このヘルプ記事では、Premiere Pro でのシーケンスのレンダリング、プレビュー、および再生の方法について学習します。

シーケンスはすべて、フルフレームレートでリアルタイムに再生されます。これは通常、レンダリングが不要なセクションまたは既にプレビューファイルがレンダリングされている領域のすべてについて実行されます。ただし、フルフレームレートでのリアルタイム再生は、プレビューファイルのない複雑な領域やレンダリングされていない領域では、実行できない場合があります。

複雑な領域をフルフレームレートでリアルタイムに再生するには、最初に対象の領域のプレビューファイルのレンダリングが必要になる場合があります。シーケンスのレンダリングされていない領域は、カラーのレンダリングバーで示されます。シーケンスのタイムルーラーに表示される赤色のレンダリングバーは、その領域がレンダリングされていないことを表します。このような領域をフルフレームレートでリアルタイムに再生するには、レンダリングする必要があります。黄色のレンダリングバーもレンダリングされていない領域を表しますが、このような領域の場合、フルフレームレートでリアルタイムに再生するためにレンダリングする必要はありません。プレビューの品質に関係なく、赤色または黄色のレンダリングバーで示された領域は、テープに書き出す前にレンダリングする必要があります。緑色のレンダリングバーは、既にプレビューファイルがレンダリングされた領域を表します。

シーケンスは、ソースメディアと同様にプレビューファイルを参照しています。プロジェクトパネルではなく、Windows または Mac OS のファイルブラウザーを使用してプレビューファイルを移動または削除すると、次回プロジェクトを開いたときに、プレビューファイルの場所を指定するか、またはファイルを無視するかを確認するダイアログボックスが表示されます。

注意:

シーケンスプリセットをカスタマイズして、未圧縮 10 bit や 8 bit フッテージでプレビューすることができます。詳しくは、未圧縮ビデオ再生でのシーケンスの作成を参照してください。

アドビフォーラムのこの FAQ では、シーケンス内の赤または黄色のバーの意味について説明しています。

赤色、黄色および緑色のレンダリングバーが何を表しており、それらが再生とプレビューのレンダリングにどのように影響するかについて詳しくは、この記事を参照してください。

レンダリング用のワークエリアを定義する

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ワークエリアバーの中央部分を、プレビューする部分の上までドラッグします。ワークエリアバーは、必ず中央部分(縦線が数本表示されている部分)をクリックしてドラッグしてください。この部分以外をクリックしてドラッグすると、再生ヘッドが移動します。

    • ワークエリアバーのいずれかの端にあるワークエリアマーカーをドラッグして、ワークエリアの開始位置と終了位置を指定します。

    • 再生ヘッドを移動し、Alt + [ キー(Windows)または Option + [ キー(Mac OS)を押してワークエリアの開始位置を設定します。

    • 再生ヘッドを移動し、Alt + ] キー(Windows)または Option + ] キー(Mac OS)を押してワークエリアの終了位置を設定します。

    • ワークエリアバーの幅を、タイムルーラーまたはシーケンス全体の長さの短い方に設定するには、ワークエリアバーをダブルクリックします。シーケンス全体をワークエリアとして定義するには、タイムラインパネルでシーケンス全体を表示します。

      ワークエリアバーを設定してレンダリングのエリアを定義するときに、対応するオプションがシーケンスメニューに表示されます。「ワークエリアでエフェクトをレンダリング」、および「ワークエリア全体をレンダリング」です。「ワークエリアのレンダリングファイルを削除」コマンドも使用できます。これらのオプションは、ワークエリアバーが無効になっている場合はシーケンスメニューに表示されません。

    注意:

    ワークエリアバーの上にポインターを移動すると、ワークエリアバーの開始タイムコード、終了タイムコードおよびデュレーションを示すツールヒントが表示されます。

インポイントとアウトポイントを使用したレンダリングのエリアの定義

  1. インポイントとアウトポイントをマークしてレンダリングのエリアを定義できます:
    • レンダリングする予定のシーケンスのエリアに対するインポイントとアウトポイントをマークします。

      インポイントとアウトポイントをマークしてレンダリングのエリアを定義するときに、対応するオプションがシーケンスメニューに表示されます。「インからアウトでエフェクトをレンダリング」および「インからアウトをレンダリング」です。「インからアウトのレンダリングファイルを削除」コマンドも使用できます。これらのオプションは、ワークエリアバーが有効になっている場合はシーケンスメニューに表示されません。

一部のシーケンスのプレビューファイルのレンダリング

赤色のレンダリングバーに収まっているシーケンスの任意の部分をレンダリングすることができます。インポイントとアウトポイントを設定することで、レンダリングするシーケンスの部分を定義することもできます。

インポイントとアウトポイントを設定して一部のシーケンスのプレビューファイルをレンダリングするには:

  1. インポイントとアウトポイントを設定してプレビューするエリアをマークします。
  2. シーケンスを選択し、次のうちから 1 つを選択します。

    インからアウトでエフェクトをレンダリング

    赤色のレンダリングバーが表示されたインポイントとアウトポイント内のビデオトラックの領域をレンダリングします。または、Enter キーを押します。

    インからアウトをレンダリング

    赤色または黄色のレンダリングバーが表示されたインポイントとアウトポイント内のビデオトラックの領域をレンダリングします。

    オーディオをレンダリング

    ワークエリア内のオーディオトラックの領域のプレビューファイルをレンダリングします。

    注意:

    ビデオトラックをレンダリングするたびに、オーディオトラックもレンダリングするように設定できます。詳しくは、ビデオのレンダリング時のオーディオのレンダリングを参照してください。

    レンダリング時間は、使用しているシステムのリソースとプレビュー領域の複雑さによって異なります。

    これらのオプションは、ワークエリアが有効になっている場合は使用できません。

    注意:

    プレビューファイルでレンダリングされるモーションの品質を最高にするには、シーケンス設定の「最高レンダリング品質」オプションを選択します。詳しくは、設定を参照してください。

ビデオのレンダリング時のオーディオのレンダリング

Premiere Pro の初期設定では、シーケンス/ワークエリアでエフェクトをレンダリングまたはシーケンス/ワークエリア全体をレンダリングを選択した場合にオーディオトラックはレンダリングされません。ただし、複数のオーディオチャンネルや複雑なシーケンスのオーディオのミキシング時に、ディスクドライブのデータスループットがフローを維持できない場合、うまく再生されない可能性があります。ビデオプレビューのレンダリング時に Premiere Pro が自動的にオーディオプレビューをレンダリングするように、この初期設定を変更することができます。

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Premiere Pro/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。
  2. 「ビデオのレンダリング時にオーディオをレンダリング」をオンまたはオフにします。
  3. 「OK」をクリックします。

プレビューファイルの操作

プレビューをレンダリングすると、Premiere Pro はハードディスク上にプレビューファイルを作成します。このプレビューファイルには、Premiere Pro がプレビュー時に処理したあらゆるエフェクトの結果が含まれています。変更を加えられていないワークエリアをもう一度プレビューする場合はプレビューファイルが再生され、Premiere Pro はシーケンスを再度レンダリングすることはありません。Premiere Pro は指定したフォルダーにプレビューファイルを保存します。また、プレビューファイルがあれば、最終的なビデオプログラムを書き出す際に、既に保存されている処理済みのエフェクトを使用して、時間を節約することができます。

注意:

Adobe Media Encoder は、エンコーディングで Premiere Pro プレビューファイルを自動的に使用しません。Premiere Pro プレビューファイルを使用するようにするには、Adobe Media Encoder で各エンコーディング処理に対して「プレビューの使用」オプションを選択する必要があります。

さらに作業時間を短縮できるように、Premiere Pro は既存のプレビューファイルを可能な限り管理します。プレビューファイルは、プロジェクトの編集にともなって、関連付けられているセグメントと一緒に移動します。シーケンスのセグメントが変更された場合、Premiere Pro は対応するプレビューファイルを自動的にトリミングし、残りの変更されていないセグメントを保存します。

注意:

プロジェクトが完成したら、プレビューファイルを削除してディスク容量を節約します。

レンダリング時のプレビューファイルの使用

  1. 書き出し設定ダイアログボックスで、「プレビューの使用」をチェックします。

プレビューファイルの削除

  1. タイムラインパネルがアクティブな状態で、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 指定した範囲のクリップに対するレンダリングファイルのみを削除するには、対象の範囲のみがカバーされるようワークエリアバーを調整します。次に、シーケンス/ワークエリアのレンダリングファイルを削除を選択します。ワークエリア内の関連クリップのすべての部分に対するプレビューファイルが削除されます。

    • シーケンスのすべてのレンダリングファイルを削除するには、シーケンス/レンダリングファイルを削除を選択します。

    注意:

    「レンダリングファイルを削除」と「ワークエリアのレンダリングファイルを削除」には、キーボードショートカットを設定できます。

  2. 削除の確認が表示されたら「OK」をクリックします。

シーケンス全体の再生

  1. プログラムモニターで、インからアウトへ再生ボタン  をクリックします。

プレビュー時のシーケンスのスクロール

シーケンスがタイムラインパネルの表示領域よりも長い場合に、シーケンスを自動的にスクロールさせることができます。

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Premiere Pro/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。「プリロール」フィールドと「ポストロール」フィールドに任意の長さを入力します。
  2. タイムラインパネルの再生時のタイムラインスクロールメニューからオプションを選択します。

    スクロールなし

    シーケンスはスクロールしません。

    ページスクロール

    シーケンスは、タイムラインパネルの表示領域を 1 ページ単位でスクロールします。このオプションは初期設定で指定されています。

    スムーズスクロール

    表示領域の中央に再生ヘッドが常に表示されるようにシーケンスがスクロールします。

テレビモニターでのプレビュー

シーケンスは、コンピューターに接続されているどんなモニターにも表示できます。テレビモニターでプレビューするには、そのモニター用の適切なビデオポートを備えているビデオハードウェアが必要です。

ビデオカードを使用したテレビモニターでのプレビュー

ビデオカードとオペレーティングシステムソフトウェア製品には、コンピューターのデスクトップとは独立したテレビモニターをサポートしているものと、デスクトップと連携した 2 台目のコンピューターモニター、つまりアプリケーションを表示可能なモニターをサポートしているものがあります。詳しくは、使用しているビデオカードとオペレーティングシステムに付属のマニュアルを参照してください。

ビデオカメラまたはビデオデッキを介したテレビモニターのプレビュー

プロジェクトを編集している場合は、IEEE 1394 接続のデジタルビデオカメラまたはビデオデッキを介してシーケンスをテレビモニターでプレビューできます。

注意:

HDV モードのビデオカメラまたはビデオデッキを介してテレビモニターでプレビューすることはできません。DV モードか自動モードに設定してください。

  1. デジタルビデオカメラまたはデッキがモニターに接続されており、デジタルビデオカメラまたはデッキがコンピューターに正しく接続されていることを確認します。
  2. (ビデオカメラの場合のみ)ビデオカメラの出力設定をモニターへの出力に設定します。出力先が自動検出されるデバイス以外の場合には、メニューオプションから出力先を選択してください。
  3. ソースモニターまたはプログラムモニターで、右上のパネルメニューボタンをクリックして、「再生設定」を選択し、次のいずれかのオプションを選択します。

    再生中のデスクトップビデオ表示

    プログラムモニターに再生するかどうかを指定します。このオプションの選択を解除すると、「外部デバイス」オプションで指定した外部モニターだけで再生します。「外部デバイス」オプションが「なし」に設定されている場合、デスクトップビデオを選択して、プログラムモニターに再生されるようにします。

    外部デバイス

    ビデオを再生する外部デバイスを設定します。

    縦横比を変換

    DV プロジェクトでどのようにピクセル縦横比が変換されるかを設定します。

    デスクトップオーディオ

    コンピューターのスピーカーからオーディオの再生を行うように設定します。

    外部デバイスオーディオ

    オーディオ再生を外部オーディオデバイスに設定します。

    書き出し先:外部デバイス

    指定したデバイスでのテープへの書き出しを有効にします。書き出し中でも、このオプションは外部デバイスでの再生に影響しません。

    バックグラウンド動作時のビデオ出力を無効

    Premiere Pro がバックグラウンドで動作している場合、外部モニターに対してビデオ出力を無効にします。

    24p 変換方法

    24p フッテージの変換方法を指定します。24P 再生オプションの設定を参照してください。

注意:

デスクトップでの再生と、DV デバイスまたは VTR を介したテレビでの再生には、多少のずれが生じることがあります。ビデオとオーディオが同期していない場合は、同じデバイスを使用してビデオとオーディオをプレビューしてください。

Adobe ビデオアプリケーションが同じキャッシュファイルを使うようにする

Adobe のビデオアプリケーションでは、読み込む個々のファイルに一意のドキュメント ID を自動的に挿入できます。この一意の ID を使用すると、各アプリケーションで同一のキャッシュされたプレビューや最適化されたオーディオファイルにアクセスでき、レンダリングや最適化を実行し直す必要がなくなります。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「メディア」セクション(または Soundbooth の「メタデータ」セクション)で、「読み込み時に XMP ID をファイルに書き込む」を選択します。

    これはグローバル設定であり、1 つの Adobe ビデオアプリケーションで設定を変更すると、他のすべてのアプリケーションにも影響します。また、最初に ID が挿入される際にはファイルの更新日が変化します。

注意:

プロジェクトを他のコンピューターに移動するときにレンダリング時間を節約するには、キャッシュされたファイルと元のファイルの両方を移動してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー