縦横比について

縦横比は、幅と高さの比率を示したものです。ビデオおよび静止画フレームにはフレーム縦横比が設定されており、フレームを構成するピクセルにはピクセル縦横比(PAR:Pixel Aspect Ratio)が設定されています。テレビ番組をビデオに録画するときのフレーム縦横比は、4:3 または 16:9 です。さらに、それぞれの録画規格では異なるピクセル縦横比を使用します。

Premiere Pro プロジェクトのフレームおよびピクセル縦横比は、プロジェクトの作成時に設定します。縦横比を一度設定すると、そのプロジェクトの縦横比は変更できません。ただし、そのプロジェクト設定と異なる縦横比で作成したアセットを使用することはできます。

Premiere Pro では、ソースファイルのピクセル縦横比が自動的に補正されます。そのプロジェクト設定と縦横比が異なり変形して表示される場合は、ピクセル縦横比を手動で変更します。誤ったピクセル縦横比によって間違ったフレーム縦横比が発生することがあるため、ピクセル縦横比を調整してからフレーム縦横比を調整してください。

フレーム縦横比

フレーム縦横比は、画像サイズの幅と高さの比率を示したものです。例えば、DV NTSC のフレーム縦横比は 4:3(幅 4.0 x 高さ 3.0)で、一般的なワイドスクリーンフレームのフレーム縦横比は 16:9 に設定されています。ワイドスクリーンモードを搭載したカメラの多くは、16:9 の縦横比を使用して録画できます。映画では、多くの場合、さらに幅が広い縦横比を使用して撮影されます。

フレーム縦横比
4:3 のフレーム縦横比(左)と、幅の広い 16:9 のフレーム縦横比(右)

あるフレーム縦横比で撮影されたクリップを別のフレーム縦横比を使用しているプロジェクトに読み込む場合は、縦横比の調整方法を指定します。例えば、フレーム縦横比が 4:3 の標準的なテレビで 16:9 のムービーを表示する場合は、一般的に 2 種類のテクニックが使用されます。1 つは、16:9 のフレームの幅全体を 4:3 のテレビのフレームに合わせて配置するテクニックです。このテクニックでは、ムービーフレームの上下にレターボックスと呼ばれる黒い帯が表示されます。もう 1 つは、16:9 のフレームの高さ全体を 4:3 のフレームの高さに合わせて配置するテクニックです。16:9 フレームの横の部分を幅の狭い 4:3 フレームの外側に配置し、画面の中心部分にあるメインアクションを 4:3 フレームで表示できるようにします。このテクニックをパン&スキャンといいます。Premiere Pro では、「位置」や「スケール」などのモーションエフェクトプロパティを使用して、いずれかのテクニックを適用することができます。

NTSC 表示
NTSC 表示

A. 16:9 NTSC フッテージ B. ワイドスクリーンのテレビ画面でオリジナルのワイドスクリーン形式を使用した DVD プレーヤーでの表示 C. 自動パン&スキャンを使用してクロップした 4:3 テレビ画面での 16:9 画像 D. レターボックスを使用してフレームサイズ全体を縮小し、画像全体を表示した 4:3 テレビ画面での 16:9 画像 

ピクセル縦横比

ピクセル縦横比は、フレーム内のピクセルの幅と高さの比率を表します。フレームを構成するピクセル数はビデオシステムによって異なるので、さまざまなピクセル縦横比が発生します。例えば、多くのコンピューターのテレビ方式では、4:3 縦横比のフレームを幅 640 ピクセル x 高さ 480 ピクセルで定義しているので、正方形ピクセルになります。これに対して、DV NTSC などのテレビ方式では、4:3 縦横比のフレームを 720 x 480 ピクセルで定義しています。同じフレーム幅により多くのピクセルが配置されるので、縦長の長方形ピクセルになります。この例では、コンピューターのビデオピクセルは 1:1 のピクセル縦横比(正方形)になり、DV NTSC のピクセルは 0.91 のピクセル縦横比(非正方形)になります。常に長方形になる DV ピクセルは、NTSC ビデオを製作するシステムでは縦方向に配置され、PAL ビデオを製作するシステムでは横方向に配置されます。Premiere Pro では、プロジェクトパネルに表示されるクリップの画像サムネールの横に、クリップのピクセル縦横比が表示されます。

正方形ピクセルを使用しているモニターに長方形ピクセルをそのまま表示すると、画像が変形します。例えば、円が楕円のように表示されます。ただし、放送用モニターでは長方形ピクセルを使用しているので、この画像は正しい比率で表示されます。Premiere Pro では、様々なピクセル縦横比のクリップを変形させずに正しく表示して出力することができます。ピクセル縦横比は、プロジェクトのピクセル縦横比に合わせて自動的に調整されます。

まれにピクセル縦横比が誤って変換され、クリップが変形してしまう場合があります。各クリップの変形を修正するには、フッテージを変換ダイアログボックスで、ソースクリップのピクセル縦横比を手動で指定します。同じサイズのファイルのグループに対して同じような変換ミスを修正するには、Interpretation Rules.txt という名前のファイルを編集します。

ピクセル縦横比とフレーム縦横比
ピクセル縦横比とフレーム縦横比

A. 4:3 正方形ピクセルの画像を 4:3 正方形ピクセルのコンピューターモニターで表示した場合 B. 正しく変換された 4:3 正方形ピクセルの画像を 4:3 非正方形ピクセルのテレビモニターで表示した場合 C. 間違って変換された 4:3 正方形ピクセルの画像を 4:3 非正方形ピクセルのテレビモニターで表示した場合 

Premiere Pro CS3 以前では、標準精細形式のビデオに、正しい開口部の概念を無視するピクセル縦横比が使用されていました。標準精細形式のビデオでは、正しい開口部が生成時の開口部と異なることを考慮していなかったので、After Effects CS3 以前で使用されていたピクセル縦横比はわずかに間違っていました。ピクセル縦横比が間違っていたため、イメージがわずかに歪んで見えることがありました。

注意:

正しい開口部とはイメージのエッジに現れる不具合やゆがみがない部分のことで、生成時の絞り値とはイメージ全体のことです。

Premiere Pro CS4 以降(およびその他のアプリケーション)で修正されたピクセル縦横比について詳しくは、Todd Kopriva によるアドビ システムズ社の Web サイトのブログ投稿を参照してください。

様々な縦横比のアセットの使用

Premiere Pro では、読み込まれたアセットのフレーム縦横比が自動的に保持され、シーケンスで使用するときにアセットがクロップしたり変形して表示されないように、ピクセル縦横比とフレームサイズ(またはいずれか一方)が変更される場合があります。一部のアセットには、Premiere Pro で正確に自動計算するためのメタデータが含まれています。このメタデータがないアセットの場合、Premiere Pro ではピクセル縦横比を変換するためのルールセットが適用されます。

ATSC フレームサイズ(704 x 480)、D1 フレームサイズ(720 x 486)または DV フレームサイズ(720 x 480)で NTSC フッテージをキャプチャするまたは読み込むと、そのアセットのピクセル縦横比は D1/DV NTSC(0.91)に自動的に設定されます。HD フレームサイズ(1440 x 1080)でフッテージをキャプチャするまたは読み込むと、そのファイルのピクセル縦横比は HD 1080 アナモルフィック(1.33)に自動的に設定されます。720 x 576 の D1 または DV 解像度の PAL フッテージをキャプチャするまたは読み込むと、そのファイルのピクセル縦横比は D1/DV PAL(1.094)に自動的に設定されます。

その他のフレームサイズの場合、アセットは正方形ピクセルで設計されていると想定され、アセットの画像縦横比が保持されるようピクセル縦横比とフレームサイズが変更されます。読み込まれたアセットが変形している場合は、手動でピクセル縦横比を変更できます。

アセットをシーケンスにドラッグすると、初期設定では、アセットはプログラムフレームの中央に配置されます。フレームサイズによっては、出力される画像がプロジェクトには小さすぎたり、クロップされすぎてしまう場合があります。そのような場合は、スケールを変更できます。スケールの変更は手動で行うか、アセットをシーケンスにドラッグして自動的に行うことができます。

ファイルが正しく変換されることを必ず確認してください。アセットのフレームサイズおよびピクセル縦横比は、プレビューサムネールの近くとプロジェクトパネルの「ビデオ情報」列で分かります。また、アセットのプロパティダイアログボックス、フッテージを変換ダイアログボックスおよび情報パネルにも表示されます。

縦横比の変形の修正

シーケンスのフレームとピクセル縦横比は、シーケンスの作成時に選択したシーケンス設定プリセットによって設定されます。ピクセル縦横比はシーケンスを作成した後では変更できませんが、個別のアセットに想定されているピクセル縦横比は変更することができます。例えば、グラフィックプログラムやアニメーションプログラムで生成された正方形ピクセルのアセットが Premiere Pro では変形して表示される場合は、ピクセル縦横比を変更して正しく表示できます。すべてのファイルが正しく変換されていることを確認したら、同じプロジェクト内の縦横比の異なるフッテージを結合します。これで、結果の画像が変形しないように出力を生成することができます。

縦横比変換ミスの個別修正

  1. プロジェクトパネルで静止画を右クリックします。
  2. 変更/フッテージを変換を選択します。
  3. 「ピクセル縦横比」セクションで任意のオプションを選択します。
  4. 以下のいずれかを選択します。

    ファイルのピクセル縦横比を使用

    静止画が保持しているオリジナルの縦横比が使用されます。

    ピクセル縦横比を指定

    標準的な縦横比のリストから選択することができます。

    注意:

    ビデオプロジェクトで使用する画像を Photoshop で生成する場合は、目的のビデオ形式に対応した Photoshop のプリセットを使用するのが最適です。プリセットを使用すると、画像を正しい縦横比で生成することができます。

再発する縦横比変換ミスの修正

Premiere Pro では、一定のルールに従ってピクセル縦横比がファイルに自動的に割り当てられます。特定の種類の画像を読み込むと頻繁に変換ミス(変形)が発生してしまう場合は、関連ルールを変更します。

  1. テキストエディターを開きます。
  2. テキストエディター内から Premiere Pro の Plug-ins フォルダーに移動します。
  3. Interpretation Rules.txt という名前のファイルを開きます。
  4. 変更するルールを編集して「保存」を選択します。

一般的なピクセル縦横比(アスペクト比)

ピクセル縦横比

使用する状況

正方形ピクセル

1.0

フッテージのフレームサイズが 640 × 480 または 648 × 486 である場合、1920 × 1080 HD(HDV や DVCPRO HD を除く)である場合、1280 × 720 HD または HDV である場合、または非正方形ピクセルをサポートしていないアプリケーションから書き出された場合。 この設定は、フィルムから転送されたフッテージや、カスタマイズしたプロジェクトに適している場合もあります。

D1/DV NTSC

0.91

フッテージのフレームサイズが 720 × 486 または 720 × 480 で、フレーム縦横比を 4:3 にする場合。 この設定は、3D アニメーションアプリケーションなど、非正方形ピクセルで動作するアプリケーションから書き出したフッテージの場合にも適しています。

D1/DV NTSC ワイドスクリーン

1.21

フッテージのフレームサイズが 720 × 486 または 720 × 480 で、フレーム縦横比を 16:9 にする場合。

D1/DV PAL

1.09

フッテージのフレームサイズが 720 × 576 で、フレーム縦横比を 4:3 にする場合。

D1/DV PAL ワイドスクリーン

1.46

フッテージのフレームサイズが 720 × 576 で、フレーム縦横比を 16:9 にする場合。

アナモルフィック 2:1

2.0

フッテージがアナモルフィックレンズを使用して撮影された場合や、または 2:1 の縦横比のフィルムフレームからアナモルフィック転送された場合。

HDV 1080/DVCPRO HD 720、HD アナモルフィック 1080

1.33

フッテージのフレームサイズが 1440 × 1080 または 960 × 720 で、フレーム縦横比を 16:9 にする場合。

DVCPRO HD 1080

1.5

フッテージのフレームサイズが 1280 × 1080 で、フレーム縦横比を 16:9 にする場合。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー