下線付きの数値を選択して値を入力します。

    注意:

    角度コントロールの内側をクリックしてから外側にドラッグすると、角度の値を簡単に変更できます。

    • スポイトツールを使用してカラー値を設定するには、コンピューター画面上の任意の場所で目的の色をクリックします。初期設定では、スポイトツールは 1 ピクセルの範囲を選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックすると、5 x 5 ピクセルの範囲の色を選択します。

    • カラーピッカーを使用してカラー値を設定する場合は、色見本をクリックし、カラーピッカーダイアログボックスで色を選択して、「OK」をクリックします。

    • エフェクトのプロパティを初期設定値に戻すには、エフェクトの隣にあるリセットボタン をクリックします。キーフレームを含まないプロパティは、すべて初期設定値に戻ります。キーフレームを含むプロパティは、そのプロパティの現在の時間の値だけが初期設定値に戻ります。現在の時間にキーフレームが設定されている場合は、そのキーフレームが初期設定値に戻ります。現在の時間にキーフレームが設定されていない場合は、初期設定値を使用するキーフレームが新たに作成されます。

    注意:

    誤ってリセットボタンをクリックしてしまった場合は、編集/取り消しを選択して直前の操作を取り消します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー