クリップをシーケンスに追加する

クリップは、次の方法でシーケンスに追加することができます。

  • プロジェクトパネルまたはソースモニターから、タイムラインパネルまたはプログラムモニターにクリップをドラッグします。

  • ソースモニターのインサートボタンまたは上書きボタンを使用して、クリップをタイムラインパネルに追加します。または、これらのボタンに関連付けられたキーボードショートカットを使用します。

  • プロジェクトパネルからシーケンスを自動的に構成します。

  • クリップをプロジェクトパネル、ソースパネル、メディアブラウザーからプログラムモニターにドラッグします。


上書き編集では、クリップを追加すると、追加先にあるシーケンス内の既存のフレームが、編集ポイントからそのクリップの長さ分だけ置き換えられます。上書き編集は、クリップをシーケンスにドラッグしたとき、またはシーケンス内でクリップを並べ替えているときの編集モードの初期設定です。

インサート編集では、シーケンスにクリップを追加すると、追加した位置より後ろにあるクリップが新しく挿入したクリップの分だけ後ろに移動します。インサート編集モードに切り替えるには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリップをドラッグします。

注意:

1 つまたは複数のトラックをロックすると、インサート編集ではロックされていないすべてのトラックのクリップを移動します。インサート編集でトラックのクリップが移動しないようにするには、トラックをロックします。または、移動する各トラックのヘッダーの同期ロックボタンをクリックします。

シーケンスの表示

  1. プロジェクトパネルで、シーケンスをダブルクリックします。

    シーケンスがタイムラインパネルに表示されます。

ターゲットトラック

シーケンスには、複数のビデオトラックとオーディオトラックを含めることができます。シーケンスにクリップを追加する場合、編集する 1 つまたは複数のトラックを割り当てることが重要です。オーディオおよびビデオについても、1 つまたは複数のトラックをターゲットにできます。トラックの指定方法は、使用する編集方法(ソースモニターから編集する、タイムラインにドラッグする、コピー&ペーストする)によって異なります。

  • 挿入または上書き編集を行う前に、ソースモニターに読み込まれたクリップのトラックをシーケンスの 1 つまたは複数のトラックにマップするには、各ソースクリップのトラックを示すソーストラックインジケーターを 1 つまたは複数の選択されたシーケンスのトラックにドラッグします。オーディオのソーストラックインジケーターは、ソースクリップのチャンネル設定に一致するオーディオトラックにだけ配置できます。例えば、ステレオクリップのオーディオトラックインジケーターは、シーケンス内のステレオトラックにのみ配置できます。ターゲットトラックを指定したら、「挿入」または「上書き」ボタンを押して(または、ショートカットを使用して)、クリップを編集します。

  • ドラッグすると挿入または上書き編集になる場合、クリップをシーケンスにドラッグし、トラックにドロップすると、ターゲットトラックが自動的に指定されます。先にトラックを指定する必要はありません。デフォルトでは、ドラッグ編集は上書き編集です。クリップの挿入編集を実行する場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。編集を行うと、影響を受けたトラックに三角マークが表示されます。

  • 貼り付け(またはキーボードショートカット)でクリップをシーケンスに追加する場合は、先にターゲットトラックを指定する必要があります。複数のビデオトラックまたはオーディオトラックを一度にターゲットに指定できます。また、1 つのビデオトラックまたはオーディオトラックのみをターゲットにすることも可能です。タイムラインパネルで、ターゲットトラックとして指定するトラックのトラックヘッダー領域をクリックします。ターゲットトラックのヘッダー領域は、ハイライト表示されます。

注意:

トラックターゲット指定コマンドの一部には、キーボードショートカットを割り当てることもできます。

クリップを上書きする場合は、どちらの追加方法(クリップをドラッグ、またはソースモニターの上書きボタン)でもターゲットトラック内のクリップだけが影響を受けます。

クリップを挿入する場合は、クリップがターゲットトラックに挿入され、ソースクリップが位置するロックされていないほかのトラック内のクリップも、挿入したクリップの分だけ後ろに移動されます。別のトラックで同期ロックボタンを有効にして、トラックを移動するよう指定することもできます。

注意:

他のトラック内のクリップを移動せずにクリップを挿入するには、Ctrl + Alt キー(Windows)または Command + Option キー(Mac OS)を押しながらクリップをトラックへドラッグします。

ビデオクリップは任意のビデオトラックにドラッグできますが、オーディオクリップは互換性のあるオーディオトラックにしか追加できません。オーディオクリップは、マスターオーディオトラックやサブミックストラックには追加できません。チャンネルの種類(モノラル、ステレオ、5.1)が同じで互換性のあるオーディオトラックにだけ配置することができます(シーケンス内のオーディオトラックを参照してください)。

ビデオとオーディオがリンクされているクリップは、ビデオまたはオーディオのいずれかのトラックにドラッグできますが、ビデオとオーディオの各コンポーネントは、対応する適切なトラックに別個に表示されます。

注意:

現在どのトラックがターゲットトラックになっているかに関係なく、クリップは、ロック解除されていて、互換性のある任意のトラックにドラッグできます。ロックされているトラックをターゲットトラックにすることはできません。ターゲットトラックをロックすると、そのトラックはターゲットトラックではなくなります。

シーケンスへのビデオおよびオーディオのドラッグ

初期設定では、リンククリップのビデオとオーディオのコンポーネントをシーケンスにドロップすると、クリップのオーディオチャンネルのタイプがターゲットトラックと互換性があれば、対応するトラック(例えば、Video 1 と Audio 1)に表示されます。クリップのオーディオチャンネルの種類がターゲットトラックと互換性がない場合は、リンクされているオーディオクリップは互換性のある次のトラックに移動するか、互換性のあるトラックが自動的に作成されます。

注意:

オーディオクリップを互換性のないトラックにドラッグした場合、そのクリップは互換性のある次のトラックに自動的に移動されます。そのトラックに別のオーディオクリップが入っていても、この移動は実行されます。このため、既にシーケンスに入っているクリップに影響を与えないよう、オーディオクリップの種類とトラックの互換性には注意してください。

ただし、Shift キーを押しながらドラッグすると、この動作を変更できます。

注意:

アセットと互換性のあるトラックの作成方法について詳しくは、トラックの操作およびカスタムシーケンスプリセットの作成を参照してください。

プログラムモニターは、クリップをシーケンスのどこに追加するかを決定するときに役立ちます。上書き編集時には、新しいクリップの最初と最後に隣接するシーケンス内のフレームがここに表示されます。インサート編集時には、挿入ポイントに隣接するフレームがここに表示されます。

  1. (オプション)ソースモニターでクリップを開き、インポイントとアウトポイントを指定します(インポイントとアウトポイントの操作を参照してください)。

    注意:

    インポイントとアウトポイントを設定しない場合は、プロジェクトパネルのビンまたはプレビューサムネールからクリップを直接ドラッグできます。

  2. クリップをドラッグしたときにクリップの端(クリップのインポイントとアウトポイント)を揃えるには、タイムラインパネルでスナップボタン がアクティブになっていることを確認します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップのビデオおよびオーディオ部分を特定のトラックにドラッグするには、クリップをソースモニターまたはプロジェクトパネルからタイムラインにドラッグします。クリップのビデオ部分を目的のビデオトラックの上に配置する場合は、Shift キーを押したままにします。引き続き Shift キーを押したまま、ビデオとオーディオトラックを分けるバーを通り越して下方向にドラッグします。クリップのオーディオ部分を目的のオーディオトラックの上に配置する場合は、マウスと Shift キーを放します。

    • クリップのビデオ部分を Video 1 トラックに、オーディオ部分を任意のオーディオトラックにドラッグするには、ソースモニターまたはプロジェクトパネルから、ビデオトラックとオーディオトラックを分けるラインを超えてクリップをドラッグします。オーディオ部分を配置するオーディオトラック上でクリップをドロップします。クリップのビデオ部分は Video 1 トラックに残り、オーディオ部分は目的のオーディオトラックに配置されます。

    • 上書き編集を行うには、クリップをソースモニターまたはプロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグします。この場合、タイムラインの適切なトラック上のクリップの開始時間位置にドラッグします。追加先がハイライト表示され、ポインターが上書きアイコン に変わります。

    • インサート編集を行うには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、クリップをソースモニターまたはプロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグします。この場合、タイムラインパネルの適切なトラック上のクリップの開始時間位置にドラッグします。追加先がハイライト表示され、ポインターがインサートアイコン に変わります。すべてのトラックの挿入点に矢印が表示されます。

    • インサート編集でターゲットトラックの後続クリップだけを動かすには、Ctrl + Alt キー(Windows)または Command + Option キー(Mac OS)を押しながら、クリップをソースモニターまたはプロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグします。この場合、タイムラインパネルの適切なトラック上のクリップの開始時間位置にドラッグします。追加先がハイライト表示され、ポインターがインサートアイコン に変わります。クリップを追加するトラックの挿入点だけに矢印が表示されます。

    • (欧米語のキーボードのみ)クリップをタイムラインパネル上にドロップする際にクリップにズームインするには、クリップをドラッグして =(等号)キーを押してズーム率を大きくします。また、ズームアウトするには、-(マイナス)キーを押してズーム率を小さくします。テンキーは使用しないでください。

    クリップがタイムラインパネルに配置され、タイムラインパネルがアクティブになると、シーケンスに追加したばかりのクリップの再生が簡単にできます。

注意:

プログラムモニターへ、クリップを Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグしたり、キーを押さずにドラッグしたりして、上書きまたはインサートすることができます。このとき、目的のトラックがタイムラインパネルでターゲットとして選択されていて、再生ヘッドがシーケンス内のクリップを追加する位置にあることを確認してください。インサート編集でトラック内のクリップが移動しないようにするには、トラックの同期ロックをオフにするか、トラックをロックします。

シーケンスへのビデオまたはオーディオのみのドラッグ

クリップのビデオトラック、オーディオトラックまたは両方のタイプのトラックをシーケンスに追加できます。プロジェクトパネルまたはソースモニターのメイン表示領域からクリップをドラッグすると、両方のタイプのトラックが自動的に追加されます。いずれかのタイプのトラックだけを追加するには、ソースモニターから追加します。

  1. プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルでクリップをダブルクリックして、ソースモニターでクリップを開きます。
  2. ソースモニターで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップのオーディオおよびビデオトラックをすべてドラッグするには、メイン表示領域の内部からドラッグします。

    • クリップのビデオトラックのみをドラッグするには、ビデオのみドラッグアイコン からドラッグします。

    • オーディオトラックのみをドラッグするには、まずタイムラインパネルで、クリップのオーディオトラックを受け取るトラックをターゲットにします。次に、使用するオーディオトラックをターゲットオーディオトラックにマップします。次に、オーディオのみドラッグアイコン からドラッグします。

    注意:

    ビデオのみドラッグおよびオーディオのみドラッグは、ボタンではありません。これらはアイコンであり、クリックすると、それに応じたドラッグ操作を開始できます。

クリップ追加時のトラックの追加

  1. プロジェクトパネルまたはソースモニターから、クリップを一番上のビデオトラックの上(ビデオクリップまたはリンククリップの場合)または一番下のオーディオトラックの下(オーディオクリップまたはリンククリップの場合)の何も表示されていない部分にドラッグします。ソースクリップのコンテンツに従って、オーディオトラック、ビデオトラックまたはその両方が追加されます。

    注意:

    シーケンス内にある適切なメディアタイプのトラック(例えば、ステレオソースクリップ用のステレオオーディオトラック)がすべてロックされている場合、追加するクリップ用のトラックが自動的に作成されます。

シーケンスへのクリップの挿入

  1. プロジェクトパネルまたはシーケンスでクリップをダブルクリックして、ソースモニターでクリップを開きます。
  2. クリップを挿入するシーケンス内の位置に再生ヘッドを配置します。
  3. タイムラインパネルで、ソースクリップのコンポーネントを挿入するトラックのヘッダーをクリックして、トラックをターゲット指定します。
  4. ソースクリップのコンポーネントを挿入するトラックのヘッダーにソースクリップのトラックインジケーターをドラッグします。
  5. 挿入の結果として移動されるトラックのヘッダーで、同期ロックボックスをクリックします。

    注意:

    ターゲット指定されたトラックまたは同期ロックが有効化されたトラックは、挿入によって影響を受けます。影響を受けないのは同期ロックが無効な非ターゲットトラックだけです。トラックにソーストラックインジケーターがない場合、またはトラックがターゲットになっていないが同期ロックが有効な場合は、ソースクリップのデュレーションの時間インジケーターの位置にあるトラックに空のトラック背景が挿入されます。

  6. ソースモニターで、インサートボタン をクリックします。

クリップのオーディオおよびビデオコンポーネントは、再生ヘッドの位置で選択したトラックに挿入されます。同期ロックが有効になっているトラック上の挿入位置の右側のクリップは、挿入されたクリップの長さ分、右に移動します。

シーケンスへのクリップの上書き

  1. プロジェクトパネルまたはシーケンスでクリップをダブルクリックして、ソースモニターでクリップを開きます。
  2. クリップを上書きするシーケンス内の位置に再生ヘッドを配置します。
  3. ソースクリップのコンポーネントを上書きするトラックのヘッダーをクリックして、トラックをターゲット指定します。
  4. ソースクリップのコンポーネントを上書きするトラックのヘッダーにソースクリップのトラックインジケーターをドラッグします。

    注意:

    上書き編集で、ターゲットトラックにソーストラックインジケーターがない場合は、ソースクリップのデュレーションに合わせて空のトラック背景が挿入され、その場所にあった以前のコンテンツは削除されます。

  5. ソースモニターで、上書きボタン をクリックします。

クリップのオーディオおよびビデオコンポーネントは、再生ヘッドの位置で選択したトラックにオーバーレイされます。

プログラムパネルへのクリップのドラッグによるインサートまたは上書き

プロジェクトパネル、ソースパネル、メディアブラウザーでクリップを選択してプログラムモニターにドラッグできます。この操作により、オーバーレイがモニターに表示され、上書きとインサート編集が視覚的に描画されます。別の編集方法に切り替えることができる補助キーについてのツールヒントが表示されます。クリップをプログラムパネルにドラッグしてインサート編集または上書き編集を行うには、次の操作を行います。

  • ドラッグ&ドロップで上書き編集を行う(補助キーなしの初期設定のドラッグ操作)。

  • ドラッグ&ドロップでインサート編集を行う(Command/Ctrl 補助キーを押しながら操作)。

クリップは、プロジェクトパネルまたはメディアブラウザーからプログラムパネルにドラッグできます。このようにドラッグできるクリップには、AV、ビデオのみまたはオーディオのみのクリップがあります。

クリップをプロジェクトパネルやメディアブラウザーからプログラムモニターのビデオ表示領域にドラッグするときに、補助キーを押さずにドラッグすると、初期設定で上書きオーバーレイが表示されます。クリップのサムネール画像の下にはツールヒントが表示されます。そのままドロップすると(マウスボタンを放すと)、上書き編集が実行され、Command/Ctrl キーを押しながらドロップすると、インサート編集が実行されます。

プログラムモニターにドラッグされた複数のクリップには、複数のクリップがスタックされていることを示すアイコンは表示されません。複数のクリップがスタックされていることを示すアイコンは、ドラッグされているクリップ数が正確に反映されているわけではありません。

補助キーを押しながら操作すると、オーバーレイが更新され、インサート編集オーバーレイが表示されます。ドラッグ&ドロップ操作の途中で、上書きモードとインサートモードを交互に切り替えることができます。補助キーを押し続けると、オーバーレイの表示が更新されます。

3 ポイント編集および 4 ポイント編集

ソースモニターとプログラムモニターには、従来のビデオ編集の標準的なテクニックである 3 ポイント編集と 4 ポイント編集を行うためのコントロールがあります。

3 ポイント編集では、2 つのインポイントと 1 つのアウトポイント、または 2 つのアウトポイントと 1 つのインポイントを指定します。4 つ目のポイントを指定する必要はありません。4 つ目のポイントは、ほかの 3 つのポイントによって推定されます。例えば、一般的な 3 ポイント編集で、ソースクリップの開始フレームと終了フレーム(ソースのインポイントとアウトポイント)と、シーケンスでクリップが開始される位置(シーケンスのインポイント)を指定します。この場合、シーケンスでクリップが終了する位置(未指定のシーケンスのアウトポイント)は、自動的に判断されます。3 つのポイントは任意に指定して編集を実行できます。例えば、クリップの開始点よりも終了点の方が重要である場合、ソースのインポイントとアウトポイント、およびシーケンスのアウトポイントを 3 つのポイントとして指定します。それに対して、シーケンスの特定の場所でクリップが開始および終了する必要がある場合(例えば、ナレーションに完全に一致させる場合など)は、シーケンス内に 2 つのポイントを設定して、ソースに 1 つのポイントを指定します。

4 ポイント編集では、ソースおよびシーケンスの両方にインポイントとアウトポイントを設定します。4 ポイント編集は、ソースクリップとシーケンスで、開始フレームと終了フレームの両方が重要な場合に便利です。設定したソースとシーケンスのデュレーションが異なる場合、警告メッセージが表示され、新しいポイントの設定を求めるメッセージが表示されます。

3 ポイント編集

  1. プロジェクトパネルで、ソースモニターに表示するクリップをダブルクリックします。
  2. タイムラインパネルでクリップを追加するトラックのヘッダーをクリックして、トラックをターゲット指定します。
  3. タイムラインで、クリップコンポーネントを挿入するトラックのヘッダーにソーストラックインジケーターをドラッグします。
  4. ソースモニターとプログラムモニターで、合計 3 つのインポイントとアウトポイントを任意の組み合せで指定します。
  5. ソースモニターで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • インサート編集を行うには、インサートボタン をクリックします。

    • 上書き編集を行うには、上書きボタン をクリックします。

4 ポイント編集

  1. プロジェクトパネルで、ソースモニターに表示するクリップをダブルクリックします。
  2. タイムラインパネルでクリップを追加するトラックのヘッダーをクリックして、トラックをターゲット指定します。
  3. タイムラインで、クリップコンポーネントを挿入するトラックのヘッダーにソーストラックインジケーターをドラッグします。
  4. ソースモニターで、ソースクリップのインポイントとアウトポイントを指定します。
  5. プログラムモニターで、シーケンスのインポイントとアウトポイントを指定します。
  6. ソースモニターで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • インサート編集を行うには、インサートボタン

    • インサート編集でターゲットトラックの後続クリップだけを動かすには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらインサートボタン をクリックします。

    • 上書き編集を行うには、上書きボタン をクリックします。

  7. 設定したソースとプログラムのデュレーションが異なる場合は、次のいずれかのオプションを選択します。

    範囲に合わせてクリップ速度を変更

    クリップの速度を変更して、ソースクリップのデュレーションが、シーケンスのインポイントとアウトポイントによって決定されているデュレーションと同じになるようにします。ソースクリップのインポイントとアウトポイントはそのまま維持されます。

    クリップの最初をトリミング

    ソースクリップのインポイントを自動的に変更して、ソースクリップのデュレーションが、シーケンスのインポイントとアウトポイントによって決定されているデュレーションと同じになるようにします。

    クリップの最後をトリミング

    ソースクリップのアウトポイントを自動的に変更して、ソースクリップのデュレーションが、シーケンスのインポイントとアウトポイントによって決定されているデュレーションと同じになるようにします。

    シーケンスのインポイントを無視

    設定したシーケンスのインポイントを無視して、3 ポイント編集を行います。

    シーケンスのアウトポイントを無視

    設定したシーケンスのアウトポイントを無視して、3 ポイント編集を行います。

シーケンスへのクリップの自動追加

シーケンスへオート編集機能を使用すると、編集前のクリップを追加されたクリップには、初期設定のビデオとオーディオトランジションを含めることができます。

  1. 各クリップのインポイントとアウトポイントをそれぞれ設定します。
  2. プロジェクトパネルにクリップを配置します。クリップは、選択した順でシーケンスに追加することも、アイコン表示のビンに配置されている順で追加することもできます。また、ネストされているビン内のシーケンスやクリップを追加することもできます。

    注意:

    プロジェクトパネルをアイコンビューに設定して、ビン内のクリップをストーリーボード形式で配置できます(プロジェクトパネルの表示形式の変更を参照してください)。

  3. プロジェクトパネルでクリップを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、目的の順序でクリップを選択するか、または複数のクリップを囲むようにドラッグして選択します。
  4. プロジェクトパネルで、シーケンスへオート編集ボタン をクリックします。
  5. シーケンスへオート編集ダイアログボックスで、次のオプションを設定して「OK」をクリックします。

    並び

    クリップがシーケンスに追加されるときの、クリップの並べ方を指定します。「配置順」を選択すると、プロジェクトパネルに表示されている順序(リスト表示の場合は上から下に向かって、アイコン表示の場合は左から右、上から下に向かって)でクリップが追加されます。「選択順」を選択すると、クリップはプロジェクトパネルで選択した順序に従って追加されます。

    配置

    シーケンスにクリップをどのように配置するかを指定します。「現在の配置順」を選択すると、クリップはそのまま順番に配置されます。「番号なしマーカー」を選択すると、クリップは番号なしのシーケンスマーカーの位置に配置されます。また、トランジションのオプションが指定できなくなります。

    置き換え方法

    実行する編集の種類を指定します。シーケンスの現在の位置にクリップをインサートする場合は、「インサート編集」を選択します。インサート編集を実行すると、新しいクリップが入った分だけ既存のクリップが先方向に移動します。上書き編集を行う場合は「Overwrite Edit(上書き編集)」を選択します。上書き編集を実行すると、シーケンスの現在の開始時間にある既存のクリップが新しいクリップに置き換えられます。

    注意:

    「シーケンスへオート編集」コマンドは、ターゲットトラックを無視し、常に使用可能な最下位のビデオトラックおよびオーディオトラックを使用します。例えば、Video 1 とAudio 1 がロックされている場合、Video 2 と Audio 2 または適切なチャンネルタイプの最下位のオーディオトラックが自動的に使用されます。

    クリップオーバーラップ

    「デフォルトのオーディオトランジションを適用」または 「デフォルトのビデオトランジションを適用」を選択した場合に、クリップ間のトランジションの長さをどの程度調整するかを指定します。例えば、30 フレームと指定すると、クリップのインポイントとアウトポイントがそれぞれ 15 フレームずつトリミングされ、30 フレームのトランジションが追加されます。このオプションの初期設定値は、15 フレームです。メニューで単位をフレームまたは秒に設定できます。

    デフォルトのオーディオトランジションを適用

    エフェクトパネルの初期設定として定義されているオーディオトランジションを使用して、各オーディオ編集位置にオーディオクロスフェードが作成されます。選択したクリップ内にオーディオトラックが存在し、配置オプションが「現在の配置順」に設定されている場合だけ選択可能になります。クリップオーバーラップオプションが 0 に設定されている場合には機能しません。

    デフォルトのビデオトランジションを適用

    各編集ポイントにエフェクトパネルの初期設定として定義されているトランジションが作成されます。このオプションは、配置オプションが「一定に配置」に設定されている場合だけ使用できます。クリップオーバーラップオプションが 0 に設定されている場合には機能しません。

    オーディオを無視

    「シーケンスへオート編集」で選択したクリップのオーディオが無視されます。

    ビデオを無視

    「シーケンスへオート編集」で選択したクリップのビデオが無視されます。

シーケンスへのさまざまな種類のクリップの追加

フレームレート、フレーム縦横比およびフレームサイズが異なるクリップを同じシーケンス内に混在させることができます。例えば、HD クリップを SD プロジェクト内のシーケンスにドロップすると、クリップにレターボックスが適用され、SD フレームサイズに合わせて自動的に調整されます。同様に、SD クリップを HD プロジェクトのシーケンスにドロップすると、クリップには自動的にピラーボックスが適用されます。

タイムラインで、シーケンス設定が異なる属性のクリップの上にレンダリングバーが表示されます。レンダリングバーは、最終的な出力の前にクリップのレンダリングが必要になることを示しますが、必ずしもクリップをリアルタイムでプレビューできないことを示すものではありません。クリップの上に黄色のレンダリングバーが表示されている場合は、レンダリングせずにリアルタイムで再生できる可能性があります。ただし、赤色のレンダリングバーが表示されている場合は、Premiere Pro ではレンダリングせずにリアルタイムで再生することはできません。

シーケンスとは異なるフレームレートのクリップは、シーケンスのフレームレートでシーケンスから再生されます。

タイムラインでのクリップの置き換え

タイムラインパネル内のあるクリップをソースモニターまたは任意のビンの別のクリップと置き換えることができます。このとき、タイムライン内のオリジナルのクリップに適用されていたエフェクトはそのまま保持されます。

次のキーボード補助キーのいずれかを使用して、クリップをプロジェクトパネルまたはソースモニターからタイムラインパネルのクリップにドラッグします。

  • 新しいクリップのインポイントを使用するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。例えば、アクションを目的の位置から開始できるようにクリップをトリミング済みの場合は、新しいクリップのインポイントを使用します。
  • 元のクリップのインポイントを新しいクリップに適用するには、Shift+Alt キー(Windows)または Shift+Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。例えば、新しいクリップが別のカメラを使用する元のクリップと同期して撮影された場合、元のクリップのインポイントを新しいクリップに適用できます。この場合、元のクリップのインポイントを適用すると、新しいクリップはアクションの同じ箇所から開始します。

タイムラインでは、クリップの位置とエフェクトはそのまま保持され、オリジナルのクリップに適用されていたエフェクトが置き換え後のクリップにも適用されます。

注意:

クリップを選択し、ビンまたはソースモニターで置き換え用のクリップを選択して、クリップ/クリップの置き換え/[置き換えの種類] を選択することで、タイムラインのクリップを置き換えることもできます。

クリップのソースフッテージを置き換え

プロジェクトパネルで、クリップのソースフッテージを置き換えることができます。クリップのソースフッテージを置き換えると、新しいソースファイルにリンクされます。クリップおよびそのサブクリップのすべてのインスタンスはプロジェクトパネルとタイムラインでインポイントとアウトポイントおよび適用済みエフェクトとともに保持されます。ただし、クリップは元のフッテージに代わって置き換え用フッテージにリンクされます。例えば、プレースホルダーフッテージを最終フッテージに置き換えたり、サウンドトラック付きのフッテージを別の言語のサウンドトラックが付いた同じフッテージに置き換えたりして、元のフッテージに行った同じ編集をすべて保持することができます。

  1. プロジェクトパネルで、新しいソースフッテージが必要なクリップを選択します。
  2. クリップ/フッテージを置き換えを選択します。
  3. フッテージを置き換えダイアログボックスで、置き換え用フッテージが含まれているファイルを参照します。
  4. クリップの名前を置き換え用フッテージのファイル名に変更するには、「ファイル名に合わせてクリップ名を変更」をオンにします。
  5. 「選択」をクリックします。

注意:

編集/取り消しコマンドを使用して、フッテージを置き換えを取り消すことはできません。ただし、クリップ/フッテージを置き換えコマンドをもう一度使用して、クリップを元のソースファイルに再リンクすることはできます。

シーケンスのインポイントとアウトポイントの設定または消去

シーケンスのインポイントとアウトポイントを使用して、クリップを配置したり並べ替えたりすることができます。

注意:

プログラムモニターでリフト操作または抽出調査を行った場合、シーケンスのインポイントとアウトポイントは自動的に消去されます。

シーケンスのインポイントとアウトポイントの設定

  1. タイムラインパネルでインポイントに移動して、プログラムモニターでインポイントを設定ボタン をクリックします。
  2. タイムラインパネルでアウトポイントに移動して、アウトポイントを設定ボタン をクリックします。

    注意:

    プログラムモニターまたはタイムラインパネルでグリップ(縦線が数本表示されている部分)をドラッグすることで、デュレーションを変更せずにインポイントとアウトポイントを一緒に移動できます。

選択範囲の前後へのシーケンスのインポイントとアウトポイントの設定

  1. タイムラインパネルで、シーケンスの 1 つまたは複数のクリップ、または 1 つのスペースを選択します。
  2. マーカー/選択項目をマークを選択します。選択範囲のインポイントとアウトポイントに対応する場所にシーケンスのインポイントとアウトポイントが設定されます。

    クリップのシーケンスのインポイントとアウトポイントに一致するシーケンスのインポイントとアウトポイントを設定するには、マーカー/クリップをマークを選択します。

    注意:

    このコマンドは、3 ポイント編集または 4 ポイント編集を使用しているときに、シーケンス内のクリップの置き換えや削除を行う場合に便利です(3 ポイント編集および 4 ポイント編集を参照してください)。

シーケンスのインポイントとアウトポイントの消去

  1. プログラムモニターにシーケンスが開かれていることを確認します。
  2. マーカー/シーケンスマーカーを消去を選択し、「イン」、「アウト」または「インとアウト」を選択します。

    注意:

    Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらインポイントを設定ボタン またはアウトポイントを設定ボタン をクリックして、インポイントまたはアウトポイントを消去することもできます。

シーケンス開始時間の設定

初期設定では、各シーケンスのタイムルーラーは 0 から始まり、新規シーケンスダイアログボックスの「一般」タブの「表示形式」フィールドで指定したタイムコード形式に応じて時間が表示されます。 シーケンスのタイムルーラーの開始時間は変更することができます。例えば、標準的なマスターテープと一致するように、シーケンス開始時間の設定を 00;58;00;00 にすれば、通常のプログラム開始時間である 01;00;00;00 の前に 2 分間のリーダー(カラーバー、カウントダウンマークなどに使用)を設けることができます。

  1. タイムラインパネルのメニューから「開始時間」を選択し、開始タイムコードを入力して、「OK」をクリックします。(開始タイムコードには、正の値を入力する必要があります)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー