サンプルベースのオーディオのインポイントとアウトポイントの設定

インポイントとアウトポイントは、タイムベースの区切り位置、つまりビデオフレームの間に設定されます。フレーム単位の編集でも十分なオーディオ品質を得られますが、さらに高い精度が要求されることがあります。例えば、ある音声の 2 つの単語の間にインポイントを設定する場合、単語と単語の間の小さな区切りがフレームとフレームの間に位置しないことがあります。ただし、デジタルオーディオは、フレームよりもはるかに細かいオーディオサンプルに分割されています。ソースモニター、プログラムモニターまたはタイムラインパネルのタイムラインルーラーをオーディオサンプルユニットに切り替えることで、オーディオのインポイントとアウトポイントを正確に設定できます。

ソースモニターまたはプログラムモニターでのタイムラインルーラーからオーディオユニットへの切り替え

  • ソースモニターまたはプログラムモニターのパネルメニューで、「オーディオユニット時間で表示」を選択します。
  1. ソースモニターまたはタイムラインパネルのタイムラインルーラーをオーディオユニットに切り替えます。
  2. クリップ内を移動するには、次のいずれかの操作を行います。
    • タイムラインルーラーの再生ヘッド をドラッグすると、クリップ内をスムーズに移動できます。
    • 次のフレームボタンまたは前のフレームボタンをクリックすると、再生ヘッド が一度にオーディオサンプルを 1 つずつ移動します。
  3. ソールモニターまたはタイムラインパネルのタイムルーラーの下にあるズームスクロールバーの一端をドラッグします。

タイムラインパネルのサンプルビューでのオーディオのトリミング

  1. タイムラインパネルのメニューで、「オーディオユニット時間で表示」を選択します。タイムラインパネルとプログラムモニターのタイムラインルーラーがサンプルベースの目盛りに切り替わります。
  2. 必要に応じて、編集するクリップが含まれているオーディオトラックを展開し、表示形式を設定ボタン をクリックして、「波形を表示」を選択します。
  3. ズームスライダーを右にドラッグして、クリップのオーディオのインポイントまたはアウトポイントを拡大表示します。
  4. 次のいずれかの操作を行って、クリップをトリミングします。
    • インポイントを調整するには、ポインターをクリップのオーディオの左端に合わせ、ポインターがクリップの最初をトリミングツール に変わったら、左または右にドラッグします。
    • アウトポイントを調整するには、ポインターをクリップのオーディオの右端に合わせ、ポインターがクリップの最後をトリミングツール に変わったら、左または右にドラッグします。
  5. 波形表示を使用したり、オーディオを再生して、インポイントとアウトポイントの設定が正しいことを確認します。

ビデオとオーディオを含むクリップは、プロジェクトパネルでは 1 つの項目()として表示されます。シーケンスにクリップを追加する場合、クリップのビデオ部分とオーディオ部分は、それぞれのトラックに個別のオブジェクトとして表示されます(クリップのビデオソースとオーディオソースの両方を使用すると指定した場合)。

クリップのビデオ部分とオーディオ部分はリンクされています。タイムラインパネルでビデオ部分またはオーディオ部分をドラッグすると、リンクされているもう片方も一緒に動きます。このオーディオとビデオの組み合わせを、リンククリップと呼びます。タイムラインパネルでは、それぞれのリンククリップに同じクリップ名が下線付きで表示されます。ビデオクリップには [V] というマーク、オーディオクリップには [A] というマークが表示されます。

通常、すべての編集機能は、リンクされたクリップのどちらででも機能します。オーディオとビデオを個別に操作したい場合は、リンクを解除できます。リンクを解除すれば、リンクされていない場合と同様にビデオとオーディオを使用できます。リンクを解除した場合、クリップ名の下線と [V] や [A] のマークが表示されなくなりますが、リンク情報は維持されます。クリップを再度リンクすると、非同期の状態と時間が表示されます。クリップは、自動的に再同期させることもできます。

もともとリンクしていないクリップをリンクさせることもできます。この機能は、別々に録画/録音したビデオクリップとオーディオクリップを同期させる場合に便利です。

注意:

ビデオクリップはオーディオクリップにだけリンクでき、ビデオクリップを別のビデオクリップにリンクすることはできません。その代わり、1 つのビデオクリップを複数のオーディオクリップにリンクしたり、複数のオーディオクリップを互いにリンクしたりすることができます。

  1. タイムラインで次の操作を行います。
    • ビデオとオーディオをリンクするには、1 つのビデオクリップとオーディオクリップまたは一連のオーディオクリップを Shift キーを押しながらクリックして選択し、クリップリンクを選択します。
    • ビデオとオーディオをリンク解除するには、リンククリップを選択し、クリップリンク解除を選択します。
    • 複数のクリップからビデオとオーディオのリンクを解除するには、クリップを選択し、クリップリンク解除を選択します。

    注意:

    クリップのリンクを解除した後、ビデオは選択されたまま、オーディオは選択が解除されます。

  2. (オプション)リンクしたクリップのセットを複数回にわたって使用するには、同期したクリップのセットを基にネストしたシーケンスを作成し、必要な分だけネストしたシーケンスを別のシーケンスに配置します。詳しくは、選択した複数のクリップからのネストされたシーケンスの作成を参照してください。

リンククリップのトラックの個別編集

  • タイムラインで Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、リンクしたクリップの一部をクリックし、各種の編集ツールを使用して編集します。クリップの編集が終了したら、クリップを再度選択(クリック)することで、クリップをリンククリップとして編集できます。Alt キーまたは Option キーを押しながらオーディオやビデオをドラッグすることで、スプリット編集を適切に行うことができます。

非同期になったクリップの自動同期

  1. タイムラインパネルで、非同期状態になっているビデオクリップまたはオーディオクリップのインポイントに表示されている値を、右クリックするか Control キーを押しながらクリックします(この値は、リンクしているビデオクリップまたはオーディオクリップとの非同期時間を示しています)。
  2. 次のようなオプションがあります。

    移動して同期

    クリップの選択したビデオ部分またはオーディオ部分が移動して、再度同期します。「移動して同期」を選択すると、同期を確保するために前後のクリップの設定に関係なく移動し、ほかのクリップと重なった場合はそのクリップを上書きします。

    スリップして同期

    スリップ編集が行われ、クリップの位置自体は移動せずに再度同期されます。

    注意:

    マルチカメラの編集用に複数のクリップをお互いに同期する方法については、マーカーのあるクリップの同期を参照してください。

スプリット編集

通常、ソースクリップには、インポイントとアウトポイントをそれぞれ 1 つずつ設定します。リンククリップ(ビデオトラックとオーディオトラックを含むクリップ)の場合も、インポイントとアウトポイントはクリップの両方のトラックに適用されます。シーケンス内に設定すると、標準クリップのオーディオとビデオが同時に再生されます。スプリット編集(L カット編集または J カット編集とも呼ばれます)を行うために、ビデオとオーディオのインポイントとアウトポイントを個別に設定したい場合もあります。シーケンス内に設定すると、スプリット編集のためにトリミングされたクリップはオーディオを再生してからビデオを再生するか、またはビデオを再生してからオーディオを再生します。

J カット(左)用および L カット(右)用にトリミングされたクリップ
A. J カット用にトリミングされたクリップ B. L カット用にトリミングされたクリップ 

スプリット編集

  1. 必要に応じて、タイムラインパネルの各トラックのヘッダーをダブルクリックして、調整するオーディオトラックを展開します。
  2. スプリット編集の対象となるクリップの 1 つを選択して、クリップリンク解除を選択します。別のクリップについても同じ操作を繰り返します。

  3. ツールパネルからローリングツール を選択します。
  4. 2 つのクリップ間のオーディオ編集ポイントを起点に、右または左へドラッグします。

    注意:

    何も起こらない場合は、オーディオトランジションに対して操作している可能性があります。表示されているオーディオ編集ポイントにポインターが正しく合っていることを確認してからドラッグしてください。

    一般的な編集テクニックとして、Alt キーまたは Option キーを押しながらクリップのオーディオやビデオをドラッグして、スプリット編集を素早く行う方法があります。この方法は、メニューに移動してクリップのリンクを解除するよりも、かなり高速です。

スプリット編集用のソースのインポイントとアウトポイントの設定

通常は、クリップを編集し、ラフカットを作成した後でスプリット編集を行いますが、クリップをシーケンスに追加する前にソースモニターでスプリット編集を行うことも可能です。

  1. ソースモニターでクリップを開き、ビデオまたはオーディオのインポイントまたはアウトポイントとして設定するフレームに再生ヘッドを移動します。

  2. ソースモニターで、マーカー/スプリットをマークを選択します。そして、ビデオイン、ビデオアウト、オーディオインまたはオーディオアウトを選択します。

  3. 残りのビデオとオーディオのインポイントおよびアウトポイントを設定します(クリップのビデオとオーディオのインポイントおよびアウトポイントの設定が異なる場合、クリップをシーケンスに追加すると、ビデオとオーディオの開始時間と終了時間は異なる時間になります)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー