ソースオーディオチャンネルと出力オーディオチャンネルのマッピング

クリップにオーディオチャンネルをマッピングすると、シーケンスに表示されるオーディオトラックの種類と数が決まります。また、チャンネルをマッピングすると、マスタートラック内(つまり、最終的な出力ファイル)でのそれらのマップ先チャンネルが決まります。例えば、ステレオクリップのチャンネル 1 と 2 を、5.1 チャンネルのマスタートラックの左前方および右前方チャンネルにマップすると、シーケンスに配置したときに 2 つのソースチャンネルが 1 つの 5.1 チャンネルトラックとして表示され、マスタートラックの左前方および右前方チャンネルにマップされます。最終的な出力を 5.1 チャンネルサラウンドサウンドシステムで再生すると、元の 2 つのチャンネルはそれぞれ左前方スピーカーと右前方スピーカーで再生されます。

初期設定では、クリップのオーディオチャンネルは、プロジェクトにキャプチャまたは読み込まれたときにマスタートラックにマップされます。オーディオ環境設定ダイアログボックスの「ソースチャンネルマッピング」ペインの「初期設定のトラック形式」を選択することで、Premiere Pro がクリップのオーディオチャンネルをどのようにマップするかを指定できます。また、クリップのオーディオチャンネルをプロジェクトに読み込んだ後に、マッピング方法を変更することもできます。

さらに、Premiere Pro が各オーディオチャンネルをモニターする際に使用する出力チャンネルを指定することもできます。例えば、コンピューターのスピーカーシステムの左前方スピーカーを使って、ステレオトラックの左チャンネルをモニターできます。オーディオ出力マッピング環境設定ダイアログボックスで、この設定を変更します。

読み込み時のソースオーディオチャンネルのマッピング

読み込みまたはキャプチャ時に、Premiere Pro が自動的にクリップのオーディオチャンネルをオーディオトラックとマスタートラックにマップするときの方法を指定できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオを選択します。

    オーディオ環境設定ダイアログボックス
    オーディオ環境設定ダイアログボックス

  2. オーディオ環境設定ダイアログボックスのデフォルトのオーディオ形式メニューから形式を選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

1 つまたは複数のクリップに対するソースオーディオチャンネルのマッピングの変更

  1. プロジェクトパネルでオーディオを含む 1 つまたは複数のクリップを選択し、クリップ/変更/オーディオチャンネルを選択します。

    注意:

    複数のオーディオクリップを選択している場合は、選択したすべてのクリップのトラック形式が同じである必要があります。

    ステレオトラックに対するオーディオ出力チャンネルのマッピング
    ステレオトラックに対するオーディオ出力チャンネルのマッピング

  2. クリップを変更ダイアログボックスの「オーディオチャンネル」タブで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • チャンネルフォーマット」リストで形式を選択します。
    • オーディオチャンネルを有効または無効にするには、ソースチャンネルの「有効」オプションをオンまたはオフにします。クリップをシーケンスに追加すると、Premiere Pro は有効なチャンネルだけをタイムラインパネルに追加します。
    • ソースチャンネルを別の出力トラックまたはチャンネルにマップするには、トラックまたはチャンネルアイコンを別のソースチャンネル行にドラッグします。この手順で、2 つのソースチャンネルの出力チャンネルまたはトラックが切り替えられます。

    注意:

    ソースチャンネルがマップし直されたクリップをタイムラインパネルで表示すると、トラックは昇順で表示されます。ただし、関連付けられるソースチャンネルは、マッピングによって決定されます。

    • ソースチャンネルが 6 つ未満の場合に、5.1 サラウンドオーディオの出力チャンネルにマップするには、チャンネルアイコンを別のソースチャンネル行にドラッグします。あるいはソースチャンネルが目的の出力チャンネルにマップされるまで、5.1 チャンネル位置を示すチャンネルアイコンをクリックします。
    5.1 ステレオトラックに対するオーディオ出力チャンネルのマッピング
    5.1 ステレオトラックに対するオーディオ出力チャンネルのマッピング

  3. チャンネルのオーディオをプレビューするには、ソースチャンネルを選択して、再生ボタンをクリックするか、スライダーを使用します。
  4. 「OK」をクリックします。

注意:

統合クリップのオーディオチャンネルは変更できません。初期設定でモノラルを指定する必要があります。ただし、コンポーネントクリップから利用可能なすべてのオーディオチャンネルの順序を変更したり、有効/無効にすることは可能です。

P2 に書き出すための P2 クリップのオーディオのマップ

クリップのオーディオチャンネルを適切な 5.1 チャンネルにマップすれば、P2 シーケンス内のオーディオを元の 4 つのチャンネルに書き出すことができます。例えば、最終的な出力ファイルを P2 メディアに戻す場合に 4 つのチャンネルに書き出します。P2 クリップ内のチャンネルは、シーケンスに配置する前、およびファイル/Panasonic P2 への書き出しコマンドを使用する前にマップします。

注意:

P2 クリップを初期設定のモノラルチャンネルマッピングのままにしておき、それらを 5.1 マスタートラックのシーケンスで使用し、そのシーケンスを P2 に書き出すと、書き出したファイルには 3 番目と 4 番目のチャンネルのオーディオだけが含まれます。

  1. 5.1 マスタートラックのシーケンスが含まれている P2 プロジェクトにクリップを読み込みます。
  2. プロジェクトパネルで、マップするクリップを 1 つまたは複数選択します。
  3. クリップ/変更/オーディオチャンネルを選択します。
  4. 「トラック形式」で、「5.1」をクリックします。
  5. 必要に応じて、5.1 チャンネルアイコンをクリックして、4 つのソースチャンネルを次のようにマップします。
    • チャンネル 1 - 左前方チャンネル
    • チャンネル 2 - 右前方チャンネル
    • チャンネル 3 - 左後方チャンネル
    • チャンネル 4 - 右後方チャンネル
  6. 「OK」をクリックします。

オーディオ出力デバイスハードウェアチャンネルへのシーケンスオーディオチャンネルのマッピング

シーケンスのマスタートラックの各チャンネルに対して、選択したハードウェアオーディオデバイスのチャンネルを指定することができます。チャンネルのマッピングは、環境設定ダイアログボックスのオーディオ出力マッピングペインで指定できます。Premiere Pro は、指定されたハードウェアのチャンネルで各シーケンスチャンネルを再生します。例えば、プロジェクトに 5.1 チャンネルのシーケンスが含まれているにもかかわらず、再生するシステムのハードウェアは 2 チャンネルしかサポートしていない場合を想定します。この場合、6 つのシーケンスチャンネルの割り振り先を 2 つのハードウェアチャンネルから選択することができます。

16 チャンネルのシーケンスについては、選択したハードウェアデバイスのチャンネルが 16 チャンネル未満の場合、16 出力チャンネルにマッピングされたままになります。例えば、選択したデバイスにはチャンネルが 2 つしかない場合を想定します。この場合、ハードウェアチャンネルにマッピングできるのは、16 チャンネルシーケンスの最初の 2 チャンネルだけです。

注意:

オーディオ出力マッピングペインでは、コンピューターに取り付けられているサポート対象のデバイスであれば、有効にされていないデバイスにもシーケンスチャンネルをマッピングすることができます。有効にされていないデバイスに指定したチャンネルマッピングは、指定したデバイスを有効にしなければ確認できません。シーケンスのオーディオチャンネルをデバイスにマッピングするだけでは、デバイスは有効になりません。オーディオハードウェアデバイスを有効にするには、オーディオハードウェア環境設定で設定します。詳しくは、ASIO デバイス設定の指定(Windows のみ)を参照してください。

シーケンスチャンネルをハードウェアデバイスにマッピングするには、マッピング出力対象メニューを選択します。マッピング出力対象メニュー下部のリストには、選択したデバイスのサポート対象のハードウェアチャンネルが表示されます。チャンネルタイルを使用して、シーケンスチャンネルを各ハードウェアチャンネルにマッピングすることができます。

例えば、サードパーティ製の 16 チャンネルオーディオデバイスを選択した場合、このリストには 16 個のハードウェアチャンネルが表示されます。ステレオデバイスを選択した場合、リストにはハードウェアチャンネルが 2 つだけ表示されます。リスト内の各チャンネル名の右側にあるタイルは、選択したハードウェアチャンネルにマッピング可能なシーケンスチャンネルの種類を表します。シーケンスチャンネルには、ステレオチャンネル、5.1 チャンネル、16 チャンネルの 3 種類があります。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェアを選択します。

  2. 「オーディオハードウェア」タブの「マッピング出力対象」から、目的のデバイスのドライバーを選択します。デフォルトでは、「デスクトップオーディオ」(Windows)または 「ビルトイン」(Mac OS)が選択されます。

  3. リストで、シーケンスチャンネルのタイルをドラッグして、リストに表示されている任意のハードウェアチャンネルに移動させます。
  4. 「OK」をクリックします。

クリップからのオーディオの抽出

クリップからオーディオを抽出して、プロジェクトの新しいオーディオマスタークリップを生成することができます。オリジナルのマスタークリップは保持されます。オリジナルのマスタークリップに対して行ったソースチャンネルマッピング、ゲイン、速度、デュレーション、およびフッテージの変換などのあらゆる調整は、新たに抽出したオーディオクリップに適用されます。

  1. プロジェクトパネルで、オーディオを含むクリップを 1 つまたは複数選択します。
  2. クリップ/オーディオオプション/オーディオを抽出を選択します。

    抽出されたオーディオを含む、新しいオーディオファイルが作成されます。このファイル名の最後には「抽出」と追加されます。

ステレオトラックのモノラルトラックへの分割

「モノラルクリップに分割」コマンドを使用すると、クリップのステレオまたは 5.1 サラウンドオーディオチャンネルからモノラルオーディオマスタークリップを作成できます。ステレオクリップを分割すると、各チャンネルが 1 つのチャンネルに対応した 2 つのモノラルオーディオマスタークリップが作成されます。5.1 サラウンドクリップを分割すると、各チャンネルが 1 つのチャンネルに対応した 6 つのモノラルオーディオマスタークリップが作成されます。Premiere Pro はオリジナルのマスタークリップを保持します。「モノラルクリップに分割」コマンドでは、新しいファイルは作成されません。適切なソースチャンネルマッピングが適用されたマスタークリップのみが作成されます。

  1. プロジェクトパネルで、ステレオまたは 5.1 サラウンドオーディオを含むクリップを選択します。
  2. クリップ/オーディオオプション/モノラルクリップに分割を選択します。

    作成されたオーディオマスタークリップには、オリジナルのクリップ名にチャンネル名が続くファイル名が付けられます。例えば、Premiere Pro で「Zoom」という名前のステレオオーディオクリップから 2 つのオーディオマスタークリップを作成すると、「Zoom 左」と「Zoom 右」という名前になります。

    注意:

    「モノラルクリップに分割」コマンドでは、リンクされたクリップは作成されません。リンクされたモノラルクリップを作成する場合は、「ソースチャンネルマッピング」コマンドを使用します。

    注意:

    「モノラルクリップに分割」コマンドは、タイムラインパネルのシーケンス内のクリップではなく、プロジェクトパネル内の項目に対して機能します。

    Creative COW Web サイトにある Andrew Devis のチュートリアル「Changing Audio From Stereo to Dual Mono」を参照してください。

すべてのステレオトラックのモノラルトラックへの分割

Premiere Pro は、各クリップがキャプチャされるか読み込まれるたびに、自動的にステレオおよびサラウンドチャンネルの各チャンネルを個別のモノラルクリップに分割できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオを選択します。

  2. ステレオメディアメニューから「モノラル」を選択します。

  3. 「OK」をクリックします。

モノラルクリップのステレオとしての使用

モノラルオーディオクリップをステレオクリップとして使用することができると便利な場合があります。チャンネル形式を使用すると、モノラルクリップをステレオチャンネルに適用することができます。

  1. プロジェクトパネルでモノラルクリップを選択します。
  2. クリップ/変更/オーディオチャンネルを選択します。
  3. クリップを変更ダイアログボックス内の「チャンネル形式」から「ステレオ」を選択し、「OK」をクリックします。

    注意:

    この用途での「変更」コマンドは、クリップをタイムラインパネルに追加する前に、プロジェクトパネル内で適用する必要があります。モノラルオーディオトラックとして使用されているクリップインスタンスをステレオに変換することはできません。

ステレオクリップの一方のチャンネルのサウンドを両方のチャンネルへ配置

サウンドが片方のチャンネルにしかないステレオクリップがある場合、または片方のチャンネルのサウンドをもう片方のチャンネルのサウンドに置き換えたいステレオクリップがある場合は、ソースクリップチャンネルマッピング、左チャンネルへ振るオーディオフィルターまたは右チャンネルへ振るオーディオフィルターを使用できます。

複数のオーディオクリップのリンク

1 つのビデオクリップを複数のオーディオクリップにリンクしたり、複数のオーディオクリップを互いにリンクしたりすることができます。シーケンス内のオーディオクリップをリンクする場合は、マスタークリップではなく、そのインスタンスのみがリンクされます。プロジェクトパネル内のオリジナルのマスターオーディオクリップは、影響されません。

リンクされたクリップは、タイムラインパネルで移動やトリミングを行っても同期されたままになります。ボリュームエフェクトやパンエフェクトなどのオーディオエフェクトを、リンクされたクリップのすべてのチャンネルに適用することができます。リンクされた複数のクリップのうち 1 つだけを移動する編集を行うと、非同期インジケーターが表示されます。

複数のクリップがリンクしている場合でも、ソースモニターで表示およびトリミングすることができます。ソースモニターでは、一度に 1 つのチャンネルだけを表示したり再生したりすることができます。リンクされたクリップにマーカーが含まれている場合、ソースモニターのタイムラインには、表示されているトラックのマーカーのみが示されます。ソースモニターにプロジェクトパネルからの複数のクリップのリンクを表示している場合は、上書きボタンまたはインサートボタンを使用して、リンクされたクリップをタイムラインパネルへ別々のトラックとして追加することができます。

エフェクトコントロールパネルには、リンクされているすべてのビデオトラックおよびオーディオトラックが、トラック別にグループ分けされた適用済みのエフェクトとともに表示されます。エフェクトパネルのエフェクトを、エフェクトコントロールパネルの特定のグループに適用することができます。

エフェクトコントロールパネルに表示されている、複数のクリップがリンクしているオーディオトラックに適用されたエフェクト
エフェクトコントロールパネルに表示されている、複数のクリップがリンクしているオーディオトラックに適用されたエフェクト

オーディオクリップのチャンネルの種類が同じで、各クリップが異なるトラック上にある必要があります。ビデオクリップにリンクされているオーディオクリップのように、クリップが既にリンクされている場合は、再度複数のクリップにリンクさせる前にそれらのリンクを解除する必要があります。

  1. 必要に応じて、ビデオとオーディオがリンクされている各クリップを選択するか、または複数のクリップを選択し、クリップ/リンク解除を選択します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • タイムラインパネル内の個別のトラック上の各オーディオクリップを、Shift キーを押しながらクリックして選択します。ビデオクリップも Shift キーを押しながらクリックして選択できます。
    • タイムラインパネル内の個別のトラック上の複数のオーディオクリップを、Shift キーを押しながらクリックして選択します。

    すべてのオーディオクリップは、同じトラック形式(モノラル、ステレオまたは 5.1 サラウンド)にする必要があります。

  3. クリップ/リンクを選択します。
  1. タイムラインパネルで、リンクしているクリップをダブルクリックします。
  2. ソースパネルのパネルメニューから、オーディオ波形を選択します。
  3. (オプション)トラックのインポイントとアウトポイントを指定します。

    特定のトラックのインポイントとアウトポイントを指定すると、同等のトリミングが、残りのリンクされたトラックのインポイントとアウトポイントに適用されます。リンクされたトラックのデュレーションが異なる場合は、インポイントとアウトポイントは違うものになります。リンクされたクリップのインポイントとアウトポイントが同じになるのは、デュレーションが等しい場合だけです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー